FC2ブログ

アメリカのホワイトハウスは、トランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目となる米朝首脳会談を来月下旬に行うことを明らかにしました。会談の場所は後日、発表するとしていて、トップどうしの会談で北朝鮮から非核化に向けた具体的な措置を引き出すことができるかが焦点です。

トランプ大統領は、17日からワシントンを訪れている北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の側近のキム・ヨンチョル副委員長とホワイトハウスで18日、1時間半にわたって面会し、非核化などについて意見を交わしました。

このあとホワイトハウスは声明を発表し、2回目となる米朝首脳会談を来月下旬に行うことを明らかにしました。

開催場所については後日発表するとしていますが、ベトナムなどが有力視されています。

声明では「トランプ大統領はキム委員長と会うのを楽しみにしている」としています。

【2回目の米朝首脳会談 2月下旬に開催へ】より



北朝鮮の「非核化」とか「国家的犯罪行為」ということは別にして、この様な動きちゃ・・・朝鮮半島に関し米国は、韓国じゃなく北朝鮮を「朝鮮半島に関する唯一の交渉相手。唯一の国」としたんじゃないの?と思えてしまうのだがね〜・・・

もっと言えば、韓国は相手にしない、見限る。・・・と、米国は方向転換した、ということじゃね?

そして、韓国の現政権もそれが望み、と日本のマスゴミ報道からも見えてくるんだけど・・・・よかったね、北シンパが多い?多かった?マスゴミさん。


まあ、朝鮮戦争の「停戦・休戦協定」に当事国である韓国は署名していないから、韓国には全く関係のない話、韓国を蚊帳の外に置いて進めても構わない話、とも言えるんだけどね。

そして、いわゆる「戦後賠償」ということに関しても、今までは朝鮮半島の唯一の正統な国、政権政府は韓国ということで、韓国に対して資金援助名目で日本が支払った物は、北は韓国から奪えば良いだけの話。とは言え、南北共々「へんちくりん」だから、反日、日本への強請りたかりはやめないだろうけどね。


スポンサーサイト