FC2ブログ


2016/05/04

動画説明
Groups of citizens patrol the U.S. border to prevent trafficking.

動画説明をネット翻訳したもの・・・
【人身売買を防ぐため、市民団体が米国の国境を巡回しています。】





2017/02/04

動画説明
President Donald Trump recently signed an executive order to build a wall along the U.S.-Mexico border as the first step to fulfill a campaign promise. Saying the U.S. government has failed to secure it, a group of armed citizens are patrolling a nearly 400-mile stretch of desert land that separates Arizona from Mexico. NewsHour Special Correspondent Nick Schifrin reports.


動画説明をネット翻訳したもの・・・
【ドナルド・トランプ大統領は、最近、キャンペーンの約束を達成するための第一歩として、米国とメキシコの国境に沿って壁を作る行政命令を締結しました。 米国政府がそれを確保できなかったとすると、武装した市民団体がアリゾナとメキシコを隔てる約400マイルの砂漠地帯を巡回している。 NewsHour特派員Nick Schifrinが報告します。】



選挙公約ということがあったにせよ、色々と伏線があった様で、そのためにトランプ大統領はメキシコとの国境に軍の派遣を決めた様に思う。

要は、市民団体・民間組織というところが自主的に国境警備を行なっていて、その様な団体組織が暴走しない様にする為に「軍の派遣」では?と個人的に思えるのだが・・・


スポンサーサイト

ブラジル大統領選 極右のボルソナロ氏が初当選


産経までもが?「極右」と記事見出しを打つのだから、極右なのだろし、ブラジル版「トランプ」ということなのであろう。が、余りにも「安易な記事見出し」だし「ミスリード」と思うし、極左が政権与党、または大統領になった場合、新聞テレビは「極左の政権」「極左の大統領」と「記事見出し」にするのだろうか?と思う。

それ以上に、何故この様な方が「大統領に選ばれたのか?」ということが新聞テレビからは全くわからない。

こんなことだから「新聞テレビはおかしいよね」と言われるのだよ。


おまけ



ブラジルの警察組織というのは、欧州の国々と同じで「国家警察」「警察軍」という形が基本の組織。

ですので、長尺・・要は、自動小銃、しかも軍用・・の銃を持ってパトロールや取り締まりを行うことも多いとか。

それはともかく、戦場じゃないのに、市街戦かの様な銃撃戦を行わなくちゃならない治安状態ちゃどうなの?と思いますよ。


小林よしのりさんは間違っていますよね。じゃ、国家がないときって、人は何もできなかったのでしょうかねぇ?国家が人権侵害したというのが多いでしょうに。
6:36 - 2018年10月26日
https://twitter.com/kiyotaka1974_2/status/1055815553447747584

これ、以前も引用したTweet主のTweet。

Tweetちゃ、短文で投稿するものだから、「こうだ」とハッキリとは言えないが、断片的なことをつなぎ合わせていくとTweetを発している方の「考え」というのが、ボンヤリとであるが窺い知ることができる。

で、このTweet主は国家・国という形態をものすごく忌み嫌っている、ということが、引用Tweet以外のTweetからもわかる。ただし、それが何故なのか?ということはわからない。

まあ、日本は様々な自由・権利が保障されてる国であるから、個人として何を信じ考えようが、当然主張しようが自由という権利が保障されている。だから「反国家」「反社会」という思想に凝り固まろうが、それこそ自由。

ただね、それじゃあなたはどこまで個人主義を貫けるの?国家、国、社会、隣近所や友人等々と全く関わらずに生きていけるの?と思うわけ。

現に、Twitterという「SNS」を利用し、国家・国・社会と深く関わりあおうと試みてんじゃないの?

まあ、左翼・パヨクにもこのようなタイプがごまんといて、国家が〜、国が〜、社会が〜、と喚くけれど、その国家や国、社会がなくなった場合のことを全く考えていない。

いやいや、それこそ無責任に、国家が〜、国が〜、社会が〜、と喚く方々は、「自治」という概念を全く理解していない、と思う。自治という概念を理解できないものだから、人々が集い国家や国を形成してきたかも全く理解できないのだろうと思う。



確かに「説明する責任」はあるわな〜・・・ましてや、他者のことを「ジャーナリスト」と称して責め立て追求していたんだから・・・

しかし、ご本人に最も身近な「配偶者」とか「親兄弟」からの説明、または既存の新聞テレビが得意とする「親としての責任は?」と言うアホなことを言うつもりはないのだが、今までの既存の新聞テレビの姿勢から考えるに、同業者?と言うこともあるのかもしれないが、既存の新聞テレビ自身がこのことに関しては「腫れ物に触るよう」な扱いに見えて仕方がない。


追記


シリアで拘束された安田さんに対して酷いバッシングが始まった。フランス人からすると、全く理解出来ない現象です。#安田純平
22:25 - 2018年10月23日
https://twitter.com/karyn_nishi/status/1054967171741298690


理解できないでしょうねぇ〜・・・日本の既存の新聞テレビからの情報しか見ていない様ではね。

それこそ日本人の「ジャーナリスト」、しかも「まともな現状認識を持つ日本人のジャーナリスト」からも言われていることなんですがね。

日本の左翼ちゃ「売国しかいない」と・・・フランスには、そんな稀な方は、まさしく「稀」な存在で、売国なんぞしようものなら右だろうが左だろうが関係なく、売国奴を責めあげるでしょ?

もっと言えば、意見の相違はあるにせよ、左右共々「愛国」であるわけでしょ?

日本にはそれがないのですよ。日本では「左翼の売国=絶対の正義」「愛国=絶対の悪」なんですからね。

しかも既存の新聞テレビに巣食う「左翼活動家」に「売国=絶対の正義」「愛国=絶対の悪」と思っているのが多くてね。その中から色々とあって新聞社やテレビ放送局を退社し、「フリージャーナリスト」と名乗っているのが多いのですよ。

いや、今回の騒動でもそうですけれど、日本で言うところの「報道」とか「ジャーナリズム」が問われていることを、既存の新聞テレビやジャーナリストと称し商売している方は考えなくちゃならないのですよ。それをこの様な問題が再燃した時に「あやふや」「詭弁を弄す」「腫れ物に触れるような」と言うことをやるから突っ込まれるのですよ。

本当にね、新聞社の色というか、右です、左です、ということを新聞社はもっと明確にするべきだし、放送に至っては「放送法を改正」し、新聞同様に「放送局の色」というのを明確にすべきじゃないのですかね?

その様なことも行わずに、それこそ「親方日の丸」状態で新聞テレビは商売しているから、新聞テレビがいままで散々責め立てていた「既得権益、利権」に関し「蓋を開けてみりゃ、既存の新聞テレビこそが既得権益、利権の権化じゃねぇ〜かよ」とネット上で嘲笑されるのですよ。


安田さんをはじめ、紛争地帯で取材するジャーナリストに関する新情報が報道されるたびに、自ら現地に入っていったのだから「自己責任」だとする声がインターネット上では噴出する。だが、こうした風潮に、政治や社会問題などを30年取材している玉川徹氏は「モーニングショー」で、「自己責任論というのを僕は否定しておきたい。釘を刺しておきたい」と反論。「そもそも、ジャーナリストは何のためにいるんだ。民主主義を守るためにいるんですよ」として力説した。

「民主主義といっても国や企業で権力を持っている人たちは、自分達の都合のいいようにやって隠したいんですよ。隠されているものを暴かない限り、私たち国民は正確なジャッジができないんです。それには情報がいるんですよ。その情報をとってくる人たちが絶対に必要で、ジャーナリストはそれをやっているんです。フリーのジャーナリストは命を懸けてやっているんです。一番危ないところに行かれているんですよ、安田さんは。そういう人を守らないでどうするんだ」


「兵士は国を守るために命を懸けます」
さらに、「たとえて言えば、兵士は国を守るために命を懸けます。その兵士が外国で拘束され、捕虜になった場合、解放されて国に戻ってきた時は『英雄』として扱われますよね。同じことです」と、「兵士」を引き合いに出し、安田さんが解放されて帰国するとなった場合について、

「民主主義が大事だと思っている国民であれば、民主主義を守るために色んなものを暴こうとしている人たちを『英雄』として迎えないでどうするんですか」

と主張した。

その上で改めて「何ですか自己責任論って。国に迷惑かけたって何ですか。その人たちは民主主義がいらないんですか。僕は敬意をもって迎えるべきだと思います」と、「自己責任」と突き放す風潮を批判した。

 玉川氏は「解放されて国に戻ってきたら『良かったね。命をかけて頑張ったね』と声をかけますよ」とも述べている。安田さん解放情報を受け、同様の考えを表明しているジャーナリストは少なくない。

【安田さん解放に「英雄として迎えないでどうする」 テレ朝・玉川徹氏、「自己責任論」を批判】より



このテレビ局社員の言う所の「ジャーナリストは英雄がどうたら」は全く理解できないが、人命が関わっていることだし、日本国民が海外で遭難したわけだから日本国として、日本政府として、当然「同胞?」の「救出」を考えるのは日本国民として当然。しかしね〜・・・



ー解放のときはどういう状態だったんですか?どなたが助けに来られたんですか?

助けではなくて、彼ら自身が車で国境まで運んできて、それでトルコ側が受け取って、そのまま23日入っていた施設に入れられたんですけど。

ーその時の気持ちとしてはどうでしたか。ほっとしたとか?

いや、とにかく荷物がないことに腹が立って、ということと、トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかったので、ああいう形の解放のされ方というのは望まない解放のされ方だったということがありまして。

【「地獄だった」安田純平さん機内での主なやり取り】より


ということを言われちゃ・・実際のところ「どうなんだよ」「この救出は正しい選択だったのか?」と思うのが人情。いや、こんな野郎を「巨額な税金と人員を割き助ける必要があったんか?」と思うのが人情で、こんな野郎を助けずに「北朝鮮に拉致された被害者」「中国当局の手で不当に逮捕・起訴・収監された方々」を救出するために「税金」と「人員」を潤沢に投入した方が良い、と思えてしまうのだがねぇ〜・・・

いや、ジャーナリストと称し、危険な場所に望んでまでノコノコ出かけて行き、かつ結構な年齢まで歳を重ねていながら、「雉も鳴かずば撃たれまい」ということを知らんのかねぇ〜・・

そして、皆さんは重々承知のことと思うけれど、この自称ジャーナリストの愚行でますます日本人を拉致すりゃ「金になる」ということが世界中に広まった。しかも、今現在の日本の法律では、他国の様に自国民を救出するための軍事オプションは行えない。海外に渡航される方は用心に用心を重ね、渡航先では変なところに行かないことだ。


韓銀総裁「日本との通貨スワップ、いくらでも再開できる…条件はまだ整わず」

 韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が日本との通貨スワップ締結の可能性に言及した。 

  李総裁は22日に国会で開かれた企画財政委員会国政監査で「韓米・韓日通貨スワップがあれば外国為替健全性次元で良い装置となる」とし「米国の場合、基軸通貨国以外の国と通貨スワップを締結していないため難しいが、日本の場合、いくらでも再開できる可能性があるが、まだ条件は整っていないと判断する」と述べた。 

  韓国と日本は2016年8月に通貨スワップ再開のための協議を開始したが、釜山(プサン)日本領事館前の少女像設置問題をめぐる葛藤で昨年1月に協議を中断していた。 

  李総裁は今年5月、第21回東南アジア諸国連合(ASEAN)+3(韓日中)財務相・中央銀行総裁会議に参加するためフィリピンを訪れた際も「政治的理由で(韓日通貨スワップ協議が)中断されたままが、韓中通貨スワップも延長合意したので自然に話し合いができるものと考えている」と言及していた。
https://japanese.joins.com/article/334/246334.html


舐められたものですねぇ〜・・・

というか、韓国からしても、日本のマスゴミからしても、日本は「非常に後れた国」「後進国」なんでしょ?

そんな我々日本と、しかも我々日本が望んでいるわけじゃないのに、「通貨スワップ」を行う理由ちゃなんなのでしょうね?

そして、この引用記事の様なことが本当となった場合、日本で、緊縮財政だ〜、増税マンセー、それを行わなきゃ日本はデフォルトするぞ!!と大騒ぎする方は何故か「反対」とは言わない。不思議な話です。

いや、緊縮財政とか、増税マンセーとは、他国に対して「貢ぐため」のものなんですかね?しかも、散々日本を貶め、罵詈雑言しか浴びせてこない他国に貢ぐための緊縮財政であり増税なんですかね?

政治経済のど素人であるわたしゃ、そんな風に思えてなりませんが・・・・


神戸市がいま、かつて全国的に問題となった労働組合役員の「ヤミ専従」で揺れている。労組役員は組合活動をしながら市から給与を受け、市も職場を離れる前提で所属部署に定数より多く職員を配置していた。1995年の阪神・淡路大震災からの復興で財政が悪化し、労使一体で行財政改革を進める必要があったことが一因という。

市のヤミ専従問題は今夏、インターネットへの投稿を見た久元喜造(きぞう)市長らが協議し、第三者委員会での調査を決定。9月18日の初会合で、久元市長はヤミ専従を「亡霊」と表現し、実態解明を強く求めた。総務省が2008年度当時、社会保険庁でのヤミ専従問題を受け、全国の自治体に調査を求めた際、市は「存在しない」と答えていた。

【「亡霊」のよう、神戸市のヤミ専従 午前職場→午後組合】より


おお、朝日も報じていたのですねぇ〜・・・だもの、NHKも報じざるを得ない、というところでしょうね。

【職員16人が労組「ヤミ専従」で給料もらう 神戸市も40年間容認】


しかし朝日の記事は面白いですね。

だって、ネットを信用するな、ネットはフェイクニュースの温床だ、と繰り返し主張していながら、神戸市役所のヤミ専従問題が「ネットからの投稿に端を発した。ネットから告発した」という形で、ようやく表面化したことを記しているのですから・・・

ともかく、玉石混合のネットでありますけれど、ネット内は既存の新聞テレビ以上に「言論が活発」と思いますよ。それを認められない様では、既存の新聞テレビの斜陽は本当に止まらないでしょうね。


というより、facebookの騒動でわかる様に、ネットの検閲ができる様になったものだから、既存の新聞テレビは強気に出始めたのでしょうかね?

「また、情報を寡占・占有することができる様になり、情報の受け手側や読者を我々新聞テレビが恣意的に解釈している方向へ誘導できる」と思ったのでしょうかね?

おまけ・・・


私は相対的に既存マスメディアの方を信用しますが、池上さんはマスコミゆえ信用できるという考えなので、それは違うと思います。
23:30 - 2018年10月19日
https://twitter.com/kiyotaka1974_2/status/1053533858979672064


いえ、司法が救済しない場合の話ですが(苦笑)。

ただし日本は除くけどね、後進国だから。
4:47 - 2018年10月20日
https://twitter.com/kiyotaka1974_2/status/1053613760403763200


新しいスターの誕生というところでしょうか?

それはともかく、面白いTweet主であり、非常に頭の良い方と推察する。というか、https://twitter.com/CatNewsAgencyというTweet主の「真似」または「パヨク版」というところでしょうかね?

そしてこの引用Tweetの様な方が、既存の新聞テレビの「ミスリード」に「信憑性」を与えているのだろうと思いますよ。

ちなみに、引用Tweet主にムキになって絡まない様に、相手の思う壷に嵌り、ある意味「既存の新聞テレビをつけ上がらせるだけ」ということになりかねませんからね。

だって、日本の既存の新聞テレビは未だに「日本は遅れている」「後進国だ」と報じているでしょ?

この後進国とかなんとかだって、何を基準にして「後進国」となるのか意味不明なんですけどね。そんな新聞テレビが言う所の「先進国・後進国」にまんまと嵌った方、盲信している方、が引用Tweet主としか見えないもん。




亡くなった夫婦に誤解のネット中傷 青森4人死亡事故
10/22(月) 9:40配信

 青森県つがる市の国道101号で車4台が絡んで4人が死亡した多重事故をめぐっては、事故で亡くなった夫婦の軽乗用車が飲酒運転をしていたかのような情報が、インターネット上で出回り、関係者は心を痛めていた。後方から来た乗用車が飲酒の上「暴走」してきたことが事故原因との見方が強まり、ネット上の書き込みに傷つき続けてきた遺族や友人たちは憤りを募らせている。

 「広船が飲酒運転なんかするわけがない」。事故で死亡した広船淳さん(43)と愛莉さん(30)夫婦を知る男性(42)は話す。

 淳さんと愛莉さんは、県内のパチンコ店の元同僚。男性は2人の元上司にあたる。

 男性によれば、淳さんは事故当日の9月22日午前0時ごろまで、店で遅番の勤務についていた。事故が起こったのは、その約1時間後。男性は「妻を迎えに自宅まで戻り、酒を飲んでからまた出かけて事故を起こすとは思えない」と指摘する。

 ネット上では、「酒気帯び夫婦」など、淳さんと愛莉さんを中傷する書き込みが相次いだ。その一因とみられるのが、地元民放の9月下旬の一部報道。「最初に衝突したとみられる2台の軽乗用車のどちらかの運転手が、酒気帯びだった可能性がある」と報じたものだ。

 事故当時、4台は2台ずつ対向して走っていたが、それぞれの先頭を走っていたのが、淳さんが運転する軽乗用車と、山田春治さん(63)=死亡=が運転する軽乗用車だった。山田春治さんは代行運転の業務中で、飲酒していたとは考えにくいことから、飲酒運転していたのは淳さんだったとの臆測を呼んだとみられる。

 だが、捜査関係者によると、淳さん、山田春治さんともに血液などからアルコールは検出されず、いずれも飲酒運転の事実はないことが判明した。県警は、広船さん夫婦の後方を走っていた乗用車が飲酒運転の上、制限速度を大幅に上回る時速約130キロで広船さんの車に追突し、さらに中央線をはみ出して山田春治さん運転の軽乗用車に衝突したとみている。

 遺族の1人は「警察には、誤解を生む報道なので訂正してほしいと伝えた。みんな、あの報道はあり得ないと怒っている」と話している。(板倉大地、仲川明里、中野浩至)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000014-asahi-soci


面白いねぇ〜・・・

だって、今までこの様な記事は見たことがない、からねぇ〜・・・

それだけ昨今の「フェイクニュース」というのがあるからなのかねぇ〜・・・

というかさ、新聞テレビの、いわゆる「報道は、フェイクニュースがどうたら以前」と思うけど、なぜなら「ミスリード」ということを平気で行い、散々情報の受け手側・読者を誤った解釈に誘導してきたんだから。この既存の新聞テレビの「ミスリード」が、「フェイクニュースの根源」

そして何よりも、報道機関が独自の取材を蔑ろにし、当局の報道発表とか記者クラブ談合が、既存報道機関の「ミスリード」「フェイクニュース」の最大の温床であり、最大の根源。


追記

今も行っているのだろうか?・・・・・各テレビ放送局横並びの夜も明けきらぬ時間帯からのワイドショー番組内で「新聞はこの様に伝えていました」とか「本日の各朝刊紙面」という、新聞記事を紹介するだけの「手抜き番組内コーナー」を・・・

このテレビ番組内での「新聞記事紹介」「新聞社への阿り」というのが、既存の新聞の恣意的ミスリードや新聞が発信するフェイクニュース等に「裏付け」「信憑性」を与えてしまったのだよね。

まあ、新聞テレビは資本が同じ、と言ってしまえばそれまでであるが・・・・



ご存知の方はご存知のことなんですが、野砲・・自衛隊では野戦特科と呼ばれます・・は、間接照準という方法で、野砲の照準を行います。

そのために、前進観測班と呼ばれる歩兵部隊とともに行動する班があり、その班が野砲部隊へ目標の座標なり、距離なりを伝えてきます。当然、歩兵部隊からの射撃要請ということに応える、ということもこの班は行います。それを元に野砲部隊は「射撃諸元」を弾き出し、敵部隊に対し砲撃を行うのです。ですので、動画に映し出されている様な「どんぱち訓練風景」なんぞも野砲部隊は行うわけです。

それでなくとも昨今は「火力誘導」ということで、野砲に限らず航空兵力の「火力調整・誘導」も行う様になりましたから、前進観測班や火力誘導班というのは、潜入離脱ということを学ばねばならなくなったのですね。

それはともかく、英国のコミットメントというのは・・・ユーラシアを西と東から挟んでしまえ、という風にも見えますねぇ〜・・


会場から活発な質疑が続いた。江戸時代以来400年近く続く市場の合理的な仕組みである「茶屋」制度をも廃止する豊洲市場への怒りや、築地市場営業権組合結成の意義も明らかにされた。福島から参加した椎名千恵子さんが、福島での被曝による健康被害の拡大と市場移転問題の根っこはひとつだと述べ、近くの銀座郵便局で働く星野勝紀さんは公設市場民営化は絶対に許せないと語った。原告の仲卸の仲間が「築地で断固として続けたい」「皆さんに応援していただくともっとがんばろうと思う」「豊洲の建物にはすごく不満」と思いを語った。

集会の成功を直ちに都内・各地の労働組合に広げ、築地を活かし豊洲を止める会の賛同を広げよう。

【豊洲移転を絶対に止める 仲卸を先頭に築地で総決起集会】より


面白いね。

この様な組織?団体?というのは、確か「センゼンガ〜」ということで、あの戦争を境にして「戦争中」のことは勿論なんだが、その前の日本の歴史というか、伝統文化というものを完全否定してきたはず。それなのに【江戸時代以来400年近く続く市場の合理的な仕組みである「茶屋」制度をも廃止する豊洲市場への怒りや、築地市場営業権組合結成の意義も明らかにされた。】って・・・おかしくね?

それ以上に、【福島から参加した椎名千恵子さんが、福島での被曝による健康被害の拡大と市場移転問題の根っこはひとつだと述べ、】って・・・理解不可能。

というより、本当のことは知らないけれど、この様な連中が結局のところ「問題?」を複雑にしている・・いや「問題を複雑にしようと躍起になっている」ということが「真なる本当のところ」じゃね?と思う。

いや改善する気が全くなかったのが築地というブランドだろ?その結果がいまじゃないの?それを今更何を言ってんだか、寝言いってんじゃねぇ〜よ、だよ。


築地の取扱量が多かった時代、産地から築地に荷を運ぶ仕事に就いていた者としてはそう思うよ。