FC2ブログ

昨夜、NHKで・・・


2018年1月30日(火)
韓国から世界デビュー!? スター☆新時代

日本の若者がスターを目指して韓国へ…そんな新しい潮流が生まれている。先駆けは、去年末に紅白歌合戦に出場した「TWICE」。メンバー9人のうち3人が日本、1人が台湾出身の多国籍グループだ。テレビよりSNSでのプロモーションを重視し、女子中高生がネットで拡散して爆発的人気が出た。他にも男性グループ「BTS(防弾少年団)」はYouTubeやTwitterを駆使して、全米チャートで7位にランクイン、世界中にその名がとどろく。いま日本国内のダンススクールには韓国でのデビューを夢見る中高生が殺到、日夜厳しい訓練を積む。韓国の音楽シーンの何が若者をひきつけるのか?アイドルの卵に密着し、その最前線を追う。


というのが放送されたそうだ。

この様にいうとなんであるが、いわゆる「芸能界」というところに「夢や希望?」を追い求める若者が、その機会を得ようと、渡航する、というのは「あり」と思う。

しかしだ、「何故韓国なのだ?」という疑問が大いにある。

引用した番組内容の紹介文に記されている様に、韓国での「世界進出力?」「アピール度?」というのが本当だったとして、そんな「甘いもの」ではなかろうし、韓国の芸能界?というところは、「契約上のトラブル」が頻繁に起きている、とも聞く。

これは、タイムリーに大騒ぎになっている「不可逆的な日韓合意」を見ても明らかではなかろうか?

もっといえば、「不可逆的な日韓合意」騒動ひとつ取ってみても、「韓国は契約を守らない、お国柄」ということがわかる。


その様なところへ行き、芸能界デビューを望む、というのだから・・・正気の沙汰では無い、と私は思う。

いや、NHKは「その様な危険性」に迫る番組内容にすべきでは?と思うのだが・・・・番組紹介文を読む限りであるが、韓国マンセーに終始した放送内容であったことがうかがえる。



スポンサーサイト



私もね、若い頃?にやりましたから、わからんでも無いのです。

しかし、車を運転する様になって、かつ「積雪路面」「凍結路面」が「いかに恐ろしいか」「いかに危険か」ということを、身を以て経験して居ますから、動画の様なことを「本当にやめてほしい」と思うわけです。

それでなくても、動画をご覧になってわかる様に、除雪した雪によって、道幅が狭くなって居ます。何かがあって、とっさに回避行動をしたとしても、回避しきれんのですよ。しかも「非常に滑りやすい」ですからね。


「開封したら中身にガッカリ…」海外の食料品パッケージの例いろいろ


このリンク先の記事を閲覧し、いや〜・・笑った?ある意味感心した?である。

まあ、「効率化?」「経費削減?」ということなのだろうが・・・・

日本でリンク先の様なことをやったら・・・堂々とやっているところもあるか?・・・大炎上必至であろう。


いや、「世界では〜」「欧米では〜」こんなことは「常識」か????




動画に映し出されている、この道路周辺には、一応?工業団地がありまして、そのために「片側二車線道路」だし、「除雪も比較的綺麗に」行います。大型貨物トラック等が行き交いますからね。

しかしそんな道路でも除雪後は、道幅が狭くなり、チト広い「片側一車線道路」の様な感じになります。片側一車線道路だと、もっと狭くなるでしょうか?

で、今販売されている「最新鋭の車」に「車線逸脱防止機能」というのが付いていますが、この様な場合はどの様な感じになるのですかね?

そして、当ブログで以前も記しましたが、圧雪状態であっても、マイナス気温の場合・・この場合「−3℃以下が昼夜関係なく続いている」となりましょうか?・・・であれば、スタッドレスタイヤを装着し、無謀な運転をしない、ということが大前提でありますが、「恐ろしい」と感じることはありません。「走行しやすい?」と逆に思えるくらいです。寒すぎるゆえに、スタッドレスタイヤの性能が最大限発揮できている?からだと思います。最新鋭の車を乗用されている方は、スタッドレスタイヤの性能と車の最新技術の性能が、相乗効果として出ているはずですので、私以上に「走行しやすい」「圧雪や凍結、なんぼのもんじゃい」と感じることでありましょう。多分、あのフェラーリも最新鋭であるならば、平気の平左で走行できるはず・・・と思います。


しかし、動画後半は、再除雪と日中の気温上昇のためにアスファルト部分が出ました。これが「恐怖」なんですわ〜・・むき出しになったアスファルト部分は、間違いなく凍結。しかも「スケートリンク状態」と言っても過言じゃありません。そして日中の気温上昇や交通量の多い道路での、少し溶けた圧雪路も同じで、滑りたくないのに、勝手に、かつ良く滑ります。最新鋭の車にスタッドレスタイヤを履いていようがね・・・いわゆる「アイスバーン」という状態になるわけです。

ご存知の様にその原因は、「水」なんですけどね。


ともかく、車やタイヤの性能を過信しないことです。いや、車やタイヤの性能が良すぎることで「俺は、私は、車の運転が物凄く巧みだから、雪道や凍結路でも巧みに車を運転できる」と勘違いしないことです。悲惨なことになりますからね。


追記

不意に思い出したことがあった・・・

トヨタ自動車の大規模リコール

・・・ということを。覚えている方も多いであろう。

で、米国での決着というか、問題解決等々のことは記さない。ただ、このことが出てきたときの「日本での報道」を思い出したのである。

特に、フジテレビが当時、安藤優子をメインキャスターにしていた夕方の情報バラエティー番組・・フジテレビは報道番組と称していたが・・で、放送していた内容を思い出したのだ。

うろ覚えであるが、その内容を記して見たい。

米国での騒ぎを受けて、日本国内で販売されているトヨタ車は実際どうなのか?ということで報じ、その中で・・同じ車種ではないが、不調を訴えている方がいます、ということを流した。

確か、その車種は「プリウス」であったろうか?

で、その内容で物凄く印象に残っているのが、雪道走行時に「カタカタ」という音とともに、警告ランプが点滅し、車の動きが変になった、という車の不調を訴えているというものであった。

そのことを車の運転中に頭の中で不意に出てきて、この冬の時期・・積雪等で道路状況が良くない・・に、我がオンボロ車も、ある意味「カタカタ」と音が出るな〜、と思ったのだ。

特に、ブレーキべダルを思いっきり踏むと・・・

私が使用しているのはオンボロ車である。その車で「セーフティ機能」と呼ばれるものは、アンチロックブレーキ位なものだ。

しかし、放送内容に出てきた「プリウス」は違った様に思う。アンチロックブレーキは勿論、トラクションコントロールシステムも搭載されていた型式であったはず。


ちなみに、トラクションコントロールちゃ・・



・・・こんな感じ。警告ランプ点滅は、各メーカー同じのはず。

あくまでも「うろ覚え」であり「思い出話」である。「フジがやっちゃった」という確証は全くない。


私は、いわゆる「問題児」であったわけであるが、その問題児であっても「世の中、様々な人が居て、様々なことを言い合える」ということを学校で教わった記憶がある。

しかし現在、その様々な「意見」「主張」をいうことが「悪」「差別だ〜」「人権侵害だ〜」ということになっている。おかしな話である。

いや、それでは私ら世代が学校等で教わったことは、「すべて嘘」「すべて過ち」ということであろうか?

この問いに、何でもかんでも「差別だ〜」「人権が〜」と掲げる方々は答えなくてはならないのではなかろうか?


もうひとつ付け加えると、「ブラック企業」なる言葉が氾濫しているが・・・何でもかんでも「ブラック企業」で片付けてしまうのも「???????????」である。

この様に記すと語弊があるかもしれないが、誰かが「トイレ掃除」「ドブ浚い」「ゴミ処理」を行わねばならない。もっといえば、誰もがやりたがらない仕事を、誰かがやらねば「社会は回らない」のである。その様なことと、本当の意味での「人を人として扱わぬ企業・組織」と一色単にしてしまっているところが見受けられる。


急激と言っても良いであろう、気温が上がっている。

とはいえ、午前11時の気象庁観測によれば「−0.5℃」であるが・・・しかし、昨日の同じ時間帯の気温と比べれば、「非常に暖かい」と言う気温である。慣れとは恐ろしい。

そして、風も止んだ。青空まで見えている。

非常に寒い状態も「辛い」と思うのだけれど、車を運転せねばならない、と言うことを考えれば、気温上昇は違う意味で「恐怖」を齎す。

なぜか?

気温上昇によって、道路上にあった雪が溶け出すからである。日中は、路面の雪の状態が目まぐるしく変化し、それはそれで走行しづらいのであるが、夕方から気温が低下し、全ての路面がスケートリンクになるのだ。これがあるから雪道は恐ろしいのである。


追記として記すが・・・

冬場の気象庁発表の「低温注意報」と言うのは、「水道管の凍結も考えられる低温になる可能性が極めて大きい」と言うことである。それ以外にも、「農作物」への「低温被害」も「注意すべし」と言うことである。

今回の寒波で、このことを見逃した方?いや「低温注意報」の意味をよくわからずにいた方が、水道管凍結・最悪破裂、と言う憂き目にあったのだろうと思う。

いや、この様な情報こそ、噛み砕いて広く周知させるのが「報道機関」の本来の役目ではなかろうか?

ところが、今回の寒波報道等を観ると、その寒波による「結果事象」しか、しかも「嬉々」として報じている様にしか見えない。


チトしたことで、よもぎねこさんのブログにコメントをした。そしたら、そのコメントの返事コメントで、よもぎねこさんは・・・


>裏の桜さんの所はこの冬は札幌より寒いようですね。


とのこと・・・

札幌在住のよもぎねこさんがいうのだから、そうなのであろう。

とはいえ、我が在所は・・以前も記したが「盆地」である。盆地の特性は「夏クソ暑く」「冬クソ寒い」である。私が子供の頃の冬には、非常に寒い日というのが「寒に入って」から結構あった。だもんで、これも以前記したが、親戚が石川金沢にいるが、その親戚の従姉妹がこの時期の冬に遊びに来た時などは・・あまりの寒さに驚いていた。

「同じ雪国なのに、なんでこんなに寒いの?金沢は、雪も結構降るけど、ここまでは寒くない」と・・・


さて、よもぎねこさんの・・

>札幌は昨日初めてホントに真冬らしくなったのですが、本州が大変なのに、何で北海道がヘンに暖冬だったのか、不気味なんですよね。

という問いの答えにはならないであろうが、今回の寒波は別にして、本州でも北海道並み?いや札幌か?のような冷え込みがある場所はいくらでもある。だだし、北海道のようにその寒さが続かないだけなのである。本州で続くとすれば、標高の高い山岳地帯であろうか?



それと、水道管の凍結防止に関して、ひとつ記しておこう。

「水抜き」ということになると、水道管の構造というか、敷設する時からやらねばならなくなるのであるが・・「水道管凍結防止帯」と呼ばれるものがある。これは水道管に「電気毛布」のようなものを巻き、その熱で水道管の凍結を防ごう、というものである。次のリンク先を参照。



絶対ということはないけれど、これを巻いておけば凍結は一応防げるはずである。

なお、日曜大工的に行えるのだが、屋外コンセントも必要となるために、専門業者に任せた方が無難であるかもしれない。

もうひとつ付け加えておけば、このエントリをアップした15時台という時点で、我が在所の気温は「−4.5℃」であった。この気温ならば、除雪され、圧雪状態という前提で、かつスタッドレスタイヤを履いている、という前提であるが・・・滑りにくく、非常に走行しやすい、と言える。歩行も同じであろう。キチンとした冬用?にも耐えられる靴を履いているのならば、滑ることはなかろう。雪を踏みしめると、雪が鳴くからそれがわかる。



我が在所の本日の最低気温 −5.8℃ 

実は、この「−5℃」という気温は、昨夕からの気温で、本日朝まで大きな気温変化はない。しかし風が強い。

昨日も記したが、この風の強さが「水道管凍結」等々を起こす可能性が高い。今このエントリを記している時点でも、風が強く吹雪いている。

冷たい風が強く吹く真冬日の日中に、長時間家を空ける、いや2時間くらい水道を使わない、なんてことだと、水道管凍結という恐れがあるかもしれない。

それだけ、冷たく強い風というのは「急激な低温」を齎すのである。


ちなみに、私が子供の頃は、本当に家が雪に覆われるということがあったもんで、家の中は暗いのだが・・その家を覆った雪が「断熱材?」的な効果があり、日中に水道管凍結の心配はなかったんだけどな〜・・・


寒さ厳しきおり・・・と手紙では書くべきであろうが、しかし、ここに記すことは個人の「独断と偏見」である。そんな気遣いも必要あるまい。

日本列島は寒気に覆われ、そこもかしこも「低温注意報」が出ている様である。我が在所には出ていないんだよな〜・・・

で、先日我が在所の最低気温が「−12°」を観測した、と記したが、その気温より高いはずの−7°前後で、あわや水道管凍結か?と本日の朝になった。

まあ、本当に古い住宅ということもあり、隙間風がピュー、ピュー、と入ってくるので、室温がものすごく下がったため、室内部分があわや凍結か、と考えられる。

静穏状態でものすごく気温が下がる、というのもキツイし、水道管凍結という心配もあるのだが、何と言っても「風」である。冷たい風が吹き続けると、観測気温よりものすごく寒く感じる。冷たく強い風が吹くことによって、急激に低温状態になるからなのだが・・・

ともかく、皆さんもご存知の様に、しばらくこの低温が続く。水道管の凍結、車の不凍液の凍結?・・比較的新しい車には、寒冷地仕様というのが基本なくなったので、余程の暖かい地域で走行する車でもなければ「不凍液が凍る」ということはならないと思うが・・・バッテリー上がり、に注意してね。

滅多に雪が降らない地域で、雪が降ったならば、その雪が溶けても日陰の道は「凍結している」と考え、細心の注意をしてね。


それと何と言っても、火災ね。寒いから暖をとるために火を使う様になると思うが、本当に「火の用心」ね。


昨日もエントリしたが、関東首都圏と南東北太平洋沿岸部に「大雪????」を齎した南岸低気圧は、我が在所にも雪を降らせた。その日の最大積雪深は・・25cm。ただしこの積雪深は、その前日まで積もっていた雪の上に新たな雪が積もったことによる積雪である。で、なんぼの降雪量だったの?と言うことになれば、10cmというところであろうか?

とは言え、人力で雪を片付ける、となると結構なフィットネスとなる。

そこんとこを踏まえ、昨日午後より、本当の「大寒波」の影響で、雪が降っている。その積雪深、本日午前8時の観測発表によれば、39cm。25cmから39cmに増えたくらいであるから・・・大したことはなかろう?

今現在も、絶え間なく雪が降り続いている。そして気温も、暖かいと感じる部類になるが、−2.5°・・・


今回の寒波大雪は、「災害」と呼べるものとなろうかと思う。


私が子供の頃は、人ひとり歩けるくらいの道を確保できればよかった。しかし現在は、車がなければ仕事にも支障が出る。この車のための除雪が本当に一苦労なのである。

公共の道路というか、そんな道路は、時間がかかっても除雪車が入り、とりあえず除雪はしてくれる。しかし、その除雪された道に車を出そうかと思うと、大汗をかき、除雪・雪片しを行わねばならない。その時に、ご近所さんたちと協力し、どの様な具合で雪を片付けたら良いのか考えねばならない。ただ雪を片付けた、自分の家の車が出られれば良い、とやっていると・・・後から大変なことになる。特に、狭い道の住宅地では尚更・・・