FC2ブログ







かなり知られているし、広報も行われているのだが、陸上自衛隊の訓練場、演習場には、市街戦を想定した建造物が建てられている。その建物で、建物侵入攻撃・撃破、そして防御という訓練を行っている。

それだけ、ことが始まれば、市街地が戦場になる、ということであり、自衛隊も「対テロ」を想定している、ということである。

日本の市街地で、多くの人が避難している建物で・・自衛隊が、自衛隊本来の使命で活躍することがないことを願うしかないのであるが、万が一、ということがないとも限らない。

事実、北のふざけた行為で「万が一」ということが起きてもおかしくないのである。



スポンサーサイト