FC2ブログ

 2015年5月、すし詰め状態の密航船が、マレーシアやインドネシア沖の海上で相次いで見つかった。乗っていたのは、ミャンマーのイスラム教少数民族、ロヒンギャ族である。

 ▼数千人が水も食糧もほとんどないまま漂流していた。上陸できたとしても、人身売買組織によって奴隷労働を強要される運命が待っている。それでも国外脱出を図る人が後を絶たないのは、人口の約9割を占める仏教徒による迫害や差別に長く苦しめられてきたからだ。当時の軍事政権には国籍さえ奪われていた。

 ▼そんなロヒンギャ族にとって唯一の希望が、長年民主化を訴え続けてきたアウン・サン・スー・チー氏の存在だった。漂流事件から半年後に行われた総選挙では、スー・チー氏が率いる政党が勝利を収めた。

〜以下略〜

【スー・チー女史のノーベル平和賞を取り消せ 9月15日】より


そんなロヒンギャ族にとって唯一の希望が、長年民主化を訴え続けてきたアウン・サン・スー・チー氏の存在だった。・・と産経新聞の「産経妙」が記しているが、果たしてそうだったのだろうか?


アウン・サン・スー・チー氏が、事実上の国家元首(女王)としてミャンマーに君臨する結果となった時、これは異常じゃね?と日本のマスゴミは警鐘を鳴らしたことがあったであろうか?

いや、ミャンマーが、いわゆる「軍政」から「民主制」に移行し、アウン・サン・スー・チー氏が軟禁状態から解放された時に、日本のマスゴミは何をどう伝えたのであろうか?

ただただ、欧米的な「民主国」「自由」にミャンマーはなったので、これで安心、ということしか伝えなかったのではなかろうか?しかも、その民主化の象徴、悲劇のヒロインとして、アウン・サン・スー・チー氏を祭り上げただけではないのか?


スポンサーサイト