酔った米国人男性、ナチス式敬礼して殴られる ドイツ
2017.08.14 Mon posted at 11:06 JST

(CNN) ドイツの警察は13日、同国東部のドレスデンで、酒に酔った米国人男性(41)がナチス式の敬礼をした後、殴られて軽傷を負ったと明らかにした。
警察によれば、男性は12日早朝に市内のバーでナチス式敬礼をしたが、当時、非常に酔っていたという。
ナチス式敬礼は、ナチス政権下のドイツで、あいさつや、ナチスへの忠誠を示すために広く使われた。
警察によれば、男性がバーを出ると、何者かに殴られて頭部に軽傷を負った。救急隊員がその場で手当てを済ませ、男性は病院には行かなかったという。
男性の身元は明らかになっていない。ナチス式敬礼はドイツでは違法とされている。警察によれば、州検事が状況を精査し、男性を公式に起訴するかどうか決定するという。
ドイツでは、今月に入りベルリンで中国人2人が連邦議会議事堂前でナチス式敬礼をしたとして拘束されていた。2人はそれぞれ500ユーロ(約6万5000円)を支払って保釈された。

https://www.cnn.co.jp/world/35105716.html


なるほど・・・いわゆる「ナチス式敬礼」が法律によって「禁止」され、それを行なった場合「罰せられる」ということはわかった。しかし引用記事を読むと、その行為を目撃し、不快になったからと言って「行為をおこなった相手に暴行をした」ということが「不問に付される風潮」が、ドイツにはあるように思える。そのような風潮こそ、ある意味「恐ろしい」と私は思ってしまう。


スポンサーサイト

イメージ取り込み 1783


この画像は、次の動画から切り取ったものなんですがね・・・約11分弱の動画です。





先に貼り付けた画像を見て、ある意味「衝撃」を受けましたね。

まあ、冷静に地図を広げ、直線を引けば・・・どのような飛翔コースを辿るか?ということはわかる話なんですが、それでもさすがに「衝撃」でしたね。

何故か?

そりゃね、歴史を振り返れば「韓国」こそ「当事者」のはずなんですが、その当事者の一つが「蚊帳の外」であり、北は韓国をすでに掌握している、ということがはっきりしたように思えたからです。

違う言い方をすれば、韓国は北から全く相手にされていない、ということであり、情けを掛けてやる、ありがたく思え・・と韓国は北から宣託を受けている、と見えるわけです。

まあ、南北関係なく、朝鮮人の気質?ということを考えれば、言わずもがなでしょうかね?