知立の講師を懲戒免職 わいせつ起訴、県教委は対策強化へ

 県教委は八日、教え子にわいせつな行為をしたとして、知立市の小学校臨時講師、大田智広(としひろ)被告(30)=強制わいせつ罪で起訴=を懲戒免職とした。大田被告が他県で児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕され、懲戒処分を受けていた経歴を採用時に把握できなかった反省を踏まえ、対策を強化した。

 県教委によると、五月ごろ、自校の女子児童を校内の多目的トイレに連れ込み、わいせつな行為をした。別の男児、女児にもわいせつな行為をしたとされ、被害児童は計五人に上る。

 大田被告は、埼玉県の小学校に勤務していた二〇一三年六月、他人に児童ポルノ写真をメール送信したとして逮捕された。埼玉県教委から停職処分を受け、依願退職。大田被告はその後に改名した。

 一五、一六、一七年に愛知のそれぞれ別の小学校で臨時講師として採用されたが、その際、改名後に更新した教員免許と、逮捕歴を伏せた履歴書を提出。県教委と知立市教委は書類を確認したのみで、懲戒処分を受けた経歴を把握しないまま、採用を決めた。

 県教委は大田被告が強制わいせつ容疑で最初に逮捕された直後の六月初旬、県内の市町村教委に対策強化を通知。履歴書の経歴欄で長期の空白期間があった場合は、その理由を確認するほか、教員免許の更新状況を確かめるよう求めた。

 (今村太郎)

◆大田被告、初公判で起訴内容認める

 知立市立小学校に勤務した当時に、児童にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの罪に問われた元臨時任用講師大田智広被告(30)の初公判が八日、名古屋地裁岡崎支部であった。大田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 被害児童は計五人だが、この日は、このうち二人の被害について審理した。


参考リンク

名の変更届


名前変えたい!改名手続きに必要な理由・条件・費用から戸籍変更まで



参考リンクを参照して見ると、改名の手続きが大変なんだか、簡単なんだか、よくわからないということがわかりますね。そして、改名にあたっての難関は「その理由」。この理由に「合理性」がないとなかなか大変な様な・・・引用記事に出てくる被告は、その合理性を伴った理由で行えた様です。その改名理由はなんだったのでしょうね?ここが知りたいですね。

これがね、未成年者ならある程度わかるんですよ。未成年時に重大な犯罪を行ったために、その将来のことを考えたらということでね。まあ、それ以前に未成年者の非行歴というのは、成人してから考慮しない、というのがありますけどね。しかし、引用記事に出てくる被告は、引用記事を読む限りそれには該当しない様な・・・

そして、教員免許と言いますか・・・交付番号というものが、運転免許証とは違い、ないのですかね?それがあれば、戸籍(改名)が変わろうとも、履歴は辿れると思うのですがね。


それはともかく、皆さんはこの事案をどの様に思われます?


そりゃね、逮捕歴等で差別と言いますか、それで不当な扱いを受けるのはどうかと思いますよ。しかしね、児童・子供に対し「異常な性癖」を持つ人物が・・しかも前科があると言っても過言じゃない・・、また小学校の講師として採用されるとなると、そりゃ考えなきゃなりませんよね。しかも、どの様な理由があるのか知りませんが、改名・・多分戸籍まで変えている・・しているのですから、徹底的に履歴を調べろ、となるのは当然でしょうし、現行法の「改名」「戸籍変更」を再度見直そうとならない方がおかしいでしょ?


なおさ、逮捕歴がどうたら、と記したけど、逮捕され起訴され、裁判にて「法を犯した、だからあなたは犯罪者」と筋道があるからさ。ところが、人権が〜.差別が〜、と大騒ぎするアホに限って・・・特に、既存マスゴミね・・逮捕=犯罪者と平気でやっちまうんだな。そのくせ、身内には大甘で、不当逮捕〜、と大騒ぎ。

まあ、以前のエントリにて「総理大臣をスーパーマンか全知全能の神と思っていないか?」という様なことをエントリをしたけれど、それと同じで「警察=法を司る全知全能の組織」とマスゴミもパヨク・左翼・革新、似非保守も本気で思ってんじゃねぇ〜だろな?


スポンサーサイト