PCが壊れた、というと大概PCの「HDD・・ハードディスクドライブ」がオシャカになることが多い様です。まあ、これは信頼性や性能が格段に良くなった、と言われていてもPC等のデジタル機器の「宿命」と言えるでしょう。

で、そのPCの「HDD・・ハードディスクドライブ」がオシャカになり、「HDD・・ハードディスクドライブ」を交換修理になったとし、修理から戻ってきたらどうすべきか?という問題が必ず出てきます。

簡単に言ってしまえば、今までPCを使用してきた使用環境を如何に復元できるか?しかも、そんなに苦労することもなく、ということです。

それを、比較的わかりやすく記されているリンクを貼っておきます。「もしも」という時のために参考にして見てください。なお、リンク先でも記されていますが、バックアップをこまめに行っておいてくださいね。行っていないと、苦労しますよ。


ハードディスクが壊れたパソコンを「システムイメージバックアップ」から復旧する

Windows 10を完全バックアップするたった1つの方法


もう一つ付け加えておくと、Macの場合は最新のOS環境ならば、これ以上に簡単です。ただし、これもこまめにバックアップを行っていなければなりませんが・・・



スポンサーサイト

今村雅弘復興相のパーティー発言概要


今村雅弘復興相が安倍晋三首相に辞表提出 「東北の皆様方を傷つけてしまった」



この騒動を知って?いや過熱報道を知ってかな?ともかく知って、次のことを思い出した。


仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い。
— サントリー社長 佐治敬三、JNN報道特集 1988年2月28日


まあ、今村議員の発言文脈の前後を知れば、大手ウイスキーメーカー経営者の様な「露骨」なことは言っていないことはわかる。

しかし、多くの方は重々承知している様に、マスゴミちゃ重箱の隅をほじくる様に揚げ足取りを行うのが常だ。しかも、反権力というか「反日」「日本人嫌い」を旨とする特定勢力側の「トンデモ発言」「トンデモ言動」だけは、報じることはない。

これは、いわゆる「差別」とか「人権」に関しても同じ。「反差別」を掲げる側の「トンデモ発言」「トンデモ言動」を一切報じないのが、既存大マスゴミ。

いや既存大マスゴミは逆に、「差別発言」「人権無視言動」を繰り返す「反差別・人権なんたら」を掲げる勢力と一緒になって、差別を行い、人権を蔑ろにしている。