「身を守る」完全な手段はない

   ここで羽鳥は、北朝鮮のミサイルが打ち上げられた時の、アラートの仕組みから、イージス艦とPAC3による迎撃システムを長々と解説した。しかし、そのプロセスは誠に頼りない。


   ミサイルは打ち上げから7、8分で日本に達する。イージス艦からの迎撃ミサイルは大気圏外で撃ち落とすが、これをミスしたらPAC3が狙う。ただ、PAC3は20キロ圏内の「点の防衛」でしかない。命中率も20%~30%と低い。外したものは落ちてくるし、たとえ当たっても、核でも化学兵器でも破片は落ちてくる。

   つまり、一旦発射されたら、「身を守る」完全な手段はないということが明らかになった。

玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「PAC3が守るのは基地。一般に住んでいるところをPAC3が守ってくれると思うのは間違い」


テレビのワイドショー番組は、俄かにこの様なことを流し始めましたね。

まあ、北朝鮮を巡る「緊張」ということに関し、「最悪」ということを考えるキッカケとしては良いかもしれません。

しかし・・・今の今まで、いや現実味が帯び始めた今現在もか?・・日本は「無抵抗でいろ」「自分たちを守る方法を考えることは悪だ」「憲法九条を唱えれば平和であり続ける」と強弁してきたのは、この手のテレビ番組であり、その様な番組に頻繁に出演している「無責任なバカ」たちであった。

そのバカたちのおかげで、自国防衛のための現実的な手段を講じることができなかった。

なんせ、日本国民である自衛官たちを貶めることに心血を注いできたのが、この手のバカたちであり、北朝鮮に拉致された日本人の救出も妨害してきたのがこの手のバカたちなのだから・・・


それ以前に、チミたちバカは同業者の行った・・・

取材で壁蹴りは共同通信社の20代男性記者 幹部と記者で住民に謝罪

・・・こそ、多くの方に周知させ、メディアとして鑑みる材料にせねばならんのではないのか?


スポンサーサイト

殺害映像を配信、強まるフェイスブックへの圧力


取材で壁蹴りは共同通信社の20代男性記者 幹部と記者で住民に謝罪


これらリンク先の記事は、全く違う「事件」であるのだが、「表裏一体」と思える。

昔?の様に、個人が情報を発信するにしても「高価な機材」「通信や放送のための電波や通信回線を別途購入」ということをする必要はなく、当然、大層な記者会見?をマスゴミ主導で開く必要もなく、携帯電話や小型カメラがあれば個人が様々な情報を発信できる。

現に私もそうである。携帯電話でネットにアップ、ということまではしていないが、小型のカメラを持ち・・しかも高性能で、高画質・・その撮影した映像を編集し公開しようと思えばいつでもできる。

監視社会が〜、個人情報が〜、と社会不安を無闇に煽り、心配しているフリをしている方々が考えているより、現代はすでに「監視社会」であり、既存マスゴミを凌駕するネットワークが構築されているのである。

そして、既存マスゴミが隆盛を極めていた頃からもそうであるが、現代はより一層個人のリテラシーが求められる時代なのである。