2017年4月10日:米韓合同軍事演習での、韓国・浦項の砂浜に設置されたアメリカ陸軍の仮設桟橋から陸揚げされる物資・車両。


・・・という事で、エントリタイトルの通り、これは演習です。

しかし、凄いし圧倒的と思いますね。

戦争ちゃ、どんな最新鋭の兵器を使用しようが、結局は「兵站・補給」が勝敗を左右するものです。ですから、初期段階で大きなダメージを受けても、それに耐えられた後、如何に態勢を整え直し反撃できるか。しかも、相手がぐうのねも出ないくらいに反撃できるか・・・なんですね。

米国はそれができるんですね。だから、米国とまともにやりあっても勝てないので、テロや不正規戦なんかに走るわけですよ。

北朝鮮は、犯罪・不正規戦に加え、大量破壊兵器で「ウリに振り向いて欲しいニダ」「ウリを大国として扱え」とやっているわけですね。本当に振り向かれたら・・・・国なんかなくなちゃうのにね。


スポンサーサイト