FC2ブログ

4WD切り替え修理にてご入庫されましたのでご紹介いたします。
四駆にしようと切替スイッチを押しても確認ランプが点滅するだけで四駆に切り替わらないようです。

調べてみると
トランスファー(エンジンのパワーを車輪軸に分配する機構)の後ろに付いている切替のアクチュエーター(切り替えの動作と制御をする機械)の故障です。

-------------------------------------------------------------

これは、ある整備工場の紹介ブログ?に記されていたもの・・・

私のオンボロ車も同じような症状が出た。

私の車の場合、四駆に切り替えてその走行中に確認ランプが点滅。一度停車し、トランスファーの切り替えを行うが・・・点滅しっぱなし。

ここで考えた。走行中いつギアが抜けた?走行していたぞ?・・・・ちなみに私のオンボロ車は、ハブロックを必要としない四駆システムでセンターデフを持つ。であるから、ボタンひと押して四駆(フルタイム)に切り替わり、その後、トランスファーレバーにて、センターデフをロックする・・ロックされると、各デフが直結になり、昔ながらの「曲がらない」「ハンドルが切れない」という四駆になる。

しばらく、後輪駆動状態であろう、ということを前提に車を走行させる。そして時々トランスファーを切り替える。点滅しっぱなし・・・?????

考え込んだ・・・

そんなこんなをしていたら、四駆に切り替わった・・・点滅も消え、機械的に四駆に切り替わる「カチッ」という音も聞こえた・・・

こりゃバキューム・ホース、センサーのいづれかだな?と私としては「当たりをつける」



で、本日整備工場にて点検してもらう。

症状をいい、車を預けること2時間半・・・四駆に切り替えるためのバキューム・ホースが劣化して外れていた、とのこと・・・・なんせ、先にも書いたように私の車は「オンボロ」であるし、車の下回りを気にせず深雪や悪路も長年走行しているので、バキューム・ホースが劣化していたり、劣化のためにいつホースが外れてもおかしくはない・・・

しかし、外れたホースを付け直しても、また点滅するようならば、トランスファーやフロントデフにあるアクチュエーターをおろし、オーバーホールや部品交換となる、とのこと・・

整備工場の帰り、いろいろと試してみた。症状が出ない。まあ、二、三日様子見であるが・・また症状がでても大修理は必要はない、と私としては思っている。


ともあれ、一安心である。暖冬とはいえ、大雪が降らんとはいえんし、先日アップしたように豪雪地域に行かなきゃならないこともあるので・・・この時期に四駆が使えない、というのは痛い。が、それは避けられた、と私個人としては思う。

スポンサーサイト