FC2ブログ

来週から強い寒気 平年より2倍の降雪量も
1月15日 5時13分

気象庁によりますと、来週からは強い寒気が流れ込み続けるため、東日本や西日本では気温が平年よりかなり低く、日本海側では降雪量が平年より2倍前後多くなるおそれがあります。気象庁は各地に「異常天候早期警戒情報」を発表して低温や大雪に注意を呼びかけています。
気象庁によりますと、来週以降は強い冬型の気圧配置が続くため、19日の火曜日からは北日本から西日本のほぼ全域が、上空1500メートル付近で氷点下6度以下の強い寒気に覆われる状態が続くと予想されています。
このため、東日本と西日本、それに沖縄・奄美では19日ごろからの1週間の平均気温が、平年よりもおおむね2度以上低くなる確率が高くなっています。また、東北から中国地方の日本海側を中心に雪が降り続くと予想され、19日ごろからの1週間の降雪量は、近畿北部では2.4倍以上、山陰では2.3倍以上、北陸で1.9倍以上、岐阜県山間部で1.7倍以上、長野県北部や群馬県北部で1.5倍以上、東北の日本海側では1.4倍以上、平年よりも多くなるおそれがあります。
気象庁は東北から沖縄県の各地に「異常天候早期警戒情報」を発表し、低温や大雪に注意するよう呼びかけています。また、寒気の流れ込みと低気圧の接近が重なると、太平洋側でも雪が降り、積もるおそれがあります。
気象庁は再来週にかけて、日本海側を中心に雪や風が強い荒れた天気が続くおそれがあるとして、最新の気象情報に注意するよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160115/k10010371791000.html


何が言いたいのか、チト意味不明な感じがする報道である。

確かに、昨日14日に気象庁は「異常天候早期警戒情報」という中で、「1月19日〜1月28日の間、積雪がかなり多い」というのを発表している。

要は「クソ寒くなる」ということだ。

しかし、引用記事に書かれている「平年より」というのが引っかかる。

昨シーズンの「冬」、その前の「冬」、というかここ数年の「冬」は「降雪量」も非常に多く、その気温も非常に低かった。しかも「記録的〜」という言葉が踊っていた。

いくら「平年よりも」というのが過去何十年かの観測値の「平均」ということだとはいえ、これは気象庁が悪いのか?ここ数年間の冬の「降雪量」「低温」を無視するような伝え方って・・・おかしくね?

スポンサーサイト