中国で拘束の朱教授、日本へ帰途 7カ月ぶり
2014年2月28日 11時42分
 昨年7月に出身地の中国上海市を訪れた直後に中国当局に拘束され、先月解放された在日の中国人学者、朱建栄・東洋学園大教授(56)が28日午前、約7カ月ぶりに日本への帰途に就いた。上海からの中国東方航空機で同日午後、羽田空港に到着する予定。
 日本を拠点に日中関係の論客としてマスメディアでも活躍した朱教授は、たびたび中国を訪れ、現地で学術調査を実施。中国筋によると、こうした学術調査が違法な情報収集に当たるとの嫌疑を掛けられ、国家安全省当局からスパイ容疑で取り調べを受けていた。(共同)


朱建栄氏が好ましいとか好ましくないとか、彼の国のスパイだとかスパイじゃないとか別にして、確かこの方は「日本国籍」を有していた筈。要は「日本人」だ。その日本人に対して「在日」と天下の「共同通信」が書いてどうする?

訂正します。「永住権」でした。この方の夫人が「日本国籍」を有する日本人でした。


「在日差別はよくない」と喚く側の本音が、こんなところからも窺い知る事が出来るね。


【在日(ざいにち)とは外国人が日本に滞在または居住していること。日本国外のものが日本に存在していること。】

【出入国管理及び難民認定法(入管法)の適用における「外国人」の定義については、同法第2条で「日本の国籍を有しない者」と規定されている。】

イメージ取り込み 886

スポンサーサイト

Symantecは25日、Internet Explorer 10(IE10)の未修正の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が拡大しており、特に日本のサイトを狙った攻撃が多く発生しているとして、注意を喚起した。

この脆弱性は、米国の海外戦争復員兵協会のサイトを狙った攻撃の中で発見された「CVE-2014-0322」。サイトは何らかの方法で改ざんされており、IE10でこのサイトを閲覧したユーザーのPCに脆弱性を悪用して不正プログラムを感染させるコードが埋め込まれていた。

マイクロソフトでは、この脆弱性に関するセキュリティアドバイザリを公開しているが、現時点でセキュリティ更新プログラムは提供していない。セキュリティ更新プログラム提供までの攻撃への対策としては、脆弱性の影響を受けないIE11へのアップデートや、攻撃の影響を緩和するための設定を行うツール「Fix it」の適用、脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」を利用することを推奨している。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140226_637153.html


簡単に言ってしまえば、WindowsXPをWindows7やWindows8、8.1にアップグレード(買い替え)出来なければ、Internet Explorerは使っちゃダメよ、とアナウンスしているんですね。別の言い方をすれば「Microsoftの新製品を買え」と・・・

その為なのか知りませんが、一部のサイトやブログサービズの中には、最新版の「Internet Explorer11」以外の「Internet Explorer」での閲覧やブログ更新を出来ない様にしているところもあるんですね。

ともかく、Windowsをお使いのみなさん「Internet Explorer」を使わない事です。