韓国語なのでGoogle先生やエキサイト先生に翻訳してもらったところ、

『日本のネチズンもキム・ヨナ銀メダルのニュースに「最悪のスキャンダル、今後フィギュアを見ることもない」と非難』

というタイトルのようである。最近はネットユーザーのことを“ネチズン”てあんまり言わないとは思うが、とりあえず内容は

フィギュア女王キム・ヨナ(24)が2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケートで、開催国ロシアびいきのジャッジで五輪の2連覇ならず、日本のネチズンたちも不公平な判定に疑惑を提起、怒りを表している。

キム・ヨナの演技は完璧だったが開催国ロシアのソトニコアより5.48低く銀メダルに。
このような偏向判定について、日本のネチズンたちまで、ロシアへの怒りを表している。

というもののようで、『Yahoo!』に掲載されたキム・ヨナ銀メダルのニュースにも

「疑惑の採点です。各審判の採点を公表しなければならない」
「変なスコア、私は認めない」
「いくら韓国が嫌いでも、今日だけは賛辞を送らねばならないだろう。開催国偏重審判が過度に激しかった」
「キム・ヨナは金メダルに間違いなかった」

というコメントがついているとのこと。

このニュースに対し、『2ちゃんねる』などでは 

「別に怒ってないよ?」
「あなたの言ってる日本てどこの国のことかしら」
「それ、日本にいる韓国の人のコメントじゃないの?」
「日本人が不審に思ってるのはキム・ヨナの異常な高得点だ」
「都合の悪いときだけ日本を出すな」
「日本『キム・ヨナの銀はおかしい』韓国『キム・ヨナの銀はおかしい』同じ言葉でも意味がちがう、ふしぎ!」

といったような意見が出ているようだ。
【女子フィギュアでキム・ヨナ銀メダルに朝鮮日報「日本のネチズンたちも不公平な判定疑惑に怒り」と報じる】より抜粋引用
http://getnews.jp/archives/519865

と言う事で、早速・・・

---------------------------------------

昨日行われた女子フィギュアスケートで、キム・ヨナ選手は219.11点と高得点ながら銀メダルにとどまった。金メダルは224.59点でアデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)となった。

しかしこの結果に対して不服に思った韓国のネットユーザーが再審査を求める署名活動を開始した。「change.org」というネット署名サイトにて「ソチ五輪女子フィギュアスケート再審査と調査を求める」というタイトルで署名が行われている。 100万署名集まると再審査を行うとしており、現時点(15時30分)で97万票集まっている。ただ100万票の嘆願が集まって再審査が行われても金メダルに覆るとは限らない。

今回の署名活動以外にもIOCの公式『Facebook』にクレームをつける韓国ネットユーザーが多数いたほどである。

またキム・ヨナが金メダルを逃したことによりSBSのスポーツ専門キャスター、ペ・ソンジェが「ソチは五輪の恥。プーチン、町内運動会をするのならなぜ私たちを招くのか」と発言し韓国国民から多くの支持を得ている。
《【ソチ五輪】キム・ヨナの銀メダルに不服 再審査を求める署名活動が行われる IOC公式Facebookにもクレーム》より抜粋引用
http://getnews.jp/archives/519479

と言う事が行われている様で・・・

先日、【大いに騒ぐは、いつもの人達・・・しかし被災者の事なんて全然見ていないし】と題するエントリをアップしましたが・・・


彼の国も、まさにこれですね。いや日本に巣食っている「バカ」が「朝鮮脳」と言う事なのかな?

参考リンク【漫画でわかるフィギュアスケートの異常採点】
http://happyeveryday.biz/post-2364

スポンサーサイト

【らばQ】に次の様なタイトルの記事があった。

【外国人「日本人によるマラソン世界最長記録がすばらしいエピソードだった」…海外の反応】
http://labaq.com/archives/51818566.html

その中から、海外掲示板の部分を引用する。

-------------------------------------

●なんと言うか、1000分の1秒までちゃんと記録していたのがうれしいよ。

↑ちゃんと記録をとるか、家に帰るかのどちらかなんだ。

↑技術的に正しいか正しくないかしかないんだ。

●彼はそのマラソンを完走する前に、他のいろんな大会で完走したみたいだよ。

●彼が居間でビールを飲みながらテレビを見て、「あのマラソンを完走すべきかどうか?」と考えているのを想像した。「いや、やっぱ来年だな……」とか。

●そのタイムをまだオレは抜けない。

↑その態度では無理だ。

↑なかなかつらいペースだぞ。1時間3.5cmだ。

●モンティ・パイソンの「世界かくれんぼ決勝」のエピソードを思い出した。

●ちなみにこれがそのマラソンのスタート


↑これがスタートなら、終わりはカラーになってるだろう?

●スウェーデンはどうして彼を行方不明としていたんだ。1920年のアントワープ・オリンピックに出場してたら気づいてもよさそうなのに。

↑「おい、あれは行方不明の日本人に似てるな。だが差別主義者のように思われても困るからな」

●スウェーデン人だけどこの話はもう何度も聞いたよ。神話のようになってて、父親も年に何度もこの話をする。(話が好きで、そう信じているみたい)
実際この男性は脱水症状を起こしておばあさんに水などをもらったとか、あるいは彼が迷子になって、おばあさんに出会って助けてもらったとか言う話になっている。

↑脱水症状を起こして倒れたんだよ。そうしたら農家の人に助けられて家に連れていかれて、命を助けられたんだよ。翌日目を覚ますとレースは終わっていて、それで日本へ帰ったそうだよ。
2012年には彼のひ孫が、100年ぶりのお礼を言うために、その子孫をストックホルムまで訪ねたそうだ。

そのときの動画


●たった今、オリンピック選手の記録を抜けるということに気がついた。

-------------------------------------

Wikiに記してある「金栗四三氏」に関する記述には、次の様なエピソードが記されている。

1967年(昭和42年)3月、スウェーデンのオリンピック委員会から、ストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待される。ストックホルムオリンピックでは棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた。記念式典の開催に当たって当時の記録を調べていたオリンピック委員会がこれに気付き、四三を記念式典でゴールさせることにしたのである。招待を受けた金栗はストックホルムへ赴き、競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴールテープを切った。この時、「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた。54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。四三はゴール後のスピーチで「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントした。

四三が残したその他の有名な言葉として、「体力、気力、努力」がよく知られている。

晩年は熊本県玉名市で過ごし、1983年(昭和58年)11月13日、92歳で死去した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/金栗四三

大手新聞 世論調査は質問の仕方で結果を操作できると認める- NEWSポストセブン(2012年12月3日16時00分)

 本誌はかねてから、新聞の世論調査は〈世論操作〉であると指摘してきたが、「世論調査のカラクリ」を大新聞自ら告白するという珍しい記事が出た。

 その前日(11月26日)、読売と朝日が総選挙投票先の世論調査を掲載したが、朝日が「【1】自民23%、【2】民主13%、【3】維新9%」であったのに対し、読売は「【1】自民25%、【2】維新14%、【3】民主10%」という結果になった。

 すると読売は27日付朝刊で、「世論調査結果 質問方法で差」というタイトルで、朝日との結果の違いが起きた理由について、「読売は質問時に14政党の名前を読み上げて選んでもらっているが、朝日は政党名を読み上げない」と説明した上でこう書いた。

〈このため、新たに結成された政党の名前は思いつきにくく、(中略、朝日調査は維新の)数値がやや低めになるようだ。世論調査の結果は、選択肢の読み上げの有無だけでなく、質問文の違いや全体の質問の構成・並び順などにも影響を受ける〉

 わかりにくい言い訳だが、要は「世論調査は質問の仕方で結果を操作できるから、アテになりません」と認めているのである。その結論を〈世論の変化をつかむには、同じ報道機関の調査で推移を見ていくことが有効だ〉というに至っては笑うほかない。過去、“自前の世論調査”の結果を振りかざして政権や特定の政治家を追及してきた反省を述べるべきだろう。

※週刊ポスト2012年12月14日号
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_158125


旧聞になるが・・・これが本当であるならば、凄い話である。

結局、マスゴミが行う世論調査はまったくあてにならない。いやマスゴミが考える「結果」「世論」に誘導したいがための「悪質で巧妙な情報操作・工作」と言うことである。


参考リンク【教科書に載せたい朝日新聞世論調査の見事な誘導テクニック】
http://blogos.com/article/61458/




この動画の質疑、テレビ中継された筈なんですが・・・何故か、話題、騒ぎにならない様で。