福島県郡山市の母親の最大の悩みは学校給食に福島産の牛乳が使われていることだ。「地産地消はやめてほしいと申し入れても地産地消は繰り返される」と訴えた。「薄められているから(検出される放射能の)数値が低いのではないか。不信ばかりが募る」と続けた。


会津の母親は子どもが給食のシイタケを食べて体調が悪くなった例を次々とあげた。「鼻血が出た」「じんましんが出た」……彼女は「子供を守りたいのか、被曝させたいのか(役人)一人ひとりに聞いてみたい」と食い下がった。

【放射能汚染の学校給食 「母親たちは限界にきている」】より抜粋引用
http://blogos.com/article/79241/

フゥ〜・・・・ため息しか出まへん。

ハッキリ申しましょう。リンク先で書かれている事は「嘘」です。だって私自身、言われている「キノコ類」を食しているし、近所の幼い子がその様な事で「鼻血出した」なんて聞いた事がありません。

こんな事があれば、間違いなく地元メディアは勿論、大手メディアが大騒ぎしない訳がありません。大概のメディアが「反原発スタンス」なんだから、その様な事実があり、間違いないと成れば大騒ぎする筈。

学校給食は別にしても、現に・・・

福島県産購入68% 県民、地元食材回帰の傾向

 福島第1原発事故があっても、食材の中で福島県産を最も多く買う県内消費者が3分の2に上ることが県消費者団体連絡協議会の調査で分かった。前回調査より増え、放射能への不安から地元食材を敬遠する傾向に歯止めがかかっている。
 調査は2013年6月に実施した。「どの地域の食材を最も多く購入するか」と尋ねたら、68%の人が「福島県産」と答えた。内訳は「居住地近くの県産」が50%、「居住地以外の県産」が18%だった。「山形や宮城などの近隣県産」は18%、「外国産」は1%未満だった。
 12年7月の前回調査では「福島県外産」と回答した人が最も多く、1年たって地元食材への回帰傾向が見られた。
 一方、今回の調査では「放射性物質が基準値以下の食料品を受け入れるか」との質問に、「受け入れない」と答えた人が30%に上った。消費者庁が同じ時期に全国規模で行った同様の調査での平均を11ポイント上回り、県民の放射能に対する不安が根強いことをうかがわせた。「受け入れる」は38%だった。
 調査は県内消費者525人に尋ね、520人が回答した。
 協議会の田崎由子事務局長は「風評は収まってきたが、放射能への不安は根強い。食料品検査の徹底と消費者教育が大事だ」と話した。


2014年01月31日金曜日

http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140131t65015.htm

放射能への不安がありながら、地元産食品の購入は間違いなく増えている。

要は「多くの人が学んだ」と言う事であり、悪質な「ホウシャノウコワイ〜詐欺」に引っかからなくなったと言うことである。

で、話が変わるけど・・・「中国産食品」が「多過ぎ」である。

「PM2.5ガ〜」と言われる程の「大気汚染」が酷い地域からの「食品」が日本中で溢れている。しかも「冬真っ最中」と言う事もあり「鳥インフルエンザ」の話も「PM2.5ガ〜汚染地域」からチラホラ聞こえて来ている。

韓国などは、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが猛威をふるっていて、家禽農場の閉鎖が相次いでいるというではないか?


「病気」や「環境」に造詣が深い政治家?が、隣国で起きている事への「注意」「問題意識」が皆無なのに驚きを禁じ得ない。いや「震災復興」「原発事故からの復興」を妨げたくて妨げたくて仕方がないのだろう。

ちなみに、引用した【放射能汚染の学校給食 「母親たちは限界にきている」】を書いている政治家?本当はバカか?は、バカ殿様マンセーの御仁らしい。

スポンサーサイト

よもぎねこさんが、【ウリは差別して欲しいニダ】と題するエントリをアップしていましたが・・・
http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4488.html

彼らはまた「我々を差別して欲しい」という「予告」を行った様で・・・・


【韓国市民団体 「日本人へ報復として、竹島の日に要人暗殺テロを行う」】
http://uyosoku.com/archives/36033974.html

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1786692.html

http://www.dailyjn.com/news/articleView.html?idxno=17206


一部の「過激な者」の「話」と思いますけど、こんなのをしょっちゅう行われますとね、「韓国はキチガイの国なんだ」と誰もが思うでしょうね。

イメージ取り込み 877

>駅で手渡されたパンフレットを見て驚いた。「W元首相の挑戦」と題されたもので、
「東京が日本を変える会」が作ったものである。裏に応援している瀬戸内さん、澤地久枝さん、
菅原文太さんらの名前が載っているが、

>表の細川、小泉が並んだ写真の細川氏のほうは墨で塗られた如くで顔はわからず、
小泉氏だけがくっきりと写っているのである。候補者名も書いてないから、
この選挙のことを知らない人間が見たら、小泉氏が候補者だと思うに違いない。

http://www.hoshusokuhou.com/archives/36035477.html

簡単で安全、常識覆す発見で万能細胞作製

 STAP細胞は、万能細胞の作製には高度な技術が必要という従来の常識を打ち破った。再生医療への応用を目指し、世界中で研究競争が始まるのは必至だが、実用化に向けて解決すべき課題も多い。

外的刺激による細胞の初期化は、植物ではよく知られている。ニンジンを切ると、切断が刺激となって切り口に初期化状態の新たな細胞が作られ、再び根や葉に分化していく現象が一例だ。だが、哺乳類の細胞では外部からの刺激で初期化は起きないとされてきた。

 ところが、マウス由来のSTAP細胞は、弱酸性溶液に浸すという簡単な刺激で初期化に成功した。小保方リーダーによると「細いガラス管に数回通したり、弱い毒素で処理する方法でも初期化できた」そうで、さまざまな外的刺激が細胞初期化に有効とみられる。

 これは非常に興味深いメカニズムといえる。人間の体は日々、さまざまな刺激を受けているが、それでも初期化されることがないのはなぜかなど、今後、多様な研究が展開されそうだ。

 万能細胞の代表格である人工多能性幹細胞(iPS細胞)は、皮膚などの細胞に、初期化を促す遺伝子を注入して2~3週間培養し作製する。初期化の成功率は0・2%未満にとどまり、遺伝子操作の影響によるがん化リスクもある。

 一方、STAP細胞はマウスの脾臓(ひぞう)から抽出した血液細胞の一種、リンパ球を約30分、弱酸性溶液に浸して刺激し、2~7日培養するだけでいい。初期化の成功率は7~9%と高く、がん化のリスクは低い。iPS細胞よりも、はるかに簡単で効率的で安全だ。

 ただ、すぐに再生医療に応用できるわけではない。今回、実験に使ったリンパ球を採取したマウスは、すべて生後1週間以内の若い個体。大人のマウスでは成功率は極端に落ちる。細胞の老化が原因とみられるという。

 今後の研究は、人の細胞も同じ方法で初期化できるかが鍵を握る。実用化には安全性の確認や、作製条件の緩和など多くの課題を克服する必要がある。
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140129/lif14012921460045-n1.html


この話、昨日から報道各社は「理研の研究リーダー」の方の「人柄」やらを大きく取り上げて報じているのでご存知の方も多いだろう。

引用記事にも書いてあるが、思いもよらぬ「簡単な方法」で「細胞の再生」が出来る事が分かり、その方法が「再生医療」を大きく飛躍させることは間違いないだろうし、その点に大きな注目が集まるのも当然であろう。

しかし、本当に注目すべきは【外的刺激による細胞の初期化は、植物ではよく知られている。ニンジンを切ると、切断が刺激となって切り口に初期化状態の新たな細胞が作られ、再び根や葉に分化していく現象が一例だ。だが、哺乳類の細胞では外部からの刺激で初期化は起きないとされてきた。】の部分だろうと思う。

話が少し変わる。

よく「放射線に曝された細胞は修復しない」と言われる。この考えがあるので、どんな少量の放射線でも「絶対危険」であり「放射線に曝される=死」と考えられている。いや多くの人は「信じている」。

しかし今回大きく報じられた事によれば、「そうではないらしい」と言う事が「証明された」とまでは言わないが、「放射線(能)=絶対危険とは言えない」という事を提示したのではないのだろうか?


ルネサンス初期のスイスの医師で錬金術師であったパラケルススの言葉。
【あらゆるものは毒であり、毒無きものなど存在しない。あるものを無毒とするのは、その服用量のみによってなのだ。】







3番目の動画で言われている事は、次のリンク先のおバカな考え方しか出来ない方向けだよ。

http://blogos.com/article/78924/

http://ja.wikipedia.org/wiki/山内康一

イメージ取り込み 876


https://twitter.com/pirihiba/status/428512814857089026/photo/1

http://getnews.jp/archives/504534

選挙区ポスターは公営掲示板に限られていますが、比例区については、所有者・管理者の承諾が得れば、個人の家の外壁、電柱(NTTまたは電力会社)、線路の柵(電鉄会社)などに貼ることが許されています。公職選挙法では、居住者や所有者・管理者は事情の許す限り協力しなければならないものとされ、承諾を得ないで貼られたポスターについては、居住者や所有者・管理者に限り撤去できるとされています(法145条)。



「文書図画を毀棄」したものとして、犯罪選挙の自由妨害罪(公職選挙法第225条第2号)が成立します。

刑法第261条(器物損壊等) は一般規定であり、公職選挙法第225条第2号(選挙の自由妨害罪)は特別規定ですから、選挙ポスターへの落書き等については、後者の犯罪だけが成立します(法条競合・特別関係)。

刑法第261条(器物損壊等) 
前3条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

公職選挙法第225条(選挙の自由妨害罪) 
選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。
1.選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。
2.交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。
3.選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは当選人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人を威迫したとき。

【選挙の自由妨害の例】
イメージ取り込み 875


参考リンク
https://twitter.com/kohyu1952/status/428577144902414336

いま、都市部と原発立地県やその周辺地域から同時に、「大規模集中電源と過度の大量消費」を前提とした「国のかたち」や「暮らしのあり方」を転換しよう、という声があがってきています。朝日新聞の調べでは、全国の455議会が「脱原発」を求める意見書を可決しているといいます(朝日新聞1月19日付朝刊)。

 脱原発とは、3・11をへた日本が、その首都である東京が向き合うべき課題であり、時代を貫く大きなテーマだと思います。それこそが、私たちの目指す「国のかたち」や「暮らしのあり方」を決めるからです。

 その意味で、郵政民営化と同様の「ワンシュー選挙は都知事選にはなじまない」とする批判は的外れな面があるのではないでしょうか。大きな方向性が示されて初めて、東京が抱える「子育て支援」「高齢者福祉」「住宅問題」「雇用と格差」といった問題に対する政策も決められていくのではないかと思います。

http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201401210043_01.html

何でこんな話になるのか理解出来ません。

「原発」が、都知事選の「争点」に成るというのなら、普通はこちらでしょ?

都知事には国の原発政策を左右する権限もない。東京電力の株主(保有割合は1.2%)である都のトップである都知事が、都民の代表として、一昨年値上げされた電気料金の早急な値下げのための提案をしたり、再生可能エネルギーへの取組みに関する提起をしたりするというのであれば、むしろ株主の行動として相応しい。そして、値下げ提案の一環として東電の保有する原発の運営を適正化していくべき旨を呈示することも十分あり得る。都知事選で『原発』について語るのであれば、都民の電気料金負担を軽減することを前面に押し出すべきであり、これこそが都知事選における『原発』の正しい語り方だ。

 そういう点では、都知事選の最大の争点に関する下の調査結果において、「少子高齢化や福祉」が26.8%、「景気と雇用」が23%、「原発・エネルギー問題」が18.5%という順は、有権者はマスコミ報道にそれほど踊らされているわけではないことを示しているように思われる。
 
http://blogos.com/article/79010/

それ以前に、二番目に引用した記事に書かれていますが、「電気代の値上げ」または「石油燃料(製品)の値上げ」は、自治体の長にとっちゃ「どうでも良い課題」なんですかね?

それこそ「子育て支援」「高齢者福祉」「住宅問題」「雇用と格差」等々に、非常に密接に関わっているんじゃないんですかね?

一度、世田谷区全域の大停電を経験する事をお進めしますよ。そうすりゃ、素晴らしく高尚な「理念」や「理想」が、如何に「絵に描いた餅」であるかが良く分かると思いますよ。

【田母神通信】報道ステーション(司会:古館伊知郎)の差別的な報道姿勢は、放送法に定める中立性・公平性に反し、国民に偏った情報を与え、意識操作を行っていると指摘されても仕方のない行いです。
https://twitter.com/toshio_tamogami/status/428235512671768576


【田母神通信】報道ステーションの差別的な報道姿勢が改善されるまで、ぶら下がり取材を拒否する事とし、今後、法的処置も含めて、公平な選挙報道をテレビ朝日・報道ステーションに求めてゆくつもりです。
https://twitter.com/toshio_tamogami/status/428235963995656192


なにがあった?

「テレビ報道、ニュース番組、言論・表現の自由」の名を騙った「巧妙かつ悪質な選挙妨害」か?

短足おじさん二世さんのエントリに、【オンダンカガ〜〜と言う前に・・・http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-895.html】と言うエントリがあり、その中で【尚この話、雪国ではどうなのか、詳細は私も調べてないので雪国暮らしの方、若しこの話が可笑しかったらご教示ください。】と書かれていたので、コメントと言う形ではなく、エントリとしてこの冬の、いや内陸盆地の特性の様な事を書いてみよう。

私が暮らす在所は、典型的な「内陸型盆地」である。その為に良く言われる「夏クソ暑く、冬クソ寒い」が良く起こる。

本日の最低気温氷点下10℃以下であり、このエントリをアップしている時点で、その気温は氷点下6℃以下・・・しかし気象庁は、本日の最高気温プラス6℃にまで達する、と朝は予報していたが・・・経験上そこまでは気温は上がらないと私は思っている。気温が上がってもプラスに転じるくらいで、プラス5℃を超える事は無いと思う。

なぜなら、盆地という特性上冷気がこもってしまうからである。これは夏も同じで、日中の気温が夜になっても冷め切らない。

この様な事を、大都市圏での「ヒートアイランド現象」に当てはめてみると・・・如何だろう?

ましてや、大都市圏は私が暮らすド田舎と違い、色々と熱を発するモノが多いし(人間自体が発する熱量も、バカには出来ない量であろう)、場所によれば人工的構造物が「盆地」での様な現象を引き起こす事は容易に想像出来る。


で話が変わるし、先程アップしたエントリにも関係する様な話になるが・・・・東京首都圏の様な「大量の熱を発する」と言う場所は、それだけエネルギー消費が多いと言うことであり、そのエネルギー供給を今止められたらどうなるだろう?

「ヒートアイランド現象対策」には最も効果的な方法と思えるが、多くの人は死ぬ事になるだろう。

なにせ先程アップしたエントリにも書いたが、「再生可能エネルギー」での「発電」には「供給責任/供給義務」が無いのである。

今日は「太陽が出ませんでした」「風が吹きませんでした」その為に「発電しませんでした」だから「電気の無い生活を享受してね」「しかし俺たち再生可能エネルギー発電業者には責任無いし感知しない事だから」と言う事が可能なのである。