首相靖国参拝、北東アジアが苦悩…国連事務総長

【ニューヨーク=加藤賢治】潘基文パンギムン国連事務総長の報道官は27日、安倍首相の靖国神社参拝について、「過去に関する緊張が、今も(北東アジアの)地域を苦悩させていることは非常に遺憾だ」との声明を出した。


 声明は「事務総長は共有する歴史に関して、共通の認識と理解を持つよう一貫して促してきた」と指摘。事務総長が被害者の感情に敏感であることや、相互信頼を築くことの重要性を強調しているとして、指導者は「特別な責任」を負っていることを挙げた。

(2013年12月29日06時47分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131228-OYT1T00628.htm


なんとも分かりやすい記事といいますか、「国連としての正式な声明」と勘違いしてしまいそうな記事です。

国連事務総長はそんな事より、国連内部の「不正」「汚職」一掃に尽力して下さいね。


国連本部、史上初の人材構造調整…「潘事務総長の人気墜落」
2013年06月11日11時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
国連が1945年創設以来初めて国連本部職員(6600人余り)の4%にあたる260人程度を削減する構造調整を推進している。

経済難に苦しむ加盟国が、国連分担金に負担を感じて1億ドル以上の縮小を要求したことに伴ったものだ。

匿名希望の国連消息筋は「構造調整の推進により国連本部内での潘基文(パン・ギムン)事務総長の人気が落ち込んでいる」と話した。
http://japanese.joins.com/article/587/172587.html?servcode=200§code=200

79:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/11(火) 13:06:50.88 ID:TWI21pYH
国連の無意味さを認知させるには良かったな

http://crx7601.com/archives/29155487.html



国連 財政事情反映し前期下回る予算採択
12月28日 11時28分
国連総会は国連の今後2年間の通常予算について、各国の厳しい財政事情を反映し、ポストを16年ぶりに減らすなどして前期の予算を下回るおよそ5800億円とする決議を全会一致で採択しました。

国連では2年ごとに活動費や人件費などを盛り込んだ通常予算をまとめており、国連総会では27日、来年2014年と2015年の通常予算の決議が採決にかけられ全会一致で採択されました。
決議によりますと、2年間の予算の総額は55億3000万ドル余り、日本円にしておよそ5800億円で、前期の最終予算の総額を0.6パーセント下回りました。具体的には、16年ぶりに国連職員のポストが220近く削減され人件費が圧縮される一方で、去年の国連の環境会議を受け、UNEP=国連環境計画の活動費が増額されているほか、シリアの化学兵器の廃棄を監視する活動費などが計上されています。
予算の交渉では、国連に多くの資金を拠出しているアメリカや日本などが厳しい財政事情を踏まえ予算の圧縮を求めたのに対し、中国や発展途上国側が抵抗し、協議は難航しました。
日本は予算のうちアメリカに次ぐ10.83パーセントを負担することになっており、国連日本代表部の山崎純大使は、「国連の人件費が削減されるのは画期的だ。国連がその時々のニーズに応じた予算をつけ、必要のなくなったものはなくすという方針が認められたものだ」と評価しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131228/k10014185161000.html

スポンサーサイト