首相参拝報道の問題点  思想信条・内心・信教の自由違憲の恐れ
2013年12月27日 朝刊

首相による靖国神社参拝での日本マスゴミ報道に対し多くの人の反発を招くのは、憲法が定める「思想信条・内心・信教の自由」に違反する恐れがあるからである。(裏ノ桜)


関連記事

首相参拝の問題点 A級戦犯14人合祀 政教分離違憲恐れ
2013年12月27日 朝刊

首相による靖国神社参拝が国内外で反発を招くのは、先の大戦を指導したA級戦犯が合祀(ごうし)されていることと、憲法が定める政教分離に違反する恐れがあるという二つの理由からだ。 (関口克己)

〜以下略〜

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013122702000127.html


米政権「失望している」 首相靖国参拝で異例の批判声明
2013年12月26日18時03分

【ワシントン=大島隆】米オバマ政権は26日、安倍晋三首相が靖国神社に参拝したことについて、在日米国大使館を通じて「日本は大切な同盟国であり友好国だが、日本の指導者が近隣諸国との関係を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」との声明を発表した。
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260172.html
スポンサーサイト