FC2ブログ

米国に厳しい寒波、ワイオミングではマイナス34度を記録
2013年 12月 10日 14:02 JST

[9日 ロイター] - 米国が全国的に厳しい寒波に見舞われており、9日は大雪のため東部で交通が混乱、停電も発生した。9日夜から10日にかけては最大5インチ(12.7センチメートル)の降雪が見込まれており、バージニアからニューイングランド地方にかけた広範囲に冬季気象注意報が出されている。

米国立測候所(NWS)によると、グレートプレーンズやロッキー山脈地方では11日まで北極気団が居座り、ネバダ州・ユタ州地域からミネソタ州にかけての一帯がこの冬一番の寒波に見舞われる見通し。近いうちに寒さが和らぐことはない見込みで、週半ばまでテキサス州や南部地域を含め広域で気温が平年を大幅に下回ると予想されている。

NWSによると、メリーランド州北部、ペンシルベニア州東部地域、ニューヨーク州の一部では9日朝にかけての降雪量が最大10インチ(25センチメートル)に達している。

ワイオミング州ダニエルでは9日に気温がマイナス34度まで下がり、本土での最低を記録している。

また9日は朝から広い範囲で停電が発生。空港では発着便の遅延が相次いだ。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE9B903B20131210

関連動画


テキサス州を襲った冬の嵐から取り残された氷は、プラノ危険な状況を引き起こしている。氷の1アパートのシートで一斉にダウンしてクラッシュしました。 (12月9日)




大きな冬の嵐が日曜日に中部大西洋の州で大混乱を引き起こした後、トラフィックをうなると通勤の混乱を作り、東海岸を上下に移動されている。 (12月9日)



凄いですね。しかし本当に何が起きているのでしょうね?

「温暖化だから」では済まない様な感じですね。

スポンサーサイト