FC2ブログ



ニコ動版も貼っておきます。



スポンサーサイト



山本議員に呼応するように、4日昼には実に6000人(主催者発表)で、国会の四辺を「人間の鎖」でぐるりと取り囲むアピールも行われた。社民党の福島みずほ参院議員や作家の落合恵子さんも輪に加わり、

「私たち市民の声を聞けー! 強行採決許さないぞー! 戦争準備許さないぞー!」

「廃案だ! ハイアン・ハイアン・廃案だー!」

と「絶叫」する。簡易計測器で測ってみたところ、その音量は80~90デシベル前後、「電車の中並み」だ。

もっとも平日の昼間とあって、参加者はのぼりを掲げた労組関係者が多く、中には「安保」世代と思しきお年寄りもいた。
【秘密保護法潰す奇策「デモで国会封鎖」!? 山本太郎が「60年安保の再現」狙う 2013/12/ 4 18:59】より抜粋引用
http://www.j-cast.com/2013/12/04190844.html?p=all


確か、昨夜のニュース番組と称する番組でも、番組冒頭に「特定秘密保護法案」に関する事を垂れ流していて、「多くの人々が反対している」と印象操作を行っていた様ですが・・・しかも「石破氏」から、反対をアピールする時に暴力的とも言える大騒音を出すのは如何なものか?と言う事を言われ、騒動に成った事が原因なのか知りませんが、「ロウソクの灯りを掲げ、粛々と反対をアピールしている」という映像を多用して・・・嘘吐き共!!



まあそれはともかく、所謂「進歩的」と称される著名人の多くに、進歩がまったく見られない、と言う事に驚きを禁じ得ませんね。いや、かつての「安保闘争」と同じで、所謂「進歩的」と称される方々は、この事が契機にまた先鋭化し、暴力で社会をまた恐怖に落とすのでしょうかね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本の新左翼

http://ja.wikipedia.org/wiki/進歩的文化人

http://ja.wikipedia.org/wiki/安保闘争

http://ja.wikipedia.org/wiki/三菱重工爆破事件

国境も技術で変わる時代。

中国は日本だけじゃなく、アジアのいろんな国と領土・領海をめぐって対立しています。そんな中、ここ20年ほど彼らが力を入れてきたことのひとつが考古学です。たとえば南シナ海に古い難破船がたくさん沈んでいるんですが、中国はそれを調査して南シナ海の領有権を主張する根拠にしようとしています。

南シナ海は、南アジアの経済ハブとの間の重要な輸送路です。中国はそこを支配して、何ならロックダウンしようとさえしています。ウォールストリート・ジャーナルによれば、そのために国外から考古学者を招いて南シナ海の発掘調査をさせているそうです。たとえばフランスから考古学者を呼んで、フィリピン近くにある13世紀の難破船を調査したりしているんです。
【中国、800年前の難破船を根拠に領海を主張】より抜粋
http://www.gizmodo.jp/2013/12/800_4.html

GIZMODOがこんな記事をアップしていました。

唸ってしまう話です。