今や同調圧力は、職場や学校の小さな集団で「同じであれ」と要求するだけではなく、もっと巨大な単位で、「日本人であれ」と要求してくる。「愛国心」という名の同調圧力である。「日本人」を信仰するためには、個人であることを捨てなければならない。我を張って個人であることにこだわり続けた結果、はみ出し孤立し攻撃のターゲットになり自我を破壊されるぐらいなら、自分であることをやめて「日本人」に加わり、その中に溶け込んで安心を得た方が、どれほど楽なことか。

 「日本人」信仰は、そんな瀬戸際の人たちに、安らぎをもたらしてくれるのである。安倍政権を支えているのも、安定を切望するこのメンタリティーだろう。
 もちろん、このように有権者が自ら主体を放棄した社会では、民主主義を維持するのは難しい。民主主義は、自分のことは自分で決定するという権利と責任を、原則とした制度だから。だが、進んで「日本人」信仰を求め、緩やかに洗脳されているこの社会は、その権利と責任の孤独に耐えられなくなりつつある。自由を失うという代償を払ってでも、信仰と洗脳がもたらす安心に浸っていたいのだ。それがたんなる依存症の中毒状態であることは、言うまでもない。みんなでいっせいに依存状態に陥っているために、自覚できないだけである。
 この状態を変えようとするなら、強権的な政権を批判するだけでは不十分だ。それをどこかで求め受け入れてしまう、この社会一人ひとりのメンタリティーを転換する必要がある。難しくはない。まず、自分の中にある依存性を各々が見つめればよいだけだから。

--------------------------------


この文章は拾い物である。今朝の朝日新聞「2013年12月25日付オピニオン面掲載「『宗教国家』日本」星野智幸」からの抜粋引用らしい。

しかしこの様な文章を読むと、朝日新聞に代表される自称「オピニオン」とか「知識人」「文化人」の多くが、民主主義・自由・権利・義務等々をまったく理解していないことが良く分かるし、これじゃ、新聞が売れないのも頷けるね。

多分ね、市井に居る普通のおじさん、おばさん達の方が「民主主義・自由・権利・義務」を「朝日」やこんな自称知識人・文化人よりも、もの凄く理解していると思うよ。当然「信仰」「宗教」に関してもね。

憲法解釈見直し反対53% 内閣支持6ポイント回復で54%

 共同通信社が22、23両日に実施した全国電話世論調査によると、憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認に反対するとの回答は53・1%で、賛成の37・0%を上回った。内閣支持率は54・2%で、特定秘密保護法成立を受けて急落した今月8、9両日の調査から6・6ポイント上昇。

 安倍晋三首相が目指す憲法9条の解釈変更に対する異論の強さが浮き彫りとなった。内閣支持率は回復したものの、昨年12月の政権発足以来2番目の低さとなっている。政権交代可能な政党をつくる野党再編が必要との回答は63・1%に上った。

2013/12/23 19:33 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122301001764.html


この記事、本当に気をつけなければなりませんね〜・・・巧妙な「誘導」になっていますからね。

その「誘導」の典型的な部分が、見出しの【憲法解釈見直し反対53%】と記事本文の・・・


憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認に反対するとの回答は53・1%で、賛成の37・0%を上回った。

安倍晋三首相が目指す憲法9条の解釈変更に対する異論の強さが浮き彫りとなった。

・・・ですね。

これじゃ記事を読んだ方は、「世論調査に応じた方々の大半が憲法改正に反対だった」と勘違いするでしょうし、この共同記事を引用し憲法改正反対を訴える側も「共同の世論調査でも憲法改正反対がいまだに多い」と喚く事でしょう。

ともかく、典型的な「世論操作」「世論誘導」記事でありました。

陸自弾薬1万発、南スーダン国連部隊に提供決定

 政府は23日午後、国家安全保障会議(日本版NSC)4大臣会合などを開き、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している陸上自衛隊の弾薬1万発を、国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき、国連に初めて提供することを決めた。


 弾薬は、国連を通じ、UNMISSに参加している韓国軍に提供される見通し。

 南スーダンは政府軍と全副大統領派の戦闘が拡大し、政情不安が続いている。

(2013年12月23日17時23分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131223-OYT1T00427.htm

と言う事が、日本マスゴミを賑わせていますが・・・

で、韓国側はと言うと・・・・

南スーダン派遣の韓国軍、日本から弾薬1万発支援受ける
2013年12月23日16時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
 韓国国防部は23日、南スーダン再建支援のために派遣されたハンビッ部隊が、反乱軍の攻撃に備えて1万発の弾丸を日本の自衛隊から支援してもらうことにしたと明らかにした。

国防部のキム・ミンソク報道官はこの日「南スーダンのハンビッ部隊が日本の現地部隊から5.56ミリ弾薬1万発を今日中に受け取る予定」と説明した。キム報道官は「ハンビッ部隊は追加的な防護力の増強レベルで予備弾薬確保のために21日、国連南スーダン任務団(UNMISS)に追加的な弾薬支援を要請し、手続きによって日本の自衛隊から弾薬を支援されることになった」とその背景を明らかにした。

これに先立ち日本のメディアは、日本政府が現地韓国軍の要請を受けてPKO協力法により弾薬支援を決めたと13日に報道した。日本の自衛隊が国連に武器を提供することは今回が初めてだ。



un10con2013-12-23 17:35:43推薦 1 反対 0
日本が戦争の出来る普通の国になると宣言しただけで、韓国軍は日本の属軍扱いだよ、朝日新聞に相談しろ。

enkirita2013-12-23 17:26:55推薦 4 反対 0
韓国が要請したという部分が抜けている。それに返すと言っているが本当に返すのだろうか。

hirayama*new2013-12-23 17:25:13推薦 14 反対 0
何だ。貰えるものは貰っておこう、ということか。日頃の主張と違うな。毅然として、断るのが韓国だろう。あきれたコウモリだ。

oni**ushi1*4*2013-12-23 17:25:11推薦 5 反対 0
法令に基づく提供に意は無いが、韓国軍は一体どれだけの弾薬を持って行ったのだろう?きっと弾薬備蓄の薄さがこんなところにも反映しているんでしょうね。念の為だが、半島危機の折にはかかる支援ができるような法律は全くないからね!何にしても無事に韓国の補給が間に合い、融通した弾が平和の内にそのまま戻ってくると良いですね。自衛隊の皆様のご無事を祈ります。

江東区STYLE2013-12-23 17:24:10推薦 10 反対 0
パン君に弾薬の要求したら日本からもらえばいいという事になったんだね。国連の要請だから仕方ないけど、都合のよい話ですね。恥ずかしくないですか?日本からは支援は受けない!くらいの心意気で反日をやってください。ばーか!
http://japanese.joins.com/article/763/179763.html?servcode=A00§code=A10

何の事は無い、泣きついた、と言うのが本当のところの様ですね〜・・・・

北海道に寒波 新千歳、138便欠航 歌登では氷点下20・7度(12/23 00:14、12/23 08:11 更新)

 道内は3連休の中日の22日、上空に強い寒気が入り込んだ影響で道東や道北を中心に全道的に冷え込み、日本海側ではまとまった雪となった。最低気温は宗谷管内枝幸町歌登で氷点下20・7度を記録するなど今冬初めて氷点下20度を下回った。新千歳空港ではダイヤが大幅に乱れ、羽田便など138便が欠航。丘珠空港でも釧路、函館便など8便が欠航した。

 新千歳空港は22日昼すぎから雪が強まり、同日の24時間降雪量は21センチ。欠航に加え、102便に30分以上の遅れが出た。23日も一部の便の欠航が決まっている。

 道内の22日の24時間降雪量は、恵庭市島松で36センチ、留萌市が28センチ、留萌管内苫前町古丹別24センチ、札幌市21センチなど。雪は23日明け方まで降り続く見込み。一方、22日の最低気温は士別市で氷点下20・6度、上川管内下川町が同20・1度など。173の観測地点のうち77地点で今季最低を記録した。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/511689.html

この三連休に「天候が荒れた」と言う事を伝えたいのでしょう。しかし、この時期の「天候・気温」としては、「通常通り」という感じがします。


そりゃ、「三連休」と言う事をあてにして「商売」や「遊び」を充実させたい方々には天候が荒れて「困る」だったでしょうけど、季節は冬なのでね〜・・・冬に「寒くならない」「雪が降らない」と言う事の方が異常ですよ。

でね・・・・・

室蘭地方暴風雪、大規模停電発生で冷凍都市化、電柱や木ポッキリも
2012/11/27
http://pucchi.net/hokkaido/newstopics/201211muroran.php

・・・と言う事があったのですけど、皆さん覚えていますか?

確かこの事で、マスゴミは連日連夜「停電だ〜」「大変だ〜」「寒い中困ってる人が沢山居る〜」「どうにかしろ〜」と大騒ぎしていた筈です。

ところがこの冬も、そんな事を忘れて・・・いや春に成ると、冬場の大変な事が「無かった事」になってしまい、「オンダンカ〜」「暑い夏で異常だ〜」ですよ。

異常なのは、「温暖化」に偏った報道であり、政策ですよ。

 米グレンデール市の慰安婦像をめぐる「テキサス親父」ことトニー・マラーノさんと、韓国社会のバトルが相変わらず続いている。像への「侮辱」騒動に韓国側の憤慨収まらぬ中、マラーノさんが今度はホワイトハウス宛に「像を撤去してくれ」と求める請願活動を始めたためだ。
 韓国では大手紙やテレビ局が相次いで取り上げ、マラーノさんの元には「殺人予告」まで舞い込む。もっとも地元米国、そして日本では、ほとんど報じられる気配がない。

〜中略〜


「極右ブロガー」を韓国では大々的に報道

 先立つ3日、マラーノさんはグレンデールの慰安婦像を支持者らとともに訪問、像に紙袋をかぶせ、日章旗と旭日旗を膝の上に乗せるなどした写真を撮影し、フェイスブックなどで公開していた。これに韓国側は「極右ブロガー」による「侮辱」だとして敏感に反応、動画の日本語訳などを行っている「テキサス親父日本事務局」によれば、マラーノさんの元には韓国人とみられるネットユーザーから9日までに「殺害予告」も含む、実に3000通近い罵詈雑言が送り付けられたという。

 その騒ぎも冷めやらぬ中での「請願」に、韓国の世論は再び激高している。最大手紙の朝鮮日報を始め、ニュース番組などでも、「慰安婦像侮辱の米ブロガー、またしても……」と相次いで報道された。ニュースサイトのコメント欄にも、

家族全員ひっ捕まえて、女は売り飛ばし、男は北朝鮮の炭鉱で強制労働させるべき
こいつの肉を食ってやりたい

と過激な意見が並ぶ。

 一方、日本では経済評論家の上念司さんなど保守派の論客を中心に、ツイッターなどを通じて署名運動の「拡散」が現在行われている。しかし国内メディアでは今のところ、前回の騒動も含め報じるところは皆無に近いようだ。また、慰安婦像問題をたびたび報じてきた現地紙グレンデール・ニュース・プレスなども含め、地元でも目立った反応は見られない。

 請願成立には、2014年1月10日までに10万筆の署名が必要となる。13日現在、約6000筆が寄せられている。
【「親日米国人」ホワイトハウスに請願署名 慰安婦像撤去要求に韓国人から「殺害予告」 2013/12/13 19:09】より抜粋引用
http://www.j-cast.com/2013/12/13191726.html?p=all

引用記事に書いてある【「家族全員ひっ捕まえて、女は売り飛ばし、男は北朝鮮の炭鉱で強制労働させるべき」「こいつの肉を食ってやりたい」】と言う事を本当に思い書き込んだというのなら、なんとも浅ましい話である。

しかしそれ以上に「浅ましい」と思えるのが、引用記事にも書いてあるが「そして日本では、ほとんど報じられる気配がない」と言う事であろう。

この「殺人予告」は別にして、テキサス親父こと「トニー・マラーノさん」の請願書の話は産経新聞が書いていたが、他の新聞・テレビは「無視」である。これこそが日本メディアが、日本人の為の報道機関ではない証左なのである。

関連リンク
http://staff.texas-daddy.com/?eid=457

http://staff.texas-daddy.com/?eid=458

http://www.tsukurukai.com/konodanwa-shomei.html

経済成長を続けるアフリカ各国では、電力不足を補うため、各地で原子力発電の構想が立ちあがっている。近年政情が安定し、教育レベルも向上しているウガンダでは、発電施設の不足から必要な電力の4分の1程度しか確保できず、停電が日常茶飯事となっている。こうした中、先進国の原発業界は、原子炉輸出の機会として売り込みにも動いているが、全般的に政情不安定なアフリカ大陸で原発開発には懸念の声も上がっている。
積極的な国の一つ、コンゴ民主共和国でも、各地で武装組織の活動が続いている。コンゴには植民地時代の1950年代にベルギーが建設した原子炉が残されているが、近年燃料棒の不正取引が発覚するなど、管理のずさんさが指摘されている。
アフリカ各国が原発に前向きな理由の一つが、燃料となるウラン鉱山があることだ。しかし、その採掘には広範囲の自然破壊と周辺住民への影響を伴っている。また、有数のウラン鉱山を有するニジェールでは、近年アルカイダの一派が勢力を伸ばしており、隣国マリの内戦の影響もあって、ウランの採掘や運搬が危険な状況になっている。
急速に原発関連産業の開発が進むアフリカの実態を見つめる。
原題:Atomic Africa: Clean Energy’s Dirty Secrets
制作:a&o buero (ドイツ 2013年)


原発はアフリカへ? 投稿者 tvpickup

関連リンク記事

焦点:「原発輸出大国」目指す中国、実現には欧米の支援不可欠
2013年 12月 18日 14:24 JST
http://jp.reuters.com/article/JPshiten/idJPTYE9BH03720131218

リンク切れだった場合は、次のリンク先で・・・

http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/18/china-nuclear-power-export-_n_4463885.html

<大雪>
 20日は、西日本では山沿いを中心に断続的に雪が降り、大雪となるとこ
ろがあるでしょう。

 20日18時までに予想される24時間降雪量は、多いところで
   中国地方 40センチ
   近畿地方 30センチ
   四国地方、九州北部地方 20センチ
の見込みです。
 大雪による交通障害などに注意してください。
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/

マスゴミよ騒げよ。比較的暖かい地方と言われている「四国・九州」で「大雪」だぜ。

それとも何か?大雪が降って、その大雪で誰かが死なないと「大変だ〜」「大雪だ〜」「サムイフユ〜」と騒がないのか?

◆国民より国家優先
 <解説> 安倍晋三首相の肝いりで初めて策定した国家安全保障戦略は、政府が憲法解釈で禁じてきた集団的自衛権の行使を容認することを前提に、自衛隊の海外派遣を拡大する「積極的平和主義」を掲げた。原則的に禁止してきた武器輸出の解禁、軍備増強にもかじを切った。専守防衛が骨抜きになり、戦後の平和国家の歩みが転換する懸念が一段と強まった。
 戦略とあわせて決定した防衛大綱では、これまでの「節度ある防衛力を整備する」との表現が消えた。代わりに「実効性の高い統合的な防衛力を効率的に整備する。防衛力の質および量を必要かつ十分に確保する」と強調。厳しい財政状況にもかかわらず、防衛費は増額させる方針だ。
 戦略には「愛国心」の表現も盛り込まれた。首相は第一次政権時代にも、改正教育基本法に愛国心を明記することにこだわったが、安全保障分野でも国民に愛国心を押しつけるつもりなのか。国民より国家優先という発想がにじむ。
 先の臨時国会では、首相らが密室で安全保障の重要政策を決める日本版NSC創設法と、国民の「知る権利」を侵す恐れがある特定秘密保護法が成立した。情報漏れを嫌う米国に配慮し、軍事的な結び付きを強めることを狙っているが、安保戦略や防衛大綱はその延長線上にある。
 国民に議論の中身を十分に伝えないまま、国のかたちを変える重大な決定がなされる危険性が高まっている。 (後藤孝好)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013121702000247.html


「国家優先」ねぇ〜・・・・

それじゃお聞きしたいですが、「国家」「国民」とはなんでしょうね?

そして、この様な話では「民主主義」の否定に繋がりませんかね?

だってそうでしょ?日本の憲法を含めた色々な「法律」「制度」にはそりゃ矛盾があるでしょう。しかしね、中日・東京新聞などが諸手を挙げて「ミンス政権誕生」を喜んだ時と同じく、現自民安倍政権も「国民の民意」によって選ばれた訳ですよ。その事を完全に無視し「国民と国家は別なのだ」と言う事を言われてもね〜・・・・それ以前に、引用記事では非常に矛盾している事を・・・

国民に愛国心を押しつけるつもりなのか。国民より国家優先という発想がにじむ。】と書きながら、結びでは【国のかたちを変える重大な決定がなされる危険性が高まっている。】と・・・「国」は認めるが、「国家」は認めない、と言っている様に読めますが?「国」と「国家」の違いは何?

2013.12.18 21:28
ブルブル…今年は寒い冬 東北積雪、平年の4倍以上 19日にかけ東京で初雪も

 本州の南側を発達しながら進む低気圧の影響で、日本各地では18日、気温が上がらず寒い一日となった。19日朝にかけては関東甲信に雪が降る可能性がある。東北や北海道では平年の4倍以上の雪が積もっている地点も。昭和21年の統計開始以来、平成10年と並び最も暑かった10月から一転、今冬は平年より寒くなり降雪量も多くなる見込みだ。

 気象庁によると、寒さをもたらすのは今夏の猛暑や台風多発の原因となった熱帯域の高い海面水温だ。海面水温が高くなると積乱雲の発生が活発化し、偏西風が日本付近で南に蛇行する。このため冬型の「西高東低」の気圧配置が強くなり、寒気が入り込みやすくなるという。

 18日の東京都心の最高気温はこの冬最も低い8.8度。前線を伴った低気圧が本州の南側を発達しながら通過し、北の冷たい風を呼び込んでいるためという。19日にかけて関東甲信で雪や雨となる見込みで、東京に雪が降れば12月としては3年ぶりとなる。

 東北や北海道では12日から大雪に見舞われた。15日までに多いところでは1日当たり40~50センチを超える雪が降り続き、18日午後1時現在の積雪量は北海道・朱鞠内幌加内町(しゅまりないほろかないちょう)で116センチ、青森県・酸ケ湯(すかゆ)(青森市)で111センチ、山形県・大井沢(西川町)で96センチ。平年の3~4倍の積雪となっている地点もある。

 平年の約2倍の78センチの積雪となっている福島県檜枝岐村(ひのえまたむら)の土産店「平野商店」の平野華鶴美(かづみ)さん(73)は「この時期にこれだけの雪が積もるのは珍しい。いつもより冬が1カ月ぐらい長くなってしまうので暖房の燃料が心配」と気をもんでいた。

 気象庁は「今後も雪が多く降る可能性があるので、予報をこまめに確認し注意してほしい」としている。
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/131218/lif13121821290022-n1.html

「今年は寒い冬」ねぇ〜・・・

昨シーズンの冬も非常に寒かったし、今シーズンを入れれば連続4シーズン寒い冬の筈で、「今年は」じゃなくて「今年も」でしょ!?

本当にね、この様な記事は「無責任」というか、マスゴミの体質が良く出ていると思いますよ。そして、気象庁の「今後も雪が多く降る可能性があるので、予報をこまめに確認し注意してほしい」と言うコメントでお茶を濁していますが、どうせ、少し暖冬気味、いや今回の「東京でも雪が」と言う事が無ければ、マスゴミは「オンダンカ〜」だったわけでしょ?

普通の人はね、いままで「温暖化」と言われ続けているのに、なぜ「寒い冬」が続いているのか?と言うことを知りたい訳ですよ。記事にも書いてあるじゃないですか?【いつもより冬が1カ月ぐらい長くなってしまうので暖房の燃料が心配」と気をもんでいた。】と・・・この様な現実的な話があるので、「温暖化は本当なのか?」と言う事を知りたい訳ですよ。

ところが、気象庁が「この冬は寒い」と言うと「温暖化」の「お」の字も出さす「サムイ〜」と垂れ流すだけ。

まったく、これで良く「知る権利」「報道の自由」と言えたもんだよ。

一般紙にもいる科学記者さんよ、この寒い冬と地球温暖化の本当の事を記事として書いてみろよ。



この動画で伝えられている事は、ある意味「タイムリーな出来事」かと思います。