izaのサイトが予告通り変わった。そして最初に貼付けたリンク先からは、いままでの「イザブログ」にはアクセス出来ない。
 
 
いままでの「イザブログ(β版)」は次のURLから・・・
 
 
で、「iza」は次の様な機能を付けた様だ・・・
 
【re:marak コメントシステムは、産経デジタルが運営するウエブサイトの記事に対してコメントを書き込むことができるサービスです。別途利用規約をご覧になったうえで、他のユーザーさんと議論を盛り上げてください。
 
コメントをするには、Facebook、Twitter又はGoogleのいずれかを使って、re:markシステムにログインする必要があります。re:mark システムへのログインとは、記事ページについてコメントを投稿したり、他ユーザーのコメントに対して返信コメントを投稿したりするために、Facebook、Twitter又はGoogleアカウントを利用することをいいます。記事ページに投稿したコメントが、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)に自動的に反映されることはありません。】
 

スポンサーサイト

 

 

 

凄いですね。

 

動画を見ますと、消費税引き上げに失敗すると「この先、消費税には手が出せない」と述べていますけど、「消費税引き上げでデフレからの脱却ならず」が本当のところではないですかね?

 

                  ジャンル名    ランキング
第1ジャンルつぶやき         未参加
第2ジャンル時事・ニュース 未参加
 
エキサイトのブログ設定画面に【ジャンル設定登録】と言う項目があります。この設定で、ジャンルは設定してみたけれど「未参加」と成っている場合、「参加」に成る様にしてみて下さい。
 
やり方は簡単です。
 
エキサイトにログインすると「ブログトップ」と言う画面に成るかと思います。その画面に「ジャンル」という項目がありますから、それをクリック。
 
そうすると、エキサイトが設けている「ジャンル」の一覧のページに成りますので、その中からお好みの「ジャンル」を選択。
 
そうすると、「このジャンルに参加する」と記された「これをクリックしろ」と催促しているかのようなボタンが表れますので、それをクリックすればOKです。そうすれば、決めた「ジャンル」の「新着記事」のページに、エントリをアップする度にアップしたエントリが表示される、ってことです。そうなると、誰かがブログを見てくれるかも?という仕組みらしいです。
 
で、登録し参加したジャンルの主旨に外れるエントリはダメらしいですので、頻繁に「政治」や「ニュースネタ」に関する事を書く方は、一つは「政治」か「時事・ニュース」のジャンルにしておくと良いでしょう。
 
この「ジャンル」が中々理解出来なかった・・・
 
 

エッ〜っと、エキサイトブログに遷都準備しているイザブロガーの方が対象なのですけど・・・
 
エキサイトブログで一度アップした画像を、また違う新規ブログエントリに使用する話です。多分この話は、チョロっと以前エントリしたかと思います。
 
で、ブロガー各々のブログ設定の違いがありますから一概には言えませんが、エキサイトブログに「画像一覧」と言う項目があるかと思います。ブログ設定ページではありませんよ。ブログページです。
 
そこに「もっと見る」という項目があって、それをクリックすると「画像閲覧ページ」に行くかと思います。そのページで画像にカーソルを合わせると、その画像を使用したエントリタイトルが表れます。そして画像をクリックするとカーソルを合わし選択した画像を拡大表示で見る事が出来る筈です。
 
画像拡大時の画面の時に、画像を使用したエントリタイトルが現れている筈です。タイトルがリンクしていますので、それをクリック。そうすると画像を掲載したブログページに行けるかと思います。
 
該当エントリページの「編集」をクリック。そうすると「ブログ編集画面」になると思います。その編集画面の「本文」を記載するところに、次の様な「タグ」が記載されてあるかと思います。
 
[#IMAGE|xxxxxxxx_xxxxxxx.jpg|xxxxxxx/xx/xx/|xxx|400|300#]
 
 
このタグは「画像タグ」の例えです。エキサイトではこの様な「タグ」を使ってブログで色々な事が出来る様になっています。
 
で、その「画像タグ」をコピーし、新規エントリ作成編集画面にペーストすれば、エキサイトブログで画像を使い回す事が出来ます。
 
試してみて下さい。
 
で、エキサイトブログの「ヘルプ」には、「非公開」について記されています。それによれば、ブログ編集画面で「非公開」に「チェック」を入れ「送信ボタン(イザで言う登録ボタンですね)」をクリックすると、そのブログエントリはブログ管理者(この場合、エキサイトでブログを開設した方ですね)以外閲覧出来ないとの事。これに「チェック」を入れ、イザで言うところの「下書き登録」にしてしまえば良いのです。そうすれば「前に使用した画像を使いたい」と言う時などに、ブログ編集画面を開いたままにしなくても良い訳です。また編集したい場合は、ブログ画面で該当するエントリの「編集」をクリック、または記事管理画面で該当エントリ記事をクリックし、また編集すれば良いだけです。そしてエントリを「公開」したい時は、ブログ編集画面の「公開」にチェックを入れ「送信」をクリックすれば良いだけです。
 
そしてこれはイザブログでも言える事なのですが、出来ればお使いのOSに備わっている「メモ機能」等にブログ下書きをし、それをコピペするのが良いでしょう。編集中の記事が消えてしまった、なんて事も回避出来ますからね。色々とエキサイトで使用する「HTMLタグ」も「メモ機能」等に、一度コピペして使用した方が良いでしょう。

短足おじさん」さんのブログを見に行ったら・・・・
 
 
 
ゲゲゲッ!!!「kazk氏」が「エキサイト」でブログを開設していた!!!
 
 
「ブックマーク」&「お気に入り登録」よろしくです。

 

その記者会見の模様は次のリンク先で・・・・

 

【政府インターネットテレビ】

平成25年9月25日(水)午前-内閣官房長官記者会見

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg8515.html

 

 

 

旭日旗掲げたら刑罰対象 韓国刑法改正案、罰金・懲役も
2013年9月25日18時41分
 
【ソウル=中野晃】韓国の競技場などで日本の旭日(きょくじつ)旗を掲げた者に、1年以下の懲役刑や300万ウォン(約27・5万円)以下の罰金刑を科す刑法改正案が韓国国会に出された。与党セヌリ党の孫仁春(ソンインチュン)議員ら与野党の10議員が提出し、24日付で法制司法委員会に上程された。
 
 改正案は、旭日旗を念頭に「日本の帝国主義を象徴する旗や記章、服などを韓国内で製作、流布させたり、大衆交通手段や集会、公衆が密集する場所で使用したりした者」を刑罰の対象にするとしている。
 
 韓国では、日本での反韓デモで参加者が旭日旗を掲げて行進する姿が報道で再三紹介され、「日本の軍国主義の象徴」とする見方が定着している。
 
 7月、ソウルでのサッカー東アジア杯・日韓戦で韓国側応援席に「歴史を忘れる民族に未来はない」との横断幕が掲げられて問題となったが、韓国サッカー協会は、日本の応援団が旭日旗を振ったことが「事態の発端だ」と主張している。
 
まあ、バカのやることなんでどうでも良い話でありますけど、「朝日はどうすんだ?」と言う疑問が・・・
 
だって、朝日が得意げに報じる内容を観ますとね・・・
 
【旭日旗を念頭に「日本の帝国主義を象徴する旗や記章、服などを韓国内で製作、流布させたり、大衆交通手段や集会、公衆が密集する場所で使用したりした者」を刑罰の対象にするとしている】
 
・・・と書かれているのですが・・・
 
 
 
で、朝日新聞はソウル支局を閉鎖するのか?

 

なんとも弱気というか、争点・論点をはぐらかしていると言うか、消費税増税すれば「デフレから脱却出来ない」と言う事まで理解していて・・・この話。

 

次の引用文を思い出してしまった・・・特に、赤字にした部分を・・・

 

塩野七生著 新潮文庫刊 『ローマ人の物語 悪名高き皇帝たち[三]』 より

 

【カバーの金貨について

 

 他の職業人に比べて政治家が非難されやすい理由の一つは、政治とは誰にでもやれることだという思いこみではないだろか。例えば、ピアノのコンクールでは、審査員は有名なピアニストが担当する。いかに音楽を愛していても、単なる愛好家には、票を投ずることは許されていない。それなのに政治となると、選挙では誰もが一票を投ずる資格をもつとされている。でないと、反民主的と非難される。ということは、民を主権者とする政体とは、政治のシロウトが政治のプロに評価を下すシステム、と言えないであろうか。

 となれば政治家にとっての死活問題は、政治のシロウトたちの支持を獲得することになる。知識はあっても政治を実際にやったことはないという点で、学者も評論家もメディアもシロウトに属す。政治家が挑戦すべきなのは、政治のプロとしての気概と技能は保持しながら同時にシロウトの支持を獲得するという、高等な技なのである。クラウディウス帝は、この放れ技に失敗したのだった何によって?それは読んでお楽しみ、と言っておこう。】

 

 

 

 

確かに、マスゴミ人士とは言え、それぞれの「立ち位置」まあ個人的に妄信する「思想信条」と言うのがあるでしょう。しかしね、マスゴミ人士が良く口にする「公平・公正・客観性・中立的報道」をもの凄く逸脱して、事実をねじ曲げる様な情報工作をするっちゃなんなんでしょ?