NHKで在日韓国人へのヘイトスピーチ20130531 投稿者 azukitoast

 

 この動画、「良くも悪くもNHK」という印象ですね。

 

それ以前に、この問題というか、戦後の日本で曖昧にして来たというか、NHKを始めとした既存大メディアが視聴者に擦り込んで来たモノが崩壊し、既存大メディアが慌て大混乱している、と感じがしますね。

スポンサーサイト

タクシー 1回乗務の距離制限は違法
5月31日 16時49分
 
名古屋市周辺を走るタクシーの運転手が1回の乗務で走行できる距離について、中部運輸局が、日勤者の場合、270キロまでに制限したことが妥当かどうかが争われた裁判で、名古屋地方裁判所は「規制は裁量権を乱用したもので違法だ」と指摘し、運転手が規制を超えて乗務することを認めました。
 
この裁判は、中部運輸局が4年前、名古屋市周辺を走るタクシーの運転手が1回の乗務で走行できる距離について、日勤者の場合、270キロまでと制限したことに対し、名古屋市のタクシー会社「名古屋エムケイ」が営業の自由を制約し違法だと訴えていたものです。
31日の判決で、名古屋地方裁判所の福井章代裁判長は「名古屋市の周辺では、事故の件数などが減少傾向にあり、乗務距離の規制を新たに開始しなければならないような状況にあったとは言えない。規制が必要とした運輸局の判断は著しく妥当性を欠き、裁量権を乱用したもので違法だ」と判断し、運転手が規制を超えて乗務することを認めました。
会社側によりますと、エムケイグループは名古屋のほか、東京や大阪など全国の4つの裁判所で同様の訴えを起こしていますが、判決が言い渡されたのは初めてだということです。
判決のあと、タクシー会社側の弁護士が会見し、「行政が安易に規制をかけてはいけないと警鐘を鳴らした判決で、エムケイだけでなく、ほかのタクシー会社にも大きな影響を与える」と述べました。
一方、中部運輸局は「主張が受け入れられず、誠に残念だ」とするコメントを出しました。
 
この記事を読んで「非常にタイムリーだな」と思いました。
 
何故ならば、『【規制バスター】タクシー初乗り運賃が高くなるのは規制のせい? 政策工房の原英史さんにきく タクシー規制たち』と題するネット記事を読んでいたからです。
 
 
 
何が正しくて何が悪い、または今現在考えられる「最善の方法とは何か」と言う様な事を書くつもりはありません。ただ、この様な「規制緩和」または「規制強化」と言うモノは、最終的に利用者の不利益(利用者の命の問題)に関わってくる、と言う事だけは言えます。
 

 

公開日: 2013/05/20

The contents in this video are used under Fair Use Guidelines.

この動画のコンテンツは全てフェアユース法に基づき使用されています。

 

http://www.youtube.com/watch?v=KZ2d1bqycmw

 

英語版

 

 

The contents in this video are used under Fair Use Guidelines.

 

http://www.youtube.com/watch?v=7jlfAqR8uBc

 

---------------------------------------------------------------

 

フェアユース (fair use) とは、アメリカ合衆国の著作権法などが認める著作権侵害の主張に対する抗弁事由の一つである。同国の著作権法107条 (17 U.S.C. § 107) によれば、著作権者の許諾なく著作物を利用しても、その利用が4つの判断基準のもとで公正な利用(フェアユース)に該当するものと評価されれば、その利用行為は著作権の侵害にあたらない。このことを「フェアユースの法理」とよぶことがある。フェアユースの大きな特徴の一つに、著作物が著作権者の許諾なしに利用できる場合(つまり、著作権が制限される場合)の規定の仕方については、限定的使用のための複製や引用、また裁判手続等における複製等のような具体的な類型を列挙する方法によるのではなく、抽象的な判断指針を示す方法によっていることがあげられる。

 

 

日本 

日本国著作権法においても、著作権の効力が及ばない著作物の利用行為が規定されている(日本国著作権法30条~47条の3)。しかし日本国著作権法における著作権の制限規定は、著作権の効力が及ばない著作物の利用態様を個別具体的に列挙したものである点でそれを一般的抽象的に規定したアメリカ合衆国著作権法におけるフェアユース規定(17 U.S.C. § 107)とは異なる。

日本において日本国著作権法30条 - 47条の3によって定められた範囲を超えて著作物を利用した場合に、フェアユースの抗弁によって著作権侵害を否定できるかがしばしば論点となる。著作権法1条(法目的)に見られる「文化的所産の公正な利用に留意」の文言に基づいてフェアユースの抗弁を認める説も存在するが、現在のところそれを認めた裁判例は存在しない。

もっとも権利濫用(民法1条3項)、公序良俗違反(民法90条)、黙示許諾といった民法上の法理に基づく抗弁によって(著作権の行使を免れるという点で)フェアユースに類似する法的効果が認められる余地はある。ただし権利濫用は基本的に著作権者側の行為態様を、公序良俗違反は国家秩序や社会道徳をそれぞれ問題とするものであるのに対し、フェアユースの場合は著作物の利用者側の事情を問題とするものであるため必ずしも重なり合うものでもない。また黙示の許諾がある場合は著作権者による権利処分があったと認定できる場合であり、フェアユースの法理と適用場面が重なるわけではない。

麻生太郎元首相を本部長とする政府の知的財産戦略本部は、日本の著作権法の著作権制限規定は図書館での複製にかかわる第31条をはじめとして著作物利用の個別具体の事例に沿って規定されている一方で技術革新のスピードや変化の速い社会状況においては適切に実態を反映することは困難であることなどからフェアユース規定と同様の著作権制限の一般規定(権利制限の一般規定)を導入することが適当であるとし、文化審議会著作権分科会などで検討され、2010年1月20日、報告書が文化庁傘下の文化審議会著作権分科会法制問題小委員会に提出された。もっとも、検討されるのみで、現在までのところ、フェアユース規程は法律化されていない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/フェアユース

 

 

他意は無いのだが、Wikiの「フェアユース」の項を引用したのは、先に貼付けた内容の別動画がYouTube側から明確な理由も示されず「削除」と言う事を受けていたからである。

 

ちなみに、「削除された動画」とは次の動画である。

 

 

公開日: 2013/03/28

On March 28, 2013, this video was reported by some group of people and suspended probably by their comrades working in YouTube for unknown reasons. If you watch this video, you will know that this is an impartial portrait of what Comfort Women were actually like and doesn't violate any article of the Community Guidelines of YouTube. I strongly protest against the infringement of freedom of speech. 

 

この動画は、2013年3月28日、ある集団によって通報され、おそらくYouTub­e内で働くその集団の協力者によって理由もなく削除されたものを再掲した動画です。こ­の動画は極めて公平な視点から慰安婦の実態を解説した動画であり、いかなるYouTu­beのガイドラインにも違反しておりません。言論の自由の侵害に対して強く抗議します­。

http://www.youtube.com/watch?v=7NrsofHGtT4

 

 

 

自らのルーツであるジプシーの生き様を撮り続けてきた、トニー・ガトリフ監督作品。血の復讐をめぐるジプシー一族の悲しい宿命を、情熱の音楽フラメンコでつづる。

ネットで話題沸騰中の乙武さんの例の件ですが、障害者側からの意見も1つ出しておきます。
 
じっくり書きたいのですが、色々忙しいのでサクッと。
 
結論からいうと、今回の件に関しては乙武さんのほうが「いやいや、さすがにそれないわー」という印象です。
 
生まれつき障害があり、電動車椅子という乙武さんもブイブイいわしてるマシンに近いものに乗っていて、
似たような経験もあるぼくからみても今回のはちょっとお店の方がかわいそうだと思いますよ。
 
そもそもなんで予約の時に車椅子であることを伝えなかったんでしょうか。
そこがよくわからない。というか意味不明。
 
〜中略〜
 
100歩譲って「乙武氏は問題提起して、もっと世の中にバリアフリーについて考えるきっかけをつくりたかったんだ!」という好意的な解釈をしてもこれはきついです。
というかこういうやり方で問題提起しても誰も得しません。
乙武氏のプライドは満たされるかもしれませんが、一般の障害者からしたら普通に迷惑です。
っていうか引いてます。信者は知りませんが。
 
結局これは障害者差別とかバリアフリーとかいう高尚な話ではなく、単純に乙武氏とお店側のチンケなプライドのぶつかり合いといったかんじだと思うのです。
マジめんどくさいねーしょうもない。
 
 
と、言うことを書かれている方がいて、この方の意見こそ「問題提起」と思いますわ〜・・・

 

 

 

 

 

 

パコ・デ・ルシア(Paco de Lucía、本名Francisco Sánchez Gomes、1947年12月21日-)はスペインのギタリスト。フラメンコやジャズの分野で活躍している。

 

 

 

 

圧倒、という言葉がピッタリなのかもしれない。そう感じるギター演奏である。 

 相模さんより次の様なコメントを頂いた。

 

Commented by 相模 さん

>やはり小澤征爾は、超人でありましたか。

 

先月亡くなったバタやんも案外「超人」かも知れない。復員の兵隊がこの曲で泣いていたんですから。貧しく生きて戦った日本人の時代。イアンフ、イアンフと敵を追い詰めたようなマスコミの口調がなんと醜く響く事か。

 

http://www.youtube.com/watch?v=iKgPJH1b6io

 

おまけ

http://www.youtube.com/watch?v=Ola1-W0C77o

 

-----------------------------------------------

 

コメントに記されたURL先に行けば、次の様な動画が観る事が出来、次の様な動画投稿者のコメントが記されている。

 

公開日: 2012/07/06

田端 義夫の「かえり船」 (戦後の外地からの復員船を歌う)"瀬尾 はやみ" 3 か月前 涙なしには聞けません。 私の家族は昭和21年、朝鮮から故国日本に帰った引揚者家族です­­。 私はその年の4月に父の郷里の茨城県で生まれました。 母は「あなたがお腹の中にいたから生きて戻ってこれたのね」 と述懐しました。それほど過酷な逃避行でした。 帰ってからも、赤貧洗うがごとき生活の中で、 父母は末の私と兄、姉2人、末の兄を必死で育ててくれました。 そんな生活の中で長兄は盲腸炎(何とたかが盲腸炎で)亡くなりま­した。 体の頑健だった父は、そんな兄の異変に気がつかなかったのです。 生涯、父はそのことを悔やんでおりました。 今では極楽浄土で兄と幸せに暮らしていることでしょう

 

 

オマケは、この動画である。

 

 

 

2012年に話題になった韓国歌手PSY(サイ)が、イタリアのサッカー会場で行ったパフォーマンスで観客から大ブーイングを受けたようです。なぜブーイングを受けたのかは不明ですが、このことについて韓国メディアは「人種差別」として、会場のサッカーファンを批判しています。
 
 
この動画のコメントに【REMEMBER 2002 FIFA WORLD CUP】とコメントされていましたが・・・
 

 

『亡き王女のためのパヴァーヌ』(なきおうじょのためのパヴァーヌ、原題:Pavane pour une infante défunte)は、フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲、および1910年にラヴェル自身が編曲した管弦楽曲。『逝ける王女のためのパヴァーヌ』とも。

 

諸説あるが、ラヴェルがルーヴル美術館を訪れた時にあった、17世紀スペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが描いたマルガリータ王女の肖像画からインスピレーションを得て作曲した、とされる。

 

 

 

「亡き王女」という題名はフランス語でinfante défunteとなり、言葉の韻を踏む遊びから命名された。ラヴェルによるとこの題名は「亡くなった王女の葬送の哀歌」ではなく、「昔、スペインの宮廷で小さな王女が踊ったようなパヴァーヌ」だとしている。なお、パヴァーヌとは、16世紀から17世紀にかけてヨーロッパの宮廷で普及していた舞踏のことである。

 

ちなみに、動画は「小澤征爾指揮 ボストン交響楽団演奏」によるものである。