FC2ブログ

 安愚楽牧場の和牛預託商法については,破綻前まで,様々なテレビ,雑誌,書籍などで広く紹介されており,中には出資を推奨するものもみられました。
 
 そのなかでも「経済評論家」として多くの雑誌や書籍で安愚楽牧場の和牛預託商法を紹介していたのが,今般,総選挙で再選し,民主党の代表となった海江田万里氏(以下「海江田氏」という。)です。
 
 例えば,海江田氏は,かつて安愚楽牧場の和牛預託商法を紹介した記事や著作物で,
 
・「13.3%の高利回りは驚異的だ」「元金確実で,しかも年13.3%と考えれば,他の金融商品はまっ青!」(書籍・「今どうすれば一番損をしないか」)
 
・「和牛の死亡率は0.4%と低く,また万一そのような事態があっても代わりの牛が提供されるので,契約どおりの利益は保証されます」(雑誌・「BIGMAN」昭和63年3月)
 
・「知る人ぞ知るといった高利回りの利殖商品」「むろん元本は保証付き」
(書籍・「海江田万里の金のなる本」)
 
・「この利益は申し込み時に確定していて,リスクはゼロ
(雑誌・「女性セブン」平成4年7月2日)
 
・「利益は申し込みをした時点で確定していますから,リスクもありません。」
(雑誌・月刊ドリブ「DoLive」平成4年9月)
 
などと,あたかも,元本保証がなされ,リスクがないと述べていました。
 
 当時,海江田氏は,著名な「経済評論家」として,様々なメディアに出演し,雑誌や書籍などを通じて,「財テク」をすすめており,社会的な信用力と影響力を有していました。このような立場からすれば,安愚楽牧場の和牛預託商法の危険性を認識できたし,また,認識すべき立場にあったのであるから,記事や書籍などで紹介する際にもそのリスクを示すべきであり,安愚楽牧場の事業実態などについても調査・確認をすべきであったと思われます。しかしながら,海江田氏は,漫然と安易に安愚楽牧場を紹介し続け,また「経済評論家」としての執筆料等の利益と便益を享受してきました。
 
 被害者の中には,「経済評論家」である海江田氏の記事や書籍を信用し,安愚楽牧場に出資をした者が多数います。中には,国会議員に転身した同氏を信頼し,出資を維持し,さらには,出資額を増やした被害者すらいます。
 
 海江田氏の「経済評論家」として安愚楽牧場を推奨・宣伝したことは,専門家としての立場を併せて考えれば,責任は重大です。
 
此処ぞ、とばかりに落ちぶれたミンスを貶めるつもりはないが・・・時代が替わったというべきだろうか、経済評論家と称し【この商品はよいですよ】と宣伝を行っていた事が糾弾される事になろうとは・・・・
 
そして、既存大メディアに多く登場する「経済評論家」と称する方々のメディアでの発言。または既存大メディアがその様な方々を利用して行う発言に対して「責任」と言う事を求められる時代に成ったと言う事なのかもしれない。
 

スポンサーサイト



 

この動画非常に面白い動画と私個人思いましてね。いやこれを同じ経験をした事がある、と言う方が正確ですね。

 

所謂「トレーラー・トラック」と呼ばれる大型車は、雪道等でチェーンを巻いていてもこの様な事に成りやすいのです。上り坂ではタイヤチェーンを巻いていても「止まるな」「登りきれ」と教わりましたし、経験もしました。

 

しかし市街地等の坂道や渋滞中の峠道では、坂の途中で止まらずを得ない状況があります。そう成ると動画の様にお手上げです。

 

ともかく冬の道は、刻々と路面状況が変化します。スタッドレスタイヤを履いているから、チェーンを巻いているから、四駆だから、という過信は禁物なのです。

 

村西利恵
「それが、真相から分かることはこの2つ。日揮最高顧問の安否がなぜ最後まで分からなかったのか。そして、アルジェリアがなぜ強硬手段に出たのか」
 
青山繁晴
「はい。あの、さっき言いましたとおり、あの、10人もの犠牲者を出した、わが日本国民ですけれども、あの、悲痛なことに、9人の方はいわば犯罪者から、ダミーとして扱われて、結果的に犠牲になられた。そして、その、犯人の真の狙いはたった1人、日揮の最高顧問だった新谷さんですが、その新谷さんは、あの四輪駆動車に乗っていて、戦闘ヘリの攻撃を受けざるをえなかったから、犯人と一緒に。そして、なかなか遺体の確認が、ご遺体の遺体の確認が難しかったということなんですよね。そして、アルジェリアがなぜ強硬手段に出たかっていうのもですね、さっき言いましたとおり、もしもその、マリ北部まで連れていかれると、その、世界全体のテロリズムに影響を与えると。その状況になってしまったら、その人質を解放することも、犯人を逮捕したり攻撃したりすることも難しくなってしまって、ビジネスがもっとビジネスになってしまうっていうことなんですね。これ皆さん、実は今日のニュースにひとつ証拠があってですね、アルジェリアの野党党首が、あれ攻撃しなかったら、その、人質を、しかも重要な人質を、テロリストの安全地域に連れていかれて、事件の収拾がつかなくなっていたから、野党であっても賛成だってことを、はっきり公言されてて、今日のニュースになってるんですよ。だからこの2番目の、実は、証拠のひとつなんですね。それからもうひとつ申しますとね、時間はないけどもうひとつ申しますと、ヨーロッパの首脳はこれやむをえなかったっておっしゃってるけど、日本の安倍総理だけが、未だに、あのアルジェリア軍の判断と行動を全部支持するわけにはいかない、疑念が残るってことを未だにおっしゃってて、それはどうしてかというと、日本政府なりにこの事件の真相をつかんでいるからですね。で、そうするとですね、冒頭申しましたとおりこれはメディアが意図的に、虚報をしたというのではないけれども、まるで、はっきり申せば日本人をちょっと貶めるような、何か日本人の普通の従業員の方々も、派遣会社から一生懸命行かれた方も含めて、その活動がアフリカ人に嫌われてるような報道に、傾いてると思いますが、僕もそれなりに一生懸命情報集めましたが、とんでもない、日本人は本当に好かれていて、その労働モラルの高さ、そしてさらに、人を区別しないと。労働者とか貧しい人とか、富める人とか区別しない。しかも利益を日本に持って帰るんじゃなくて、現地に利益をちゃんと落としてくれるってことで、信頼されてる。そういうことからすると、今の誤報ぶりってのは僕は実は大きな問題があると思います。そして最近の、その誤報ぶりで、メディアのおかしな報道で、良くないことの、次を、もうひとつ、後半に向けて見ていただきたいんですね。はい、出して下さい」
 
 
 
YouTube等にアップされている動画をご覧になった方も多いと思いますが、まあ著作権ナンタラのこともあり「即削除」に成ってしまいますので、くっくり氏の「書き起こし」から一部引用しました。
 
詳しい事は、リンク先のくっくり氏のブログをご覧ください。