FC2ブログ

緊急脱出でけが人 シューターが急角度 「機長の判断は適切」と評論家
2013.1.16 14:31
 
 高松空港で16日に発生した全日空ボーイング787のトラブルで、乗客が滑り台のような「脱出シューター」で緊急脱出し、腰の痛みを訴えて病院に運ばれるなどした。
 
 脱出シューターを使えば全乗客が90秒以内で脱出できる仕組みになっている。ジャンボ機では、地上から1階席の非常口までの高さは約5メートルで、シューターの角度が急なためかなりの速度で滑り降りる。
 
 緊急事態の場合、多少のけが人が出ても脱出を優先させるためで、滑り降りる際の摩擦によるやけどや、地面に降りた際に腰や頭などを打つ打撲傷が多いという。
 
 今回の全日空787からの緊急脱出について、元日航機長の航空評論家、小林宏之さんは「緊急着陸と乗客の脱出を決めた機長の判断は適切だった。787でトラブルが続出していることが頭にあり、最悪の事態を避けようとしたのだろう」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130116/dst13011614330017-n1.htm
 
不謹慎ですけど、この記事を読んで笑ってしまったですよ。
 
特に・・・・
 
【乗客が滑り台のような「脱出シューター」で緊急脱出し、腰の痛みを訴えて病院に運ばれるなどした。
 
 脱出シューターを使えば全乗客が90秒以内で脱出できる仕組みになっている。ジャンボ機では、地上から1階席の非常口までの高さは約5メートルで、シューターの角度が急なためかなりの速度で滑り降りる。
 
 緊急事態の場合、多少のけが人が出ても脱出を優先させるためで、滑り降りる際の摩擦によるやけどや、地面に降りた際に腰や頭などを打つ打撲傷が多いという。】
 
の部分で・・・
 
確かに、人命を運ぶと言うことから考えれば「有っては成らない事」とは思いますけど、一昨年の震災や原発事故、沖縄の基地移転・オスプレイ問題?等を考えると、皆が求める「絶対の安全とは何?」と疑問に思うし、首都圏の大雪でのこの様な動画を観ますとね、航空機の方が遥かに安全じゃん、と・・・
 
 
 
 
不可抗力と言うことを差し引いてもですね、タイヤチェーンも巻かずにこの様な雪道を車を走行させること自体「安全運転義務違反」であり「危険運転」に成るのですよ。この様な方々が「絶対安全」と要求するのですから、嗤うしか無いでしょ?

スポンサーサイト



ご存知の方はご存知かも知れませんけど、次の画像の様な「靴の滑り止め」が存在します。
 
 
秋の終わり頃からこちらでは、ホームセンターや靴店等で売っています。
 
で、本格的な登山用「アイゼン」では無いのですけど、次の様なアイゼンも「アウトドア用品」を扱っているスポーツ用品店やホームセンターで売っています。
 
 
 
最初の画像のタイプは、短靴、スニーカーにも装着可能です。
 
二番目のタイプは、トレッキングシューズとかアウトドアシューズと言われるタイプに装着するタイプで、街中で使用するモノではありませんが・・・
 
興味のある方は「靴 滑り止め」または「アイゼン」で検索してみて下さい。