以前のエントリでも貼付けた動画ですが、再度貼付けます。以前の動画より若干短めのバージョンです。そして、この動画は削除される可能性大です。
 
動画が削除されていた場合は、次のリンク先をご覧下さい
 
 
 
動画で青山氏も述べていますが、原発だけが今度の総選挙の争点ではありません。拉致被害者を奪還出来る政治を行えるかどうかも重要な争点なのです。
 
それが出来る政党と成れば限られますね。その様な点から見れば、ミンスは当然、公明、共産、社民、今度立ち上がった「日本未来の党」などは選択肢にも入らないでしょう。
 
蛇足ですが、本日行われた「日本記者クラブ主催」の「党首討論会」で、「ブルーリボン」を付けていた政党党首・代表は、野田氏と安倍氏しかいませんでした。
 
まあ野田は、仮にもまだ日本国内閣総理大臣ですから、ブルーリボンを付けるのは当たり前ですね。付けていなかったら本当にどうしようもないクソ以下ですが・・・
 

スポンサーサイト

 

この動画での話、もっと分かりやすく言えば次の動画の様なモノ

 

 

この番組に出演されている料理人たちをトヤカク言いませんし、料理人たちは真剣に料理を作っているでしょうけど、間違いなく番組制作側の演出があります。ガチンコなんかあり得ません。

 

 

このレベルの料理人と成れば、素人が数値的に優劣をつけれる訳も無いのに、料理の素人も一緒になって採点をする様です。しかも料理の味を知っている専門家?、と言う方々と寸分の違いも無い様な採点を下す。あり得ますかね?

 

話が最初の動画に戻りますが、最初の話も同じで、テレビ番組は何かしらの演出・台本が無ければ「番組として成り立たない」と言う事です。

 

しかもワイドショー番組での話と言う事ですから、尚更です。

 

テレビで放送している事が、絶対の事実または絶対の真実である、と言う事では無いのです。仮に事実だったにせよ、それはその番組を作っている側から見た「事実」であって、多くの人が、個々に直接観た事実とは違うのです。

 

そしてテレビ朝日は【椿事件】と言う事件を過去にしでかしていまして・・・それに懲りていないし、テレビ各局は「何は無くても自民を虐めろ」ですからね。

 

Fall from jamie scott on Vimeo.

 

 

元スレ「日本の有名大学に一年間留学した黒人の男だけど、質問ある?」
 
 
【スレ主】
みんな日本での差別や外国人嫌いについて話を聞いたことがあると思うけど、僕がこのスレを立てたのは、このトピックについて、僕のようなユニークな立場から、考えてみたかったのと、単純に日本について話してみたかったからなんだ。
 
僕についてはこんな感じ。
イギリス出身、20代前半。
・大学を卒業した後、休みをかねて日本に行き今年帰国した。
・日本語は大学に行ってる間にがんばって勉強したから日本に行く前から流暢に話せた。
 
日本でしたこと。
・日本の有名大学に交換留学生のようなプログラムで行った。
・大学にいる間は法律や政治や文化に関するクラスに出た。
・東京に住んでいた。
・日本人だけの職場でバイトをした。
・たくさん友達を作り、たくさん遊んた。
 
 
– 差別はされた?
 
Re 差別は無かったよ。実際はその逆のことが起こった。みんな僕の友達になりたがっているようだったし、率先して手助けしてくれた。その例を挙げると
 
・クラブに行けば僕の事を”クール!”って言ってくれる人がいたし、よく友達に僕を紹介してくれた。それにいろんな場面で、飲み物を奢ってくれたり、友達になろうとしてくれた。
 
・一度渋谷でパレードをしているところに通りかかった時、その参加者の人が家族を連れて僕の所にきて楽しそうに話しかけてくれ、写真を撮りたがってくれた。
 
・日本に留学する前に一度日本に行ったんだけど、その時は日本語があまり上手じゃなかったんだ。ある日、駅の改札を通れなくて困っていた時、ある女性が話しかけてきて、駅のオフィスに連れて行ってくれた。その後10分間も駅のスタッフに通訳してくれ、改札を通れるように手伝ってくれた。
 
・友達に紹介された女性が僕の仕事を見つける手伝いをしてくれた。リクルート会社の面接にも一緒に出てくれ、最終的には彼女が働いていた会社で仕事を見つけた。
 
・仕事を探すのはすごい簡単だった。「英語話せるの?日本語も出来るの?じゃあ、いつから来れる?」って感じだった。(スレ主)
 
〜以下略〜
 
 
詳しい事はリンク先をご覧下さい。
 
日本では「自意識過剰?」「被害妄想過ぎる?」方々が「差別ニダ〜」「生活保護受給者を差別するな」「同和差別だ」「沖縄は差別されている」とよく喚きますけど、リンク先の記事を読むと日本は「差別社会」じゃなさそうですね〜・・・

北電の対応に不満 停電なのにファクスに 説明の会見も開かず(11/29 10:51)
 
 室蘭市や登別市などで発生した暴風雪による大規模停電は、地域によって復旧が29日以降にずれ込んだ。復旧見通しなどの情報がない中、長時間の停電を強いられた自治体や商店主などからは、「詳しい状況をきちんと知らせてほしかった」と、北海道電力の対応に対する不満の声が上がった。
 
 登別市では、停電の起きた27日午前から市職員が情報を求めて北電室蘭支店へ電話をかけ続けたが、つながったのは正午前。北電によると、関係自治体へは朝にファクスで一報を送信したが、登別市役所は停電でファクスが動かず、情報が伝わらなかった。
 
 同市の担当者は「停電を知っている北電がなぜファクスなのか。住民への周知などで、結果的に初動が遅れた」と憤る。
 
 北電は27日午後の記者会見で、送電用鉄塔が倒壊した登別市内の停電は「復旧まで3日ほどかかる」と説明。室蘭市内については、同日午後7時ごろに復旧するとの見通しを示した。
 
 だが、室蘭市内で風の強い状態が予想以上に長引き、復旧作業が停滞。同市内の停電は28日になっても断続的に続いた。しかし、北電は復旧が自ら示した見通しを大幅に過ぎたにもかかわらず、記者会見などの説明を行わなかった。
 
 室蘭市のガソリンスタンド「北海道エネルギー輪西SS」は停電のたびに営業をストップ。利用客からの営業再開の問い合わせに答えることができず、藤浪昭生所長(38)は「北電が頻繁に情報提供してくれれば…」と頭を抱えた。
 
 同じく営業休止せざるを得なかった同市の食品スーパー「アルファマート母恋店」では、店を訪れた客から「昨日から食べていない。いつ再開するのか」と問い詰められる場面もあったが、北電へ電話しても通じずじまい。小林秀樹社長(61)は「非常時の問い合わせに対応できる態勢を整えるべきだ」と、危機管理のあり方に疑問を呈した。復旧見通しを的確に説明できなかったことについて、北電は「風がいつ弱まるか分からなかった」と釈明している。
 
 
と言う引用記事を踏まえ・・・
 
以前のエントリに相模さんから次の様なコメントを頂きましてね。
 
 
Commented by 相模 さん
>家族連れや独居老人らが不安な夜を過ごした。
 
原発イラネ組の「毎日」として、それでは誰を悪者にすべきか。
もとは送電線の鉄塔が倒れたこと。悪者は暴風雪で倒れる鉄塔。設計ミスか?
この天気じゃ太陽光発電は使えない。風力発電は頼みになるか?新聞社の諸々のキャンペーンが待たれます。
 
北海道新聞の伝えたい事は分かりますよ。しかしね自然災害だった訳で、北海道新聞だって、昨年の大震災や、昔に起きた北海道南西沖地震も知っている筈でしょ?しかも原発事故で北海道新聞は「絶対はない」「原発推進側の嘘だ」「電気イラネ」と喚いていたじゃないですか?
 
ならばですね、新聞が「もしもの時の為に備えよう」とキャンペーンを大々的に行うべきじゃないのですか?電気が突然止まったら大変である、と言う事を発信するべきじゃないのですか?
 
啓発・啓蒙を発信するべきじゃないのですか?
 
いやこれからのエネルギー・電力問題に、この停電を教訓とし一石を投じるべきじゃないのですか?
 
それをですね、相模さんが的確に指摘していますが「人身御供、生け贄、を探して、人民裁判(リンチ)にかけている様なもの」では・・・今の新聞は本当に「新聞って、本当のバカが書き、本当のバカが読むもの」と思えますよ。
 
ついでに次のリンク先を貼っておきます。
 
 
リンク先の記事が言いたいことは分かるのですけど、新聞やテレビなどが、リンク先で書かれている様な事を最初に行い、それを普通の人が真似たと思うのですがね。
 
だってそうでしょ?先に引用した新聞記事を読めば分かりますし、同じ事を書きますけど、「公平・公正・客観的・政治的中立」を金科玉条にしている既存メディアが「人身御供・生け贄」を探し出して、よってたかって虐めるんですからね。

 貼付けた動画は削除になる可能性が大です。その事を最初にお断りしておきます。

 

 


2012年11月28日 自民党 安倍総裁 

 

 

【私は、失望することのほうが、オカシイと感じた。人間的な「ミンス政権」や「日本未来の党」等の所謂「第三極」なんて、ありえようはずがないのである。バカなのは、そういう社会が実現可能だと信じていた良心的なインテリたちである。政治的センスのない良心的な人々が、政治に口をだすことほど害なものはない。とくに、それらの人が、社会的名声など持っていたりすると・・・・】

維新・松井氏“埋没の指摘当たらない”
11月28日 17時43分
 
日本維新の会の松井幹事長は、記者団に対し、滋賀県の嘉田知事の新党結成の表明で、いわゆる第三極の勢力の中で維新の会が埋没するのではないかという指摘があることについて、「埋没という価値観はない」と述べ、指摘は当たらないという認識を示しました。
 
この中で、松井幹事長は、滋賀県の嘉田知事が新党「日本未来の党」の結成を表明したことに関連し、記者団が「第三極の勢力の中で、維新の会が埋没するのではないか」と質問したのに対して、「われわれの目的はこの国を変え、今の統治システムを変えていくことだ。ゼロからスタートして、ここまで取り組んできており、悔いはない。埋没とか何とかという価値観はない」と述べ、指摘は当たらないという認識を示しました。
また、松井幹事長は、大阪府知事の立場として、「日本未来の党」の代表代行に、大阪府の特別顧問を務める飯田哲也氏が就任したことについて、「特別顧問の政治活動を全面的に禁止するものでもない。ただ、衆議院選挙に立候補する場合は進退を判断いただきたい」と述べました。
 
 
内紛の様相を呈してきましたね。
 
しかしNHKの記事を読みますと【「われわれの目的はこの国を変え、今の統治システムを変えていくことだ。】と大阪府知事は述べていますが、イイダ教祖の動きを苦々しく思いながらも、衆議院に立候補しなければ大阪府市特別顧問を辞める必要も無く、容認するという事では「今の統治システムがドウタラ」と言われても説得力がありませんね。
 
まあ、大阪府市の「特別顧問」と言うのは、非常に怪しげな手続きで大阪府知事・市長が抱え込んだ「税金の無駄遣い」の様なモノですから、厳格に観ればこの時点で「ナンタラ維新の会」の目指すところと言うのが、出鱈目に見えるのですがね。
 
ついでにこれも・・・
 
飯田哲也氏 日本電機サービス顧問に就任 
 
太陽光発電システムの販売・施工を行っている日本電機サービスは、自然エネルギー分野の第一人者である飯田哲也(いいだてつなり)氏を顧問として迎え、社員研修などを積極的に行って再生可能エネルギーに関する知識の充実を図っていく予定でいる。
 
2008年より住宅用太陽光発電システムの販売・施工を行っている日本電機サービス(本社:東京都港区・代表取締役:前山祐摩)は、今年11月に自然エネルギー分野の第一人者である飯田哲也(いいだてつなり)氏と顧問契約を結んだ。
今回の顧問就任により、再生可能エネルギーや環境に関する社員研修を積極的に行って、社員の環境に対する理解の深さと自然エネルギーへの知識の充実を図っていく予定でいる。
 
飯田哲也氏は日本における自然エネルギー分野の第一人者で、孫正義氏(ソフトバンク株式会社代表取締役社長)の自然エネルギーへの取り組みへの助言者をはじめ、中央環境審議会、総合資源エネルギー調査会、東京都環境審議会など多数歴任され、また海外の主要機関との情報交流や国際会議に参加されるなど、国内外で活躍。現在は大阪府と大阪市の特別顧問も務めている。
http://www.zaikei.co.jp/releases/76124/
 
何で稼ごうが構いませんけど、「ナンタラ顧問」という肩書きが好き?多い?方ですな。

北海道吹雪:避難所では投光器の照明 室蘭
毎日新聞 2012年11月28日 09時59分(最終更新 11月28日 10時14分)
 
 発達した低気圧の影響で、27日未明から猛吹雪となった北海道では、室蘭市などで約5万6000戸が一時停電した。同市など7市町は暖房などを使えなくなった住民向けに避難所を設置し約300人が避難した。
 
 避難所となった室蘭市の武揚小学校には付近住民の13世帯24人が避難した。1階の2教室に毛布や布団を敷き詰め、石油ストーブで暖を確保。照明用に発電機で投光器をつけた。午後6時半に市役所職員らがアルファ米を提供。白い息が出る学校の廊下と引き戸1枚を隔て、家族連れや独居老人らが不安な夜を過ごした。
 
 避難した同市栄町の無職、佐藤タツさん(84)は1人暮らしで、自宅はオール電化。昼間は着られるだけのセーターやコート、帽子を着込んで寒さをしのいだ。昼食はポットに残っていた、ぬるいお湯を飲み、夜は釜に残り冷たくなっていたご飯を食べて空腹を紛らせた。「避難所は周囲の避難民たちの話し声が聞こえて眠れず、徹夜するつもり。あす復旧しなければどうなってしまうのか」と声を震わせた。
 
 登別市の鷲別(わしべつ)公民館には、約50人が避難。近くに住む無職の女性(69)は停電で家の暖房が入らず、寒さに耐えかねて避難してきた。避難所の寝床は床にカーペットを敷いただけで「体が痛い。早く家のベッドで寝たい」と訴えた。【佐藤心哉、小川祐希】
 
 
この引用記事は「毎日新聞」のweb版からの引用である。多くの方がご存知の様に、毎日新聞は原発事故を受けて「電気イラネ」「たかが電気」をスタンスとしてきている。
 
その毎日が、暴風で停電になった場所を取材し「電気が無いと困る」と言うニュアンスの記事を書いた。
 
取材した記者は、暴風での被害を伝えたくて「電気が無いと困る」という事を書いたのだろうが、記者たちはこの状況をみて、自分たちが所属する会社が「是」としている「たかが電気」「この夏は電気が足りていた・・・だから原発イラネ」と言うことに疑問を覚えないのか?
 
夏も大変だが、雪国・北国では冬に電気が止まると言うことは間違いなく「死」を意味する。
 
原発が無くても夏は凌げたのだから、冬も・・・という話は、それこそ自然災害が起き無い事を大前提にした話であり、雪国や北国以外での話。

嘉田知事新党「選挙目当て」批判も
 
 環境学者としても知られる滋賀県の嘉田由紀子知事が27日、「日本未来の党」結成を表明した。「今のままでは選ぶ政党がないという声が届いている」と強調する嘉田知事。しかし、中小政党が相次いで結集する見通しとなっていることには「選挙目当て」との批判もくすぶる。
 
 「原発問題を積極的に発言してきたがなかなか動かない。琵琶湖を守っていくため、国政にメッセージを出していかないと」。嘉田知事は、大津市での記者会見で意気込みを語った。
 
 嘉田知事は埼玉県生まれ。修学旅行で訪れた琵琶湖に「恋」をし、京都大に進学。未来の党の賛同人には歌手の加藤登紀子さん、音楽家の坂本龍一さんら著名人が名を連ねた。
 
 この日、嘉田知事が結党を宣言すると、小沢一郎氏が率いる「国民の生活が第一」が参加を表明。同党は小沢氏に代わる清新な党の顔を獲得した形だが、滋賀県で環境保全活動に取り組むNPO法人「びわこ豊穣(ほうじょう)の郷」の中明子事務局長は「脱原発には賛成だが、合流を検討する政党の中には、票が集まりそうなことを言っているだけの人もいるのでは」と語る。
 
 「いろいろな政党が立ち上がり、訳が分からない。合流しても一枚岩にならず、脱原発(という旗印)がうやむやになるだけだ」とうんざりした様子だった。
 
 同県内の別のNPO法人代表の男性も「政党の枠組みが機能していない」と批判。「政党の名前で選ぶのではなく、納得できる人に投票するしかない」と話した。
 
 小沢氏の地元、岩手県。後援会関係者(74)は「党名が変わろうとついて行く。再び中央政界で輝いてほしい」と期待する。しかし、大船渡市の主婦佐藤真奈美さん(33)は「(小沢氏は)被災地に心を寄せていない」と不満そうだった。(共同)
 
 [2012年11月27日22時11分]
 
これは間違いなく選挙目的、選挙互助会でしょう。
 
msnにアップされた産經新聞では・・・
 
嘉田新党の「びわこ宣言」の賛同者に京セラ名誉会長の稲盛和夫氏ら5人
2012.11.27 19:15 
 
菅原文太、茂木健一郎、鳥越俊太郎…「この指止まれ」
 
 代表代行には脱原発を訴える大阪府市特別顧問で環境エネルギー政策研究所長の飯田哲也氏が就任することも発表。びわこ宣言の賛同者としては、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏、音楽家の坂本龍一氏、俳優の菅原文太氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、脳科学者の茂木健一郎氏の5人が名前を連ねた。
 
 嘉田氏は会見で「『いまのままでは選ぶ政党がない』との国民の声に応えるためにつくる。原発から卒業できる道を示さないといけない」と決意。生活や脱原発などとの連携については「賛同してもらえればありうる」とし、「手を上げていただく方と協議する『この指止まれ方式』」として自身の新党を軸にしたい考えを示した。
 
 ただ立候補者擁立には「どこの選挙区にたてるかなど具体的には考えていない。立ちたいという人がいれば、何日かの間に手をあげていただく」と話した。
 
・・・と出ていますし、オザワンがこれだけの有名人が賛同している事に眼を付けない方がおかしいでしょう?
 
しかしこの烏合の寄り合いは、京セラの稲盛名誉会長が橋渡しだったのですかね?

第三極「Bチーム」一本化へ調整 小沢氏、生き残り必死
2012/11/27 08:45
 
日本維新の会やみんなの党に対抗する第三極「Bチーム」が、一本化に向けて動き出した。
 
〜以下略〜
 
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/609893/
 
 
【第三極「Bチーム」】????私は「特攻野郎Aチーム」ならば知っているが、こんな【第三極「ナントカチーム」】の事は知らんぞ。
 
 
「特攻野郎Aチーム」の続編なのか?、リメイク版なのか?
 
で、Bチームがあるのならば、Aチームはどこ?