と言う動画を踏まえ・・・

 

 

原発防災新指針決定 多くの課題先送り

10月31日 15時7分

 

国の原子力規制委員会は、原子力災害の際、避難などの対象となる範囲を原発の半径30キロまで拡大するなどとした新たな防災指針を正式に決定しました。

一方で、避難を判断する基準やSPEEDIの活用など、自治体が要望していた多くの課題が年末まで先送りされました。

 

原子力災害に備えた国の新たな防災指針は、自治体が来年3月までに作る地域防災計画の基本方針となるもので、原子力規制委員会は自治体や専門家の意見を聞いて検討を進めてきました。

31日の会議で指針の最終案が示され、避難などの対象となる範囲の目安を、これまでの原発の半径およそ10キロから30キロに拡大することや、事故時の放射線の測定を規制委員会が指揮すること、それに甲状腺の被ばくを防ぐヨウ素剤の服用を規制委員会が判断することなどが盛り込まれたものが正式に決定されました。

 

多くの課題を“先送り”

一方で、住民の避難を判断する放射線量の基準や、放射性物質の拡散を予測するSPEEDIの活用、それにヨウ素剤を事前に配布する範囲など、自治体が要望していた多くの課題が年末まで先送りされました。

田中俊一委員長は「指針を基に、自治体は住民の立場から防災計画を作ってほしい。今後、自治体と直接やりとりし、有効な計画を作っていきたい」と述べました。

規制委員会は、地域防災計画の作成マニュアルを来月中に自治体に提供するなど支援を行っていくとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121031/k10013143811000.html

 

 

動画の「活断層」云々は別として、「原子力規制委員会」というか、「現政府」というか、は、本当に「無責任」だと思いますね。

 

この様な態度・対応だから、ヘンチクリンな連中の声ばかりがクローズアップされ、現実的で建設的な意見が消えてしまうのですよ。

 

それ以前に、夏は凌げたかも知れませんけど、この冬の電力不足はどうするのですか?まあこれは「原子力規制委員会」に言っても仕方がないかも知れませんけど、普通は「原子力規制委員会」と言うところが何らかの「担保」する事を行い、それで「原発稼働される」と思うでしょ?

 

ところが動画で分かる様に、稼働するか稼働しないかは事業者側にあるって・・・それでは政府はどうなの?というと・・・・

 

冬の電力安定策、高橋道知事が枝野経産相に要望

2012/10/11 14:02

 

 北海道の高橋はるみ知事は11日午前、経済産業省を訪れて枝野幸男経産相と会談し、道内で冬の電力需給が逼迫する事態に備え、正確な需給予測に基づく安定供給対策を早期に講じるよう求める緊急要望書を提出した。経産相は「地元としっかり連携したい」と述べた。

 

 知事は冬の電力不足が暖房、道路の融雪に及ぼす影響を挙げ「まさに命の問題だ」と強調した。経産相は、計画停電の準備を求めるかどうかは「需給見通しを立てた上(での判断)だ」としながらも「(実際には)停電を使わないようにしないと、影響は夏以上だ」と危機感を示した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/597958/

 

泊原発再稼働要望:枝野経産相は回答せず、道内経済団体に

毎日新聞 2012年10月09日 21時42分

 北海道経済連合会(道経連)など道内経済3団体が東京都内で9日、今冬の電力安定供給を求めたのに対し、枝野幸男経済産業相は暖房や融雪で需要が高まる北海道の事情に一定の理解を示した。だが、最も強く訴えた冬までの北海道電力泊原発再稼働は、9月に発足した原子力規制委員会の独立性を強調して明確に回答しなかった。

 

 東京・霞ケ関の経産省を訪れた道経連の近藤龍夫会長は冒頭、北海道では冬に電力需要が最も高くなるため、電力不足に陥りやすいことを説明。枝野経産相は「冬の寒い時期に電気が止まると、大変大きな影響が出る」と対策に前向きな姿勢を見せた。

 

 さらに近藤会長が「とりあえずの対策として、泊の再稼働を検討してほしい」と求めたが、枝野経産相は原子力規制委と内閣の役割の違いを説明し、対応方針を示さなかった。規制委の田中俊一委員長が、原発の新たな安全基準を作るまで再稼働の是非を判断しないと明言しており、年内は極めて困難な見通しになっている。枝野経産相は「私から規制委に何か申し上げることは法律上できない。再稼働がなかった場合に備えて最大限のことをやっていきたい」と述べるにとどまった。【円谷美晶】

 

「原子力規制委員会」に丸投げしているじゃないですか?

 

この様な態度・対応だから多くの人が戸惑い、困り、混乱するんじゃないのですか?どこかで、本当の意味での「政治決断」を行う必要があるんじゃないんですか?当然「政治責任」も負わねばならないでしょうね。

 

ところが勇ましく格好の良い事はペラペラ言うくせに、覚悟がまったく無い。覚悟がまったく無いどころか肝心な事になると「責任逃れ」に終始。

 

現政権政府は勿論、すべての政治家はその覚悟があるのか!?

 

無いのなら、今直ぐ議員を辞めろ!!

 

ともかく、誰も、と言ったら語弊があるかも知れませんけど、誰も真剣に「電力不足」の事を考え議論した痕跡が無い様ですね。コレじゃ本当に「北国・雪国の人間は死ね」と言っているに等しいですよ。

 

スポンサーサイト

 
 
何も考えずにリンク先をご覧下さい。
 
で、このURLがそれなのですけど・・・・
https://www.facebook.com/ken.mogi.1/posts/244193582373973
 
私は、URL先で書かれている事を読んで、まいったな〜、ですし非常に呆れてしまいましたね。いやそれ以上に呆れ驚いたのは、URL先にコメントを寄せている方々ですね。
 
この様に言ってはなんですけどね、カルトを信じる信徒ですワ。
 
 
ともかく、北海道の方々には害鳥になったハトポッポを駆除して頂きたく・・・頑張って下さい!!

 お知らせ、と言う程じゃないのですけど別宅を開設しました。

 

http://uranosakura.blogspot.jp/

 

とはいえ、izaでのエントリを止めるつもりは無く。まあizaのシステムが古い為に動画貼り付けの避難所ですね。

 

気が向いたらお寄りください。とはいえ、別宅での更新が頻繁あるのかどうかも分かりませんけど・・・

日米 離島上陸想定の洋上訓練実施へ
10月31日 4時26分
政府は、沖縄県の尖閣諸島の問題を巡って中国との関係が悪化するなか、当初、検討していた沖縄県の離島での日米合同の上陸訓練は実施を見送るものの、有事に備えて上陸の手順を確認しておく必要があるとして、洋上で同様の想定の訓練を行う方針です。
 
自衛隊と在日アメリカ軍は、南西諸島の防衛態勢の強化を目的に、来月5日から16日までの日程で大規模な共同演習を行う計画です。日米両政府は、当初、その一環として、沖縄県の離島で敵に奪われた島を奪還することを想定した上陸訓練を検討していましたが、尖閣諸島の問題を巡って中国との関係が悪化するなか、必要以上に日中間のあつれきを高めることは好ましくないなどとして、見送ることにしました
ただ、自衛隊や在日アメリカ軍の中で、有事に備えて上陸の手順は確認しておく必要があるという意見も根強いことから、日米両政府は、島への上陸は行わないものの、洋上で同様の想定の訓練を行う方針です。訓練は、沖縄周辺の海域で行われる予定で、自衛隊とアメリカ軍の上陸部隊が同じ艦艇に乗り、航空機の支援を受けながら島に近づく手順を確認する内容になるということです。
防衛省関係者は「中国を必要以上に刺激することは避けねばならないが、安全保障上の観点から不可欠なことは実施すべきだ」としています。
 

 

 

 
沖縄で行われる筈だった上陸訓練と言うのは、最初の動画の様なモノでしょうね。
 
その後、二番目の動画の様に大きな部隊が上陸し奪還作戦が本格的になる、と言う感じでしょうか?
 
ともかく、引用記事に書かれてある「必要以上に刺激するな」と言うヘンな「配慮」が、誤ったメッセージに成る可能性があるのです。

アメリカで被害を出している「Hurricane Sandy」を宇宙から撮影した動画です。
 

 

で、こちらはそのハリケーンが「雪も降らせたのよ」と言う事を伝えている動画です。
 

 

「面白い」と言ったら語弊があるかも知れませんけど、この様な事に好奇心が刺激され「自然は面白い」と思うのであります。 

2012年10月30日 12:24
まさかのゴミ不足…スウェーデンでは他国からゴミを輸入している
 
環境先進国のスウェーデンでは廃棄物を利用してエネルギーに変えることに成功しているとのことです。ただしその成功により別の問題も出てきました。
 
スウェーデンでは、別のエネルギーに変換することで効率がよくなり、埋め立て地に行くゴミは全体のたった4%とのことです。
 
単純にゴミの量が少なく、エネルギーにするだけのゴミが足りないのです。そこで、年間80万トンの廃棄物を他国から輸入し始めました。
 
すでにノルウェーはスウェーデンに廃棄物の回収をしてもらうために支払いをしているそうで、将来的には埋め立て地に頼るしかないブルガリア、ルーマニアイタリアなどからのゴミの輸入も考えているそうです。
 
ゴミの管理という点では、スウェーデンは世界の先頭に立つ数少ない国のひとつで、廃棄物から生み出したエネルギーにより25万戸へ供給されています。
 
少し衝撃です。が、極端な「環境ナンタラ」は、この様な事に成るでしょうね。
 
 
とはいえ、だからスウェーデンは進んでいる、素晴らしい、とは成りませんし、この様な考え、やり方が日本でも可能で成功するとは思いません。
 
だって、震災ガレキ処理一つ見ても、訳の分からん反対がありますからね。しかもその反対する側は、環境先進国?スウェーデンを見習え、なんて喚いていますからね〜・・・この様な訳の分からない反対運動をする側が賛同する事って、大概ろくでもない事が多いですからね〜・・・

 

 

この動画は・・・http://www.gizmodo.jp/2012/10/post_11074.html・・・のサイトで伝えていた動画なのですが、リンク先でも書かれていますけど「月が大きく見えたり、小さく見えたりするのは目の錯覚だよ」と言う事を云っている動画です。と言っても、全編英語ですので、チンプンカンプンかも知れませんが・・・・

 

で、次の文章をご覧下さい。

 

視覚的特徴

月の明るさは満月で-12.7等、半月でも-10等前後に達し、夜間における最も明るい天然光源である。

地球上から月を観察すると、月の大きさが変わっているように見えることがある。空高くに位置する場合と地平線または水平線近くに位置する場合とは、明らかに大きさに変化があり、前者の場合は小さく見え、後者の場合は大きく見える。

この現象は人間の目の錯覚によるものである。カメラとは異なり、人間の目は視界に入るすべての物体を鮮明に見るべく、常に焦点位置を調節し、脳で画像を合成している。このため近場から遠方に連なる風景の先端に月が見える場合,ズームレンズを動かしながら見るように、人の認識する月が巨大化する。逆に空高くに位置する場合は、比較となる対象物が存在しないために、小さく(実質的な目視上のサイズとして)見えるのである。

実際の月の視直径は、腕を伸ばして持つ五円玉の穴の大きさとほぼ同じである。空高くに位置する時の小さな姿は、五円玉の穴にその全てが収まってしまいそうに見える。地平線近くにある大きな月の場合は、五円玉の穴に入りそうもなく思えるが、実際は小さな月と同じように五円玉の穴に全てが収まってしまう。

なお、月の公転軌道は楕円形であり近地点約36万kmに対して遠地点約40万kmであるため、見かけの大きさは月の軌道上の位置により実際に変わる。また、赤道上の地上から見ると一日のうちでも厳密には距離が変化する。月を天頂付近に見る時が一日のうちで最も月に近く、月を地平線付近に見るときは、それよりもおよそ地球の半径(約6,000km)離れるので、それだけ僅かに小さく見える。

http://ja.wikipedia.org/wiki/月

 

 

ということで、月の公転軌道は楕円なのですけど、それを考慮しても地球上から見える「月の大きさの変化」は「目の錯覚」と言う事の様ですね。

 

確かに「スーパームーン」と呼ばれる満月がありますけど・・・・

 

 

スーパームーン 

地球を周回する月の公転軌道が楕円のため地球と月の距離は変化しているが、中でも地球に最も近づいたとき(近地点)に満月または新月を迎えることをスーパームーン (en:Supermoon) と呼ぶ。以下、満月時について解説する。

2011年のスーパームーン(地球から月までの距離:35万6577km)では、地球から最も遠い距離(遠地点・同約41万km)にあるときの満月と比較して14%大きく見え、30%程明るく観測された (NASA)。1950年以降では1955年、1974年、1992年、2005年などに観測され、近年では2011年3月19日〜20日、2012年5月5日〜6日と2年連続で観測されることから注目を集めている。また、特に最接近して近地点から前後1時間以内に満月を迎えることを「エクストリーム・スーパームーン」(Extreme Supermoon) と呼ぶ場合があり、およそ18年に1度の割合で観測できる(上記のうち1955年、1974年、1992年、2011年が該当する)。

 

 

先に引用した文で分かる様に、目視程度ではその差は分からない様です。

 

ともかく宇宙に関する事は、昔から人々をロマンチックにする様です。

 

 

関口氏「まっ河野さんは昔からよく御存じだと思います。」
 
河野洋平氏「 (笑)僕はね、あの辞職の記者会見を聞きましたけどね、もう非ーー常に不愉快でしたね。「諸般の事情に鑑みて辞める」って、諸般の事情って一体何なのか?あれ聞く限りね、自分の都合ですよね。もう自分がここが最後のチャンスだと思うから、都知事のほうは辞めて、国政やると。言っているように僕には聞こえました。
 
そしてねぇ、あのー、色々仰っるけれども、もう一方的に『アレはダメだ。コレはダメだ』と。自分の意に沿わないのは『アイツはバカだ』と。もうどうしてあんな立派な小説を書く方がね、ああいう、、その、話をする時には、あんなに口汚くね、罵るか。
 
もう少し、都知事の会見てのはちゃんとした言葉で、ちゃんと相手の立場も考え、自分の主張も冷静に述べるという事が何故できないのか。
 
だから私は、やっぱり人間的に相当欠陥があるんじゃないかという風に、私は思いましたね。ええ。」
 
少し旧聞に失した感じの「石原慎太郎氏都知事辞任と新党立ち上げ」に関する事なんですけど、引用文を読んで、安倍自民党総裁への攻撃と同じ構図だよね、と思いましてね。
 
そりゃ、首都東京の知事が突然辞めた訳ですから、賛否両論がなければ逆に変ですよ。しかしね、所謂「左派」「サヨク」「お花畑の住人」たちと言うのは、「人格攻撃は良くない」と喚くくせに、なぜ自分たちは平気で「人格攻撃」をするのかな?と思いましてね。
 
大阪市長の事もそうですよね?現大阪市長であり新党の代表である方の事は私個人としては余り評価出来ませんけど、あのクオリティー・ペーパーと自認する「朝日新聞グループ」が「人格攻撃」を行った訳でしょ?
 
しかも朝日は「権利だ」「差別をなくせ」「多様化、多価値観だ」と言う事を長年喚いていながら・・・しかしキツク突っ込まれると「ヘタレ」てしまい、従順な「飼い犬」に成り果てた。まあだから、クラーク・ジョセフ・ケントが長年勤めてきた「デイリー・プラネット新聞社」を辞めた事をチープな文章で書くしかないのでしょうがね。
 
------------------------------------------ 
 
華が足りないのか、新聞記者が主役の活劇は少ない。ささやかな誇りはアメリカンヒーローの重鎮、スーパーマンである。 
仮の姿のクラーク・ケントはデイリー・プラネット紙記者。編集局からの「出動」も多い 
▼その人が新聞社を辞めるという悲報にうろたえた。おととい米国で発売された新作で、上役に「スクープが少ない」と叱られ、 
こう息巻いて職を辞したそうだ。「新聞はもはや、ジャーナリズムではなく娯楽になり下がった」 
▼作者によると、退社後は「現代的なジャーナリスト」として独立し、インターネットでの発信に挑むらしい。 
「新聞で人助け」とか言っていたのに、そりゃないぜクラーク 
▼1938年に登場した正義の異星人。一貫して新聞記者の設定で、作者が代わっても勤め先は同じだった。「勤続70年」の転職である。 
同業の目には無謀と映るし、ひがみ半分、いわば副業だけに気楽なもんだとも思う 
▼娯楽だと嘆いたのは場の勢いだろうが、新聞の暗中模索は米国に限らない。メールも携帯小説も同じ文字文化だから、 
課題は活字離れではなく、紙離れだろう。小紙を含め、有料の電子版が競う世だ。空さえ飛べる男が時流に乗るのは道理かもしれない 
▼記者としての彼の難は、スーパーマンが降臨するほどの修羅場で「突然いなくなる」ことだった。体が一つしかないのは当方も同じ、 
あれもこれもの器用さは持ち合わせない。ひそかな自慢が業界を去っても、新聞という地味な人助けにこだわりたい。 
【天声人語】2012年10月26日(金)
 
------------------------------------------
 
この感覚が本当に理解出来ないですよ。
 

 

 

 

閃光復活エイシンフラッシュ! 殊勲ミルコ、両陛下に最敬礼=天皇賞・秋

 

喜びをかみしめたウイニングランの後、デムーロはターフ上でサッと下馬。ヘルメットを脱ぐと、7年ぶりに東京競馬場で天皇賞をご覧になられた天皇皇后両陛下に対し、ひざまずいて最敬礼を行った。その前にはスタンドのファンに向けて、両手でハートマークも作ってみせた。

「I LOVE JAPAN。日本のみなさんを愛しています。特別な日に勝つことができて、本当にうれしい。僕の日本に対する感謝の気持ちを表しました」

 1999年の初来日から13年。2003年にネオユニヴァースで皐月賞日本ダービーの二冠を制し、2011年の震災直後にはネオユニヴァースの仔・ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ制覇、涙とともに日本に希望のニュースを届けた。もはや日本人ジョッキーと言っても大げさではないくらい、日本の競馬ファンから愛されるイタリア人ジョッキーが、この最敬礼の瞬間は荘厳なナイトに映ったファンも多いだろう。それほどまでに感動的なシーンだった。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/horse/headlines/20121028-00000006-spnavi-horse.html

 

 

 

 

 

この行為は、中央競馬の規則によって検量が済むまで「ダメ」とされる行為なのだそうです。その為に、礼を行うにしても、下乗・下馬する事無く騎乗・馬上にて、と言う決まりなのだそうです。

 

しかし・・・彼がこの後、何らかの注意を中央競馬から受けたとしても、それはそれとしての話であり、競馬ファンや我々日本人が大きな感銘を受けたことは間違いない事であり、礼儀とはこの様な事、と我々日本人は教わった気がします。

 

カナダ地震 ハワイは津波に警戒を
10月28日 16時5分
 
日本時間の28日午後0時すぎ、カナダ西海岸のブリティッシュ・コロンビア州沿岸でマグニチュード7.7の地震がありました。
ハワイの太平洋津波警報センターは、ハワイに津波が到達するおそれがあるとして警戒を呼びかけています。
 
日本時間の28日午後0時すぎ、カナダ西海岸のブリティッシュ・コロンビア州沿岸で地震がありました。
震源の位置はバンクーバーの北西およそ600キロ、震源の深さは17.5キロで、地震の規模を示すマグニチュードは7.7と推定されています。
この地震で、ハワイの太平洋津波警報センターは、ハワイに津波が到達するおそれがあるとして警戒を呼びかけています。
ハワイに津波が到達するのは現地時間の27日午後10時28分(日本時間の28日午後5時28分)と予想されています。
カナダの防災機関によりますと、これまでに震源周辺の海域で多少の潮位の変化があったものの、今のところ被害の報告は入っていないということです。
震源に近い島に住む男性はNHKの取材に対して「1分近く揺れた。自宅の部屋では天井からつるしてあった飾りが大きく揺れ、花瓶が倒れそうになった。ただ、近所で被害が出たという話は聞いていない」と話しています。
また、震源の近くにあるサンドスピット空港の職員は「津波を警戒して職員全員で高台に避難した。外を移動している間は建物などに被害は見られなかった」と話しています。
 
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成24年10月28日14時35分 気象庁発表
きょう28日12時04分ころ地震がありました。
震源地は、北米西部(北緯52.8度、西経131.9度)で、地震の規模
(マグニチュード)は7.7と推定されます。
この地震による日本への津波の影響はありません。
震源は米国地質調査所国立地震情報センター(USGS,NEIC)による
詳しい震源の位置はカナダ、クイーンシャーロット諸島です。
PTWCでは28日12時41分に津波情報を発表しています。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
国・地域名   検潮所名        津波の高さ
カナダ     ウィンターハーバー   0.15m
津波の観測値はアラスカ津波警報センター(米国)による。
 
情報第2号
http://www.jma.go.jp/jp/quake/
 
と言う事で、カナダで地震が発生しハワイに「津波に警戒せよ」という「警報」が出ている様です。
 
こんな話を知りますと、昨年の東日本大震災の事もそうなのですけど、太平洋沿岸では順番的に周期的に地震が発生する、なんて話を思い出しました。
 
それでなくても・・・・環太平洋火山帯というのが有りましてね。
 
環太平洋火山帯(かんたいへいようかざんたい)は、太平洋の周囲を取り巻く火山帯のことで、火山列島や火山群の総称。別名環太平洋造山帯(かんたいへいようぞうざんたい)とも言い、アルプス・ヒマラヤ造山帯とともに世界の2大造山帯とも言われる。
 
太平洋プレートを中心とする太平洋の海洋プレートが、その周辺の大陸プレートや海洋プレートの下に沈み込むことによって火山列島や火山群が形成される。プレートの沈み込みに伴う物であるため、火山活動のほか地震活動も活発である。太平洋プレートができた中生代以降に形成されたと考えられている。
日本列島やインドネシアフィリピン、アリューシャン列島などの火山列島、またアンデス山脈、ロッキー山脈などが含まれる。
世界の2大造山帯ともいわれており、共に地震の多発地帯となっているが、環太平洋造山帯は火山を伴った活動が多いのに対して、アルプス・ヒマラヤ造山帯は火山が少なく褶曲が多い点が異なる。
 
 
この火山帯に沿って順番に地震が起きる、と言う説があるのです。
 
事実、昨年の東日本大震災は勿論ですけど、ニュージーランドや南米・中南米で地震が頻発していますしね。