天然ガス購入計画推進の見合わせを=米政府が日本などに要請
2012年 5月 31日  8:37 JST
 
 関係筋が30日明らかにしたところによると、オバマ米政権は日本などの同盟国に対し、米国産天然ガスの購入計画について推進をしばらく見合わせるよう伝えている。
 
 米国では、シェールガスを中心に天然ガスの生産が急増しており、センプラ・エナジーやドミニオン・リソーシズなど米エネルギー企業数社はエネルギー省に天然ガスの輸出許可を申請を出している。
 
 これは、自由貿易協定FTA)を締結していない国への天然ガス輸出には、政府の許可が必要なためで、センブラ、ドミニオンの両社は日本企業と提携して、液化天然ガス(LNG)の対日輸出を望んでいる。またエクソン・モービルのティラーソン最高経営責任者(CEO)は30日、米メキシコ湾やカナダからの天然ガス輸出の道を探っていることを明らかにした。
 
 米国は現在、パイプラインを通じカナダとメキシコに比較的少量の天然ガスを輸出しているだけで、本格的な輸出については論争を巻き起こっており、米国のエネルギー戦略の不透明性が浮き彫りになっている。
 
 米シンクタンク米外交問題評議会のマイケル・レビ上級研究員は、「米国はまず、エネルギー生産国としての役割をめぐる基本的な問題に答えを出さなければならない」と指摘し、「この議論は、これまでにない新しい問題であるため取り扱いが難しい」と語る。
 
 関係者によれば、野田佳彦首相は4月30日にワシントンで行われたオバマ米大統領との首脳会談で、天然ガス輸出問題を提起したが、米側は政治的に微妙な問題であることなどを理由に、状況を見守るよう伝えた。米政府当局者は、「日本は非常に難しい状況にあり、同情する」としながらも、「この問題についてもっと多面的に考察する必要があるだろう」と述べた。
 
 日本は、福島第1原発事故を受け、現在すべての原子力発電所の稼働を停止しており、長期的には脱原発の方向を目指すとみられている。
 
 米政府当局者によれば、米国の天然ガス価格はアジア・欧州に比べはるかに安いため、日本だけでなく「世界中から輸出要請が来ている」。アジアでは、天然ガス価格は原油価格と連動しているケースが多い。
 
 マコウスキー上院議員(共和、アラスカ州)は4月にオバマ大統領に対し、天然ガス輸出の認可を迅速化するよう求めた。一方、マーキー下院議員(民主、マサチューセッツ州)など一部民主党議員は、天然ガスの輸出を抑えることでエネルギー安保を強化できると主張している
 
記者: Tennille Tracy  
http://jp.wsj.com/US/node_451985
 
 
こんな事、日本のマスゴミからは出てこないのですが?
 
しかし「脱原発だ」と喚く方々は、この様な事も織り込み済みで「脱原発すれば、未来永劫素晴らしい社会が約束されている」的なことを言うのでしょうかね?
 
この様な事も考えて、これからのエネルギー政策と言うのを論じなくてはならないのでしょうね。
 
塩野七生著『海の都の物語 5』の中から 第十一話二大帝国の谷間で より抜粋引用
 
【「強国とは、戦争も平和も、思いのままになる国家のことであります。わがヴェネツィア共和国は、もはや、そのような立場にないことを認めるしかありません」】
 
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から第二の人生より抜粋引用。
 
 【ジョヴァンニ・ダーリオは、外交官生活の間に職務として送った数々の報告書の一つに、次のような一文を記している。
「良識とは、受け身に立たされた側の云々することであります。反対に、行動の主導権をにぎった側は、常に非良識的に行動するものです」】

スポンサーサイト

昨日、次の様なニュースがあったのですが・・・
 
大飯の再稼働判断、政府に委ねる 関西連合が軌道修正
(05/30 19:39)
 
 関西広域連合は30日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働について「政府の安全判断が暫定的だということを前提に、限定的なものとして適切な判断をするよう強く求める」とする声明を発表した。これまでの慎重姿勢を軌道修正し、最終判断を条件付きで政府に委ねた格好だ。
 
 声明は、大飯原発の立地県である福井県がこれまで安全管理組織などを設置し、県独自の監視体制をとってきたことにも触れ「関西の現在の発展は、こうした取り組みがなければあり得なかった」と評価した。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/376455.html
 
その前日までの神戸市は・・・
 
でんき予報97%超で無線呼び掛け 神戸市
 
 今夏に深刻な電力不足が予想される中、神戸市の矢田立郎市長は29日の会見で、関西電力の「でんき予報」で電力使用率が97%を超える見込みとなった場合、防災行政無線を使って、市民に全ての電化製品の使用を一時中止するよう呼び掛ける考えを示した。「医療や公共交通、経済活動などに大きな影響を及ぼす計画停電を避けるため」と理由を説明し、「市民一人一人が暮らしぶりを見直し、一丸となって耐えてほしい」と訴えた。
 同市は東南海・南海地震に備え、半径300~500メートルに音が届くスピーカー付きの防災行政無線を約100カ所に設置。無線の内容は、消防団や自主防災組織「防災福祉コミュニティ」の役員宅などにあるラジオ型受信機約2千台にも流れる仕組みになっている。
 同市によると、「でんき予報」で使用率が97%を超える場合、その2時間前に関電からメールが届く。受信後すぐ、同無線で一般家庭に対し、「照明など、全ての電化製品の作動停止」を呼び掛けるという。
 同市は昨夏以降、庁舎エレベーターの間引き運転などを継続中で、6月中旬ごろに新たな節電対策を示す方針。ただ、市営地下鉄の間引き運転については、矢田市長は「支障が大きい」と慎重な姿勢を示した。
 また、関電側は「中長期的な脱原発依存」を求める神戸、京都両市の株主提案に反対の姿勢だが、「原発を即廃止しろと言っているわけではない。(6月27日の株主総会まで)関電側に採択を働き掛けていく」とした。(黒田勝俊)
(2012/05/29 21:11)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0005094524.shtml
 
この夏は、昨夏以上に電力の需給見通しが厳しくなる見込みであり、先日、5月24日には、関西電力から節電の要請を受けました。
私としては、電力の安定供給の観点から、電力事業者による可能な限り最大限の取組を引き続き進めていただくことが最優先であると考えています。しかしながら、現時点では、約15%の電力が不足する見通しであり、それに対して、昨夏の例でいうと、関西電力管内でのピーク時の節電効果は8%、特に家庭は4%に過ぎません。そのため、昨年以上に節電を徹底しないと、医療や公共交通など市民生活や経済活動に大きな影響を及ぼす可能性のある計画停電が避けられない事態になってしまいます。
計画停電を避けるためには、例えば、緊急時には、エアコン、照明など全ての電化製品の作動をただちに停止するなど、神戸市民が一丸となって耐え、そして、立ち向かっていかなければなりません。
この夏は、一人ひとりの暮らしぶりを見直し、「エアコンを消して扇風機を使う」「不要な照明、テレビは消す」「長い時間使わない電気製品のプラグは抜く」など、これまでの暮らしぶりを変え、無駄な電気を節約する「節電」を進めることが必要です。
そのため、神戸市としても、自ら取り得る可能な限りの節電対策を進める取り組みを検討しているところです。市民一人ひとり、事業者の皆さんも一緒になって、できる限りの節電を進めていただくことで、この夏の電力不足に一丸となった対応を行いたいと思いますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。
http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/environment/setsuden24s.html
 
大変だったのですね〜・・・・でも、【市民一人ひとり、事業者の皆さんも一緒になって、できる限りの節電を進めていただくことで、この夏の電力不足に一丸となった対応を行いたいと思いますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。】ということは続くでしょうね・・・【大飯の再稼働判断、政府に委ねる 関西連合が軌道修正】という判断が遅すぎ、と思いますよ。
 
追記
 
イイダ教祖がTwitterにて何か吠えています。
 
 
 
どうです、カルトでしょ?
 
遠い将来なのか近い将来なのか分かりませんが、原発を無くすということもありなのかもしれません。しかしいまの現実として、大阪、関西圏に限らず日本中原発が止まっている事で電力が不足しています。この現実をどうするのか?この事をこの教祖は真摯に論じません。どこかの前国家宰相と同じで、すべて責任転嫁、無責任なのです。その様な人物の言う事を誰が信じますか?いや国家の命運を任せられる主張、案として選択肢の中には入りません。

面白いな、と思った記事を二つ・・・・

 

「太陽光」契約トラブル急増 相談 過去最多

2012年5月29日 09時23分

 

 東京電力福島第1原発事故をきっかけにした電力危機で住宅用の太陽光発電に関心が集まる中、発電装置の訪問販売や契約内容をめぐるトラブルが急増している。2011年度は国民生活センターに3500件を超える相談が寄せられ、過去最多を記録。前年度から3割以上も増えており、センターなどが注意を呼び掛けている。

 愛知県三河地方の70代男性は昨年2月、自宅屋根にパネルを据え付ける太陽光発電装置を570万円で設置する契約をした。だが1週間後が着工日だったのに催促しても工事が始まらず、理由も説明されない。8カ月後に解約したところ、業者から「契約違反だ」と250万円の支払いを求められた。

 男性は「どう対応したらいいのか」と、昨年12月に消費生活センターに相談。センターから「債務不履行による契約解除を主張すれば支払う義務はない」とアドバイスを受けたという。

 静岡県では、設置契約を交わして代金を受け取りながら、工事をしない事例が30件発生。県警は今年4月、販売会社「ソル・テック」(横浜市)の代表の男を詐欺容疑で逮捕した。顧客の多くは金融機関で100万~300万円のローンを組んでおり、被害総額は5千万円に上った。

 電力不足が心配される中、太陽光発電への関心は急上昇。住宅用システムの生産業者などでつくる「太陽光発電協会」(東京都)によると、11年度は国の普及促進のための補助金が23万件、発電装置を購入した人に交付され、前年度の1・3倍に伸びた。

 一方で、太陽光発電をめぐる相談も増加。国民生活センターや各県の消費生活センターへの相談件数は10年度は2690件だったが、11年度は3562件に急増した。中でも、訪問販売に関する相談が7割を占めた。

 多くは、業者のセールストークに疑念を訴える内容。「余剰電力を売れば自己資金はかからないと言われたが、売電収入はそれほどなかった」というケースや、「補助金の申請期限が迫っている。今晩決めないと間に合わない」と強引に契約を迫られる例などが目立つという。

 愛知県県民生活課によると、売電収入のシミュレーション計算は複雑で、屋根の角度などの条件が少し違うだけで結果が大きく異なるという。国の補助金も来年3月末までは継続される予定だ。担当者は「見積もりは複数の業者から取って比較し、うまい話には注意を払うべきだ」と話す。

 太陽光発電協会の担当者は「意図的にだます例は少ないと思うが、契約数の増加とともにトラブルも増えているのだろう。独特の専門用語や補助制度があり、一般的な電気機器とは違って分かりにくい。協会のホームページには契約時に確認するべき点などを掲載しており、理解してから契約してほしい」と呼び掛ける。

(中日新聞)

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012052990092136.html

 

大飯の再稼働判断、政府に委ねる 関西連合が軌道修正

(05/30 19:39)

 

 関西広域連合は30日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働について「政府の安全判断が暫定的だということを前提に、限定的なものとして適切な判断をするよう強く求める」とする声明を発表した。これまでの慎重姿勢を軌道修正し、最終判断を条件付きで政府に委ねた格好だ。

 

 声明は、大飯原発の立地県である福井県がこれまで安全管理組織などを設置し、県独自の監視体制をとってきたことにも触れ「関西の現在の発展は、こうした取り組みがなければあり得なかった」と評価した。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/376455.html

 

家庭用太陽光発電に関してのトラブルは「言わずもがな」というところでしょう。

 

軌道修正の方も「言わずもがな」ですかね?

 

原発が危険云々、善し悪し云々以前に、関西連合が軌道修正し原発をいまから稼働しても、関西の深刻な電力不足が解消出来ますかね?

 

どなたか詳しい事を書いてくれていた方がいましたが、原発という巨大な装置を稼働されるということは、家庭用の風呂釜に火を入れるのとは違いましてね。大変なんですよね〜・・・

 

まあイイダがタリテルダ〜、と言うのですから原発が無くても大丈夫でしょ???

 

 

 

細かい事は言いませんが、ぶん殴った側の気持ちは分かります。

 

で、オマケです。

 

 

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7245429.html

 

動画サイトを内を徘徊してますとね、この様な動画にヒットする事が多いです。アメリカじゃ日本の軽自動車は案外人気がある様ですね。

 

次のリンク先をご覧下さい。
 
 
 
 
 
如何だったでしょうか?
 
彼らの趣旨は分からんでもありませんが、何と言うか「ナイーブ」に尽きると思います。そしてこの様な方々が、生活保護やその他諸々の社会問題をよりいっそう複雑怪奇にしているのだと思います。
 
そしてナイーブ過ぎる方々は、世の中には次の様な絵画で描かれている様な事を行っている連中がいるということを知るべきです。いやリンク先で呼びかけを行っている方々が行っているのかな?
 
 
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から全体主義についてより抜粋引用。
【私は、失望することのほうが、オカシイと感じた。人間的な共産(社会)主義なんて、ありえようはずがないのである。スターリンのほうが、よほど首尾一貫している。バカなのは、そういう社会が実現可能だと信じていた良心的なインテリたちである。私が真の共産主義者ならば、彼らのような人間は社会に害毒をおよぼす人種と断じ、粛清でもなんでもして、消してしまったであろう。政治的センスのない良心的な人々が、政治に口をだすことほど害なものはない。とくに、それらの人が、社会的名声など持っていたりすると・・・・、とソ連の支配者が思ったとしても、あの国の政体からすれば、当然ではないかと思う】
【第二に、相対的な考え方を排して、絶対的ななにかを求める動きである。気持は、わからないでもない。相対的な考え方をまっとうするには、実に強靭な精神力を必要とするからである。多くの人にそれを求めることほど、非現実的なことはない。それ一つですべてを律し切れるオールマイティな考え方を持つほうが、よほどラクだし、マジョリティがどういうことを好むかを考えれば、よほど〝自然〟である。
 しかし、この動向が、善意から生まれ、進歩派からいいだされ、若者たちが旗を持ち、比較的にしても少産階級が温床となり、クリーンで潔白で完全主義者の人々が群れの先頭に立ち、しかも情緒的に表現しはじめると、私は怖いことになる危険を、感じずにはいられない。
 なぜなら、これらの性質を強くあらわせばあらわすほど、大衆の好意を獲得するのに容易になるからである。そして、サイレント・マジョリティと結びついた後は、全体主義は、動向から完結への道を邁進するだけである。
 コンセンサスを、ヒットラーもムッソリーニも、昨今の民主主義体制よりはよほど享受していた時期があったことを、忘れてはならないと思う。そして、全体主義下ではなぜか文化が花開かないかは、文化史上の問題だけではないということも】
 
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中からアテナイの少数派より抜粋引用。
 【まず、民主主義者たちは、自由よりも平等を好むものだからだ。なぜなら、自由には、純粋に精神的な満足しか与えられないが、平等は、日々新たに、小さな物質的な満足を与えてくれるからである。平等の概念を急進化した、プロレタリア独裁を思い出すだけで充分だ。これが、個々人の自由の破壊にどれだけ貢献したかを考えるだけで、それ以上の説明の要もないだろう。
真に自由を尊重する人々は、法を尊重するものである。これら思慮深い人々には、法の確立こそが、国民の活力の無用な消費を防ぐ唯一の道と考えるからである。一方、思慮浅き人々は、人民自体が法である、という彼らの宣言に見られるように、法を尊重しない。とはいえ、思慮深い人々の頭にある善政とは、ただ一つの主義では解決できるようなものではない。民心安定の二大要素である、法の平等な実施と利益の分配は、特定のイデオロギーの成果ではないのだから。】
 

近畿地方で落雷相次ぎ火災、停電…神戸で男性が意識不明
2012/05/29 16:23
 
 近畿地方は29日、上空に入り込んだ寒気と強い日射の影響で大気の状態が不安定となり、近畿北部を中心に雷を伴った強い雨を観測した。落雷で大阪や兵庫、奈良各府県の一部で停電が起きたほか、神戸市で男性が意識不明となるなど各地で被害が出た。
 
 大阪管区気象台によると、同日午後1時現在、近畿各地で大雨や洪水、雷注意報が発令。京都、滋賀、奈良の各府県では竜巻発生のおそれがあるとして注意情報が出されている。
 
 神戸市北区上津台の商業施設「神戸三田プレミアム・アウトレット」の工事現場では29日午前11時25分ごろ、「雷が鳴った後に男性が意識を失って倒れた」と119番があった。建設作業員の男性(43)は意識不明のまま病院に搬送された。
 
 大阪府警箕面署によると、同府箕面市箕面の民家の屋外に設置されている配電盤と周辺の壁の一部が焦げており、落雷で出火したとみられるという。けが人はなかった。
 
 関西電力によると、29日昼ごろ、大阪府箕面市や豊中市など同府北部の約1640世帯、兵庫県内の約2千世帯、奈良県の一部で一時停電が発生。順次復旧しているという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/565195/
 
東日本で激しい雷雨=大気不安定、竜巻にも注意-気象庁
 上空の強い寒気の影響で、日本列島は29日、東日本を中心に大気が不安定な状態が続き、局地的に激しい雷雨となった。気象庁は同日、30日にかけて竜巻や突風、土砂災害、ひょうなどに注意するよう呼び掛けた。
 同庁によると、日本の上空約5500メートルには氷点下18度以下の強い寒気が流入しており、30日未明に東日本を通過する。西日本から北海道で大気の状態が不安定になり、各地で積乱雲が発達した。
 近畿から東日本では29日、各地で激しい雨が降り、特に茨城県や静岡県では1時間に40~50ミリの激しい雨が観測された。(2012/05/29-19:52)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012052900689
 
大変でしたね〜・・・・
 
で、近畿地方、関電と引用記事に出てくるから、また電力不足の事を、と思いましたが、引用記事に出てくる【近畿地方は29日、上空に入り込んだ寒気と強い日射の影響で大気の状態が不安定となり】【日本の上空約5500メートルには氷点下18度以下の強い寒気が流入しており】と言う部分に興味を惹かれましてね・・・
 
まあ日本上空に強い寒気が入り込んだ、と言うのだから入り込んだのでしょう。問題は「何故入り込んだのか?」「何故この時期まで強い寒気が入り込む様な気象なのか?」ということに、誰も明確な事を言っていないということです。それでなくても、いま現在も「地球温暖化」ということで「ストップ温暖化」とマスゴミ各社垂れ流していますが・・・・この寒気の流入も地球温暖化で済ませますか?
 
 
しかし真面目にこんな事を訴えるバカがいて、大真面目に報じるバカがいるとは・・・・・

 

http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11262934920.html

 

ブログにまで昨日の事故調聴取最後に述べた事を書き連ねる・・・ともかくこの様な事から分かる様に、最低過ぎる存在である。

 

それ以上に始末が悪いのは、このバカのこの様な趣旨を手放しで褒め称えているバカが多い事だ。

 

----------------

 

「最も安全な原発対策は脱原発だと思っている」

 

  司会のみのもんた「僕が首相なら、やはり現場に行く。でも、静かに作業を見守るだけで余計な口は挟まない」

 

  杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「事故が起きて以来、いろいろなことが次々と起こり、すべての対応が後手後手となった。後追いの連続だったことがよく分かった」

 

  三屋裕子(スポーツプロデュサー)は「一国の総理大臣だったのだから、統括する部分と指示する部分をもっと明確にして欲しかった。細かいところに拘りはじめると、そこから抜け出せなくなる」と話す。もっともな指摘だ。

 

  菅はまた「(原子力ムラ)が深刻な反省もないまま、原子力行政の実権を握り続けようとしている。最も安全な原発対策は脱原発だと思っている」と話した。

 

  事実の究明には東電サイドの証人招致が不可欠だが、当時の清水政孝社長、勝俣恒久会長、武藤栄副社長、吉田昌郎・第一原発所長らは、出席を拒んでいたり病床にあって実現していない。出席を拒み続けるならば、証人喚問に切り換えて呼び出すことぐらいはすべきだろう。

http://www.j-cast.com/tv/2012/05/29133623.html?p=all

 

---------------

 

現実世界では、ハリウッド映画や北朝鮮プロパガンダ映像に描かれる様な「スーパーマン国家指導者」は要らんのですよ。

 

しかしテレビの司会者とかキャスターとかの発言って・・・何で安易なのかね?いや何故バカの言動を手放しで褒め称える?

先週の月曜日「金環日蝕」がありましたね。
 
 
で、その日にエントリしたブログではこの様な画像をアップしましたが、その元に成った太陽の状態はこんな感じでした。
 
 
 
一番最後の画像は、木の葉の間から見た状態ですので、木の葉の影が写っています。この様なところをこの様な状態の蝕の光が通りますと、最初の画像の様になったのです。
 
で、これがこちらでは最大の蝕でした。

 
すべて嘘、と言わないが、すべて詭弁、責任転嫁に終始、と言う印象。しかも質問の趣旨を理解出来ているのか、出来ていないのか分からないが、全然違う話を持ち出して質問に答える。この点は天性の才なのか?本当のバカなのか?・・・である。
 
で、何度も書いているが、前国家宰相は政治家としても統治者、行政官としても、もっとも不適格ということが再確認出来た。そして人間としても、もっとも下衆の部類だろうと思う。
 
げ‐す【下種・下衆・下司】
〘名•形動〙
1,心根の卑しいこと。下劣なこと。また、そのようなさまやその人。「—な根性は持つな」
2,身分の低い者。
「未学を軽んぜず—をも侮らず」〈露伴•五重塔〉
3,「げし(下司)」に同じ。
 

どこかのバカが、関電は「停電テロを起こす」なんて言っていましたが・・・
 
 
電力不足にして再稼働を狙うと指摘
 
  古賀さんはまず、経産省と関電が一体になって進めている「プランA」があると明かした。それは、震災から1年が過ぎたら、喪が明けたと捉えて、関電の大飯原発3、4号機の再稼働を決める作戦だとする。国民は1年経てば事故のことを忘れていると考えたからだという。
  しかし、古賀さんは、「ふたを開けてみたら、国民はそんなに甘くはなかった」と指摘した。再稼働に反対した橋下徹大阪市長はその声を代弁したとし、そこで、関電側は、第2段階として「プランB」に移ったとした。その作戦は、再稼働の強行はせず、わざと時間をかけて電力不足をPRし、中小企業や自治体が我慢できずに再稼働してほしいと訴えるのを待つというものだ。
  ところが、大阪を中心に、きちんとやれば電力が足りるとの声が強くなり、関電側も、計画停電や電力使用制限令のような脅しでは難しいと考えるようになったという。そこで、出てくるのが、「プランC」と呼べるかもしれない最悪のシナリオだとした。
  このシナリオでは、火力発電所でわざと事故を起こすか、事故が起きたときにしばらく動かないようにして、電力が大幅に足りないというパニック状況にする。そして、原発を再稼働させるしかないという声を起こさせる、いわば「停電テロ」みたいなものだとしている。
http://www.j-cast.com/2012/05/18132624.html?p=all
 
 
次の引用記事は関電の停電テロですかね???
 
関電、和歌山の火力発電が停止 電力供給に影響なし
 
 関西電力は28日、和歌山県海南市にある出力60万キロワットの火力発電、海南発電所3号機が同日未明にトラブルで停止したと発表した。蒸気の圧力を測るための配管から蒸気漏れが見つかったため。関電は管内の電力供給に大きな影響はないとしている。
 
 関電によると、3号機はことし1月から定期検査で運転を止める予定だったが、原発の停止に伴う電力不足を補うため、検査を延期。4月15日にもボイラーからの漏水で運転を停止し、配管を交換して運転を再開していた。
 
2012/05/28 12:02   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012052801001526.html
 
冗談はさておき、この引用記事で分かる様に関電の火力発電所は勿論、日本全国の火力発電所はこの様な状態だと思います。24時間365日休み無しで発電装置を稼働させる事は無理なのです。事故や故障が無い様に、突然の停電が起きない様に、定期的に発電装置を止めて点検整備を行わなければ成りません。その為に火力、水力、原子力、その他の発電方法と使い分けている訳です。
 
そして関電は努力していると思いますが、この引用記事で関西圏での突然の大停電の可能性がますます高まったということがハッキリしました。
 
でも、そんなのカンケ〜ネ〜、イイダが「電力はタリテルダ〜」というから、だいじょぶだ〜!!