FC2ブログ

スポンサーサイト



一川防衛相「素人的感覚でしっかり対応したい」
 
一川防衛相は5日の初登庁後の記者会見で、シビリアンコントロール(文民統制)を巡る自らの発言について、「防衛のみならず、あらゆる分野で国民的な感覚、一種の素人的な感覚でしっかりと対応したいということを自分の政治姿勢として持っている」と釈明した。
 
 
 また、「シビリアンコントロールとは、民主主義国家では最終的に政治の責任でしっかり判断していくことだ」とも語った。
 
(2011年9月5日20時13分  読売新聞)
 
ダメだコリャ、としか言い様が無い。

私も同様に思いました。「またか」と。でも、このテキストと感じ方はちょっとちがっていて、「またか」と思ったのはこの「主張」に対してです。
 
報道は必要だろう。だが、わざわざ「主張」として取り上げ、問題視するほどのことだろうか? もう公訴時効をとっくに過ぎた古い話だし、今の日本にはこんなことよりもっと大切な問題がたくさんある。少なくともこのテキストが「主張」するように、首相の進退を云々するような問題じゃないだろう、と思ったのです。
 
野田内閣支持率70%超!「揚げ足やめよう」小倉キャスター呼び掛け
2011/9/ 5 13:37
 
とくダネ!のコメンテイター陣も、それが慣例とはいえ、総じて期待のコメントを口にしている。小倉智昭キャスターは今朝(2011年9月5日)、「とにかくスタートする前からアレコレ言ったり、足を引っ張るのはやめたほうがいい。手腕を発揮してもらって、それを見て言いたいことを言うようにしないと――」と、揚げ足取りに走りがちな視聴者、マスコミを戒めた。そんなオグラの訓示が番組、国民全体に浸透したかのようである。
 
 
ミンスが政権を盗ってから、日本の色々な媒体から引用した記事に書いてある様な話を良く聞きます。
 
ミンスが良い悪い、自民が良い悪いを別にして、自民が政権与党であった時代、日本のすべてのマスメディアと言っても過言じゃないマスメディア全体が、ある事無い事で自民与党を責めました。当然ミンスも野党時代、引用した記事の様な時効になっている事を取り上げ責め立てました。ところがミンスが政権を盗ってからミンスのスキャンダルが出てくると「不毛だ」と言わんばかりのミンス擁護報道ばかり・・・引用した記事で本当に言いたい事は「自民は何がなんでも許せんが、ミンスは何をやってもOK」と言うことでしょう?・・・この様なダブスタ的な報道が「おかしい」と多くの人たちから、ネット内で、言われているのでは無いのですか?