FC2ブログ

地球寒冷化の兆し?太陽北極域で異例の磁場反転
 
 宇宙航空研究開発機構の太陽観測衛星「ひので」が、太陽の北極域で磁場が反転し始めた様子を観測することに成功した。
 
 
 太陽の北極、南極の磁場は約11年周期で反転することが知られているが、今回は予想時期より2年も早いうえ、南極域では反転が見られないなど異例の様相を呈している。地球の環境変動につながる恐れもあるという。
 
 ひのでは7月31日、マイナス磁場(S極)だった太陽の北極域で、プラス磁場(N極)が増えていることを発見した。数か月で反転が完了する。磁場の反転は太陽表面の爆発など活動が活発になる極大期の2年後に予想されていた。
 
 磁場の反転と、太陽の黒点数増減の周期は、通常約11年で一致していたが、2009年初頭まで続いた黒点の周期は12・6年に延びた。活動周期が延びる時期は、地球が寒冷化することが知られている。研究チームの常田佐久・国立天文台教授は「観測されたことのない事態だ。地球環境との関係を調べるため、太陽活動を継続的に監視していく必要がある」と話す。
 
(2011年9月1日21時12分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110901-OYT1T01005.htm
 
チョット面白い記事を見つけましたので、記録的にエントリします。
 
そしてこの話、「みなさまのNHK」でも少し前に放送した事があった様で、詳しい事は「短足おじさん」さんのエントリ【遂にNHKが太陽の異変を報道〜続の続】をご覧下さい。
 
 
 
「JAXA 宇宙航空研究開発機構」による「太陽観測衛星 ひので」での観測成果の詳細をご覧に成りたい方はこちらのリンク先へ
 
 
 
追記
 
上記引用した読売の記事、見出し変更が行われリンクも変えたようだ。「短足おじさん」さんからの指摘が無ければ気がつかないところであった。新たなリンクはこちら。記事の内容は変わっていない。
 
地球環境に変動?太陽北極域で異例の磁場反転
 

スポンサーサイト



ニュースUP:在日女性、涙の旅立ち=京都支局・古屋敷尚子
 
 <おおさか発・プラスアルファ>
 
 ◇77年の営み、認めてくれなかった日本
 90歳を迎えた1人の在日コリアンの女性が今月上旬、77年間暮らした日本を後にし、朝鮮半島に帰った。国籍を理由に老齢年金を受給されないのは差別だとして国を訴え、敗訴した後のことだ。支援団体によると、大阪、京都、福岡の3訴訟の原告計20人のうち帰国した人は初めてという。女性の最後の選択への思いとは--。
 
◇在日コリアン高齢者無年金問題
 日本の植民地時代に渡日した朝鮮人は、1952年のサンフランシスコ講和条約発効で日本国籍を喪失した。一方、61年施行の旧国民年金法は国籍条項で年金加入を日本国民に限った。この条項は82年に撤廃され、86年の改正法で、国籍条項による未加入期間を資格期間に算入できる措置が取られたが、当時60歳以上の人は対象外となった。日本国民であれば受給できた年金の相当額の支払いなどを求め、03年以降、大阪、京都、福岡の在日コリアンが各地裁に提訴。大阪、京都両訴訟は敗訴が確定。福岡訴訟は福岡高裁で係争中。
 
長過ぎる記事なので、引用はここまで。詳しい事はリンク先へ。
 
まあ何の事はありません。問題も何も、毎日新聞が勝手に火をつけて大騒ぎしているだけの話です。が、こんな話を「正論」「正義」と振りかざされても・・・
 
ついでに朝日の社説を・・・
 
野田新首相へ―外交の立て直しを急げ
 
 野田新首相は、新しい日本の顔である。難問だらけの内政とともに、日本外交を速やかに立て直す重責を担う。
 
 菅首相の退陣表明から3カ月、外交は停滞し続けている。今月前半の予定だった首相の訪米は延期された。尖閣問題で冷え込んだ日中関係を改善する出発点になる首相の訪中や、シャトル外交による韓国大統領の訪日の日程も決まらない。
 
 幸い、今月下旬の国連総会を皮切りに、米ロが初参加する東アジアサミット、G20、アジア太平洋経済協力会議APEC)と、11月まで各国が集う機会が目白押しだ。首脳外交を展開する好機である。
 
 その前提として、新首相は外交・安全保障に関する包括的な考え方を、できるだけ早く国民に示す必要がある。
 
 先進各国の経済の混迷と新興国の台頭で、国際社会の力関係は流動化している。アラブ諸国の民主化や、国際テロなどからも目が離せない。日本の針路をどう定め、どんな国をめざすのか。いまこそ、大きな構想と戦略が求められている。
 
 先の民主党代表選で、外交問題はほとんど素通りだった。しかも野田氏は、財務相としてG7などには出たが、どちらかといえば外交の門外漢で、手腕はまったくの未知数である。
 
 その一方で、「A級戦犯戦争犯罪人ではない」という見解に象徴される歴史認識と、中国を刺激する物言いが話題になっている。最近も、中国の軍事力増強や海洋進出に懸念を示し、「ナショナリズムをあおるために、ちょっかいを出される可能性もある」と語っていた。
 
 中韓両国のメディアでは、すでに「タカ派」「強硬派」といった言葉が踊っている。
 
 しかし、野田氏もいたずらに摩擦の種をまくのは本意ではあるまい。少なくとも、靖国神社参拝について「首相在任中はしない」と明言し、メッセージを発するのが賢明だ。
 
 来年は米ロ中韓など、世界の主要国で大統領選挙が行われたり、首脳が交代したりする。各国とも指導者は国内世論を強く意識せざるを得ず、内向き志向になることが懸念される。それだけ、外交は難しさを増す。
 
 鳩山政権での普天間問題、菅政権での尖閣問題など、民主党は外交の不手際で信用を失ってきた。そして「回転扉」「メリーゴーラウンド」と揶揄(やゆ)されるほどの短命首相続きだ。
 
 「言うべきことは、遠慮なく言い合う」という野田氏には、思慮深い言動で首脳間の信頼関係を築いてほしい。
 
こちらも相も変わらず「日本のナショナリズムは良くないが・・・」という論調で、中共や韓国・北朝鮮の「愛国心はOK」「反日商売OK、ドンドンヤレ」ですね。
 
朝日や毎日のようなバ◯になにを言っても無駄でしょうが、この様に時々閲覧して朝日や毎日の様な自称「報道機関」を監視しなくては成りません。
 
 
追記
 
在日の方の年金問題の事で、昔は次の様な話があった様です。
 
私も在日に関わり始めたのは70年代であるから、かれこれ20年以上にもなる。その当時は在日の主張というかほとんどの考え方は、彼の言う通りであった。
1・2年程前にある公立学校の校長先生が在日に「民族教育を受けたいのだったら民族学校に行きなさい。日本の学校では民族教育はできない。朝鮮人は朝鮮に帰るべきだ。」と発言して、これが「暴言」と批判されていた。校長先生の発言は20年前までは暴言でも何でもない、ごく当然の発言であった。その当時「在日の子弟を民族学校の門に連れて行く、日本の学校の先生に出来ることはそれだけだ。」という主張は、在日の側からも革新といわれた日本人の側からも大きく叫ばれたことであった。(ちなみに保守の意見は、反日教育する民族学校の存在は許されないというものであった。)
また「我々はいずれ祖国に帰るのであるから、福祉とかそういうものはいらない。日本は祖国の統一の邪魔をしない、日本に望むことはそれだけだ。」「厚生年金なんて強制的に取られるけど、私等は祖国に帰国するので年金は貰えない。年金を納めるなんて我々には無駄だ。」「日本人と違った取り扱い方をされるから、我々は民族の自覚を持つのだ。日本人と同じ処遇を求めるのは同化を求めることであり、民族を否定するものだ。」というような物言いは、20年前まではごく当たり前のことであった。
「朝鮮人は朝鮮に帰る」というのは彼ら自身の主張で、「暴言」でも「差別発言」でもない話であったのだ。これを思い出すにつけ、今の在日の活動には隔世の感がある。彼らは、自分らの先輩たちが20年前まで担ってきた民族運動の歴史を総括せず、それどころか忘れてしまったのではないか、と思ってしまう。

【いま脱いでます】第六弾ですよ。
 
もうこの第六弾になりますと、完全に「セミ」という姿になりました。でも、やはり何かヘンな感じですね。翅が「ン?」と言う感じですよね。
 
 
 
 
 
 
以前も書きましたが、この脱皮というのは、その脱皮をする生き物の種類によっても違いますが、このセミの場合ですと「完全なセミ」と言う姿に成るのに約5時間から6時間かかりました。地中から出てくる時から換算すれば約10時間近いことになるでしょうか?ともかく大変な事なのであります。
 
次は完全体です。そしてこのシリーズの最終回でもあります。お楽しみに。