スポンサーサイト

菅首相「原発賠償、最後まで国が面倒見る」
 菅首相は29日午前の衆院予算委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「一義的には東電に責任があることは言うまでもないが、原発を推進する立場で取り組んできた国の責任も免れるものでない」と述べ、国の責任を認めた。
 
 そのうえで、地域住民や農業、漁業の被害について「国としてしっかり補償する責任がある」と明言。さらに、事故の早期収拾と補償に関し、「最後の最後まで国が面倒を見るという姿勢で臨みたい」と強調した。民主党の渡部恒三氏の質問に答えた。
(2011年4月29日11時14分  読売新聞)
 
 
政治経験浅いと苦言 渡部氏、首相は陳謝
2011.4.29 12:06
「電話で『入閣してくれ』なんて、政治経験がまだ浅い」。民主党の渡部恒三最高顧問は29日の衆院予算委員会で、東日本大震災対応をめぐり菅直人首相が先月19日、自民党谷垣禎一総裁に副総理兼震災復興担当相としての入閣を電話で要請し、断られたことに苦言を呈した。
 
 渡部氏は要請の妥当性を認めた上で「自民党本部に行き、手をついて谷垣氏にお願いすれば断らなかった」と指摘。今後は「謙虚な姿勢」で復興対策に当たるよう求めた
 
 首相は「謙虚に欠けるとみられがちで、おわび申し上げたい」と陳謝。その後、自民党石破茂政調会長への答弁でも、電話での入閣要請についいて「必ずしも適切でなかった。思慮に欠けていたと反省している」と述べた。
 
 
この記事だけを読むと、渡部恒三中々やるじゃないか、と思ってしまうのですが、たまたま渡部恒三の質疑の時間帯にテレビでの国会中継を観ていましてね、時代かかった言い回しのオンパレードで、もう「三文芝居」か「三百代言」と言える質疑でした・・・詳しい事は、衆議院TVをご覧頂ければ良く分かります【http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php】・・・恒三のミンス党最高顧問という立場には偽りは無く、恒三の様な大ベテラン代議士が国会質疑に立つと、ますますミンス党の責任逃れ、責任転嫁が良く分かる、と言えるでしょう。
 
 

 

この曲の歌詞の様になれることを・・・

 

この四枚の画像は、定点と言ったら正確ではありませんが、自宅裏にある桜の木を震災発生二日前の夜、震災発生翌日の朝、桜の花の三分咲き、満開、とおおよそ同じ場所から同じ桜の木を撮影したものです。

 

3月9日 夜

 

3月12日 震災翌日早朝

 

4月24日

 

4月24日 夜

 

4月27日

 

そして今日(4月27日)自宅裏の桜の花は満開です。

 

今年も自宅裏の桜の花は、何事も無かったかの様に咲き乱れています。

指導者に求められる資質は、次の五つである。知性、説得力、肉体上の耐久力、自己制御の能力、維持する意志、カエサルだけが、このすべてを持っていた」

 

「カエサル以前にはただの一人も、彼がやったようには言いもしなかったし書きもしなかった。カエサルは、悲劇的なことでも喜劇的なトーンをまじえずには叙述しなかったし、打ち沈んだことでも叙述しなかったのである。人間には、ことの重大さを理解する頭脳はある。だがそれを、重大なことへの対処に必要な活力に結びつくか否かは、そのことが読み聴く人にとって心地よい形で提示されたか否かによるのである

 

私が何時も引用する塩野七生氏の著作の中から【ローマ人の物語 パスク・ロマーナ】からの抜粋引用なのだが・・・最初に引用した文章は、塩野氏が言うには「イタリアの高校の歴史教科書に記述されている一文」で、次の引用文は古代ローマ時代に、カエサルと同時代に生きた「キケロ」の著作の一部なのだそうだ。

 

さて、ミンス党政権、カン内閣、カン総理はこの引用文に書かれている資質がひとつでも備わっている、と言えるだろうか?

 

私は、余程の人物ではない限り、引用した様な資質がすべて備わった人物などそうはいないと思っている。精々二つか三つくらいだろう。多くて四つ(普通の会社経営者や自治体の長などがこれにあたるのかもしれない)。が、しかしミンス党政権、ミンス党政府、カン総理には、「肉体上の耐久力」以外の資質はまったく備わっていない、と言い切れる。

 

そして、カンや枝野の国会答弁、記者会見などを見聞きすると・・・

 

人間には、ことの重大さを理解する頭脳はある。だがそれを、重大なことへの対処に必要な活力に結びつくか否かは、そのことが読み聴く人にとって心地よい形で提示されたか否かによるのである

 

これがまったく出来ていない。不安と恐怖、疑心暗鬼が増幅されるだけで、前へ進もう、と思うことが出来ない。カンや腐れ枝豆の話には、まったく希望が感じられないのだ。

 

こんなサイトを見つけましてね・・・・
 
「全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版)」
 
そのサイトに貼ってあったマップをキャプチャしたのですが・・・
 
平常値以内が緑、超過時が赤。平常時の0.5倍以上はオレンジ。雨天の場合は雨マークと青色表示。
 
如何でしょう?事故原発から随分離れた関西も通常値より高い数値が観測されているようですね。
 
私は、煽るつもりはありませんよ。だけど、リンク先で表示されているデータが信用に値するものならば、極端な話になりますが、事故原発から遠くに離れたとしても安全じゃない、と言えるかもしれませんし、関西圏で収穫された農作物、魚介類も食べられない、とも言える訳です。
 
この様なことを書くと必ず「じゃぁ、どうすれば?」と不安に思われる方もいると思います。
 
昔の人は本当に凄いことを言ったもので、こんな言葉が残っています。
 
あらゆるものは毒であり、毒無きものなど存在しない。あるものを無毒とするのは、その服用量のみによってなのだ。
 
Alle Ding' sind Gift und nichts ohn' Gift; allein die Dosis macht, das ein Ding kein Gift ist.
 
直訳:全ての物は毒であり、毒なしにはなにもない。分量のみが、それを毒でない物とする。
 
この言葉の様なことを、現代でも考えておられる科学者がいる様で、過剰に心配する必要も無い様です。
 
いや「どんなに微量な放射性物質、放射線であろうが危険だ、と煽る連中の話を無闇に信用するな」と言うことです。
 

 

稲博士の研究活動を知りたい方は、こちらへ

http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/

計画的避難対応「見切り発車」 飯舘村民、国へ怒り
 東京電力福島第1原発事故に伴い22日、国が指定した「計画的避難」で、全村が対象となる飯舘村。国は1カ月後の避難を示したが、村民の避難先、補償問題など解決すべき課題が多く、村は「見切り発車だ」と国の対応を批判する。村民は「生活がいっぺんに狂ってしまう」「指定のタイミングが遅い」などと憤りを隠せない。
 国の発表を受け菅野典雄村長は「まだまだ詰め切れないところが多く、見切り発車だ」と疲れた様子で語った。避難先の確保、仮設住宅建設はいわば「後発組」。村は車で1時間以内で村内へ通える中通りを避難先に検討しているが、具体的な方向性はこれからという。
 また、村内の土壌で農作物を作付けし、放射性物質の影響を調査するなど、村が提案したプロジェクトが示されなかった点に、菅野村長は不満を表した。
 震災から6週間が過ぎての指定に、飯舘村民からは「遅過ぎる」との声が相次いだ。同村の農業愛沢文良さん(70)は「高い放射線量が出た時点で避難させるべきだった。東電や国は、汚染された農地を買ってほしい」と憤る。今後宮城県へ家族とともに避難する予定の農業川村栄さん(75)は「今年購入した肥料は農協に返すつもり。来年産の見通しも立たずがっかり」と話した。
(2011年4月23日 福島民友ニュース)
 
これは当然の話ですね。
 
確かにね、未曾有という災害だったと言うこともあるでしょう。それを差し引いてもですね、計画案も示さずにですね「計画的避難」と言われても戸惑い混乱するだけなんですよ。
 
計画と言うくらいですから、政府としてはコレコレこの様な計画案がある、と示し地元自治体と色々と詰めて行って初めて、計画発表、計画発動となると思うのですが、これも無くただ「計画的」というだけ・・・ハッキリ言えば、ミンス党政府には何の計画も無いから、いや端から考えも無いから「計画的避難」と言った訳でしょう?
 
ハトポッポが総理の時に述べた「私には腹案がある」と同じな訳でしょう?
 
マジで、この混乱の中でも、ミンスを政権の座から引きづりおろす方策は無いものですかね?多くの方が困難に立ち向かっている最中にですね言葉遊びを行っている政権じゃ、困難に立ち向かってる方々が無闇に疲弊するだけで、復旧・復興や希望も何もありゃしません。
 
 
 

先ずはですね、次のリンク先をご覧下さい。
 
 
私は、このリンク先で述べられていることは妥当と思います。
 
テレビでは観られることは無くなりましたが、ネットでは放射性物質・放射線に関して「微量であろうが、なにがナンでも危険」と主張して止まない専門家なる方々がいる様ですが、その様な方々にそれじゃ聞きたいのですがね、完璧な安全とは何ですか?
 
極論を言いますがね、北は北海道から南は沖縄まで放射性物質に汚染された、と言っても過言じゃないのが今の状態ではないのですか?その中で、放射性物質に汚染されていないモノを探し出す方が難しいのではないのですか?
 
これは日本だけじゃなく、核兵器が誕生してから地球は放射能物質に汚染されている、と言っても過言じゃない訳でしょう?そんな状態でですね、「微量であろうが、なにがナンでも危険だ」と危機感、不安感を煽る方々が考える汚染されていないモノとは何ですか?完璧な安全とは何ですか?
 
良くも悪くも、好むと好まざると世の中に存在するモノは危険でもあり安全でもある訳じゃないんですか?
 
専門家ならばですね、正確、的確な誰もが分かりやすい助言や提言をすべきではないのですか?そして、今起きている現実をしっかりと受け止め、問題解決の為に現実に即した行動をするのが専門家の本当の姿ではないのですか?それを何故、混乱や不安感を煽る様なことを主張し疑心暗鬼を齎す様なことを行うのですか?差別を助長することを主張して何が楽しいのですか?これじゃ、ミンス党政府と同じで無責任そのものじゃないですか?
 
穿った見方をすれば、「微量であろうが、なにがナンでも危険」と主張する専門家たちは、混乱や不安感を煽って何か個人的なメリットがあるのですかね?金儲けが出来るとか・・・
 
専門家、科学者からはですね、次の引用記事の様な話を聞きたい訳ですよ。最悪な現実を踏まえながらも、希望へ、明日へつながる話も聞きたい訳ですよ。困難に立ち向かって行く上で、微かでも良いから明るい光を見たい訳ですよ。それが人情ってものでしょう?ところが「微量であろうが、なにがナンでも危険」と主張する専門家や方々からは「暗黒社会」「絶望」しか観えて来ません。
 
汚染土壌浄化「ヒマワリ作戦」…復興の象徴にも
 福島第一原子力発電所事故で汚染した土壌の放射性物質をヒマワリに吸収させ、細菌で少量化する計画を、宇宙航空研究開発機構の山下雅道専任教授ら宇宙農業に取り組む研究者有志が進めている。
 
 ヒマワリを復興の象徴にと、福島県内でヒマワリを栽培してくれる参加者も募っている。
 
 1986年のチェルノブイリ原発事故でも土壌浄化にヒマワリや菜の花が使われた。放射性セシウムは肥料の一つであるカリウムと性質が似ており、カリウムなどの肥料を与えなければ、ヒマワリなどはセシウムを取り込みやすい。
 収穫したヒマワリは、焼却処分すると煙が出て放射性物質が拡散する恐れがあるため、堆肥作りに利用されている「高温好気堆肥菌」でヒマワリを分解させる計画だ。この菌による分解で、ヒマワリの体積は1%程度になり、放射性廃棄物の量を減らすことができる。
(2011年4月22日14時49分  読売新聞)
 
 
あらゆるものは毒であり、毒無きものなど存在しない。あるものを無毒とするのは、その服用量のみによってなのだ。
 
Alle Ding' sind Gift und nichts ohn' Gift; allein die Dosis macht, das ein Ding kein Gift ist.
 
直訳:全ての物は毒であり、毒なしにはなにもない。分量のみが、それを毒でない物とする。
 
パラケルスス(Paracelsus、1493年か1494年 - 1541年9月24日)は、ルネサンス初期のスイスの医師、錬金術師。
本名は、テオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム(Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim)。

またですね、福島の地元紙のネット配信記事の引用羅列なのですがね。
 
 
 
住民「なぜ入れぬ」 20キロ圏内警戒区域指定へ
 福島第1原発から半径20キロ圏内を、近く「警戒区域」に指定する政府方針が明らかになった20日、南相馬市など該当する自治体は対象住民に対しチラシを配るなど指定に向けた準備を始めた。避難指示は強制できなかったが、指定に伴い違反者には罰則もある。県警も早期指定を見据え、警戒区域への立ち入りを禁止する詰めの作業を進めている。一方、住民は住み慣れた土地から離れ難いとの思いが強く「放射線量が高くないのになぜ住めないのか」と困惑。政府が段階的に認めるとする一時帰宅実現に念を押す住民も多い。
(2011年4月21日 福島民友ニュース)
 
 
富岡、楢葉で初めて捜索 県警など、10キロ圏で5遺体発見  
 福島県警の行方不明者の捜索は20日も浜通り各地で行われ、福島第一原発から半径10キロ圏内の富岡町、10~20キロ圏の楢葉町で初めて活動した。同日の10キロ圏内の捜索では富岡町で3人、双葉町で2人の遺体を発見した。楢葉町でも1人の遺体が見つかった。
 県警から約300人、双葉地方広域市町村圏組合消防本部から24人が行方不明者の発見に努めた。福島第一原発から5キロほどの富岡町のJR富岡駅周辺では、がれきが山積みされる中、目視で探した。21日も続行する。
 14日に始まった10キロ圏内の捜索では20日までの1週間(活動は6日間)で79人の遺体を見つけ、76人を収容した。
(2011/04/21 10:38)
 

 

 

曲は猪苗代湖ズの『I love you&I need youふくしま』です。
ダウンロードすると全額支援金として寄付されます。

 

http://www.inawashirokos.jp/