FC2ブログ

 

この動画も削除に成る可能性大。保存したい方はお早めに・・・

スポンサーサイト



脚光浴びるカンボジア、政治の安定と日本への高い信頼
2011/02/07
カンボジアは最近になって日本からの投資先として注目を集め始めています。カンボジアへの投資のメリットについてお話したいと思います。
 
(1)政治・社会の安定
カンボジアは内戦を経験していますが、既に20年ほど前のこととなり、今ではアジアでも最も安定した国となっています。フンセン首相の口癖は「カンボジアはタイのようにはならない」です。3回の総選挙を経て、与党人民党は議会で絶対多数(123議席中90議席)を確保しており、政治的には盤石な状況です。テロもなく、治安も良好な平和な国となっています(注)。
 
(2)親日的
内戦時には、米中ロなどの主要国から様々な圧力を加えられましたし、タイやベトナムといった周辺国とは干戈(かんか)を交えたこともあるため、中立的な日本はカンボジアから本当の友好国とみられています。また、日本は、フランスからの独立時にはシアヌーク前王を支援し、内戦終了時には和平工作を主導し、内戦後は最大のODA(政府開発援助)供与国としてカンボジアの復興・開発を支援してきました。これらのことについてもカンボジア政府は今でも大変感謝しているとの発言を繰り返しています。2010年5月に国賓として来日されたシハモニ王の幼名は「トーキョー」と名付けられたほどです。日本への信頼と期待は大変高いものがあります。
 
(3)高い潜在成長率
カンボジアは1998年から2007年までの10年間の平均成長率が9.4%とアセアン諸国の中で最も高い成長を達成しています。2009年は危機の影響で成長率はマイナス2.5%まで低下しましたが、IMF国際通貨基金)の予測では2010年は4.8%、2011年は6.8%、来年以降は6-7%の成長が予測されています。日本の成長率は1-2%ですので、カンボジアの高成長率は、やはり大きな魅力です。
 
(4)メコン地域の真ん中:南部経済回廊
カンボジアは、地理的にはベトナムとタイという日本企業が多数進出し集積を高めている国に挟まれた抜群の場所にあります。特に、日本政府が推進している「アジア大動脈構想」のコアとなる南部回廊は、ホーチミン~プノンペン~バンコクを結ぶもので、カンボジアにも大きな好影響を与えるものと思われます。また、多くのFTA自由貿易協定)により、カンボジアで安価に製造した製品・部品を日本、中国韓国インドアセアン各国に無税で輸出することが可能になっていく見込みです。
 
(5)安価な労働力
タイ、中国ベトナムなど日本企業が多く進出している国では労賃の上昇がコストアップの要因となっていますが、カンボジアアセアンでも最も労賃が低い国の一つです(最低賃金61ドル/月)。また、若年労働人口が多く、今後10年は毎年30万人程度の若者が労働市場に参入してくるとみられていますので、当面労働力確保(単純労働)には困らないものと思われます。
 
カンボジアはまだ途上国ですので様々な課題もありますが、その一方でいろいろなメリットもあります。ぜひ、カンボジアの「良いところ」を見つけていただきたいと思います。
 
(注)タイとカンボジアの軍隊が4日以降に国境付近で交戦した問題がカンボジア経済に与える影響は、現時点(7日)で限定的と考えています。理由は以下の通りです。
1.タイとの紛争は以前からあるが、影響は限定的
 タイとの武力紛争は、2008年10月3日以来、散発的に続いていますが、今のところカンボジア全体からみると大きな影響を与えていません。昨年の日中尖閣諸島問題時、中国が日本にレアアースの禁輸処置を取ったときと違いタイ側は禁輸などの経済的措置を取っていません。
2.タイとの紛争地域は限定的
 タイとの紛争は、国境のごく一部に限定されたものです。
3.両国政府はエスカレートを望まず
 カンボジア側、タイ側とも武力紛争の拡大を望んでいないのは、これまでの経緯からも明らかです。タイ側は、独走しがちな軍部を政府がおさえるという流れです。
 日々の情勢は筆者のブログ「カンボジア経済」でお知らせ中です。2月6日版をご参照ください。
 
(鈴木 博)
 
 
 
カンボジアの豊富な地下資源、権益めぐり各国の動き加速
2011/02/14
カンボジアには地下資源も豊富です。まずは、石油・ガスです。カンボジアの南、シャム湾の海底には、豊富な石油・ガス資源が眠っています。すでに周辺のタイ、ベトナム、マレーシアでは開発が進められていますが、カンボジア領海では、生産準備が進められている段階です。最も進んでいるのは、6つの鉱区のうちA鉱区で、シェブロンや三井石油開発などが権益を保有しています。商業生産開始は2012年末ごろになるものとみられていますが、カンボジアに大きな利益をもたらすことが期待されています。また、タイと領海が合意されていない海域についても有望とみられていますので、タイとカンボジアによる共同開発などが両国間で協議されていましたが、最近の関係悪化でとん挫しているのは残念な状況です。この石油・ガス資源は、カンボジア経済にとってだけでなく、カンボジア政府の財源としても大変大きな効果があるものとみられており、商業生産のなるべく早い開始が期待されるところです。
 
次は鉱物資源です。カンボジアの山岳部には様々な鉱物資源があるとみられています。アルミの原料となるボーキサイト、金、銅などが有望とみられています。昨年、JICA(国際協力機構)は「カンボジア鉱業振興マスタープラン調査」を完成させています。様々な結果がカンボジア鉱工業エネルギー省のサイトに掲載されています。
 
さらに、カンボジアでは宝石も産出されます。北東部のラタナキリ州や西部のパイリン州が有名です。ラタナキリ州の「ラタナ」は宝石を、「キリ」は山を意味するとのことです。ラタナキリで産出される「ラタナブルー」は、ラタナキリを訪れる観光客にも人気があります。
 
レアアース、レアメタルについては、まだ本格的な調査が行われていないため十分な情報がありませんが、地質などの条件をみると「可能性はある」(JICA調査団関係者)とのことですので、日本としても期待されるところです。
 
これらの有望な地下資源を求めて、すでに各国は動きを早めています。石油・ガスについては、海上6鉱区のうち2鉱区は中国が権益を獲得しています。鉱物資源については、オーストラリア中国韓国などがコンセッション契約を締結しています。オーストラリア企業は、ラオスの鉱物資源開発でも実績があり、生産開始時期の憶測が最近カンボジアの新聞を賑わせています。日本もJICAの調査を足がかりにカンボジア鉱業セクターへの進出が期待されます。
 
(鈴木 博)
 
この引用記事?ブログと言うべきか?は、【モーニングスター http://www.morningstar.co.jp/ 】が運営しているサイトから引用したもの。
 
そしてこれを踏まえて、以前のエントリーに引用した記事を・・・
 
タイ外相がロシア批判、中国けん制 カンボジアとの武力衝突で
2011/2/10 (03:00)| インドシナ  カンボジア  トップニュース  政治
【タイ、カンボジア】タイ・カンボジア国境係争地域で発生した両国軍の武力衝突について、タイ外務省は9日、同国のカシット外相が週末に渡米し、14日にニューヨークの国連本部で開かれる安全保障理事会の会合で状況説明を行うことを明らかにした。現地でカンボジアのホー・ナムホン副首相兼外相との会談も予定している。
 
 今回の紛争で、カンボジアは当初から安保理東南アジア諸国連合ASEAN)に調停・介入を要請してきた。タイはあくまで2国間協議による解決を主張したが、安保理出席でカンボジアの土俵に引きずり出された形だ。タイ外務省は「会合に出席したからといって、安保理が調停・介入するわけではない」と主張している。
 
 訪米を控えたカシット外相は9日、タイ上院外交委員会主催のセミナーで演説し、カンボジアと安保常任理事国のロシアを批判した。外相は自国を「大人」、カンボジアを「やんちゃ坊主」と評し、「(カンボジアの)フン・セン首相はカオプラウィハーン(係争地域にある世界遺産のヒンドゥー寺院遺跡プレアビヒアのタイ側呼称)と周辺の土地が欲しいのだ」「養育係のロシア、インドフランスなどが助けてくれると信じて戦闘を仕かけた」などと述べた。また、「カンボジアの兵器は米国中国ロシア、ブルガリア製」と指摘した上で、「タイはロシア製の兵器を購入しないので、ロシアとの関係はよくない」「ロシアは非常に身勝手だ」などとロシアを批判した。中国についても、「カンボジア中国製の兵器をただで入手している」とけん制した。
 
 一方、国連教育科学文化機関ユネスコ)はタイ軍の銃弾、砲弾で被害を受けたとされるプレアビヒアに近く調査団を送り、被害状況を調査する方針を明らかにした。タイ政府はユネスコに対し、「調査団の派遣は問題を複雑化させる」として反対の意向を示し、強行する場合は事前にタイ政府の許可を得る必要があると警告した。
 
 プレアビヒアは国境係争地域のがけの上にあり、両国が領有権を争った末、1962年に国際司法裁判所カンボジア領とする判決を下した。2008年にはカンボジア世界遺産に登録されたが、以来、これを不服とするタイとカンボジアが小規模な武力衝突を繰り返し、双方の兵士数人が死亡した。
 
 今回は4―7日にかけ、両国軍が銃撃、砲撃を交わし、少なくともタイ側で3人、カンボジア側で5人が死亡、双方に数十人の負傷者が出た。民家が砲撃を受け、周辺の住民1万人以上が避難するなど、2008年以降で最も大規模な武力衝突となった。フン・セン首相は「タイはクラスター爆弾を使った。これは武力衝突とは言えない。戦争だ」と強い調子でタイを非難している。
 
 
 
経済や開発投資の話などチンプンカンプンだから経済や投資の話はしないが、この引用したブログや記事から、メコン川流域の国々には豊富な地下資源と安価な労働力があり、その資源や安価な労働力を巡り色々な思惑が蠢いている事が分かるかと思う。