FC2ブログ

餅を詰まらせ、お年寄り4人死亡…東京
 
 東京消防庁は2日、東京都内で1日から2日午後3時までに、18人が餅を喉に詰まらせて病院に運ばれ、このうち4人が死亡したと発表した。
 
 
 同庁によると、死亡したのは葛飾区内の72歳と82歳の男性、渋谷区内の男性(70)、足立区内の男性(82)。いずれも自宅で雑煮を食べていた。同庁は「餅は小さく切ってよくかみ、高齢者や子どもの場合は、家族がそばに付き添ってほしい」と呼びかけている。
 
(2011年1月2日19時54分  読売新聞)
 
この引用記事は、不謹慎な言い方に成るが、正月らしいと言えば正月らしい不幸な事故の記事だ。
 
この記事を引用して何が言いたいかというと、今政府がある食品に関して「法的規制」と行かないまでも、偏った行政的勧告を行い始めた。昨年その事が報じられた時、多くのブログや一部マスコミも「ならば餅はどうなるんだ?」「一部の食品での事故を取り上げて、事故の原因とされる食品だけを規制するのは不公平」と政府の偏った行為に疑問を投げかけていた。
 
難しい話は別としても、ある食品以外の食品を食べ、ある食品以外の食品を詰まらせて事故死した方が出た。さて現政府はどうするのかね?「仕事始め」の時に見解を聞かせて欲しいものだね。サイコロくらいの大きさに細かくしていない餅は売っては行けない、食べては行けない、というかね?いや餅を売ったメーカーや小売店が悪い、個人的についた餅ならば、餅をついた人間が悪い、というのかね?
 

スポンサーサイト