大晦日で、既に帰省先やレジャー先へ向われている方、到着している方々に言っても仕方がないのだけど、今日大晦日から年明け三ヶ日は天候が大荒れに荒れる。
 
この事は、クリスマスの寒波が治まってから気象庁が注意を呼びかけていたことで知らない人はいないと思うが・・・・
 
そのクリスマス寒波の時に、国道で数百台の車が雪の為に立ち往生したことはまだ記憶にあると思う。この様な降雪が今回の寒波であるかどうか分からないが、可能性も無くもない。酷く吹雪いたら可能性大。視界が悪く成り走行困難、雪の吹き溜まりに車が嵌ると言うことがあるからだ。
 
 
私は「四輪駆動車」を乗用している。しかも「本格四駆」と行かないまでも、かなりの悪路走行が可能なタイプのヤツを。前回のクリスマス寒波の時、その車にタイヤチェーンを装着した。なぜならば、除雪が間に合わないからだ。その為に普通ならタイヤチェーンなど装着しないのだが、この日は装着した。近所の車が雪に嵌ってしまい、そのレスキューの為に巻いたこともあるのだが・・・・タイヤチェーンを装着した本格四輪駆動車でも本当に苦労した。あの日、多く人は雪に埋もれた車を出すのに最低でも小一時間かかっていた筈で、車を出すことを諦めた人も多くいた。
 
 
よく「四駆だから」「動画サイトにその様な雪の中をチェーンなしで走行したのを観たことがある」なんて言う人がいるが、この考えこそ痛い思いをする。
 
コンボイを組んで、電話でレスキューを直ぐに呼べる雪原らしきところで遊んでいるのなら良い話であって、強引なことも出来ない住宅地の道路では無理な話。自分の車を壊しただけで済む訳が無く、必ず他人様の住宅を壊すことに成る。
 
この様な住宅街の路地でよく車が雪に嵌る
 
ともかく年末年始を車で降雪するところへお出かけする場合、タイヤチェーンの携行は勿論、牽引ロープ、スコップ、要らない毛布等も携行することをお進めする。それとこれも重要で、飲料水ね。車の中はヒーターで暖かい筈で、その中に長時間いると脱水症状を起こしやすい。
 
飲料水のことは案外見逃しやすいことで、コンビニとか自販機、サービスエリアが多く点在しているから大丈夫と思ったら大間違いで、何も無いところで渋滞や立ち往生したら苦労しますよ。
 

スポンサーサイト

日本国と日本人に否定しがたくある沖縄差別について何度となく書いてきましたが、日本のお政府様は何十年も前から沖縄を恣意的な政治的操作によって蹂躙(じゅうりん)してきたという事実が最近公開されているので、メモ。
 
なんだか良く分からないリンク先のブログなのですが・・・このリンク先のブログを読むと、なぜ簡単に、直ぐに「差別」と成るのか良く分かりません(笑)
 
沖縄の基地問題や沖縄返還の話は、「差別」じゃなく「現実的な政治」の話と思うのですが・・・
 
それと次の動画と、リンク先どう思います?
 

 

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2451.html 

 

「みんな小沢一郎が好き」と言われてもネェ〜・・・・この二つのブログを読めば読むほど、なんでそうなるの????としか私は思えませんが(笑)

小沢氏が会見で読み上げた声明文の全文 
2010.12.28 14:32
 
私はこれまで、菅(直人)代表及び岡田(克也)幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けてまいりました。それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明してまいりました。
 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。
 
具体的に申し上げます。
 
 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。
 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。したがって、私はこの場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考えております。
  平成22年12月28日
  衆院議員 小沢一郎
 
上手いな〜〜〜・・・
 
この文章を読む限り、いつの間にか小沢(中国共産党人民解放軍日本方面野戦司令官)は「悲劇の主人公」に成っている。しかも「自己犠牲」「身を挺して」を前面にだして・・・こんな時に「国会の予算審議を野党に人質に取られ」「国民の生活云々」なんて言って欲しくはないけどね。「身から出た錆」「自業自得」なんだからさ・・・
 
この戦術転換は、来年始まる裁判のメドがたった、裁判での勝算あり、と判断出来たのだろう。そして政治家としてのイメージだね。色々調べたのだろう。いま自分の政治家としてのイメージがもの凄く悪い、と・・・いやマスコミやネットを使った戦術が功を奏さなかった、と言うべきかな?
 
しかしこの政治家は、まだ利用価値があるのかね?中共もアメリカも「もう利用価値なし」と判断していないのかね?
 
 

異常事態と言っても過言じゃないくらい昨日から今日朝にかけて凄い量の雪が降り積もりました。その積雪量100センチオーバー。こんなことは私の記憶にはありません。
 
 
その為に朝から午前中いっぱい自宅周辺の除雪作業に費やされました。疲れた・・・
 
 
画像はその除雪が終わってから撮影した近所周辺の模様なのですが・・・この雪の量が昨日から今朝にかけて降り積もった雪です。
 
 
昨日から出ていた「大雪警報」は解除され、その証拠の様な晴れ間なのですが、また夕方から雪が降るそうで雪に対しての警戒は緩めることは出来ないようです。
 
 

前回のエントリ【大雪警報】の続編です。
 
 
この画像は、前回の【大雪警報】をアップした直後くらいに撮影したのですが、如何でしょう?雪の降り方が激しいのがお分かりでしょうか?この様な降り方が小康状態に成らずに朝から続いております。
 
このエントリを書くチョット前まで、夕方の除雪と言うのでしょうか、まさか日に二度も家の出入りの為の道の除雪を行うとは思いませんでした。それだけ今回の寒波は私のところでは降雪量が半端じゃないようで、明日朝までに間違いなくトータル積雪が100センチを超えそうです。しかも昨夜からですから36時間で100センチの積雪と言うことに成ります(本当の豪雪地帯の方には当たり前の事かもしれませんが)。これは私の記憶ではないことで、チョット驚いております。
 
残り少ない今年いっぱい雪イジリに明け暮れそうです。

ネット人気高い小沢一郎 動画サイトにもナマ出演
2010/9/ 6 15:48
 
民主党代表選でどぶ板選挙を展開する小沢一郎幹事長が4日(2010年9月)、ネット動画サイトの「ニコニコ生放送」にまで出演したという。司会をつとめた政治ジャーナリストの角谷浩一が、「とくダネ!」という生放送テレビ番組で、他番組を振り返っていた。
自民支持者多いなか…
   角谷曰く「もともとインターネットのユーザーは自民党支持者が多い。民主党の議員が出てくるとあまり評価されない」なかで、今回のオザワの評判は「そうでもない(悪くない)」のだという。
   「ネットには自民党支持者が多い」のかどうか、リアル比でどれほどの違いがあり、またそれを如何にして検証すべきかといったことも含めて、喧喧囂囂のセンシティブな問題ではある。
   スタジオではコメンテイターのピーコが声を出さずに「そうなの?」という口の動きで隣のコメンテイター夏野剛・慶応大学特別招聘教授に聞き、夏野が首をタテに振る動作が画面に映っていた。閑話休題。
   オザワはトレードマークの仏頂面や「その質問は不勉強だね」といった威圧的な態度を封印し、どんな質問にも嫌な顔をせずに答えた。視聴者からオザワへのネガティブな声は少なく、ニコニコのスタッフも放送前はオザワにびびっていたが、終わると「(オザワは)いい人なんですね」と好印象を語ったそうな。
   一方、番組が伝える各種世論調査などでは、オザワの評価は相変わらず低いまま。なんだか「ネットで人気」だったある元首相を思い出させるスプリットな状況だ。
 
 
小沢一郎ネット出演が好き…みのもんた 「テレビにも出てよ」
2010/12/24 13:37
 
「こないだも出てましたね」と司会のみのもんた。このごろインターネットへの露出が多い民主党小沢一郎元代表のことである。政倫審出席をめぐる菅首相との会談後、小沢がはじめて公の場に姿を見せたのもインターネットの動画サイトだった。
   いつもはニコニコ動画系がお気に入りのようだが、今回はユーストリーム(とニコニコの同時中継?)に進出し、菅政権について、早晩、国民から見放されるとの見通しを示すなど、大いに語った。
何か事情があるのか
   テレビ人みのはオザワのネット活用戦略が大いに気に食わない。
 
   「『朝ズバッ!』に出てほしいんですけど」と不服そうに言うと、吉川美代子TBS解説委員が「ホントですね」と相槌を打つ。
「なんで、この番組(サイト?)を選ぶんですか」
「自分に都合のいいことでも言えるんですかね」
   なにかウラがありそうだと言わんばかり、みのはいぶかしげにコメンテイターに話しかける。
   与良正男・毎日新聞論説副委員長は「まあ、時間がタップリあるってこともあるんでしょう」と当たり障りない回答をよせた。
 
なるほどね・・・確かに、小沢(中国共産党人民解放軍日本方面野戦司令官)のメディア戦略、権力闘争戦略の一環なのだろう。
 
ただね、何度も書いているけど、なぜいま小沢(中国共産党人民解放軍日本方面野戦司令官)なのか、と言うことが良く分からない。だいたい、小沢(中国共産党人民解放軍日本方面野戦司令官)が良く言う「本当の民主主義」って何????
 
 
それ以前に、多くの人は既に忘れたかもしれないが、小沢は中共詣での時に中共の幹部の前で言った「私は、中国共産党人民解放軍日本方面野戦司令官」を言った時点でアウトと思うが・・・その発言が、中共へのリップサービス、外交辞令といえども、日本の総理の椅子を目指している日本の政治家が言うべき言葉ではない。この時点で日本の政治家として最悪だと思う。いや小沢では今の形の「民主主義の維持すら無理」と思う。
 

 

天気予報で「雪」となっていたので、覚悟はしていたのだが・・・今朝方04:00頃に目が覚めた時点ではそれほどの積雪は無かった。それがわずか2〜3時間くらいの間だろうか、アッという間に自分の膝下まで雪が積もっていた。いまも(pm12:00現在)雪がシンシンと降り続いており、気象台の観測によると、積雪50センチに成っていると言う。気温も氷点下で今シーズン初の真冬日に成るだろう。しかも明日朝までの積雪予想が50センチと予想されており、明日朝までにトータル100センチの積雪になる見込みだ。その為に「大雪警報」が出ている。この「大雪警報」は、明日にならないと解除には成らないだろう。

 

私が暮らす地域では、この様な短時間での積雪は滅多に無いことで、年末の忙しさも考えると体が悲鳴をあげるのではないかと・・・

 

 

鳥もこの大雪で大変そうだ。

 

 

この動画のオリジナルは、次のリンク先の方が撮影編集された動画で、リンク先に行くと音楽の効果もあり幻想的に感じます。

 

 

http://www.vimeo.com/user1706723

 

http://www.vimeo.com/18046748

 

そのリンク先にアップされている動画の説明によりますと・・・

 

《Time lapse video of Winter Solstice Lunar Eclipse on December 21, 2010 from 1:10 AM EST (6:10 GMT) to 5:03 AM EST (10:03 GMT) from Gainesville Florida. Music is Claude Debussy Nocturnes: Sirènes.》

 

この原文をgoogleの翻訳サービスで翻訳した文章。

【ゲインズビルフロリダから5時03分東部時間午前(10:03 GMT)の1:10〜東部標準時間午前(6:10 GMT)から2010年12月21日の冬至月食の時間経過ビデオ。音楽はドビュッシー夜想曲です:Sirènes。】

 

・・・ということらしいです。

 

尚、このリンク先の方は星空の撮影を頻繁にされている方らしく、この動画以外にも見事な星空の動画があります。

 

だけど、私は、投票率の低い年齢層のことを声高に批判する立場ではありません。日本では、政治を行なう側が学校教育や日常を通して人間を政治参加から遠ざけ続けていること、あるいは少なくとも、そういうことに結果的になっていることを知っているから。むしろ、投票率の低い年齢層には、政治に関心を持たなければいけない、政治に敏感にならなければならない、そうでなければ自分をどんどん不利な立場に追い込むだけだ、と言いたいだけです。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2178.html
 
この方の話に、もの凄く違和感を覚えるんだけど・・・
 
この引用文を書いた方を含め、アッチ系の方々って、多くの人が政治に関心を持たないように、と戦後一貫して啓蒙活動を行っていた筈なんだけどね。それを今頃「日本では、学校で政治教育が行われていない」の様なこと言うのだから、ナント言えば良いのやら。彼らアッチ系は、過去の戦争の反省から学校教育での政治教育はケシカランと主張していた筈なんだけど・・・
 
ちなみにねこんな特集が・・・【これまで教育行政に「何でも反対」の姿勢が色濃かった北教組は・・・http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/feature/hokkaido1263447647981_02/index.htm】・・・ある新聞の地方版で組まれていて、この特集記事を読むと、学校で政治教育がなされていない、と言われてもね・・・違う意味では、公教育内で政治教育(洗脳教育)が行われていて、教育現場のアッチ系の教師たちが子どもたちを現実逃避に誘い込んでいるように観えるけど・・・
 

今日の皆既月食は観られず・・・月の出の予想時間から三脚立ててスタンバイしたけど、天気予報通り、天候はくもり。雲の間から月の明かりすら漏れてこない。
 
気象庁発表の気象観測衛星の画像では、今日12/21 PM16:30に発表された衛星画像では日本の大部分は雲に覆われている。コレじゃ観える訳が無い。
 
 
その代わり、と言ってはナンだが、以前撮影しておいた星空の画像を・・・年末は、天候が良いから、と簡単に撮影時間を作れない日が続いている。しかもコレから今以上にグズついた天候が続くことに成る。