この動画投稿者によりますと・・・・

 

【衆院内閣委員会で自民党の小泉進次郎衆院議員(29)が質問に立ち、

民主党が公約した政務三役の給与削減について2010年10月27日に激しく言及した 。

公務員の給与をカットしながら自分達の給与は1割もカットできないのはおかしい、

などと蓮舫行政刷新担当大臣(42)に見解を求めたところ、

蓮舫氏は小泉氏に対し、険しい表情で

「人を指さすのは辞めた方がいいのかなぁと。質問の時のスタイルで思います」と発言し た。 

 

ネットでは蓮舫氏のこの発言に対する批判が多く、

「お前も指さしていただろ」 

「話しをすり替えるな」といった意見が出ているが、

国会の論争中であっても「指さしパフォーマンス」をすることはNGなのだろうか。 

 

小泉氏は27日の衆院内閣委員会の質問にトップバッターとして立った。 

(中略) 

小泉氏がこの話題を政刷新担当相の蓮舫氏にふると、

蓮舫氏は

「小泉さんが人気があるのが非常に分かるくらい的確な質問を頂いております」

と前振りした後、 

「ただ一つだけ、人を指さすのは辞めた方がいいのかなぁと。質問の時のスタイルで思い ます」 

とたしなめるように言った。 

 

投稿動画サイト「ニコニコ動画」にはこのやりとりの動画がアップされていて、 

蓮舫氏の発言の部分に、 

「すげぇ反撃w」「お前も仕分けの時に指さしているだろ」

「常に上から目線の失礼女が何言ってるの?」

「見下してるね 年下だから」などといった蓮舫氏への批判が大量に書き込まれた。

また、「2ちゃんねる」などの掲示板には蓮舫氏をはじめ、

国会で他の議員を指さしていると思われる議員の写真がアップされた。】

 

・・・ということであります。

 

人の振り見て我が振り直せ、なんて言葉がありますが・・・民主党政権はコレを本当に知らない人が多過ぎるようですね。

 

スポンサーサイト

10月31日は「ハロウィン」なのだそうだ。
 
ハロウィンを知らなかった」とは言わないが、イマイチどの様なものか知らなかったと言うのが正確なところ。それで何時もの様にWikipediaで調べてみた。
 
ハロウィン 、あるいはハロウィーン (Halloween, Hallowe'en) はヨーロッパを起源とする民族行事で、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。
ケルト人の行う収穫感謝祭が、カトリックを信仰する他民族の間にも非宗教的な行事として浸透していったものとされている。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で盛大に行われるが、キリスト教の広まるところであれば必ず祝われるという訳ではなく、むしろ地域は限定的である。
 
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。601年にローマ教皇・グレゴリウス1世が宣教師にケルト人へキリスト教改宗の策として、「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさいと広めなさい」と言ったのがいまのハロウィンになったきっかけでもある[要出典]。
家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火・送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。
これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern) 」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。】
 
・・・ということらしい。
 
要は、ケルト人の年越しの「祭り」で、そこにカトリックが合わさった、ということだ。
 
細かい歴史的な経緯、暦に関しての話は難し過ぎるので止めよう。
 
日本ではこの時期、「七五三」がある。近年、この「七五三」の話を聞かなくなった。まあ、近くに幼い子が居ない事もあるのだが、それでも聞かなくなり、代りに先述べした「ハロウィン」の話題を多く聞く。
 
だからなんだ、と言われればそれまでだが、日本の良き習慣、風習が失われている様な感じがする。
 
ちなみに「七五三」は旧暦の11月に行われていたので、今の暦でも11月に行われる事が多い。私も一応「七五三」を祝ってもらったのだが、今の暦での11月は雪が降ってもおかしくない頃なので、私の「七五三」のお祝いは雪が降っていた記憶がある。
 

 
 
 
台風第14号 (チャバ)
平成22年10月28日18時55分 発表
 
<28日18時の実況>
大きさ-
強さ非常に強い
存在地域南大東島の西南西 約170km
中心位置北緯 25度10分(25.2度)
東経 129度35分(129.6度)
進行方向、速さ北東 15km/h(9kt)
中心気圧935hPa
中心付近の最大風速45m/s(90kt)
最大瞬間風速65m/s(130kt)
25m/s以上の暴風域北西側 190km(100NM)
南東側 130km(70NM)
15m/s以上の強風域北西側 480km(260NM)
南東側 370km(200NM)
 
 
この時期に台風の目が、こんなにハッキリしている台風とは・・・しかも勢力が強い。
 
ナンナンダこの気象は???
 
 

詳しい事は良く分かりませんが、所謂「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」を介してMacを攻撃するマルウェアが見つかったとか。
 
ただ、Macのセキュリティアラートが発せされる為、許可さえしなければ自動的に感染はしない、ということらしいですが・・・
 
しかしエロサイトじゃなくSNSと言うのがミソですね。
 
この手のサービスって、ヘンな安心感があって「まさか」と誰もが思いますからね。
 
当然、このイザだって例外じゃないでしょうし、あるブログに貼ってあるリンクをクリックしたら・・・なんて事もあり得ますからね。
 
MacだろうがWinだろうが、ご用心ご用心、絶対なんて事はあり得ませんからね。

 世知辛い世の中、こんな画像でも観て気持ちを豊かに・・・

 

 

この画像は、私が撮影したものではありません。【ナショナルジオグラフィック】のサイトに掲載されていたのを拝借しました。

http://www.nationalgeographic.co.jp/

 

余りにも見事だったもので・・・

 

で、私が撮影するとこんな感じですかね?

 

 

以前のエントリでも貼付けたのですが、その画像を改めて編集してみました。ブログではこんな感じなのですが、印刷したり画像編集ソフトの画面で観ますと案外キレイに観えるんですけど・・・(笑)

貼付けた画像は気象庁のホームページから拝借した、今日(10月27日、PM16:30)に気象庁アップした衛星画像。
 
 
 
 
北に寒気があり、南に台風がある事が分かる。もう日本周辺は真夏と真冬が渾然一体と言っても良い状態。そしてこの台風、北上しており、日本の太平洋岸を通ると予想されている。
 
マスコミは昨日からの冷え込みを大騒ぎしているようだが、なぜこの様な気象になるのか誰か解説してくれないかね?それも誰もが分かる様に・・・まさか「異常気象」「温暖化」で済ませないよね?

 

日本の活字媒体はこのことを報じたようだが、テレビは・・・・

 

YouTube等に登録してある日本の各メディアのチャンネルを探したが、中共が映画祭で騒いだことを報じる動画は無かった。本当に情けない。

 

まだまだ先ではありますが、本格的な冬の到来を告げる暦の事で「冬至」と言うのがありますね。一年で最も太陽が出ている時間が短い時ですね。その逆で、太陽が長く出ている時は「夏至」ですね。

 

この動画は、その中間の時期の事を解説しています。まあ簡単に言ってしまえば、「春分の日」「秋分の日」の話ですね。

&lt;a target=&quot;_new&quot; title=&quot;季節と天文&quot; href=&quot;http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&amp;amp;vid=e73481fe-f7c2-4370-8da5-18d819516e04&amp;amp;from=ja-jp&amp;amp;fg=dest&quot; _fcksavedurl=&quot;http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&amp;amp;vid=e73481fe-f7c2-4370-8da5-18d819516e04&amp;amp;from=ja-jp&amp;amp;fg=dest&quot;&gt;ビデオ: 季節と天文&lt;/a&gt;

以前エントリーしたブログ【やはりヘン】の中で、「小沢一郎は無罪だデモ」の事を少し書いたが、イヤハヤ、ググったら「小沢マンセー」のサイトが凄い数ヒットする・・・・しかも自分たちは「本当の市民」等と言うサイトが目立つ。
 
確かにね。今騒ぎに成っている検察の不祥事は許される事じゃないよ。だけどね、それに託つけてというか、検察の不祥事があったから「小沢は無罪」というのは別の話で、コレはコレ、ソレはソレ、と分けないと本当に無法国家になるよ。それ以前に、小沢一郎と言う政治家が今まで何を行ってきたか、なぜ彼の主張がコロコロ変わるのか?ということを考えなきゃ。そして裁判が始まれば小沢が犯罪者かどうかはハッキリする訳で、それまで待っても遅くはないと思うけど・・・だけど、やはりヘン。こんな動きはヘンと言うしか無い。
 
そして、「小沢マンセー」サイトなんかを観ると、今のマスコミって、どちらからも信用されていない〜、と思うね。それだけマスコミ自身、そして小沢の様な、所謂「大物政治家」と言うのが私的な権力闘争を、利権活動を、国民不在の中、やりたい様にやってきた証拠なのだろうね。
 
怖いもの観たさ、と思った方は「検察糾弾」「小沢一郎支援」でググってね。「異常」と言う光景が見られるよ。
 
 

 

 

以前にアップしたエントリ【F1レースって何?2】で「WRC」って書きましたけど、この動画がその「WRC」と言うカテゴリーの自動車レースですね。

 

つぎの動画を観て頂ければ分かるのですが、カートタイプのレースマシーンでこの様なレースを行っているの?と今回の「F1韓国GP」が行われたレース場への皮肉だった訳です。

 

 

それだけ、車のレースと言うのは「危険」がつきもので、その危険を如何に少なくするか、ということが重要なんですね。韓国GPでは、コース上の土煙も凄かったですし、コース路面も洗濯板状態のところがありましたからね。まあ韓国GPも、何事も無く、と言ったら怒られそうですが、無事に済んだようで、韓国としても満足したでしょうし関係者もホッとしたことでしょう。が、来年、再来年と韓国でF1が開催されると言う保証は無いでしょうが・・・ベラ棒な金が必要ですから、韓国がコレを持続的に捻出できるとは思えませんからね。