FC2ブログ

何処かの国の総理夫妻ではないが、銀河の果てにしばし思いを馳せようではないか。

 

 

 

 

この画像は、深夜1時頃から撮影したもの。

スポンサーサイト



今朝、少し時間があって、朝のワイドショー番組を観ながら身支度を整えていた。
 
テレビを観るというより、ラジオ的にただつけているだけ、とか、天気予報を観るためにつけっぱなしにしておく、ということを行っている場合が多い。
 
そんな感じで今朝もテレビをつけっぱなしにして、観るとも無しにテレビを観をみながら身支度を整えていたら、朝のワイドショー番組は口蹄疫のことを大々的に取り上げていた。
 
まあ、内容なんてテレビ特有の「相変わらず」なんだけど、いや口蹄疫に関しては「今更」というべきか。なぜかここで2000年に日本で発生した口蹄疫の事例ではなく、2001年にイギリスで発生した口蹄疫の大被害話を持ち出してきて、尤もらしく「イギリスの事例があるのですから、それを教訓に出来なかったのですかね?」などといっていた。
 
テレビは、無知なのか?それとも確信的なのか?いや、やはり無責任過ぎるのか?
 
Wikipediaの「口蹄疫」に関しての記述には、
 
事例 [編集]
2000年まで [編集]
 1870年、アメリカ合衆国で9頭。
 1899年に茨城県で発生し、1902年まで東京府、京都府ほか5県で3,459頭の牛が感染した。その牛で作った種痘ワクチンにより米国で口蹄疫が広がったことがあるという。当時の呼び名は流行性鵞口瘡(ガコウソウ)[5]、鵞口瘡脚熱、牛の舌病、伝染性鵞口瘡、口足病など[16]。
 1908年に、東京府、神奈川県、兵庫県、新潟県で522頭の感染が記録されている。1909年から1999年まで日本での感染の記録はない。
 その頃ドイツでは5年間で370万頭感染した。
 1914年、アメリカ合衆国ミシガン州を中心に牛、羊、豚が17万頭。被害総額450万ドル。
 1924年、アメリカ合衆国カリフォルニア州で、10万9000頭の家畜と2万2000頭の鹿。
 1967年10月、イギリスシュロップシャーで報告。被害は44万2000頭、3億7000万ポンド。→1967 United Kingdom foot-and-mouth epidemic
 1997年3月19日、台湾新竹市で報告。380万頭以上の豚が殺され、69億USドルの被害となった。それまで台湾は豚肉の輸出国だったが、これにより台湾の豚肉産業は崩壊した。
 2000年3月25日から4月9日に宮崎県で3戸、5月11日に北海道で1戸の感染が確認、6月9日には終息。日本では約92年ぶりの発生となった。
 2000年、韓国坡州市の牛から発見され、全国的にイベントの中止などの措置が取られるなどの影響が出た。
 
2001年 [編集]
 「en:2001 United Kingdom foot-and-mouth crisis」も参照
2001年にイギリスで約2000件の感染が確認された。約700万頭の羊と牛が食肉処理された他、マン島で行われる予定の陸軍主催のハイキング(en:Ten Tors)の中止、2001年総選挙の1ヶ月延期などの影響が出た。
2002年 - 2009年 [編集]
 2002 FIFAワールドカップを控えた2002年5月2日から同年6月23日までに韓国京畿道や忠清北道の都市で16件の発生が確認された。この時点で約16万頭の牛が殺処分された[17]。
 2005年4月、中国山東省と江蘇省で報告され、河北省、新疆ウイグル族自治区などに広がった。感染は現在まで断続的に続いている。
 2007年8月3日にイングランドの農場で再び感染が確認されたとイギリス環境食糧農林省(DEFRA)が発表した。政府は家畜の移動を全面禁止し、EUイギリスからの家畜の輸入を禁止した。→2007 United Kingdom foot-and-mouth outbreak
 
2010年 [編集]
  「2010年日本における口蹄疫の流行」も参照
1月~3月に韓国京畿道漣川にて牛A型、京畿道抱川にて牛A型、鹿A型が発見。
3月31日に日本の宮崎県児湯郡都農町に感染の疑いがあったことが後に確認されている。その後、隣接市町村に広まりつつある。
3月31日中国で、豚206頭の発症が確認され、1086頭が処分された[18]。
4月には仁川広域市江華島にて8日に牛O型、9日に牛O型、豚O型、10日に牛O型が発見。19日には京畿道金浦市にて牛O型が発見。21日には仁川広域市江華島にて牛/山羊O型が発見された[19]。4月22日には韓国内陸部で8頭目が発見された[20]。
4月28日、FAO国際連合食糧農業機関)は声明を発表し、韓国と日本における口蹄疫の流行に対する憂慮を表した。すべての国がリスクにさらされているとし、厳重な警戒をするように呼びかけた。韓国タイ王国などの国でも感染が報告されている。
5月10日、新たに川南町の11農家の牛と豚に感染の疑いがあると発表される。[21]。
 
と記述されており、周知のように2000年に日本で口蹄疫が発生しているが、防疫が初期段階で成功したようで被害は極最小で抑えることが出来た。そして確かに、今朝のワイドショー番組で言っていたように翌2001年にイギリスで発生した口蹄疫は甚大な被害を出している。
 
日本で2000年に発生した口蹄疫には防疫で成功していることをマスコミが知らないとは思えないのだが、なぜか報じない。特にテレビは報じないことが多い。
 
まあ、これだけ被害が甚大になったのだから、防疫初期段階で成功した事例を出しても仕方がないのかもしれない。が、初期段階で、2000年に日本で発生した時の様な迅速な対応だったら・・・オウム事件で、最近では新型インフルエンザで、化学兵器や細菌・ウィルス病原体の恐ろしさを我々は経験している筈なのに、今回の口蹄疫はその経験すら生かされていないと思うのは私だけだろうか?
 
それとも、前政権の行ったことだから「知らなかった」「そんなのカンケ〜ネェ〜」とでも?
 
次に、これを記載しておく。
 
口蹄疫被害に対する義援金を募集します 
 
県では、4月20日の本県における口蹄疫発生以来、口蹄疫防疫活動により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うため、「宮崎県口蹄疫被害義援金」を下記により募集します。 
 
1 義援金の名称 
宮崎県口蹄疫被害義援金 
 
2 義援金の使い方 
義援金の配分については、県、社会福祉法人宮崎県共同募金会及び関係機関で構成される義援金配分委員会において決定し、市町村を経由して口蹄疫により被害を受けられた畜産農家に配分します。 
 
3 実施主体 
宮崎県、社会福祉法人宮崎県共同募金会 
 
4 義援金の募集方法について 
宮崎県、市町村、共同募金会市町村支会に募金箱を設置し義援金を募集します。 
※ 口座振り込みによる義援金募集については、現在準備中であり、準備が整い次第お知らせいたします。 
※ 今回の義援金募集につきましては、法人税及び所得税に関する控除等の優遇措置はありません。 
 
5 募集期間 
平成22年5月14日(金曜)から7月30日(金曜)まで 
 
6 問い合わせ先 
宮崎県福祉保健部福祉保健課(担当:小川) 
Tel 0985-26-7075 Fax 0985-26-7326 
社会福祉法人宮崎県共同募金会(担当:大山) 
Tel 0985-22-3878 Fax 0985-22-3879 
【参考】 
上記の被害畜産農家に対する「宮崎県口蹄疫被害義援金」とは別に、県が取り組む口蹄疫対策に対し寄附していただける場合は、インターネットからで も利用できる「ふるさと宮崎応援寄附金」(いわゆる「ふるさと納税」制度)などの寄附制度(税制上の優遇措置を受けられる場合があります。)があります。 
制度については県庁のホームページ(http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/)をご覧いただくか、次までお問い合わせください。 
 
個人の場合 
宮崎県総務部財政課(Tel:0985-26-7014 Fax:0985-29-8789) 
法人の場合 
宮崎県県民政策部総合政策課(Tel:0985-26-7115 Fax:0985-26-7331) 
このページの内容についてのお問い合わせは 
福祉保健部 福祉保健課 
電話:0985-26-7075 
FAX:0985-26-7326 
E-mail:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp