普天間基地の移転云々を観ていると、日本は軍事を分かっていないな〜、いや政治が分かっていないな〜、と本当に思う。
 

塩野七生著『海の都の物語 5』の中から 第十一話二大帝国の谷間で より抜粋引用
 
【「強国とは、戦争も平和も、思いのままになる国家のことであります。わがヴェネツィア共和国は、もはや、そのような立場にないことを認めるしかありません」】
 
 
塩野七生著『海の都の物語 6』の中から 第十二話地中海最後の砦 より抜粋引用
 
【十七世紀のはじめ、外交官であり歴史家でもあったパオロ・パルータは、著作の一つ『政治生活の熟成について』の中で、次のように述べている。
 
「平和の甘美な果実を味わうのは、あらゆる政治的軍事的活動の究極の目標である。それゆえ、君主国であろうと共和国であろうと、国家の目標を軍事のみに集中し、戦争を繰り返し、国の境界を広げることだけに熱中するのは、その目標達成につながる道では決してない。その道は、多くの他国民を支配することではなく、自国の統治を正義にもとづいて行うことであり、国民に対して、平和と安全を保証することである」
 
まったく、異論をさしはさむ余地もない正論である。
 
政治生活の究極の目標は、個人であれ国家であれ、権力にありとしたマキアヴェッリから一世紀も経つと、これほどまでに〝成熟〟するのかというようなことは言うまい。また、海との結婚を祝祭化することによって、海を自分たちの所有物であるかのように考えてきたヴェネツィア人も、さすがに十七世紀ともなるとマイホーム主義者に変じたか、嘆くようなこともすまい。もしも、ヴェネツィア一国だけでなく他の国々も、パルータと同じように考えるようになったら、世界平和にとってはこれ以上の進歩はないのだから。
 
しかし、マキアヴェッリの著作がルネサンス時代を代表するだけでなく、時代を越えて通用する政治哲学の古典となり得たのは、理想を述べたからではなく、現実を喝破したからである。十七世紀のヴェネツィアは〝成熟〟を完成し、平和の甘美な果実を味わう心境に達したかもしれないが、他の国々は、成熟に向かってわき目もふらずに邁進中であったのが、ヴェネツィアの不幸であった。勝手に平和宣言をしただけでは平和は達成できないところが、永遠の問題なのである。】
 

引用した文章はブログで何度か引用紹介しているけど、本当に引用した文章の通りだと思う。
 
引用した文章の強国を、現代に置き換えたらアメリカであり中国だ。アメリカ中国が戦争も平和も思いのままになる国なのだ。その間に位置するのがいまの日本だ。
 
この事実、現実を我々日本人は理解していない人が多い。ただ単に「平和」と声高に言えば、平和が達成できると思っている。それ以上に、日本の政治家の中に国際社会の現実を理解していない人が多いことが、普天間基地移設のことをよりいっそう複雑にしていると思う。
 
 

スポンサーサイト

池田信夫氏の【池田信夫blog part2(http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51397361.html)】によれば、来年4月になると事実上アナログテレビは視聴不可になるのだそうだ。
 
 
貼付けた画像の様な画面が、来年4月からアナログテレビの画面から流れ続けるという。
 
このことに池田氏はご自身のブログで「いやがらせが始まった」と述べている。

朝起きて、外を観たら真っ白だった。というほど大げさではないが、うっすらと雪が降り積もっていた。
 
経験上、この時期よくあることで、珍しいことではないが、歳を重ねるごとに季節の変わり目、寒暖の差に体が対応できなくなりつつあることを実感する。
 
先日エントリーしたブログに貼付けたスイセンも、雪の中にたたずんでいた。
 
スイセンを観てみると、少しだけ蕾が開いた感じがするのだが、この寒さで完全に開くのはまだしばらく先のことだろう。
 
天気予報では、今晩から明日にかけて、また雪が降るという。
 

カルデロン・のり子さんが国連報告者と面会 両親退去で人権問題調査
2010.3.27 12:18
 
 不法滞在の両親が昨年4月に強制退去処分となった埼玉県蕨市に住む日本生まれのフィリピン人、カルデロン・のり子さん(14)が27日、移民問題の調査のため来日した国連人権理事会のブスタマンテ特別報告者と東京都内で面会した。
 のり子さんは「両親と離れて暮らすのはつらいし悲しい。いつか家族3人で日本で暮らせるよう頑張るので応援してください」と日本語で訴えた。面会には、のり子さんのほか強制退去処分を受けた4家族14人の在日外国人が出席。それぞれの現状を説明した。
 ブスタマンテ氏は昨年2月、のり子さんと両親の処遇について、日本政府に文書で照会するなどの調査を開始。移民問題の特別報告者の来日は初めてで、のり子さんのケースを含む在日外国人の問題全般を調査し、国連人権理事会に報告する。
 
この記事を読んで、何か釈然としないと思うのは私だけだろうか?
 
そして、この少女関連の事件も、いま騒ぎになっている「高校無償化」での「朝鮮学校も無償化対象か?」と言われていることも、その共通するキーワードは「かわいそう」「平等」「人権」「人道」だ。
 
ナンでもかわいそう、ナンでも平等、ナンでも人権、ナンでも人道なのだ。
 
たまらんな。これでは暗黒時代ではないか。
 
「神の名の下に・・・」が「ナンでもかわいそう、ナンでも平等、ナンでも人権、ナンでも人道の下に・・・」になってしまっただけだ。これさえ言えば、誰もが平伏すと思っている。何をやっても許されると思っている。いや、そうなってしまった。
 
本当に日本は暗黒時代になったようだ。
 
 

北海道新聞 卓上四季「和の国(3月21日)」  『経済政策がうまくいかなかったからと、北朝鮮の幹部が銃殺されたらしい。金正日総書記の側近だ。不満の矛先が独裁体制に向かわぬよう、詰め腹を切らされたようだ▼デノミが失敗した。人々は飢えている。トップが決定にかかわっていないはずはない。だが側近を身代わりのように処刑する。民の命の軽い国で、一般の人々はどんな目に遭っているのだろうか▼拉致問題や核開発など、何かと乱暴で物騒な国である。だがそのことと、高校授業料の無償化から朝鮮学校を除外することとは次元が違う話だ。政府は無償化の結論を先送りした。学校に不明な点があるなら、話を聞けばいい▼生徒は高体連などのスポーツ大会に普通に出場している。卒業生は多くの大学の受験資格もある。国連の人種差別撤廃委員会は、教育の機会提供への差別に懸念を示した。子供らが学ぶ場に分け隔てはふさわしくない▼札幌の朝鮮学校の生徒がこの問題でチラシを配った。受け取りを拒否する人も多く、目の前で投げ捨てる人もいたと、先日の紙面で読んだ。「怖いですが、親が学費で苦労しているのでがんばります」。16歳の言葉は胸に痛い▼自他の国の人々を悩ます独裁者への批判は当然だが、子供を差別的に扱い、まして怖い思いをさせてどうなるのか。かの国になくて日本にあるのが民主主義だ。寛容と平等を示せなければ「和の国」が泣こう。』 これを読んで吐きそうになりました。 - 一札幌市民 2010-03-25 15:28:19
 

これはあるサイトに掲載されていたもので、朝日新聞あたりの「天声人語」とか「風力計」のような物に、「これを読んで吐きそうになりました」と普通の人がコメントを書いて、あるサイトによせた物だ。
 
この「卓上四季」を読む限り、北海道新聞は高校無償化法で、何が問題なのか?とい言うことを完全に棚にあげている。いや、完全に論点をすり替えようとする意図が見え見えの新聞社側の主張といえる。「高校無償化という法律は、日本の公立校に対して行うべきではないのか?、もしくは義務教育を高校の過程まで広げるべきではないのか?」と主張すべきところを、この新聞社の様に日本のマスコミは「差別云々」を全面に出して受け手側を誤魔化そうとする。当然、現バカ政権が掲げた「高校無償化」への考え方も、その点をマスコミは指摘すべきなのだが、「平等」とか「人権」と言われると大学まで出た筈のマスコミの人間でも思考停止になるようだ。
 
すべてのことを「平等」「人権」「かわいそう」で解決できるのなら、政治なんかいらない。当然、新聞を含めたマスメディアも必要無い。
 

BPO新委員に香山さんら
2010.3.24 19:14
 NHKと民放でつくる放送倫理・番組向上機構(BPO)は24日、放送倫理検証委員会の新委員に、精神科医の香山リカさん、映画監督の是枝裕和さん、作家の重松清さんを選任したと発表した。
 漫画家の里中満智子さんら現委員3人が3月末で任期満了を迎えるのに伴うもので、新委員の任期は4月1日から3年間。
 
この記事を読んで、思わず唸ってしまった。いや笑ってしまったというべきか・・・
 
「BPO」なる組織、本当に身内ビイキの組織のようだ。放送番組での表現を厳密に規制したら、それこそ「表現の自由」「言論の自由」に抵触するだろう。が、彼らテレビ放送業者は言う「公平、公正、客観性、政治的中立」と、だがどうだろう?彼らが金科玉条にしている「公平、公正、客観性、政治的中立」が守られているだろうか?その様にテレビ放送業者は努めているだろうか?
 
私は思えない。その証拠が、この引用した記事に出ている「BPO」なる組織の検証委員会人事だ。

自宅の裏の土手に、いつの頃からか自生したのか分からないが、スイセンが今年も芽吹き花の蕾が膨らみ始めた。
 
これを観ると、春が来たのだな、とおもう。
 
スイセンは、ヒガンバナ科に属するのだと言う。そうあの秋の彼岸の頃に花を咲かせる彼岸花に近い花なのだそうだ。このことを知って、「なるほど」と一人納得した。ついこの前は、春彼岸だったしね。
 
自宅裏の土手に自生するスイセンは、桜の花が咲く頃まで次から次へと花を咲かせる。そして、スイセンの花が終わる頃に桜の花が咲き始める。が、季節は足踏み状態のようだ。今夜遅くから雪が降ると予想されている。
 

リンク先に行き、23日分の参議院予算委員会の左藤正久議員(自民党・改革クラブ)の質問動画をクリックして、その動画をご覧になっていただきたい。4分40秒前後に、福島国務大臣の幼稚すぎる答弁を観る事が出来る。

 

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
ただしリンク先の動画は、Windows環境下でないと観る事が出来ない。Mac環境ならば、マイクロソフトから古いバージョンのMedia Playeyをインストールするしかない。

 

私はこの動画を観て、大笑いした。久しぶりに腹を抱えて大笑いした。ヘタなお笑い番組、コメディーより笑えると思う。ある意味、福島国務大臣は「笑いの天才」といえるだろうし、笑うことが健康に良いと言われているようなので、その意味からもお勧めの動画だ。

 

現在の国会質疑が「学級会レベル」と揶揄されているが、この福島国務大臣の答弁はそれ以下だ。こんな答弁しか出来ない人物が、現政権の閣僚なのだ。いや、国会議員として存在している。しかも、福島某大臣は弁護士の資格まで有しており、参議議員になるまでは弁護士業務を行っていた弁論のプロである。そのプロのレベルがコレである。まあ、承知はしていたが、ここまで酷いと流石に、最後には引く。「コイツ本当のバカだ」「キチガイだ」と本当に思う。
 

【外信コラム】赤の広場で 庶民は「盾」なのか
 
この産経の外信コラム、面白いね。
 
私自身が体験したことではないのだけど、これと似た様な経験をした人を知っている。場所は、ロシア・モスクワじゃないよ。日本での話。
 
盾にした車も普通・小型乗車、自家用車じゃなく、大型トラック。
 
その経験した人は、長距離トラックの運転手で、夜間走行中に警察の検問に遭遇したら、検問中の警官から「運転手さん頼みがあるんだけど、トラックで道路を塞いでくれないかな」と言われたらしいんだ。直ぐにはOKしなかったらしいけど、事情を聞いてみたら「いま逃走者が車でこちらに来るらしいので、大型トラックが道路を塞いでいたら逃走者もビビって止まるだろう」という話だったらしい。「警察に恩でも売っておくか」というスケベ心を出して、運転していたトラックで道路を塞いだらしい。
 
警官の言った通りに、逃走者は車でその検問所に現れたんだけど、幸いなことに?逃走者は障害物になっていたトラックを巧くすり抜けて逃走してしまったので、この記事の様に大騒ぎにはならかったらしい。
 
随分昔の話しで、その経験者も昔の人と言うか、「お上に逆らえない」という気風の中で育った世代だから、警官の頼みに「いや」とは言えなかったのだろうし、いまとは違い世の中のんびりしていたというか、ギスギスしていなかったから出来た話だろうね。いまなら到底無理だと思うよ。
 

既にご存知の方はご存知のことでしょうが・・・なにはともあれ、リンク先をご覧下さい。
 
アグネスの件で日本ユニセフが週刊新潮を脅し!? 記者がア然
 
 
青木直人:アグネスチャン ひなげしの秘密
 
リンク先をご覧になり、どの様に判断しようがそれは自由。ですが、リンク先で述べられていることは、いまの日本はあまりにも無防備すぎるということですね。そして、日本人だけではないでしょうが、著名人、社会的影響力がある人たちが言う「かわいそう」という言葉に普通の人間は弱いと言いますか、騙されやすいということですね。