中国の歴史書「史記」には、歴代中国の皇帝、王の話が多く記されている。
 
王朝崩壊のエピソードで、王朝崩壊の直接的原因が女が多いことも記されている。
 
女性蔑視をするつもりはないが、史記も含めて概ね歴史書に記されている話は、女がらみで王朝(国)が崩壊する話が多い。
 
史記の原文と言うか、後世に伝えられている史記でも読むには苦労する。史記は物語性が薄い書物で、「この様なことがあった」「この様な評判だった」ということをタンタンと書いてあるだけなので、理解しがたい。ましてや漢文で書かれているから尚更だ、その史記に記されている歴史を分かりやすく、かつ史記以外の歴史書とも照らし合わせて現代風にアレンジした書物がいまは多く出版されているので、史記を読んだことがない方は、その様な本で史記に記されている事を一度はお読みになるのも良いだろう。
 
その様な形で出版された本の中に【陳瞬臣著 「ものがたり 史記」中公文庫刊】がある。非常に分かりやすく面白い。
 
その本の中から、殷朝末期の話を引用してみよう。
 

【いまから約三千年前、二人の兄弟が遠いところから、この鄭州のまちにたどりついた。
 兄の名は伯夷(はくい)、年は四十代後半、弟の名は叔斉(しゅくせい)といって三十代の前半であった。
 「さて、どちらへ行きましょうか?」
 と、弟がきいた。二人とも国をすてたのである。どこかへ行かねばならない。
 殷王朝が天下を支配している。天下の中心である殷都へ行くのが常識であろう。
 「天子の都へ行くのは気が進まぬのう」
 と、兄は答えた。
 「私もおなじです。行きたくはありません」
 殷王朝初期の都はこの鄭州付近で、のちに北のかなた安陽近辺に移った。安陽市西北郊の小屯で発掘された殷虚は、伝説的存在であった殷王朝が、まちがいなく実在したことを証明した。また出土した甲骨文の解読によって、司馬遷の『史記』にあげられた歴代殷王の名が、ほとんど事実と符合していることも判明したのである。
 伯夷・叔斉の兄弟が旅をしたのは、四百年近く続いたこの殷王朝も、ようやくその末期を迎えつつあった時期にあたる。
 ときの殷王の名は紂(ちゅう)という。夏(か)王朝の桀(けつ)王とならんで、暴君の両横綱である。
 紂王は聡明、雄弁、そして行動力が敏速であった。しかし体力は人にすぐれ、猛獣を素手でうち殺したたという。
 紂王が愚昧な君主であったほうが、かえって殷王朝のためにはよかったであろう。頭がよいので、諫言する者を反対にやりこめ、雄弁なので自分の非をたくみに粉飾できた。
 紂王はまた耽美派であった。
 音楽が好きだが、荘厳なクラシックよりも淫靡なしらべを愛した。涓(けん)という音楽師に、「新淫声」「北里(ほくり)の舞」「靡々(びび)の楽」などを作曲させた。これらの音曲はすでにうしなわれて、曲名だけが『史記』に載せられている。
 宮殿、庭園、倉庫をさかんに造営し、天下の財宝と美女を集め、沙丘苑の一部に大動物園をつくり、野獣や鳥を放し飼いにした。
 酒池肉林。—
 これは沙丘苑における紂王の遊興を表現したことばである。『史記』には、
 —酒をもって池となし、肉をかけて林となし、男女を裸にして、その間に相い逐わしめ、長夜の飲をなした。
 とあるから、つまり乱交パーティーなのだ。
 紂王は妲己(だっき)という女を愛した。有蘇(ゆうそ)氏を討伐したときに得た絶世の美女である。この女は新趣向を考えつくことの名人であった。飽きっぽい紂王のために、つぎからつぎへと、新手の遊びを案出する。
 処刑もただの首切りでは平凡すぎる。
 炮烙(ほうらく)の刑。—
 というのは、紂王と妲己の合作による、世にも残忍な処刑方法だった。
 炭や薪で火の海をつくり、そのうえに油を塗った銅柱を渡しかけ、罪人に歩かせるのである。たいてい足をすべらせて、火中に落ちて焼け死ぬ。】

〜引用終わり〜
 
 
引用した話が、紀元前に本当にあったのか分からない。が、後世にこの様な話が残っていることを見ると殷王朝の末期は被支配者層から支持されていなかったことがわかる。しかも憎しみをもって殷王朝のことを当時語られていたことが分かる。そして、権力者に取り入った女、権力者が気に入った女は、何故か知らないが悪女が多いことも・・・。
 
さて、現ハトポッポ総理の夫人は、どうなのだろう?妲己とまで言わないまでも、私は、ポッポ夫人が賢いとは思えない。が、狡賢さが垣間見えていると思っている。権力を私物化している様に見える。夫人の伝えられるところのパフォーマンスを知ると、現在の総理官邸が、沙丘苑の様な状態になっていると思われても仕方があるまい。
 
 

ハトポッポ総理の伝えられる言動を見ていると、「他人事」いや「自分は王様」的な発言が目立つ。
 
日本の制度では、天皇陛下が日本の国家元首なのだが、ご存知の様に色々な事があり事実上は日本国内閣総理大臣が日本の元首扱いをうける。
 
だけど、それは政治的な行政的な話であって、総理はあくまでも総理であって日本の国家元首ではない。日本の国家元首はあくまでも天皇陛下なのだ。誰がなんと言おうと日本の元首は陛下なのだ。
 
内閣総理大臣は、国家宰相ともいわれ、国の政治的実務的な事を執り行う役職に過ぎない。もう少し言えば、政治のプロ、執政のプロという訳だ。ところが、現ハトポッポ総理の言動からはそれが窺えない。「私は日本の元首だ」「私は王だ」「私は誰よりも高貴なのだ」というニオイがプンプンし「面倒な事、汚い仕事はすべて部下が、取り巻きがやるもの、だから私は手を汚さない。だって日本の王様だし高貴な身分だからね」と言う感じが漂ってくる。
 
以前、私は元自衛官という事をブログで書いた。その自衛官の経験から言わせてもらえば、現場指揮官が率先して現場に出ないと部下は動かない。安全なところで命令だけ行っている指揮官は部下から信用されていなかった。
 
本当は、どんな組織も同じだろうが、組織には色々な立場の人がいて、その立場立場にいる人が歯車の様に巧くかみ合うから組織は動くのだが、銃弾飛び交う最前線で戦う一兵卒にとっては、それが不満になってしまうことがある。しかも、部下を見捨て、一目散に安全なところへ逃げる指揮官や、責任をすべて部下に押し付ける指揮官はもってのほかで、実戦を経験した事がない自衛隊でも、「本当の戦争がおきたら、あの野郎を後ろから撃ち殺してやる」という物騒な陰口を言っていたものだ。実際、強者がいて、夜間の演習中に手元が滑ったという事にして、ハトポッポの様なタイプの指揮官に対して、暗黙の脅しを行った者もいた。
 
ともかく、ハトポッポ総理は「日本での高貴な存在」と自分自身の事を思っている事は間違いないだろ。そうでなければ、国会での質疑で「公の法律の遵守より党則遵守が優先される」という答弁は、民主主義国家の政治家、総理として、しない筈だ。政治のプロとして、執政のプロとして、もっと現実的な対応をする筈だ。 
 
 
 
 
 
 

>こんばんは。
>「暴走」はともかく、中学時代の音楽の先生の名前が
>「美子」と書いて「はるこ」と読む。いい名前だぁと当時も今も思ってます。
 
 
先日エントリーした【暴走万葉仮名】にいただいたコメントを拝見して、少し雑に書きすぎたな、と思った。
 
この「暴走万葉仮名」という言葉を発明した「呉智英氏」の次の文章を引用し、いただいたコメントへの返事としよう。
 

明治期を代表する知識人、森鴎外の五人の子供も、当時としてはかなり変わった名前でした。男の子が、於菟(おと)、不律(ふりつ)、類(るい)、女の子が、茉莉(まり)、安奴(あんぬ)。いずれも西洋人として通じるし、日本名としてもおかしくないものです。於菟は虎という意味で、「春秋」など漢籍を読んでいれば出てきます。この人は寅年生まれであり、それに因み、ドイツ風のオットーにも通じさせています。暴走万葉仮名どころか、正当的な教養に裏打ちされた命名なのです。

〜引用終わり〜
 
 
 
ですから、「美」を「はる」と読ませるにはそれなりの正当な意味と理由があるのかもしれません。が、呉氏によれば、現代の若い世代の名前には、完全に「当て字だろ」というのが多いのだそうです。ハッキリ言ってしまえば、マトモな教育、躾を施されなかった親が命名したから、という事ですね。その例として、呉氏は名門大学の学生には、「華海(かの)」という名前の子は少なく、「子」「枝」「美」がついたオーソドックスな名前の子が多いとも述べています。これは大学だけではなく、一流企業に採用される人にも多く見られるそうです。
 
以前エントリーした【3+2×4の答えは?】で書いた悪循環というヤツですね。そういう意味でも、マトモな教育、躾は大切だなと思います。現憲法では、誰もが平等に教育を受ける権利を保障しています。ですが現実は、公教育への不信感があり、とても平等な教育、しかも高度な教育を受ける機会が少なくなっている様に見えます。その弊害が、子供の名前という形で現れ始めているのでしょう。
 
名は、親が子への願いを込めて意味を込めて子供に名をつけると思います。その時に、正当な意味がなければ、意味をなしません。ただの記号になってしまいます。そういう事を理解するためにもマトモな教育や躾は大切なんだろうと思います。
 
ちなみに私は、マトモな教育とか躾が大切などと書いていますが、私自身は学歴なんぞありません。高校すらマトモに通わなかった所謂問題児、非行少年でした。だけど、幸いな事に親は、私に本だけは惜しみなく買い与えてくれました。躾も厳しかったです。躾が厳しいから反発したのですけどね。それが幸いしたのか、学歴が無くてもいままで何とかやって来れました。
 
 
 
 

ネット環境を最大限享受している方は、「暴走万葉仮名」という言葉は既にお馴染みの言葉だろう。だが、私は寡聞して知らなかった。
 
この言葉を考えたのは「呉智英氏」 
 
氏のこの言葉を考えた理由を知って、思わず膝を叩いた。
 
「斗」という字を本当はどう読むかご存知だろうか?「北斗七星」で使われているお馴染みの字だ。これも知らなかったのだが、「斗」を「はかり」と読むのだそうだ。そう言われれば、いまでは使われなくなったが「一斗缶」「一斗升」と容器や計りの言葉として使われる。北斗七星は、その星座の形から「柄杓の形をした北にある星座」という事で、「北斗七星」と名づけられたという事だ。
 
氏によれば、この「斗」という字を「たたかう」と勘違いして使う人がいるそうだ。しかも、自分の子どもの名にしてしまうらしい。まあ、「斗」という字の意味を「はかり」という意味という事が分かっていて名に使うのなら構わないのだが、どうやらそうでもないらしく、「たたかう」「闘」の意味として使うらしい。
 
こんな名前もあるらしい。「華海」をどうお読みなるだろうか?これで「かの」と読ませるらしい。「海苔」という単語があるから、海の部分を「の」と読ませる事にしたらしい。
 
氏から言わせれば、海を「の」と読ませる事が出来るのなら、海老の「え」を使って、「海利(えり)」もありだろう、と笑っているようだ。
 
要は、氏が言うには、いま書いた様な漢字の読ませ方は暴走族が好んで使う「夜露死苦(ヨロシク)」という当て字と何ら変わらんだろう、という事らしい。だからオカシナ漢字の使い方、読ませ方は「暴走万葉仮名」と命名したらしい。
 
さて皆さんのご自身の名、ご自身の子の名はいかがかな?暴走万葉仮名的な使い方はしていないかな?
 

小学館発行「SAPIO 2010 3/31号」には、【年々歳々、日本人は信じられないほどバカになっている】という特集記事を載せている。その中で「3+2×4」という単純な算数の問題を解けない子どもが増えていると書いてある。
 
これは、算数だけではなく、国語に関しても小学校で漢字を教えなくなったものだから、漢字を知らない、読解力が無い、という子ども、いや若い世代が増えているという。
 
話が飛ぶが、現バカ政権誕生で小学校での英語教育の必修の事がどうなったのか良く分からないが、読解力の下地が出来ないうちに他国の言語を優先して学ぶというのはどうなのだろう?
 
記事の話に戻れば、小中学校での教育がこんなものだから、高校、大学も目を覆いたくなる惨状なのだとか。中学校程度の学習を学生に施す大学もあるらしい。これは、大学が雨後のタケノコの様に乱立した事が原因らしく、大学入学の学力も無いのに、大学側が片っ端から高校卒業資格者を入学させるかららしい。酷いところは、オープンキャンパスとかいう、大学体験カリキュラムで集まった高校生に、その場で「入学通知」を出すところもあるらしい。
 
詳しい事は、「SAPIO 2010 3/31号」を読んでいただきたい。
 
この記事を読んで、正直「本当かよ!!??」と思ったが、昨今の風潮を見ていると、頷けるところがある。
 
まず、漢字が公の機関が出す「冊子」とか「パンフレット」のようなものから消えた。私のが暮らす田舎の鉄道の駅からも、カタカナ名やひらがな名が増え、漢字で表記された駅名が消えた。なぜだろう?と思っていたし、外国からの観光旅行者のためかな?と思っていたのだが、この記事を読むと、日本人のためである事が分かる。確かに「わかりやすく」という考え方もあるが、小中学校で漢字を教わっていない世代が増えたことが最大の要因では無いのだろうか?
 
そして、記事に書いてある様な公立校での教育カリキュラムでは、ますます教育格差が広がるのではないのだろうか?親が心配してしまい、学習塾や私立校へ子どもを通わせたくなるのも頷ける。
 

 

 

この動画は、まあ、ネット環境を享受されている方にはおなじみだけど、所謂「関西ローカル」と言われる、関西と西日本を中心に放送されている番組だ。放送局によっては、関西や西日本でなくても放送しているところがあるだろうが、先ず関東ローカルでは放送されないし、東京キー局からはこの様な番組は放送されない。

 

というか、幾らバラエティー番組というカテゴリーでも、ここまでの内容を東京キー局は制作しない。一説によれば、東京キー局はこれらデリケートな内容は制作できない、という話があるらしい。

 

ともかく、バラエティー番組、編集されている、という事を別にしても、いま日本で暮らすアジア系(特に、特亜人)の外国人の考え方がわかる内容になっている。

 
ちなみに、「著作権ナンタラ」という法律が厳格に適用される様になったようで、YouTubeアップされたテレビ番組の動画は次から次へと削除されている。特に、現バカ政権や特亜にとって都合の悪い内容になっている番組は速攻で削除されている。
 
もう一つ付け加えておけば、この張某という女性は、彼女自身が言うには「朝鮮半島系中国朝鮮族系日本国籍保有者」という事らしい。
 

 

 

 

  

 

 

 

経済の詳しい事は良く分からない。が、貼付けた動画で述べられている中国の経済事情は、日本の経済界、金融界では随分以前から常識の話。

 

以前証券会社に野暮用があり、その証券会社の私に接してくれた担当者に「中国大丈夫?」と世間話的に尋ねたら「中国の経済は完全にバブルです。素人が手を出せる状態ではありません。博打として中国に投資するという人には良いでしょうが、普通の方にはお勧めしません」とハッキリといっていた。

 

 
画像の子猫は、人間で言うところの「孤児」 この画像で分かる様に、こんな小さい頃にたった一匹で私の自宅庭に現れた。
 
 
最初は、近くに親がいるだろう、と思っていたがその気配がない。それでは、近所の飼い猫か?と思っていたが、そうでもないらしい。近所の方が誰一人として猫を探している気配がないし、近所で猫を飼っている話も聞いていなかった。
 
まあ、気にも留めないで、と言えば嘘になるが、しばらく気にかけるともなしに子猫を見かけるたびに観察の様な事をしていた。やはり、近くに親がいないようだ。そこでヘンな「かわいそう心」が湧いてきて、エサを与える様にしてみた。エサを与えると言っても、人間に対する警戒心が強いので、自宅庭にエサ場を設けた、と言った方がいいだろう。といって、ミルクなんか与えなかった。市販されている固形のエサだ。これを食べないのなら「まあ、死んでも仕方が無いだろう」と思っていたが、逞しいもので、いや生きるという本能が凄いのだろうし、母乳と普通のエサの切り替え時期でもあったのだろう。食する量は多くはなかったが必死なって食べていた。
 
この子猫が自宅庭に現れた頃は、初秋の頃で、親がいなければ、という人間の勝手な思い込みで「この冬は越せないだろう」と思っていたのだが、この猫は冬を越した。まあ、不定期的ではあるが、エサ場にエサを置いておいたし、群れをなすという訳ではないのだろうが、同じ様な世代の猫と行動をともにする事を見かけていたので、なんとか冬を乗り越えられたのだろう。
 
その翌春、繁殖期にはまだまだだったようだが、夏には子を産み母親になっていた。だが、その猫も、その猫の子もいまはいない。縄張りをかえたらしい。
 

 

 

 

 

 

 

 衆議院TV

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

 

参議院インターネット審議中継

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 

 

 

 

 

 

Appleの日本のホームページに行くと、いま話題の「ipad」の製品紹介が一面に出ている。そのipadの画面に嵌め込まれている画像が、ナント毎日新聞のwebページ。
 
 
 
毎日新聞は、海外ではもの凄く信用が置ける日本の新聞らしい。
 
なにせ毎日新聞は、有料であるが、アメリカで英文ニュース配信を拡大するという。
 
 
まあ商売だ、どの様に事業展開しようが自由だが、あの新聞が昨年フザケタ海外向け変態サイトを運営していた事を考えると、どうなっているんだ?と思う。
 
 
 
毎日新聞の海外向け変態サイト運営の顛末を知りたい方はこちらのリンクへ