FC2ブログ

 この様な番組をなぜ、全国ネットで放送しないのだろう?

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



【市橋容疑者逮捕】送検の際の混乱でTBSの男を公務執行妨害で逮捕

 

コレ、分かるな。

 

元自衛官であることは以前のエントリーでも書いたけど、自衛隊を辞めてから就いた仕事の関係上、テレビ局の下請けをしていたことがある。まあ、地方ローカル局だったけどね。だけど、報道制作の下請けだったもので、報道記者や報道カメラマンたちの実態と言うか生態をこの目で見てきた。

 

彼ら現場スタッフを擁護するわけじゃないけど、彼らも大変なんだよね。重大事件等の容疑者逮捕となれば「ガラの映像を絶対に撮れ!」と上から言われるし、現場も現場で他と違う映像を撮りたい、と言う欲求があるからね。

 

記者なんか、事件被害者や自殺者の写真を手に入れるために、通夜の場まで行って遺族に「故人の写真をいただけませんか」とお願いすることもあって「何でこんなことまでしなくちゃならないんだ」とこぼしていたこともあったね。

 

そんな中で「コレは面白い」と思ったのは、報道と報道以外の番組制作と言うのは案外反りが合わなくて、特にカメラマンたちがね。「こんな映像の撮り方あるか!」と言い合っていたことかな。

 

撮影技術が下手だとかと言うことじゃなく、撮影に関する考え方の違いなんだけどね。報道は一発勝負で撮影する場合が多い。他の番組制作は、生放送でもない限り撮り直しができる。この違いが撮影に対する考え方の違いとして出てくるんだね。それにテレビ局のカメラマンと言うのは、外注プロダクションの人間が多いから色々トラブルがつき物なんだけどね。

 

それともう一つ面白いのが「民放テレビ局はNHKが嫌い」と言うことだね。ライバル関係だから嫌いと言うこともあるのだけど、それ以上に、NHKといえば誰もが直ぐに開襟してナンでも取材に応じるんだけど、民放はダメと言うことが多くて、ここら辺が「NHKは嫌い」の要因なんだよね。それ以前に「俺はNHKだ」と威張っているところがあるものだから、現場的には評判が悪いのだけどね。これは、テレビ以外の大新聞にも言えることで、特に朝日はNHKと並んで地方メディアの間でも評判が悪かったね。後は、系列キー局のワイドショー番組ね。こいつらは地方を荒らすだけ荒らして帰るから、物凄く評判が悪い。ある若手記者は、警察取材で副署長あたりから「あんたのところだろ、〇〇と言う番組は?あいつら何様のつもりだ?よく言って効かせろよ。そうでないとあんたのところの局、出入り禁止にしてもいいんだぜ」といわれたらしく落ち込んでいたね。まあ、仕方が無いけどね。系列キー局のワイドショー番組は、キー局(事実上の親会社)直轄の制作だから、系列局(子会社)はキー局に文句を言える立場ではないしね。

 

 

彼らマスコミを擁護するようなことを書いてきたけど、彼らマスコミ、特に新聞・テレビの人間は特権階級であることは間違いないよ。これは、現場で彼らを見てきたからよく分かる。学校を出たばかりの世間知らずの洟垂れ小僧が、政治家や企業の社長と対等に口が利けちゃうんだから・・・しかも、政治家や企業の社長が、マスコミと言うだけで、世間知らずの若造を持ち上げるような態度で接することも多々あるから、現場の若造が勘違いしちゃうんだよね。だから、世の中の出来事を見て、報じているはずのマスコミが一番の世間知らずになっていくのだろうね。