民主党鳩山幹事長は、ハッキリ言って政治家じゃないね。

 

莫大な資産もあることだし、食うには困らないだろうから、今直ぐにでも国会議員を辞任し、詩人か哲学者になったほうがご本人の為だ。

 

いや、日本の為かな。

 

 

スポンサーサイト

また懲りずに、星のある風景もどきです(笑)

 

一枚目の写真は、昨年12月に自宅で撮りました。案外、星が綺麗にかつ鮮明に写っているでしょう?

 

 

これに気をよくして、桜を入れた夜空に今年はチャレンジしてみたのですが、いかんせんいまは季節が冬じゃありませんから、星が鮮明に写りづらいんですよね。

 

標高の高いところか、人工的な灯りがまったく無いところならば、この時期でも私のようなヘタクソでも鮮明な星空が写せるかもしれませんが・・・(笑)

 

 

 

 

 

星のある風景もどき、第二弾です。

 

一枚目は眼を凝らして良く見ないと星が写っているのが分かりづらいですが、二枚目三枚目は、星の軌跡が写っているのが分かるかと思います。

 

本当は、降り注ぐような星の軌跡を写したかったのですが、限られた条件下で、かつ私の技術ではこれが限度です(笑)

 

まもなく、自宅裏の桜の花も終わりです。強い風が吹くと、花びらが雪のように舞うようになりました。

 

 

 

 

記者ブログ「星のある風景」ではないが、少し真似た写真を・・・・


 

『大阪・造幣局で「桜の通り抜け」 開門前に4000人行列』と言う記事がイザアップされている。

 

記事と一緒にアップされた写真に見入ってしまった。お母さんが幼い子を抱っこし、一緒に桜を愛でているショットに見入ってしまった。このショットがなんともいえない。完全に造幣局の見事な桜が脇役になった瞬間だ。

 

しかも、この親子の写真が三枚もアップされている。

 

ともかくアップされた写真を観れば、同じ親子の写真を三枚もアップした理由が一目瞭然だと思う。この着眼点に脱帽。

 

アッという間に、桜の花は満開になった。今度の週末まで花は持つだろうか?

 

 

自分で言うのもなんだが、本当に桜に関しては恵まれている。この写真の撮影地も、本当に自宅裏なのだ。

 

裏庭から一歩出れば桜並木が植えられた土手が自宅に接しており、街の明かりが桜をライトアップしてくれている。しかも、滅多に人が訪れないから、独占的な容で桜を愛でることができる。

 

 

開花まで、もうしばらくかかるかと思ったら咲いた。それだけ暖かいということなんだろう。

 

しかし、何かヘンな感じがする。

 

何年前だったか、東京の桜が春彼岸前に開花し、あっという間に満開になった年がある。テレビニュースでそのことをしきりに流していて、そのためによく覚えている。当然、その年の我が地方の桜の開花も早く、その年は四月中旬過ぎには葉桜になってしまった。例年なら、五月連休近くまで桜の花を楽しめたのだが・・・地球温暖化といいたくはない。が、やはりどこかヘンだ。

 


 

ともかく、咲き始めると満開まであっという間だ。今年はどのような桜の写真を撮ろう。

この二、三日の暖かさで、我が家の裏の桜の蕾も少し膨らんだようだ。

 

今週中に開花と言うこともないだろうが、ようやく我が地域にも桜の季節がやってくる。

 

凄いね。本当に発射する気だ。

 

国際社会が何を言っても、発射するのだろうね。

 

本当に北朝鮮は不思議な国だ。国際社会に「食糧支援」「エネルギー支援」を求めるような国が、なぜ宇宙空間に人工衛星を打ち上げられるカネがあるのだと不思議に思ってしまう。

 

ロケット・ミサイルを開発できるカネと技術があれば、国内インフラを整えることが出来ると思うし、国内の食糧問題もいくぶん改善されるだろうに・・・しかし北朝鮮にはその気は更々無いらしい。

 

それ以上に不思議なのが、日本で北朝鮮の現体制を擁護している連中だ。この連中は、口を開けば「自由だ」「権利だ」と言うのに、北朝鮮に対して非難めいた事を一切言わない。逆に、ナンデモカンデモ日本がすべて悪いという始末。

 

北朝鮮を擁護している連中は、世界で最貧国の一つといわれている北朝鮮からカネでも貰っているんじゃないのか?と思ってしまう。もしそうだとしたら、間接的に北朝鮮の一般的な人たちから搾取している事にならないか?北朝鮮の犯罪に加担している事にならないか?