テレビ番組、そして映画等での「ドキュメンタリー番組・映画」というものの多くは、「客観的」ということは出来ません。必ず、制作者側の「主観」というのが入ります。

重要なのが、制作者側が「何を伝えたいのか?」「何を本当は訴えたいのか?」という事なのです。そのことを承知した上で、番組や映画を見るには良いと思います。

しかし、そこで問題なのは、「公平公正」「客観性」を謳いながら、映像と編集のマジックによって、「然もありなん」という「演出」をすること。このマジック、テクニックが優れているのが「NHK」

しかも、映画とは違い、テレビは・・テレビ離れが進んだとは言え・・家庭の居間・リビング等々のいたるところで、視聴者の多くが、なんの考えもなしに見ることになるから「要注意」なのです。

なお、今現在もそうでありましょうが、新聞テレビは「日本は悪いことをした」を大前提に「歴史」「政治」を「切り取り」ます。1980年代後半からそれが顕著になりました。当時のテレビ局の・・地方ローカル局でありましたが・・の「報道」に携わる社員たちの多くは、「日本悪し」という「流れ」に何の疑問も抱かず、必死になって「ニホンガ〜」「カコノセンソウデ〜」という番組や番組内のミニ特集を制作していました。

テレビ放送局の「労組」が「極左」であることもありますが、地方ローカル局の場合「ケイレツ」というのも大いに影響します。

いわゆる「在京キー局」と呼ばれる「東京にある大テレビ放送局」が、系列下に置いている地方局の社員たちに対し「番組制作のノウハウ」を「研修」という名目で、「統一化」しているからです。もっと言えば、「これこれこの様なことをイチオシにしている」と在京キー局がいえば、地方も同じ様なことを「然もありなん」として流すのです。これがものすごくわかるのが、8月の「終戦の日」前後に垂れ流される「番組」

今ではそれに、東日本大震災と原発事故が加わっています。


スポンサーサイト

安倍首相、朝日新聞を激しく非難
「捏造しても謝らない」
2018年2月13日 午後5時05分

安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、過去の朝日新聞の報道を取り上げ「かつて私がNHKに圧力をかけたと捏造の報道をされたことがある。朝日新聞はそれを検証したが、間違えたとは一度も書かない。私に一度も謝らない」と激しく非難した。

首相は、森友学園が開設を目指した小学校の設立趣意書に「安倍晋三記念小学校」と記載されていたとする昨年5月の報道に対し「全く違った。実際は開成小学校だった」と強調。今月6日付朝刊の検証記事について、自民党議員のフェイスブックに「謝らない朝日新聞。哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳」などと自らがコメントしたとも明らかにした。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/293798


この引用記事ね、「福井新聞」の記事。

で、次の引用記事は、あの「ロイター」の記事。


安倍首相、朝日新聞を激しく非難
安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、過去の朝日新聞の報道を取り上げ「かつて私がNHKに圧力をかけたと捏造の報道をされたことがある。朝日新聞はそれを検証したが、間違えたとは一度も書かない。私に一度も謝らない」と激しく非難した。

首相は、森友学園が開設を目指した小学校の設立趣意書に「安倍晋三記念小学校」と記載されていたとする昨年5月の報道に対し「全く違った。実際は開成小学校だった」と強調。今月6日付朝刊の検証記事について、自民党議員のフェイスブックに「謝らない朝日新聞。哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳」などと自らがコメントしたとも明らかにした。
【共同通信】
https://jp.reuters.com/article/idJP2018021301002203


・・まあ、すべて共同通信からの「配信記事」なんだけど・・・

それで、当事者である「朝日新聞」は、というと・・・


【モリカケ3年 アベ8年 シイの独裁17年 いつか花咲くときもある。お花畑に蛆がわく】ばかりなんだな・・・そりゃ、報じられるわけがないわなぁ〜。


参考リンク・・リンク先で動画を見てね。




旅客機墜落71人死亡 離陸から数分後
毎日新聞2018年2月11日 21時46分(最終更新 2月12日 02時35分)
https://mainichi.jp/articles/20180212/k00/00m/030/078000c

アレ?

「揺らぐ信頼」と「見出し」に書かないのですね。

私は航空機に詳しくありませんから、事故を起こした?事故になった?ロシアの航空機が「高性能機」なのか知りません。しかし、多くの乗客を載せられるわけですから、「高性能機」であることは間違いないでしょう。

しかも「乗客乗員合わせて71人」という人命が、それこそ「一瞬にして」失われたわけですから、それこそ「揺らぐ信頼」と思いますけどね。


陸自ヘリ墜落 高性能機、揺らぐ信頼 点検飛行離陸7分後
https://mainichi.jp/articles/20180206/ddm/003/040/184000c


降りつもる雪 雪 雪また雪よ
津軽には七つの雪が降るとか
こな雪つぶ雪わた雪ざらめ雪
みず雪かた雪春待つ氷雪

「津軽恋女」より

この歌詞の通り、かつ「津軽」ではなくても、日本の雪国、北国で降る雪というのは、様々な顔がある。しかも、大概「積もる」

その様々な顔の雪を、除雪するとなると、本当に「重労働」なのである。ましてや交通網の確保、車を自宅車庫から出す、走行させようと思うと、重労働をも超えてしまう。雪が滅多に降らない地域の方には・・・想像もできんだろうな。

えッ、東京23区内で経験した?

申し訳ない、「ありゃ、雪が積もった」とは言えん。雪国の子供達の「雪遊び」だ。

東京23区内での雪遊びと一緒にされちゃ困る。


7日の番組では、大雪の影響で多くの車が立ち往生している国道8号と中継を結び、富川悠太アナウンサーが状況を説明。1100人の自衛隊が集まり、前日の夜から作業を続け、220台の車を救ったと伝えた。しかし、その直後、「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業がメインだったということもあって、わずか1.5kmほど」と付け加えた。

【自衛隊の除雪は「わずか1.5キロ」 報ステの福井大雪報道に批判殺到「どれだけ大変か…」「やってから言え」】より


それ以前に、語彙、ボキャブラリーが無い、ということだろうし、マスゴミ人士というのは「社会経験がない」「世の中のことを全く知らない」ということなのだろう。

その様な人間たちが、報道とかニュースという「世の事象」「出来事」を伝える仕事に従事しているのだ。そのために、その内容は「デタラメ」か「報じる側の個人的な勝手な思い込み」になってしまうのは当然であろう。


追記


公共放送を名乗るNHKは、リアルタイムの国会中継をやらない日を恣意的に作るだけでなく、ニュース番組では安倍晋三様が一番かっこよく見えるように巧みに編集したバージョンを、受信料を強制的に徴収する受信者に提供している。国民への背任という自覚が全然無いのだろう。

https://twitter.com/mas__yamazaki/status/961173510679752704


リンクを貼りませんけど、この引用TweetにReTweetしている方々のTweetを拝見しまして、「こりゃダメだ」と本当に思いましたね。

特にね・・・


父が言っていました。
戦争中は大本営発表に騙された。
日本は勝つと思った。

NHKが本当のこと言わないのは今も変わらない。

三権も第4の権力マスコミもダークサイドに堕ちている。

・・・というTweetを拝見してね。

このTweetをした方、そしてそのお父上が、今現在「何歳」なのか知りませんけれど、終戦後に「俺たち、私たち、は騙されていた」というのがそこかしこで言われていたことは、歴史?的に見て誰でも知っている話。

もっと言えば、悲惨な現状から逃げたいがために、かつその原因を他人に押し付けたい方が、精神的にラクになるために、「何々が〜」と責任転嫁したんですよね。私は、この様なことが「悪い」とは一概には言いませんけど、そろそろ「いわゆるパヨクが言うところの、戦争とか、歴史」と言うものに関し、客観的に見ても良いのでは?と思うのですが・・・それが「パヨク」たちは出来ないでいるから、始末に負えないんですよね。


その例が、本文でも記した「マスゴミ人士たちの社会経験が無い」「世の中のことを全く知らない」と言うことなんだろうと思います。


2018年02月03日 18時00分00秒
空飛ぶタクシー「Vahana」が初フライトに成功、航空機メーカー・エアバス開発のeVTOL機


2018年02月01日 12時30分00秒
無人で交通違反を摘発する自動運転パトカーの登場で違反ドライバーは絶対に逃げられないようになる


おお、スンバラシイ〜未来が約束されている様な「予感」がしますね〜・・・


しかし・・・


2018年01月29日 14時15分00秒
テスラ・モデルSのオートパイロットはなぜ停車中の消防車を避けきれなかったのか?


ということもあって、無人化とか自動化運転、そして「空飛ぶタクシー?」「空飛ぶ車?」にも、まだまだ「課題」が多いのです。

てなことで・・・

陸自ヘリ墜落 高性能機、揺らぐ信頼 点検飛行離陸7分後


・・・被害に遭われた方、そしてその周辺住民の方にはお見舞い申し上ますとともに、事故で亡くなられた搭乗員、そのご遺族に「弔意」を表します。


しかし、この「記事見出し」は頂けませんね。


そりゃね、被害に遭われた方は・・これは私も被害に遭えば思うでしょう・・「恐ろしい」「住宅地、上空を飛ぶな」と思うことでしょうし、当然の「感情」かと思います。

しかし、この「揺らぐ信頼」という「記事見出し」は、航空機全般、または地上、空、海に関係なく、交通全般。またはその乗り物への「揺らぐ信頼」ということでしょうか?

それとも「自衛隊だから」ということでしょうか?

マスゴミ人士は、政府というか、政府機関というか、そんなモノへ「全知全能の神であるべき」という、「誇大妄想」を抱きすぎていませんかね?