FC2ブログ

イメージ取り込み 1829

この画像、次の様なTweetに添付されていた画像なんだがね・・・・リンクは貼らない・・


都や政府がロックダウンで物流止める、って言ったか?こんなパニックを煽る報道許されないだろ。

>北関東からの野菜の入荷がストップする可能性。値上げする前に売る物がなくなってしまう【経済評論家 加谷 珪一氏】


・・・しかも、令和2年(2020年)3月26日の朝に放送された、テレビ朝日「モーニングショー」という番組で流されたらしい。

朝、しかも番組終了後にさ、買い物に行こうという方々は、そりゃ買い溜めに走るわなぁ〜・・・

ホント、既存の新聞テレビはダメだね。


スポンサーサイト



メディアの皆さんから続々電話取材が来ています「食品の生産、物流は滞ってませんし、店が閉まるわけでもありません。営業は継続されます。店頭の欠品も徐々に回復します。慌てないでください。そしてメディアが煽るようなことは、どうぞお控えください」というようなお話しをしています。


お世話になっております。埼玉県某スーパーチェーンの配送センター勤務の者です。明日明後日で通常の300%予想です既に倉庫のキャパオーバーで、作業員もトラックも不足してます。センターへの入荷自体も遅れています。普通に買い物して頂ければ、物はあります!冷静になって欲しいですね


・・・で、あるスーパーでは、次の文言の張り紙が「商品棚」に掲げられていたとか・・・


報道によりカップ麺、袋麺が急激に伸張しております
お一人様3点までとさせて頂きます
ご協力の程、お願い致します

・・・・

やはり本当だね、既存の新聞テレビがデマを率先して拡散し、人心の「不安と恐怖」を煽る、というのは・・・

そしてこの様な事は、検査ナンタラも同じ。既存の新聞テレビが頻りに「検査、検査」というのは、スーパー等の混乱と同じで、その関連業種、関係業種の人的損失を生み出すことになり、より一層混乱に拍車をかけることになる。

そうなるとどうなるか?

充分に物があるのに、その物が多くの人のもとに届かなくなる。届かない、となれば不平不満が増大していく。

医療も同じで、武漢ウイルス疾病者以外の疾病者への医療が滞り、死者数が増えていくことになり、医療崩壊へまっしぐらである。

ともかく「災害時等での死者は絶対に出さない」とふんぞり返っている既存の新聞テレビが、死者数を増やすこと、人が死んでいく事を嬉々として望んでいる、としか言えず、既存の新聞テレビは「社会の害」であることが、はっきりした、と言えるのではなかろうか?

もう少し記そう。

既存の新聞テレビに広告を出稿している企業の皆様方は、多くの方が混乱する様なデマを、報道と称して垂れ流している新聞テレビ等の情報媒体に、広告を出稿し続けて良いのでしょうか?

既存の新聞テレビに広告を出稿し続けている企業の皆様方は、既存の新聞テレビによるデマ拡散に加担している形になっていませんでしょうか?

広告を出稿している企業の皆様方の、物やサービスを売る、その売ったことで収益を上げる、ということに既存の新聞テレビは、災害や危機に乗じて、皆様方企業の経営活動、経済活動を故意に妨害していると言えませんでしょうか?

広告を出稿している新聞テレビに苦言を呈すべきです。出演者や編集等の個人的な主観的意見や主張をできるだけ排除し、当然不安を掻き立てる様な映像演出もいならない、と言うべきで、できるだけ客観的な事実だけを報じろと・・・


追記

日本赤十字社が、献血の協力を呼びかけています。

献血協力者の深刻な減少が続いています !


献血協力へのお礼とお願い


献血に関するお願い



リンク先にも記されている様に、この様な時期でありますから、事前予約が必要となっており、リンク先の注意事項等をよく読んで、ご協力してください。

・・・新聞テレビは、この様なことを詳しく、かつ正確に、大々的に報じろよ。輸血量の確保が困難になると、それこそ本当に多くの人が死ぬことになるぞ!!


ずっと家の中にいると、運動不足が心配です。

子どもを放っておくとゲームざんまいになる恐れがあります。叱っても仕方ないので、もっと面白い代替物を用意しましょう。

【休校中、理想のスケジュールは? ストレス・運動不足・勉強…… 悩みを解消】より


これ、朝日新聞が行なっている「子育て」「教育」に託けた、「朝日新聞購読してね」というサイトからのものなのだけれど・・・

あの朝日新聞ですら、子供たちの「テレビの見過ぎ」よりも、「ゲームのし過ぎ」を危惧している様だ。

本当にそれだけ「既存のテレビ放送を観る方々が減った」と言えるのではなかろうか?

まあ、朝も早よから、ワイドショー番組なる物を見せられた日にゃ、大人もおかしくなってしまうのだから、テレビ放送ばかり観ていたら、ゲームのやりすぎ以上に「情緒不安定」な子供が増えるだろうけどね。

明日からでも遅くはあるまい。ワイドショー番組という放送電波の無駄遣いよりも、その時間帯に基礎学習とか基礎科学等に重点をおいた番組を流せば、少しは視聴者数が増えるかもよ。


ちなみにさ、東日本大震災時にさ、避難所で子供が不安で泣いたりして手がつけようがなかった、という時にさ、ある若者が自宅からゲーム機とテレビ、アニメDVDを持ってきてさ、不安で泣いていた子供たちを、そのゲームやDVDで不安を取り除いた、という話を聞いたことがあるけれど、悪評高いゲームだって、アニメだって、使い様なんだわ。

しかし、今現在の既存のテレビ放送ってのは、人心の不安と恐怖を煽ることしか放送していないから、多くのスポンサーが逃げ出すのさ。

要は、新聞テレビは「過去の出来事に何も学んでいない」「教訓にできていない」ということさ。


もう一つ記しておくけれど、このエントリをアップした頃、外から子供たちの声が聞こえてくる。近くに公立の保育園があるので、そこからの声と思う。

聞こえてくる子供たちの声は、キャーキャーという感じにしか聞こえないが、何やら「楽しそうな」ということが、その声からもわかる。

なんだかんだとあるけれど、元気な子供の声が聞こえる、ということが、どんなに不安を解消してくれることか、希望を抱かせてくれることか、とわたしゃいま実感している。


玉川徹氏、電通が社員の新型コロナウイルス感染で5000人の在宅勤務を決めた方針に「電通とテレビ局は関係が深い。テレビ局に感染者が出たらどうなるんだ?」


リンク先の様な記事を拝見しますと、ホント新聞テレビは「面白い・・身勝手という意味でね・・」と思いますね。

まあ確かに、最大手とか、いわゆる「テレワーク」という環境でも「業務に支障が出ない」という企業・事業所と違い、多くの企業や事業所は、一人抜け、二人抜け・・となっていくと、業務に支障をきたすのは事実。

そのために政府は、支援規模が少ないわい、と言われながらも、その政策を打ち出しました。しかも、新聞テレビが大騒ぎした「財政が〜」ということも踏まえ、支援策を出したわけです。税金とは、そのためのものでもありますからねぇ〜・・・

で、話が少しばかり変わりますけれど・・・リンクさせた記事で思うわけです。

テレビスタジオで、MCとかコメンテーターと称する方々が雁首揃えて、しかも非常に近い距離で並んで座っている形こそ、感染者を増やす原因になるのでは?とね。

しかも、どの様に考えたって、テレビスタジオというのは密閉された空間。しかも換気だって、窓を開けてできる様な仕組みじゃない。感染しないと考える方がおかしい、と思いますが・・・


ちなみに、随分昔にわたしゃテレビ局で下請けの仕事をしている時に、大熱を出したことがあります。咳も出ていたなぁ〜・・・今は知りませんけれど、その昔のテレビ局ってのは、使用している機材に合わせた温度設定とか、湿度設定にするのですよね。窓も締め切りだし、一箇所にいる人員も多いし、そこかしこで私と同じ様な症状が出ていた人も多くいました・・・で、病院に行き、治療してもらい次の日にはケロっとしていましたが、今考えれば「インフルエンザ」に罹患していたのでしょうね。


そして、記者と称する輩が、取材ということでそちらこちらに出没し、不特定多数の方々と接触するのも如何なものか?とも思います。

カンセンシャガ〜、と大騒ぎするのであれば、その様な業務を新聞テレビこそ止めるべきではないのでしょうか?

エッ、それじゃ多くの方に情報を伝えられない????

無闇に恐怖と不安を煽る様なことしかしていないじゃないですか?

再度記しますけれど、震災時、震災における原発事故の時に、新聞テレビは何をしましたか?

そして、その事を新聞テレビは教訓として、いま現在情報を伝えていますか?

新聞テレビとしての基本中の基本を、多くの方は指摘してきたはずです。

そして良いですか、新聞テレビに携わっている方々、北海道の経済記者クラブが「閉鎖」になった事を知らないわけがありませんよね?


北海道経済記者クラブ閉鎖、札幌商議所内 

それでなくても、共同通信社の社員記者が感染したとか?

これも知らないわけがないですよね?

ちょうど良い機会です。既存の新聞テレビのあり方を、新聞テレビに携わる方々全てで考えるべきです。



おまけ

【まず、民主主義者たちは、自由よりも平等を好むものだからだ。なぜなら、自由には、純粋に精神的な満足しか与えられないが、平等は、日々新たに、小さな物質的な満足を与えてくれるからである。平等の概念を急進化した、プロレタリア独裁を思い出すだけで充分だ。これが、個々人の自由の破壊にどれだけ貢献したかを考えるだけで、それ以上の説明の要もないだろう。
真に自由を尊重する人々は、法を尊重するものである。これら思慮深い人々には、法の確立こそが、国民の活力の無用な消費を防ぐ唯一の道と考えるからである。一方、思慮浅き人々は、人民自体が法である、という彼らの宣言に見られるように、法を尊重しない。とはいえ、思慮深い人々の頭にある善政とは、ただ一つの主義では解決できるようなものではない。民心安定の二大要素である、法の平等な実施と利益の分配は、特定のイデオロギーの成果ではないのだから。】
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中からアテナイの少数派より抜粋引用。



東京新聞のガバナンスやいかに?

毎日・秋山記者の続報記事によれば、東京新聞は今回の問題のツイート内容について見解をあきらかにせず、「個人の発信」だとして取材から事実上逃げ、さらには望月氏が事後に「訂正ツイート」をしたとして不問にする構えをみせたようだ。

すべての混乱を招いているのは、東京新聞にある。著書の映画化など左派メディアのアイドルと化すまで、望月氏にやりたい放題をさせてきたツケが回っているのだ。

いま周囲から批判されている中身は政治的思想の右とか左とかは関係ない。東京新聞と同じ左派的、反安倍政権の論調のはずの毎日新聞にすら公然と指摘される基本的な問題であり、記者管理、ガバナンスの問題なのだ。フェイクニュースを批判しているはずの東京新聞、あるいは経営母体としての中日新聞の見識がいままさに問われている。

【望月衣塑子vs毎日新聞:一番悪いのは東京新聞(中日新聞)】より


同業者から言われちゃ、本当におしまいだわな。

というかさ、既存の新聞テレビちゃ、他業種企業とか他者に対してはさ、ガバナンスが〜、管理監督責任が〜、と喚いているくせにさ、自分たちの業界とか、自社に関しては、本当イイカゲンだし無責任だよね。

そしてさ、そのイイカゲンと無責任なところをさ、ネットの普及で多くの方々が知るところになりさ、そろそろ業界としても企業としてもさ、改めなきゃ業界としても企業としても成り立たなくなりつつあるのに、ネットはフェイクの温床だ〜、と誤魔化してさ、自分たちの特権の維持にだけ腐心する。

多くの人は思っているぜ、新聞社の一つや二つ、テレビ放送局の一つや二つ、潰れたってどうとも思わねぇ〜よ・・って。

しかも記者とかジャーナリストというのには、特段の資格も必要ないし、自称すれば「バカでも記者様だ、ジャーナリスト様だ」と踏ん反り返る事ができるって、百も承知だもの・・・

ただし、その様に称する事で、適正な収入が得られるかは別だけどね。

で、提案。「働き方改革だ」という事でさ、新聞社の記者とか、テレビ放送局の報道記者ってのは、全て「フリーランス」「非正規雇用契約社員」にしたら良いのじゃないのかね?

テレビの番組制作現場や、雑誌なんか、疾うの昔からそうなってんだからさ、新聞記者や新聞紙面を作る部署人員もそうしたら良いじゃん。新聞社としても助かるんじゃない?それこそ新聞テレビが大好きな「欧米的」で良いんじゃね?