FC2ブログ

警戒・監視
海上自衛隊は、1日に1回を基準として、哨戒機(P-3C)により、北海道の周辺海域や日本海、東シナ海を航行する船舶などの状況を監視しています。侵略事態はもとより領海侵犯などの多様な事態に対応するためには、平素から防衛のために必要な情報を収集・分析することが重要です。そのような事態が生起した場合に速やかに航空機を派出して対応できる態勢を航空集団は整えています。

過去の事例としては、平成11年に警戒監視活動中の哨戒機(P-3C)が能登半島東方、佐渡島西方の領海内で日本漁船を装った北朝鮮の工作船と判断される不審船2隻を発見した事案があります。巡視船、護衛艦、航空機などで1昼夜にわたり追跡したが、両船は、防空識別圏外へ逃走し、北朝鮮北部の港湾に到達したものと判断されました。また、平成13年警戒監視活動中の哨戒機(P-3C)が不審な船舶を発見し、巡視船、航空機で追尾・監視を行いました。不審船は海上保安庁の度重なる停船命令を無視し逃走を続けたため、射撃警告の後、威嚇射撃を行いましたが、同船は引き続き逃走し、追跡中の巡視船が武器による攻撃を受けたため、巡視船による正当防衛射撃を行い、その後同船は自爆によるものと思われる爆発を起こし沈没するに至りました。捜査過程で判明した事実などから、北朝鮮の工作船と特定されました。その後も平成14年に警戒監視活動中の哨戒機(P-3C)が能登半島沖の北北西約400km(わが国の排他的経済水域外)において不審船の疑いのある船舶を発見し、巡視船、護衛艦、航空機で追尾・監視を行った事案が起きてます。
更に平成16年11月、先島群島周辺のわが国領海内で潜没航行していた中国原子力潜水艦が発見されました。これに対しては、自衛隊法第82条および平成8年の閣議決定に定める手続きに従い、海上警備行動を発令して対処し、海自の艦艇および航空機は、当該潜水艦が公海上に至るまで継続して追尾しました。



日本の領海等概念図


おまけ動画・・・3分36秒あたりからの場面は必見かな?


なお、最初に引用した「警戒・監視」に記されている【巡視船、護衛艦、航空機で追尾・監視を行った事案・・】云々の部分ですが、その護衛艦には「潜水艦」も含まれていた、と私個人としては考えています。

ですので、韓国海軍・・すなわち韓国という国・・の行なった愚行の初期対処として、海自潜水艦による追尾もあったんじゃなかろうか?と私個人としては妄想しています。韓国艦船にそれなりの装備、優秀なソナー員がいたとしたら・・・生きた心地はしなかったでしょうね。


スポンサーサイト

米司法省、新華社に登録命じる 予算や支出報告義務に

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は18日、米司法省が中国国営新華社通信と中国国営中央テレビの国際放送部門「中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)」に対し、「外国エージェント」として登録するように命じた、と伝えた。「外国エージェント登録法(FARA)」に基づく措置で、登録団体は予算や支出の報告を義務づけられることになる。

 米司法省は昨年、FARAに基づき、ロシア政府系の国際ニューステレビ局「RT」のワシントン支局に対しても「外国エージェント」として登録するように命じている。RTは米議会内での取材許可証を失っており、新華社やCGTNに対しても同様の対応がとられる可能性がある。(ワシントン=園田耕司)


・・・ということが先月、彼の「朝日新聞」からも伝えられていました。

で、引用記事に記されている【「外国エージェント登録法(FARA)」に基づく措置で】云々に関しては、評判が良いのか悪いのか判断に困る「八幡和郎氏」がアゴラに寄せた記事に詳しく記されています。

欧米で高まるロシアの政治介入への反発に学べ


まあ、日本の賢明なる?報道各社は、米国に開設している「支局」等は、すでに登録済みであり、ある意味「米国当局」から「監視対象」となっていることでありましょう。


しかし、今更らながら【中国国営新華社通信と中国国営中央テレビの国際放送部門「中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)」に対し、「外国エージェント」として登録するように命じた】というのですから、米国も長閑なところがありますねぇ〜・・・


 【ワシントン=黒瀬悦成】米軍準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」は15日、在日米軍が日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対して事前審査を義務づける新指針を導入したと伝えた。
 在日米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イランやアフガニスタンなど約50カ国を「指定第三国」と位置づけ、これらの国民について、事前審査なしに基地に立ち入るのを禁じているが、米国の同盟国である韓国がこうした規制の対象となるのは異例。

【在日米軍基地、韓国人の立ち入りを厳格化 事前審査を義務づけ】より


ありゃま、こりゃま・・・というところでしょうかね?

さて、わたしゃこの様な事に関して「とやかく」言える立場でもないし、薀蓄・含蓄を語れる知識も情報もありませんが、「言わずもがな」「自業自得」というところなんでしょうね。

おまけ動画




すでに始まったことだし、かつ他所様・・他の自治体の事・・ですから、もう「なんだかんだ」と私ごときが言うべきことでありませんが・・・

イメージ取り込み 1813 

と言うことを知っちゃうと・・・


豊洲市場は車両の動線が無茶苦茶で、荷物が決まった時間内にたどり着けず、荷下ろしも荷さばきもできるスペースが確保されていませんでした。さらには築地にはあった屋根付きの駐車スペースもなく、露天で荷物を降ろすことになりました。最新どころか原始的市場に逆戻りしてしまっています。


・・・と言うことも「トラップだから、固執するバカが現れてくれねぇ〜かな?」ということなんでしょうね。

そのバカになることを承知で記させてもらえば・・・・

いくら「パレットに荷をおいた」と雖も、そのパレットごと地面・路面に直接おかなきゃ良いわけで、ホームにおけば良いのですよ。まあ、リンク先に添付されている動画を見ると、それができていない様だからそれは叱責を受けても仕方がないでしょうね。

と言うか、この方もそうだし、この市場移転に関し、未だに「あ〜だ、こ〜だ」と言う方は、主に水産に関して騒いでいて、青果に関しちゃ「おとなしい」と言うのはどう言うことなんですかね?

青果も同じ市場じゃないのですかね?

確かにね、足が早い、なんて言われますから、鮮魚等を扱うところは青果よりも「衛生面」に固執するのは頷けますよ。しかしねぇ〜・・・青果だって「同じナマモノ」なんですぜ。しかも最近じゃ、青果だって冷蔵して産地から市場に入ってくるんだ。市場・・すなわちお客様から「冷蔵状態で」「低温で」と輸送する様に産地にはリクエストが来ているのさ。いやそれが当たり前になっているんだよね。


ともかく、青果で大きな混乱も問題もないと言うことは、水産の方に「色々なシガラミ」「よからぬ利権」が存在し、その代理人たちが「無能な働き者」を使って未だに騒いでいるのではないのですかね?

蛇足だが、生魚・生肉の衛生管理を本当に考えるのなら、放射線を生魚・生肉に照射しろ。大概の細菌・ウイルスが死滅し、安心安全に生食できるようになるよ。








これらの動画を拝見し、「さすがは共同通信。北朝鮮のプロパガンダによく貢献してまんなぁ」でありますね。