FC2ブログ

私はね、渦中の感染症専門の医師を責めんでほしい、と思うのですね。

彼は彼なりの「正義」や「問題提起」があったと思いますからね・・・ただし、そのやり方は「?」が沢山点りますが・・・

問題は、渦中の医師の話に「ダボハゼの如く」食らいついた「アホ」どもですわ。

この食らいついたアホどもが、医師の話に余計な「オヒレ、ハヒレ」をつけて、ナニナニガ〜、と騒ぎ始めていること。これが「流言飛語・デマ」の原因だろうと思いますよ。

しかも国会議員とか、新聞テレビがこれを行なっちゃう。

まあ、経産省でしたか?そこが記者クラブ加盟記者といえども、省内の各部屋に勝手に立ち入る事を禁じたじゃないですか?

そのことで、新聞テレビの記者たちは「情報」を取れなくなったし、国会議員、特に特定野党議員なんざ、リークとかタレコミと言われることでもない限り、正確な情報なんざ入らなくなったのですから・・・そもそも、新聞テレビの「科学記者?」と言われている記者のレベルも低すぎるのですけれどね。レベルの低さは、記者全般というべきでしょうかね?

そして、特定野党の議員さんたちは、公開の場で省庁役人を締め上げる、いじめる、というのが「議員の仕事」と勘違いしていますから、省庁が出す普通の情報だって、知らない、いや省庁からも届いていないのではないでしょうかね?と思いますけれどね。

ともかく、あの原発事故でもそうでしたが、今回も我々の「リテラシー」が試されているわけで、ナニナニガ〜、と騒いでいるだけの話には本当に注意せねばなりません。

先日も記しましたが、社会が大混乱するということは、良からぬ連中の術中に嵌る、ということなんですから・・・


なお、ダボハゼの名誉のために記しておきますが、その食し方にも寄りましょうが、結構美味しく食べられます。ただ、釣りを行う方々の言い方として、釣ろうとしていた魚と違うと「外道」とか「ダボハゼばかりで・・」ということがあるんですよ。しかも「食い意地が汚ねぇ〜」なんて意味でね。

私の独断と偏見になるかもしれませんが、特定野党は「食い意地」だけは汚く、建設的なことなんか言ったことがありませんからね。


なお、追記として次の様な戯言を・・・


新型コロナウイルスの本当のところの解明は時間がかかるでしょうし、事実科学的な解明には時間がかかります。その時に、新型コロナウイルスの発生源というか、その根本原因がわかることでありましょう。

ただ、それは「政治」になってしまう、と言うことも我々は考えなきゃなりません。その例が、「米国が要求していた、現地調査」でありましょう。中共としては、これは受け入れられない話。だって、純粋な医療調査、学術調査じゃ済まないことは、中共だって百も承知。武漢は交通の要衝という事も考えれば、ウイルスの起源や感染症以外のことまで知られてしまう恐れがありますからね。ウイルスが人工由来というのは別にしても・・・

現に、海外の科学者の間でも新型コロナウイルスは「人工だ」「人工は不可能だ」と賛否があります。ある意味「賛否が無い」ということの方が、科学的では無いと思います。

そして再度記しますが、問題は、我々の「リテラシー」が、今回のことでも試されている、ということではないでしょうか?


スポンサーサイト



「新型コロナウイルスは人為的に作られた」という陰謀論に科学者が反論


私は、リンク先の様な記事、報道というのは、好ましいと思う。

未知なる病原体(ウイルス)に関し、その発生源が中国武漢ということであった為、色々な憶測がとんでいる。しかし、純粋に「科学・・自然科学」というものを探求する方々こそ、その様な外野の憶測こそ、迷惑な話であろう。

そしてなんと言っても、その憶測が正しいとか、正しくないとか以前に、報道する側は、まさしく両論併記を行うべきで、この様な憶測があって、一部のメディアやネット、そして議員も公言してしまっているが、本当のことは何もわかっていないし、科学的にその憶測に反論する科学者もいる、と報道すべきであろうと思う。

再度記すが、東日本大震災時の原発事故後、放射線・放射性物質に関しての「被曝」のことで、ある事ない事を交え「流言飛語・デマ」がまき散らされた事を我々は忘れてはならない・・・しかも、その「流言飛語・デマ」の発信元が、大手の新聞テレビだった、ということもあった。

災禍というべき現実を、過小評価するな、とも言えないし、と言って誇大評価もすべきではない。ここらへんの按排,塩梅、按配・・が難しいところなのであろうが・・・


おまけ


ダイヤモンド・プリンセス号の中の状況を証言してくださった〇〇医師と連絡がつきました。12時30分から私たちとWEB会議で話します。
https://twitter.com/kharaguchi/status/1229947387080110082


引用Tweetの一部を伏せ字にしました。

しかし・・・「ダメだこりゃ」であります。

別にね、本当にこの新型コロナウイルスの対策をどうすべきか?と考えるのならば、渦中の医師の政治的な思想信条的な背景を別にして、渦中の医師の体験を参考にすることは良い事でしょう。

しかし、特定野党ですからね〜・・・その医師の話を現実的に活かせる事に持っていけるのか?これが疑問なんですよ。

当然、現政権政府と言いましょうか?それとも安倍政権、安倍総理と言うべきでしょうか?を、総理の座から落とす手法として使うのもありだと思いますよ。

また、しかしねぇ〜、としか言いようがないのですけれど、特定野党の皆さんは、今の今まで何を行なっていたの?少しは、建設的な提言や質疑を行なったことがあるの?と思うのですわ。

ただ単に「政争の具」として利用するのであるならば、ダメだこりゃ、としか言いようがないでしょ?


また、外国人の国籍を指定しなかった点に着目したいと思います。この判断には多くのご異論があろうかと思います。国籍を指定しますと外交上の相互主義を突かれたとき必ずしも良いことばかりではない。今回政府チャーター機が邦人を迎えに行きましたが、中国政府の了解がなければ実現出来ない。今後も中国が日本政府の要求を「断りづらい環境」を確保する為の工夫だと感じます。全ての邦人が帰国すれば話は変わってくると思います。これはあくまでも私見です。

今後は今回のケースを根拠に法改正議論が必要であり、それが私達、国会議員の職責です。

それでも、法律が現状に対応出来ないことがあるでしょう、わかりません。そして、我国は法治国家である現実。超法規的措置はテロ対策で取られたことはありますが、法治国家に矛盾します。今後のあらゆるケースを想定し、その全てを法律に落とし込むことには限界があります。その時施行されている法律では対処出来ない緊急事態も想定されます。

その為の緊急事態に対応する為、憲法に緊急事態条項が必要だと思うのです。

尚、旧民主党で閣僚を経験された某議員から、新型インフルエンザ等対策特別措置法があるではないか!と、叱責にも似たご指摘を頂戴しましたが、

この特措法で可能になることは、
・公共施設の使用制限
・住民に対する外出の自粛要請
・イベント等の制限措置
等であり、今回ケースにその全てに対処する事はできません。

【新型コロナウイルス対策、前例のない決断と、工夫】より


参考リンク

新型インフルエンザ等対策特別措置法
(平成二十四年法律第三十一号)


いまある危機・危険、ということからは「歯痒い」「煮え切らない」という事になりましょうが、引用文で記されている事が現実なんでしょうね。

いや、新型コロナウイルスに関し、左右とか保守とか関係なく、良かれと思って現政権政府を批判しているのでしょうけど、端から?観ていると、総理大臣を「神格化」し「全知全能」と思っている方が多い様な感じがします。

しかも、総理大臣が自分たちの意に沿わないという形になりますと、あれだけ「安倍マンセー」だったのが「アベガー」に為り変わる。

日本国の総理大臣は、国家元首でもなければ、習近平主席の様な権限は持っていないのですけどねぇ〜・・ましてや、全知全能の神でもない。

まあそれだけ、日本には「民主主義」と「自由」があるという証拠であり、謳歌できるという証明でありましょうが・・・


立民 杉尾「皆さんこんにちは、立憲民主党参議院議員の杉尾秀哉です。ちょっと風邪引いてまして咳が止まらなくてですね。新型コロナじゃないのでwwご安心頂いて…」

この非常時にヘラヘラ笑いながら、新型コロナを演説のまくらに使う。議員として責任感や危機感が一切感じられない杉尾氏

・・・と言う引用Tweetを拝見しますとね・・・リンク先で添付されている動画も観てね・・・衆人環視の中で下手なことは言えん、とつくづく思いますね。

しかし、思いますけれど、何と言いましょうか、本当特定野党のみなさんと言うのは、マヌケでありますね。

だって、立民の杉尾さんですか、この方、テレビ放送に携わっていた方でしょ?「衆人環視の中での下手な発言」と言うのが、いかに危険な事であるか知らないわけがないじゃ無いですか?


ともかく、政権与党にも言えることかもしれませんが、本当「議員センセ」と言うのは「危機感」や「緊張感」がありませんなぁ〜・・・・

ちなみに、引用Tweetでの議員センセの発言は・・・

報ステスタッフ、テレ朝に「使い捨てられた」 労組集会
朝日新聞社  2020/02/13 22:10

・・・と言う労働組合の集会での発言らしいですよ。


この【テレ朝に「使い捨てられた」】と言う事だって、その本質というか、テレビ放送業界というか、そんな事を知っている側とすりゃ「当たり前の話」なんですけどね。

だって、契約社員というか、非正規社員というか、派遣社員というか、その様な雇用体系をいち早くおこなっていたのは、テレビ放送業界を含む、映画、演劇、タレント・俳優業なんですから・・・もっと言えば、フリーランスが当たり前の世界。

だから、プロダクションと呼ばれるところが介在し、裏方スタッフやら出演者等のマネージメント・・・管理監督・・・を行うわけですよ。そして、その様な方々を使って、テレビ放送業と言うのは大きく膨れ上がったのだし、テレビ局の正規社員と言いましょうか?の高収入を支えてきたわけですからね。その事を最も知っているのが、引用Tweetに出てくる、議員センセ。


追記

チト思ったのだが、ウイルス蔓延だ〜、という事になれば、救急救命という事に支障が出る様な感じがする。

そのプロである、消防とか医療現場はすでに対策を講じていると思うけれど、一般人という方が「救命方法・・人工呼吸等々・・」を知っていても、躊躇うんじゃなかろうか?と思う。

これは、多分介護現場というところでも同じじゃね?と思うのだが・・・

ともかく、助かるであろう命というべきものが、過大に恐怖する事で助けられなくなる、という事があり得るのじゃなかろうか?


2020年1月31日の新型コロナウイルス感染症の流行による災害派遣命令(自主派遣)では、中国からの帰国者の一時停留場所としての活用、同船舶を含めた宿泊施設等における停留者の生活支援等を実施することとなった[17]。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための帰国邦人等の救援に係る 災害派遣の実施について


という事で、一応?船舶での「隔離?」的なことを行うわけです。ただ、自衛隊が運用する「はくおう」は、部屋数が「94部屋」ということですから、心許ない気がしないでもありませんが。

と言って、無いよりはマシかな?


で、どこの国でも苦慮するのでろうが、今回の場合の「隔離」とか「検疫」と個々人の「権利」「人権」というのが打つかる。しかも、日本も含めた先進国等の多くは、その人権はもとより、豊かな生活を享受できるものだから、その様な環境で生活していた方々が、一定の期間閉じ込められてしまう様な環境は耐え難いであろう。

特に、大騒ぎになっている、いわゆる「クルーズ船」と呼ばれる船で、船旅を楽しんでいた方々にとっては・・・しかも、その留め置かれている?閉じ込められている環境?といえば、船内くまなく消毒されたわけではなかろうし、空調だって専門の病室等とは違うから、陰圧とか洗浄フィルターとかの措置もできない。そんな状態で狭い船室に篭るのだから、そのストレスは計り知れない。

それじゃどうするのか?となれば、どうすることもできない、というのが実情であろう。

というか、今回の事でも色々と考えなければならない事が出てきたわけで、ただただ「大変だ〜」と、既存の新聞テレビやおかしな政治活動家の様に騒いでいるだけでは始まらない。

始まらないのだけれど、その様な事に対応できる様な法律や国家予算等を審議する国会(立法府)が、明後日の方向を向いているので、始末に負えない。


ちなみに、何度も記すが、感染症予防という事に関しては、いわゆる「インフルエンザ」と同じ様な予防しか今のところない。そして、マスクが不足しているという事で、これも騒ぎになっているが、マスクというのは、他人に積極的に移さないための礼儀、という風に考えた方がよく、マスクをしていたから感染を完全に予防できる、と考えない方が良い。

その為に、手洗い・指手消毒、汚れた手で口や目、鼻に触れない、洗顔をする、というのが効果的。

できれば、やむを得ない場合を除き、人混みの中に行かないことが最善だろうと思う。

というか、マスクは医療現場や今回の様な事で、現場に立たれている方々に優先して行き届く様にしてほしい。医療現場や感染症対策の現場に立つ、彼ら彼女らがいなければ、我々は本当に大変な事になる。


おまけ

WHO「悪いサイクル」 クルーズ船感染拡大、精神ケアなど日本に注文 新型肺炎  毎日新聞
2020/02/08 11:05

毎日新聞は、これみよがしに「欧米出羽〜」「WHO出羽〜」とやっていないで、身内、新聞業界内の内紛、いや東京新聞との喧嘩だけを報じていろよ・・・その方が、新聞売れるぞ?


望月記者の事実無根ツイート。毎日新聞が怒りの猛反論報道