FC2ブログ

大雪でタイヤチェーン義務化 県民「付けたことない」

 ■「新雪・凍結に有効」JAF 国土交通省が今冬から、大雪の際に「立ち往生」が懸念される高速道路や国道でタイヤチェーンの装着を義務化することについて、県内のドライバーからは「スタッドレスタイヤで十分」「チェーンなんて使ったことがない…」という戸惑いの声が上がった。これに対し、国交省は立ち往生対策としてチェーンの必要性を強調。義務化に伴って品薄になることも予想されるため、県内のカー用品店は在庫の確保を急いでいる。

 国交省は、昨冬の大雪で大規模な立ち往生が相次いだことを踏まえ、チェーン装着を義務付ける区間を指定することにした。対象区間は、今冬に全国に約20カ所設け、来年度以降は200カ所に拡大するという。罰則もある。

 国交省道路局企画課の担当者は「どこを指定するかは道路管理者や警察と共に検討中」とした上で、「これまでスタッドレスタイヤの車も立ち往生した。スタッドレスだけでは対策として不十分。チェーンも必要だ」と説明する。

 雪国の富山ではスタッドレスを使用するため、多くのドライバーはチェーンを使った経験に乏しい。富山市の建設業の30代男性は「スタッドレスタイヤで十分ではないか。義務化は大型車だけでいい」と言う。立山町の伊藤景子さん(42)は「チェーンなんて一度も付けたことがない。自分で取り付ける自信はないし、どうしよう」と不安げ。小矢部市の砂土居真祐美さん(34)も、チェーンを使ったことはないといい、「小さい子どもがいるので、取り付け作業が大変そう」とこぼした。

 こうしたドライバーの心配の声に対し、JAF(日本自動車連盟)富山支部の林宏二さん(49)は、「スタッドレスは圧雪に強い。チェーンは、立ち往生の原因ともなる新雪や凍結に強く、対策として有効」と指摘。首都圏などでは、チェーン装着のための出動もあるとし、「購入して車に積んでおくだけでなく、雪が降る前に、実際に取り付け作業を経験しておくことが大切」とアドバイスした。

 国交省が義務化の方針を示した15日から一夜明け、県内のカー用品店には早速、チェーンに関する問い合わせが入った。

 スーパーオートバックス富山南(富山市婦中町塚原)は、義務化に伴い、チェーンの在庫を増やすという。竹内真志店長代行は「県内ではチェーンの需要がほとんどなかった。今冬は購入する人が増えるだろう。売り場も目立つよう工夫したい」とする。価格が2万円台のゴム製チェーンがお薦めといい、「首都圏で雪が降れば、チェーンは一気に品薄になる。購入するなら早めがいい」と話した。

 トラックやバス事業者からも、戸惑いの声が漏れた。トナミ運輸(高岡市昭和町)の担当者は「自分たちが対策を講じても、別の車両が立ち往生すれば結局、巻き込まれてしまう。全ての車両がきちんとチェーンを付けるようにできるかが課題となる」とみる。

 富山地方鉄道(富山市桜町)のバス事業の担当者は「チェーンの着脱スペースが混み合うことになりはしないか。課題が多そう」と語った。



参考リンク
大雪時のチェーン義務化、国交省→スタッドレス義務化でいいだろ。

参考リンク先では、タイヤチェーンの携行・装着義務に関し色々と苦情?が記されている。


で、私は色々と苦情が?多い、このタイヤチェーンの義務化を、手放しではないが「歓迎」する。

その歓迎する理由としては「転ばぬ先の杖」ということからであるし、昨シーズンの福井・石川で発生した「大雪による車の立ち往生」の例を挙げるまでもなく、少し前から大雪による立ち往生が多く発生しているからである。

もっと言えば、多くの車の使用者自身の「車の運転に関しての自信過剰」「車やタイヤへの性能過信」と「いつ何時であろうが道路は綺麗に除雪されているのが当然」という「慢心」があるためである。

警報が出るレベルの大雪となりゃ、除雪が間に合わないのは馬鹿でもわかるだろ?しかしそれすらも理解できない馬鹿以上の馬鹿のための苦肉の策として「タイヤチェーンの義務化」と「罰則」なのさ・・・

違う言い方をすれば、馬鹿たちを保護するための措置なのが、タイヤチェーンの義務化なのさ。




関係ある様な無いような追記


仏燃料税抗議デモ28万人に 1人死亡、230人負傷
2018.11.18 09:09


海外のデモは「過激」ですねぇ〜・・・

というか・・・

【人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない】by ガイウス・ユリウス・カエサル


・・・ということで、人が死ななけりゃ、このデモやデモの原因を日本の報道機関は報じなかったでしょうね。

そして、燃料への課税引き上げということで、フランスというより、EUが行ってきた「愚策、公共交通網整備を疎かにして小型ディーゼル車マンセー推進」を「なかったことにしたい」というところがあるのでしょうね。


スポンサーサイト

アメリカ目指し北上の移民たち 一部が国境の街へ 緊張高まる
2018年11月15日 5時29分
アメリカを目指してメキシコを北上している中米ホンジュラスなどの人たちの一部は、アメリカ カリフォルニア州と国境を接するメキシコの街に到着しました。アメリカ側の国境付近では壁に鉄条網が設置され警備当局が監視にあたるなど、緊張が高まっています。
アメリカを目指している中米ホンジュラスなどからの移民たちの多くは現在、メキシコ北部を北上していますが、このうちの一部はメキシコの州政府が準備したバスなどを乗り継いで、アメリカ カリフォルニア州と国境を接するティファナに到着しています。

14日朝には、数百人にのぼる移民たちが8台のバスに分乗して、ティファナ中心部にある宗教施設の前に到着しました。

移民たちは、ボランティアから朝食を提供されたり、簡易テントの下で医療スタッフによる健康状態のチェックを受けたりしていました。

ホンジュラスから1歳半の息子を連れてきたという17歳の女性は「母国では、特に女性への暴力が横行していて生きていけない。子どもの生活のため、何としてもアメリカに行きたい」と話していました。

一方、ティファナの反対側にあるアメリカ サンディエゴの海岸には13日夜、照明灯が持ち込まれ、国境を隔てる壁に鉄条網が設置されました。

周辺には警備当局の車両が数多く待機し、移民たちが壁を越えることがないよう隊員たちが監視を続けていて、緊張が高まっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011711171000.html?utm_int=news_contents_news-main_004


なるほど・・・報道はあくまでも「移民」と言うことですか。

まあ確かに、我々が知ることができる形の米国の歴史というのを見ると、その昔米国は、欧州からの大量の移民たちを迎い入れた経緯があるし、そのことが米国の根底にあるから・・・南米からの流入も「移民」と位置づけるのであろう。

しかしね〜・・・今回のことを「移民」と片付けて良い出来事なのかね〜・・・


トランプ氏は「犯罪者」と批判 移民キャラバンと歩いた

 3歳の娘をベビーカーに乗せた若い父親、杖をつく義足の男性、子供も女性もみな、米国がある北を目指して歩いていた。2日午後、メキシコ南部のシウダーイダルゴ郊外。隣国グアテマラから10キロほどメキシコ側に入った国道沿いで、約2千人の移民に遭遇した。

 トランプ米大統領が「犯罪者の集まり」と根拠を示さずに連日批判する「移民キャラバン」の一団だ。10月13日に中米ホンジュラスを出た先頭集団はすでにメキシコ中部にさしかかり、また新たな移民がメキシコに入ったところだった。

 気温は30度を超え、照りつける日差しが痛い。汗が噴き出し、1時間も歩くと頭がぼんやりしてきた。移民たちは疲れていた。汗を拭いながら、口も利かずに歩き続けている。小学生ぐらいの子どもの姿も目立ち、まだ歩けない子を肩車した父母もいた。

 しかし、悲壮感はなかった。「…
https://www.asahi.com/articles/ASLC34GJRLC3UHBI02B.html


この先を読みたければ、我が社に「個人情報と金を出せ」という記事なのでここまでの記事。

しかし、尻切れ蜻蛉の様な引用最後の部分は・・・「さすが朝日新聞」「相変わらず」という印象の記事であり、この様な記事が「フェイクニュースの根源」と思う。

それ以上に思うのは、結局のところ朝日新聞、または日本の既存の報道機関は「国境をなくせ」「誰もが他所様の土地や住居に無断で、かつ土足で自由に出入りできる様にしろ」と言いたいのであろうかね?

ならば、馬鹿なことを記させてもらうが・・・朝日新聞社の社屋内に誰もが自由に出入りできることから始めたらいかがだろうかね?

あれだよ、玄関先だけです、ということじゃないよ。入館証の手続きも行わず、かつ社長室とか、社にとって本当に需要な社屋の施設にも、外部の人間が誰もが自由に入れる様にするんだよ。

当然、その様な方々が社屋内で使用するであろう、光熱費等々の負担は新聞社が支払うのは当然だし、物がなくなった、ということになっても被害届なんざだしちゃダメだからね。ついでに、発行する新聞も無料で配布したら良い。発行部数だけは増えるし残紙もなくなるんじゃないの?


おまけ・・・日本の故事には・・・

「軒を貸して母屋とられる」

・・・というのがあります。

日本の既存新聞テレビの横並び朝日新聞的報道に、ご用心、ご用心。


どこかのパヨクの様に「何が無くても反対」「ともかく反対」「反対することは正義」と言う事を記すつもりはない。

ただ、制度運用に関して疑問を抱いた。

チト小金が入ることになり、その手続きを行う際に「マイナンバー」の提出というか、「マイナンバーを教えてください」と言われた。まあ、色々なことがあって「所得」等に「紐付け」を行い、犯罪やテロ組織への資金にならない様に・・・という趣旨は理解できる。だから、マイナンバーを教えて欲しい、ということまではわかる。

しかし、運転免許証の写しや、書類等にマイナンバーを記した他に、そのマイナンバーが記された「マイナンバー通知書」または「マイナンバーカード」「マイナンバー証明書」の写しを寄越せ、と言われた時には少々面食らった。

だって、マイナンバーが割り振られ、その割り振られた個人が適切に管理していれば、マイナンバーのみで個人が確認されると思っていたからだ・・・

そして、その様な個人情報の写しを何枚も添付したら、逆に個人情報の流出に繋がりはしないのか?と思う。写しにしたって、少し古くてデジタル機能が搭載されたコピー機は、何をコピーしたかが残るからね。

個人情報を扱う側・・この場合は「金融機関」や「雇用主たる企業」等になるだろうか?・・は、その負担は大きいと思う。実際、私の手続きを行ってくれた方は、「本当大変です、個人情報が記入された書類等を社に持ち帰るときは、極端なことをいえばトイレにもいけないですからね」と言っていたよ。


今は些細なことでも「コンプライアンスが〜」「お前らに落ち度があり、責任が〜」と直ぐに大騒ぎになる時代。しかも既存の新聞テレビは、自分たちも個人情報を扱う側なのに・・他者の落ち度に関しては、死者が出るまで叩く。

そんな時代であるのに、いくら仕事というか、個人情報を取得し扱える、と雖も、これでは「マイナンバーの意味がない」と思うし、個人情報を実際に扱う末端?の社員・職員の方々の負担が増すばかり、と思うのである。


ともかく、情報の流出、漏洩を考えた場合、いま記したことは「合理的じゃない」と思う。いや、すでに私のも他の人のも「マイナンバー」は、制度が始まった途端に邪な考えを持つ連中に漏れている、しかも個人が特定される様な形で漏れている、と考えざるを得ないし、それを扱う現場の負担が大きすぎる、と思う。




しかし、個人情報が〜、マイナンバーが〜、と大騒ぎしていた側は、現場負担という観点で「反対」と言えばよかったものを・・・クソッタレの思想心情・信条のみで「反対」と騒ぐから誰も賛同しないのだよ。

もっと言えば、いかに労働者の味方と謳っていようが、その現場労働者の労働環境を全く考慮していないのが、労働者の味方の正体だし、世の中のことを全く知らん「労働貴族」ちゅうこった。


都内でも8月、落雷で約1万5千軒が停電。28年10月には、送電用ケーブルの火災で都心の約58万6千軒が停電し、世耕弘成(せこう・ひろしげ)経済産業相が「東京五輪を控え、今回のような事態を2度と起こさないように」と東電に求めた。

【変電所トラブル原因か 東京都内の停電】より


経産大臣が東電に対して引用記事に記されている様なことを求める、というのは理解できるよ。

しかしさ・・・その東京五輪が開催される年には、電力の完全自由化、発送電分離も始まるんだよね。それを考えるとさ、なんだかな〜、と思うよね。

その点の危惧というかさ、課題というのをなんで既存の新聞テレビは報じないのかね?

そうでしょ?

右的報道機関も、左的報道機関も、皆横並びで「再生可能エネルギーマンセー」「電力自由化マンセー」ばかりを報じるし、左的報道機関なんざ、事あるごとに「国が〜」「政府が〜」「横暴だ〜」「アベガ〜」と大騒ぎするのに、この電力のことに関しては「国マンセー」「政府マンセー」「横暴マンセー」「アベマンセー」だもの・・・

まあ、連中・・すなわち既存の新聞テレビちゃ、広告収入が無ければ大変なことになることもあるとしても、持ち上げるだけ持ち上げておいて、何か大きな問題でも起きれば、平気で多くの人達を「奈落の底」へ突き落とすのが本来の商売だから仕方がないか?