これらの動画での訓練をどの様に解釈するかは自由。

しかし、この様な動画を誰もが見ることができる、ということが色々な意味で重要。

なおオマケとしてチト長いが・・・次の動画も貼っておく。



スポンサーサイト




好むと好まざると・・・ということなんでしょね。


しかし、動画の英語でのタイトルを見ますと、少し穿った見方をしてしまいます。

だって、この訓練に「マレーシア」が参加してんですから・・・・まあ、基本マレーシアは「独立国」でありますから、他国からの「内政干渉」とも受け取れる対応を突っぱねる権利があります。しかし、それだけじゃない様な感じがしてなりません。

動画の様な訓練もそれを「表している」のではないでしょうかね?

そして、東シナ海、南シナ海、マラッカ海峡は今一番「ホットな地域」なのでありましょうな〜・・・

中国 拘束の日本人「国家の安全に危害与えた疑い」
7月29日 20時26分

今月、中国を訪れた日本人の男性が現地の捜査当局に拘束されていることについて、中国外務省は、29日、「国家の安全に危害を与えた疑い」で、関係部門がこの男性を調べていることを明らかにしました。
関係者によりますと、拘束されているのは、東京に本部がある日中の交流団体の関係者の男性で、今月11日に中国に入国したあと連絡が取れなくなりました。その後、中国の捜査当局から北京の日本大使館に「身柄を拘束している」と連絡があったということで、スパイ行為に関わった疑いが持たれている可能性もあるとみられています。

これについて、中国外務省の陸慷報道官は、29日、NHKの取材に対し、「国家の安全に危害を与えた疑い」で、中国の関係部門がこの男性を調べていることを明らかにしました。そのうえで、「この件については、中国側はすでに日本側に通報した」としていますが、具体的にどのような言動が問題になっているのかは明らかにしませんでした。

中国政府は、おととし、反スパイ法を施行し、スパイ組織に属していなくても海外の組織や個人が国家の秘密や情報を盗んだり、探ったりすれば、スパイ行為に当たると定めるなど、外国人の国内での活動への監視を強めています。

去年5月以降、スパイ行為に関わった疑いで合わせて4人の日本人が拘束され、このうち上海で拘束された女性が今月までに起訴されたことが新たに分かり、起訴されたのは、合わせて2人となっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010614181000.html


と、「中国共産党様のNHK」が伝えている。

残念な話であるが、これは警告であり脅しである。そして中国共産党自ら「日本人は中国から退避してください」「中国に在留している日本人の保障は出来かねる」と言っているのだろうと・・私個人としては考える。

ということで、中国から一刻も早く脱出した方が良いし、中国に行かない方が「得策」と思う。

【北朝鮮拉致・許しがたいレベル】横田夫妻と「文春」をも騙した議員・有田芳生の“黒すぎる根回し”全貌!
2016.06.10
http://tocana.jp/i/2016/06/post_10003_entry.html


このリンク先の記事に記されていることが本当なら・・・「選挙のための売名行為、正義の味方面」もあろうが、「北朝鮮の代理人(工作員)」と呼ぶのが本当のところじゃね?

参考リンク
http://dogma.at.webry.info/201305/article_1.html

【サヨク速報】横田滋・早紀江夫妻、文春のひ孫らの写真は特定日本人の有田ヨシフ先生が勝手に出したと声明
http://hosyusokuhou.jp/archives/47749217.html


これも「あかん」でしょ?

というか、このようなことも含めこの有田某のネットで知り得る情報からでも、有田某という人物が「北朝鮮の代理人(工作員)」ということは、一目瞭然じゃないの?

しかもさ、利権化していることも伺えるよね。そうでなきゃ、自民の「ヘイトナンタラ法」に関しての意見への「チンピラ対応」はしないよね?

そして、現政権も自民もこんな野郎を「窓口」にしなきゃならないって、情けないと思わないのかね?

こんな野郎を「窓口」にするのなら憲法改正し自衛隊を「国軍」にした方が私は上策と思うけどね〜・・・