FC2ブログ

次の動画も、非常に衝撃的な事が映っている。その事をご了承していただきたい。そして再生時間が、40分弱という長尺の動画。





如何だったでしょうか?

警官に銃で撃たれた方のシーンも衝撃でしたけど、その後の・・11分48秒辺りから・・銃を発砲した警官の姿が、それ以上に衝撃です。

なお、動画の説明によれば、この事案で警察官が訴えられました。その職務執行が「適正であったか」という事で・・・

詳しくは、リンク先で動画説明を読んでみてください。ただし、英文なので、英文がわからない方はネットで翻訳してね。



スポンサーサイト

【外交による解決と聴くと、現代人たちは、その中でもとくに日本人たちは、平和裡に話し合った末の解決と思ってしまう。だが、軍事力を使って脅した後で握手する、というのも外交である。いや、それこそが最も有効な外交であることは、歴史が証明してくれている。なぜなら人間とは、理で眼を覚ます場合は少ないのに、武力を突きつけられれば眼を覚ますものだからだ。】
塩野七生著『ローマ人の物語 悪名高き皇帝たち』より抜粋引用。


【「強国とは、戦争も平和も、思いのままになる国家のことであります。わがヴェネツィア共和国は、もはや、そのような立場にないことを認めるしかありません」】
塩野七生著『海の都の物語 5』の中から 第十一話二大帝国の谷間で より抜粋引用


 
【ジョヴァンニ・ダーリオは、外交官生活の間に職務として送った数々の報告書の一つに、次のような一文を記している。
「良識とは、受け身に立たされた側の云々することであります。反対に、行動の主導権をにぎった側は、常に非良識的に行動するものです」】
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から第二の人生より抜粋引用。


まあ、直接的武力が打つかる戦争をしたい、と考える方はいまい。いないと信ずるが・・・しかし、現代の国際社会も引用文の様な感じでしょ?

確かに、条約がどうたら、という考え方もあるし、それを遵守するのは「当然」なのだろうけど・・・そりゃ戦争も平和も、思いのままになる国家に、行動の主導権を握られているからさ。

そんな国に囲まれ、戦争も辞さない、というハッタリも言えない日本が、国内でしか通じない「法理」とか「憲法が〜」等々の難しい事を言っても始まらないのさ。


「菅さんの顔を潰せない」 長期政権、官から広がる忖度


このリンク先の記事は、朝日新聞社へ「金」と「個人情報」を提出・提供しなくちゃ、記事全文を読めないのだけれど、記事見出しが「如何にも朝日」という感じがしてね。

そして、その記事を読んだ「反応」というのだろうか?Tweetでの反応を見ると、「相変わらずの反応」ばかり。

それじゃ、「チミたちは、所属している組織の上司とか、お得意様に対して同じ事が言えるのかね?」と思うのだけれど・・・

以前のエントリにて、町内会で「何かと言えば文句しか言わない」という人物の話をエントリしたが、それと同じに見えて仕方がない。

違う言い方をすれば、違う形の「忖度」を朝日新聞社やその新聞の主張や論調に、Tweet等で「そうだそうだ」と言っている方は行なっているわけさ。

以前エントリした町内会の人物もそれのわけ。自分がやりたいことに周りが忖度するのは当然、と考えていて、その忖度が周りからないから、訳のわからん事を言い出し、自分の言っていることこそ「正しい」「正義だ」とやるわけよ。

で、省庁の監督官や上司は、選挙にて選ばれた「国民の代表」な訳だからね。省庁職員が忖度しちゃうのも仕方がないのだよね。朝日新聞社やその取り巻き?太鼓持ち?たちは、民主主義が〜、と喚くけれど、その民主主義の最たる方法で選ばれた国民の代表が省庁の監督官・上司なのだから、省庁の職員たちは「畏る」のは当然だよね?だもの、ついつい忖度しちゃうよね。

というか、そんなことよりさ、民主党政権時の反省を「忖度が〜」と大騒ぎしている側はするべきじゃね?

あの政権登場、登場後の「デタラメ」「混乱」等々を考えると、あの政権こそ「忖度」ばかり、しかも「悪い忖度」ばかりで、朝日新聞社を始めとしたマスメディアの民主党への異様な忖度とそのマスメディアに忖度したバカどもが、民主党という裸の王様をつけ上がらせてしまったのだから・・・


で、チト話は変わるけれど、日本維新の会のロシアへの異様な忖度は何なんだろうね?そして、維新の会への一部政党とメディア等の忖度も異様だよね?


本日の「剣璽等承継の儀」「即位後朝見の儀」をテレビ中継を通して観ていた。

今じゃ、ものすごく評判の悪い「NHK」のテレビ中継を・・・

その中で、皇位継承問題、女性天皇という選択肢、ということをNHKは、専門家と称する人物から語らせていた。

その内容を耳にして、「なぜ憲法改正という選択肢はないのか?」と私は思った。

そこをNHKは巧妙にはぐらかすのである。いや「現憲法は神聖にして犯すべからす(侵さず)聖典」という雰囲気を作りだそうとしている。

現憲法下では、皇位継承問題、天皇という存在とお立場、というのは解決できない、と私は思う。


なお、明後日5月3日は「憲法記念日」である。今回の歴史的な行事のことも考え、現憲法のあり方を考えてみたら如何だろうか?



日経新聞によると、同社のHV関連の特許数は約2万件存在するそうで、開放予定の特許はモーターや電力変換装置、バッテリー関連など、HVの基本性能を左右する最新技術の大半が対象になる模様。

EVの本格普及に向けてはバッテリーのコストや航続距離、充電インフラの整備など課題が多く、EVが世界の自動車販売台数に占める割合は2030年時点でも1割程度に留まるとの予測も有るようで、トヨタでは当面はハイブリッド路線が現実的と考えているようです。

【トヨタがハイブリッド技術の関連特許を無償開放。その理由とは?】より


おお!!流石はトヨタ、太っ腹ですね。

社会貢献とか、これからの自動車産業、強いては日本も含めた世界規模の経済活動のことを考えれば「英断」と思いますよ。

思いますが、次の引用Tweetの様な事も絡んでいるのでしょうねぇ〜・・・


メルマガでお知らせした重要情報 5月には新COCOMともいえる ECRA が始まります。 先端技術などの分野で、米国技術とそれを基にした製品を中国に輸出できなくなる。 人への再輸出(技術供与)も出来なくなるので、中国人の採用や大学での共同研究が出来なくなります。
7:55 - 2019年4月3日
https://twitter.com/daitojimari/status/1113454885477814272


米国が基本特許を持つ分野やその応用分野すべてが 対中禁輸(日本や第三国からの再輸出を含む)になる予定 これはヒトへの供与を含む、すでに米国の大学は中国人研究者の排除を初めており、日本もその対象になる。守らなければ二次的制裁 銀行口座凍結や廃止の対象になりかねない。
8:05 - 2019年4月3日
https://twitter.com/daitojimari/status/1113457482100146176


で、引用Tweetの視点からすれば、日産・ルノーの「ゴーン売り」「チクリ」も頷ける様な・・・・