> 10年位前までののサッカー国際試合では日本選手は国歌を歌いませんでした。それを見た櫻井よしこさんが歌ったのはサントスさんだけですね、と苦言を呈しました。国旗国歌には後ろを見せるのが世相だった時代です。自衛隊にも同じことが言えるのではないかと思います。今では選手は自信をもって歌っています。スタンドでは日章旗や旭日旗が振られています。


これ、先日エントリした【この時期だからこそしっかり広報したほうがよろし】に相模さんからいただいたコメント。

このコメントに対し私は、2002年に開催されたワールドカップが契機になったのでは?と返事コメントを記した。

あのワールドカップの開催は、まさしく「劇的」であった。なんせ、サッカーに興味もなかった方々が、一夜にしてサッカーファンになった、と言っても過言ではないのだから・・

そして、あの様なサッカーの国際大会、国際試合で、試合前に必ず選手とともに入場した「国旗」に正対し、「国歌斉唱」をする映像は、それ以上の衝撃を日本人に与えたのではなかろうか?

「愛国心」という大層なことを言うつもりはない。しかし、世界的な、国際的な常識では、自国の国旗・国歌を敬う、と言うことをあの大会で初めて知った日本人も多かったはず。

戦後のある時期からの日本は、国旗・国歌に関してだけは・・世界の常識、日本の非常識だったのである。



スポンサーサイト

我が在所の「選挙管理委員会」から【衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査に関するお知らせ】と言うものが配られた。

そのお知らせには合わせて【期日前投票宣誓書(兼請求書)】というのも一緒に配られた。

随分気合が入っとるワイ・・・とそれを見たときに私は思ったのであるが、ハテ?今までこの様な「お知らせ」や「期日前投票」に関するモノを各家庭に配布したことがあったろうか?

しかし考えてみれば、選挙権年齢が引き下げられた後に行われる総選挙である。その点を考えれば、選挙に関心を持ってもらいたい、と我が在所の選挙管理委員会が考えていてもおかしくはあるまい。

ただ、この様な「お知らせ」等を配布する前に、投票所入場券を早く配布すべきだろうし、選挙公報も早く配布しろ、と思うのだ。

まあ、今回の総選挙は、選挙告示直前に新党が誕生していることを配慮すれば、致し方がないのかもしれないが・・・しかし、期日前投票ということを考えれば、立候補者や政党が何を主張しているのかわからずに「投票」ということになる。

期日前投票はそれを助長している、と思っている自分がいる。

ここら辺をね、選挙管理委員会というか、投票率を上げることを考えているというか、そんなことを思っている大人たちは考えて欲しいと思うのだ。


もう少し付け加えておくと・・・

選挙権を得て数十年も経っている大人たち世代は「当たり前」と思っていても、初めて選挙権を得た世代は「当たり前じゃない」ということなんだ。

ましてや、その選挙権を得る年齢が、18歳からとなると・・・今現在は「子ども」として扱っている年齢でしょ?

現代の子供たちが、いくら「耳年増」と言っても、社会に出て数十年も経った大人とは経験値が違うからね。いくらネット等の情報伝達が進歩しようが、この差は大きいと思うよ。








以前もエントリしたが、ほんと自衛隊・防衛省は広報活動が下手だわ〜・・・

最初の動画は、ジブチに駐屯する各国の軍が共同・協力して、非戦闘員を退避させるための訓練の模様。

二番目の動画は、以前この拙ブログでもエントリした、オーストラリアで行われた米・豪・ニュージーランド軍との合同演習の模様なのだが・・・漸く陸自の公式チャンネルで、その演習の模様の動画が公開された。


ある意味、この時期だからこそしっかりと広報したほうがよろし。









平成7年、または平成8年と言うことを考えれば、新聞テレビの若手記者諸氏の多くが、動画に映し出されている政党が、かつて日本に存在した、と言うことを知らなくても仕方がないかもしれません。

しかし、あの当時「若手」と呼ばれていた方々の多くは、今現在ある程度の地位?にあるかと思います。その方々は、今の若手に、動画の様なことがあった、しかも今現在の、政治に関する大騒動となんら変わらない、と言うことを教える義務があるのではないでしょうかね?

いや、かつて存在した政党誕生時に、既存の新聞テレビは諸手を挙げて、この政党を持ち上げていたことを若手たちに教える・伝える責務があるのではないのか?


もし私が今、辻元さんだったら。朝起きて身ぶるいした。怖いねぇ!
でも、無所属じゃ仕事できねぇ、議員にならなきゃ仕事でなかねぇ、安倍倒すしかない、だったら今は希望の公認しかない。身ぶるいしながら私は辻元さんのどんな決断も責められないと思った。国会で仕事してほしいから。
辛いねぇ。

-----------------------------------------------------

「誰知明鏡裏 形影自相隣」。いまの思いです。まずは安倍政権を終わらせましょう。10月23日の朝、退陣記者会見を実現することが「短期目標」ではないでしょうか。あとひと月もありません。まずは現代版「国共合作」です。



これは、ある反日・反社会・反国家主義者のTweetと、その反日・反社会・反国家主義者から支援されている?行動を共にする?民主党改民進党所属の現役国会議員のTweetである。


こんなのを知ると・・・今般誕生した新党は「信用ならない」と思ってしまうのは私だけであろうか?