トルコの地上部隊がシリア領内に進軍、首相が認める
2018年1月21日 22:22

【1月21日 AFP】(写真追加)トルコ軍の地上部隊が21日、シリア国境を越えてアフリン(Afrin)に進軍した。トルコのビナリ・ユルドゥルム(Binali Yildirim)首相が明らかにした。トルコ軍は前日からシリア北部のクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」の排除を目的とした空爆と地上作戦を開始している。


〜以下略〜




トルコ軍、シリアへ越境攻撃 クルド人勢力との交戦続く


これが「世界では〜」の現実だよ。



スポンサーサイト

次の動画を見ますとね、エントリタイトル通りの感想ですね。



ご存知の方はご存知のことかと思いますが、陸自だけじゃなく、海自・空自の一般的隊員というのは、「拳銃」を装備として支給されません。まあ、その任務等の違いで支給・使用ということもありますが、基本は「小銃のみ」であります。

この動画に出てくる部隊は、西部方面普通科連隊で水陸機動団(自衛隊版海兵隊)ということもありましょうが、こんなことは「あり得なかった」と思います。

しかも、薬莢等の紛失等のことを考えることもなく、バンバン撃っている。後で、回収できる分は回収しているでしょうが・・なぜ、薬莢を回収するのか、といえば、「員数確認」と「事故防止」というところが大きいのですね。狩猟や射撃を趣味にしている方や、ガンマニアの方ならばご存知でしょうが、金属製薬莢は市販されている工具を使うと、案外簡単に再利用できますからね。

そして、「空撃ち」での訓練も徹底的に行ってきたんだろうな、と・・・


なお、以前も記していますが、防衛省・自衛隊は「なんだかんだ言われても積極的に広報をすべき」と思います。

この様な広報動画が、国民の自衛隊の活動への理解、自衛隊に使われている「税金・予算」への理解、そして何と言っても、ある意味「抑止」に繋がるのですから・・・



イメージ取り込み 1798


この画像ね、次のリンク先から拝借したものだけど・・・



如何だろう?

実際の「映像」というか、その様なものを拝見していないので、なんとも言えないのだが・・・忖度というべきか?ニュアンスというべきか?そんなことからすれば、「暴力事件・傷害事件が発生したならば、警察(法律)よりも身内での処理(仲間内での決め事)が最優先」という感じに読み取れるのだが・・・

申し訳ないが、現日本相撲協会は「公益財団法人」なんだよね。仮にも「公益」が付く団体が「刑事事件を、警察(法律)より身内の事情(仲間内での決め事)を優先」とも受け取られかねない発言は、如何なものかと思うよ。

そうでしょ?

仮に、渦中の傷害事件が死亡事件になっていたら「まずは協会にお伺いし、計ってから」とは行かないでしょ?

そして、その様な体質というか、組織ということならば、評議員は「正すべきところは、正しましょう」「正します」と公言すべきではないのですかね?いや、そのための「評議員」では?

渦中の傷害事件をめぐる「処理」等で、どちらに非があるのかわからないけれど、そんなことだからますますゴタゴタするんじゃないのかな?と思いますが・・・


「慰安婦合意検討タスクフォース」の検討結果発表について
(外務大臣談話)
平成29年12月27日

1 本27日,韓国外交部長官直属の「慰安婦合意検討タスクフォース」が,平成27年12月28日の慰安婦問題に関する日韓合意についての検討結果を記載した報告書を発表しました。同報告書は,合意に至るまでの韓国国内における交渉体制や合意の内容について批判するものであり,既に両国内で履行されている合意につき疑義を呈するような考え方が韓国政府に対して示されました。

2 一昨年末の日韓合意は,民主的に選ばれた日韓両首脳の下で,外交当局間の局長協議を含め,あらゆるレベルで努力を行った末に,当時の岸田文雄外務大臣と尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官が,慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認し,共同記者発表において表明したものです。また,同日に行われた首脳電話会談でも「最終的かつ不可逆的」な解決を確認しており,この合意は両国首脳間の合意でもあります。この合意は,両政府間において正当な交渉過程を経てなされたものであり,合意に至る過程に問題があったとは考えられません。

3 日韓合意は,両政府間の合意であるとともに,国際社会からも高く評価されたものです。今般の報告書には,韓国政府の日韓合意についての立場は含まれていませんが,日本政府としては,韓国政府が同報告書に基づいて,既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば,日韓関係がマネージ不能となり,断じて受け入れられません。日本政府としては,韓国政府が合意を「最終的かつ不可逆的」なものとして引き続き着実に実施するよう,韓国側に対し,強く求めます。



民主的に選ばれた・・・というところが良いですね。いや「マトモ」「普通」と言いますか・・・漸く、そんな外交姿勢ができる様になった、という感想ですね。

とは言え、まだまだ「課題」は多いでしょうが・・・・

でね、この様な事実と言いましょうか、政府とか行政から出る「発表」と言うものを、常々記しておりますが、既存の新聞テレビを通さずとも、私の様な「名もなき」「無学」「低学歴」な者でも簡単に知ることができるわけですよ。だから、新聞記者とか、報道記者が、個人的な感情で持って「有る事無い事」織り交ぜ「新聞記事」「ニュース原稿」を書いて垂れ流す、と言うことはできなくなったんですよ。そして、そんなことをすれば、すぐにバレるんですよ。







これらの動画は、チト古い動画・・・動画タイトルでわかるように「強襲揚陸艦」と呼ばれる、一見「空母」のように見えてしまう「艦船」

しかし「空母」じゃない・・・ここら辺のね、軍や軍艦等のカテゴリーの違いは、ミリオタさんたちに任せるけれど・・・日本が「必要?」と私が思っているのは、この手のタイプの艦船。

特に、二番目の動画でわかる様に「ウェルドック」と呼ばれるものが装備されている「船」

そして最も重要なのが、このような船を「統合的に運用できる」こと。


これを理解して「空母が〜」というべき。