FC2ブログ

次の様な画像に記されてることを知るとさ、「差別が〜」「人権が〜」と大騒ぎしている輩の、本当の姿、というのがよくわかるよね。


イメージ取り込み 1826


この様なことを発してしまうのならば、新型コロナウイルスに関し「従業員の安全を守れない、と判断しましたので、中国人お断り、とします」と示した方がスッキリするよ。

大体さ、個人情報保護法でしたっけ?その様な法律もあってさ、簡単に個人情報を公にできないわけでさ、しかも「隔離入院治療」ということでさ、一個人に関する「あらぬ風評」が出ない様に、という措置なのにさ、「コロナウイルスお忍びで来た」と県議(政治家)が言ってしまうのだから・・・しかも、その言い方はおかしいだろ、あらぬ風評を撒き散らす気か、と言われた途端、言論の自由だ、表現の自由だ、と開き直る。

こんなだから、大上段に「差別がナンタラ」「人権がドウタラ」と振りかざす輩は信用されないし、嫌われるんだよな。

ともかくさ、いくら地方自治体の「県議」と言えども、公党である「立憲民主党」に属しているわけで、しかも「県連会長」なわけで、立憲民主党の総意として「あらぬ風評を撒き散らす」「差別や人権侵害を助長する」という政策・方針、とわたしゃ受け止めるよ。

そして、以前のエントリにも記したし、かつ言いたくは無いけれど、「無知は罪だわ」としか言いようがない。

そうじゃない?

画像記事に記されている県議が、本当はどこの出身・・東京生まれの東京育ちでも、他の地方自治体の首長や県議になれる・・・なのか知らないけれど、県議が発してしまった様なことに、最も苦しんでいるのが県議の自治体なのだけどねぇ〜・・

それすらも知らない、としか言えないもの・・・だから「無知は罪だわ」というしかないでしょ?




スポンサーサイト



今日10時24分から11時12分、予算委員会で、新型コロナウイルス対策、クルーズ船対応の問題点、桜を見る会などを予算委員会で質問します。テレビ中継はありません。
https://twitter.com/yamanoikazunori/status/1229896388156129281


以前も記したかと思いますけれど、議員も「ある意味、人気商売」でありますから、「テレビ中継はありません」と言うのは、仕方がないのかもしれません。

しかしねぇ〜・・・・

それじゃ、テレビ中継があるときは、自分たちのワガママ、駄々っ子状態の姿を、国民有権者、視聴者の前で披露する、と言うことなのでしょうか?と言いたくなります。

そうではありませんかね?

そして、国会での議事というのは、ネットを介して誰もが見ることができることも知らないのですか?

そんなことだから、特定野党と言われるのだし、あなた方は「非常に無責任」「不必要」「ただただ、害を撒き散らすだけ」と、国民有権者から言われるのではないのですか?



おまけ


新聞もこの期に及んで「野党は『虚偽答弁ではないか』と反発」という書き方をするのは止めるべきです。「反論する物証を提示できない以上、首相の虚偽答弁であると推論するのが当然である」と書けばいいじゃないですか。主語を新聞本体として知性を使って推論することがどうしてできないのか。
https://twitter.com/levinassien/status/1229911261355237376


そりゃ、バカだからに決まっているではないですか?

いや、あなたの様な方が、新聞テレビはバカであるべきだ、と言い募っていたのではないのですか?

しかも新聞テレビはおろか、あなたが支持?している、特定野党やその議員も新聞テレビを真に受けてしまい、馬鹿しかいないでしょ?



政府、水際対策で異例の措置 入国拒否、厳格化要求も―新型肺炎
2020年02月13日07時05分 

 政府は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、入国拒否の対象を拡大する手続きを簡略化した。現行制度の「限界すれすれ」とも言える異例の措置だが、与野党からは一層の厳格化を要求する声も漏れる。

 政府がこれまでに入国拒否の対象としたのは、(1)過去2週間以内に湖北省に滞在(2)同省発行のパスポートを所持(3)クルーズ船「ウエステルダム号」に乗船―のどれかに当てはまる外国人だ。いずれも国家安全保障会議で確認した上で、閣議了解の文書に明記してきた。

 新たな手続きでは、対策本部に報告して公表するだけで、対象を拡大できるようにした。政府は12日、この手続きを早速活用し、過去2週間以内に浙江省に滞在するなどした外国人を入国拒否の対象に加えた。
 特定地域への滞在を理由にした一連の入国拒否は、日本では初めてのケースとなる。政府関係者によると、法務省は当初、法的根拠がないと反対。これを首相官邸などが押し切ったという。
 根拠としたのが出入国管理法5条1項14号だ。5条1項は外国人の入国を拒否できるケースを列挙し、14号は「日本国の利益または公安を害する行為を行う恐れがある」場合を規定する。本来はテロリストなどへの対応を想定したもので、感染症が疑われる外国人への適用はいわば「禁じ手」(政府関係者)だ。
 感染者の発生が疑われたウエステルダム号への適用に関しても、政府高官は「すれすれの対応だった」と振り返った。出入国在留管理庁によると、今回の措置により入国を許可されなかった外国人は、11日時点で65人に上る。
 一方、与野党はさらなる対応を求めている。自民党は既に、入国拒否対象地域の拡大などを柱とする提言をまとめ、安倍晋三首相に申し入れた。国民民主党の泉健太政調会長は12日の衆院予算委員会で、中国全土からの入国を拒否する米国などを念頭に、「なぜ湖北、浙江の2省だけなのか。何に配慮しているのか」と疑問を呈した。


「政府関係者」とか「政府高官」という「匿名」を使用した記事でありますので、どこまで信憑性が、と言われればそれまでですけれど、このような政府判断?総理判断?をせねば、危機に対処できない、というのは如何なものか?と思いますし、それじゃ「あの悪名高きヘイトナンタラ法に記されている本邦外出身者云々」という線引きはナンジャラホイ、と思ったりします。

まあ、法務省にしても、厚労省にしても、「絶対平等だ」「何においても人権が〜、優先」という事があるのでしょうし、現安倍政権も「日本は開かれた平等社会である」と常々国際社会に対しても言ってきましたから、この引用記事の様な事なのでしょう。

で、問題は「後手、後手」と言われるようなことしかできない。または「政府判断」とか「総理判断」という形で「法解釈」「法運用」等々を変えざるを得ない、ということでありましょう。


まあ、常々記してきましたが、立法府が・・・


安倍総理「辻元清美は最後に『頭から腐ってる』と政策と関係なしに罵詈雑言を繰り返してた。それに対して反論させず質疑を終えたので『こんなやりとりでは無意味』と申した。国会は質疑の場であって一方的に罵る場でない」

安倍総理のド正論。
国会は議論する場であって誹謗中傷する場でない


【正に読心術】辻元清美「国民投票で否決されれば社会的にも国際的にも自衛隊の正当性を低下させる懸念があるので国民投票は非常に怖い」総理「辻元さんが国民投票が怖い気持ち良く分かります。恐らく辻元さんは国民の合意を得るのが怖いのでは。だから国民投票に反対してると私は思う」

正解だと思う


・・・と言うことばかりに、ご執心、執着している様でありますから、仕方がないのかもしれません。


いや、特定野党の「反安倍」と言う、目の前の危機そっちのけで異常なまでの「執心、執着」は、結果的に「安倍総理自身、安倍政権」を応援する事になっている事に気がつかないのですから、相当の「バカ」でありましょう。



追記

インフルエンサーという言葉が、少し前に若い世代で言われていて、新聞テレビ、特にテレビの深夜帯の若者?向けの番組等でも言われていたような・・・

で、インフルエンサーというのは、「影響のある人」のことを指し、毎年流行する病気の「インフルエンザ」も、世の中に影響を与える病気ということで「インフルエンザ」と呼ばれる。そして病名として「インフルエンザ」が定着?定義?されてしまったものだから、医療関係者の中にも「頓珍漢」なことをいう方もいるようで、その頓珍漢な事が、感染症全般に関して「適切な対処法」への誤解を生んでいるような感じがする。

で、新型コロナウイルスも、その実態というか、本当のところはどのような特徴なのか等々はまだ不明なのであろうが、インフルエンザと呼んでもおかしく無いだろうし、「スペイン風邪」ならぬ「武漢風邪」「武漢肺炎」と呼んでもおかしくはあるまい。

なお、「スペイン風邪」は、その感染情報が初めて出たのが「スペイン」だったので、「スペイン風邪」と呼ばれるようになった。しかし流行源は米国だったとか・・・そう言えば「アジア風邪」「香港風邪」とか「ソ連風邪」と呼ばれた大流行もあったね。

なんか、大陸ってのは「未知なる病原体、細菌、ウイルス」の宝庫なんですかね?


安倍首相のやじで与野党が協議へ


立法府内の「決め事(法律)」があって、ヤジに対する事に対処?対応?するのも結構。しかし、NHKの報道を見たって、野党側が「ごねている」「予算審議を人質にして職責放棄の言い訳にしている」としか映らん。

確かに、総理の発した「ヤジ」というものは、褒めれれるべきことじゃ無いのかもしれない。しかしね〜・・・

安倍首相 「質問は ばり雑言」 辻元氏「撤回と謝罪を」

・・・という報道を見れば、または予算委員会の質疑の模様の映像を見れば、野党側の質問ちゃ・・・「ただのインネン、誹謗中傷」を捲し立てているだけ、という事がわかる。

そんな質問とも呼べないことをしていながら、糾弾だ!謝罪しろ!では、野党を交えた会議なんぞ無理だろ。

というか、これは与党にも言えるのかもしれないが、それこそ国会の予算委員会(予算審議)というのは、衆人環視(テレビ中継)のもとで行われているわけだ・・・そうでなくても、国会で行われている「各委員会会議」というものは、ネットで誰もが見る事ができる・・・そのことを少し考えたら、辻元という議員のやり方が、時代遅れ、ただのわがまま、暴力団がよくやるインネンの吹っかけかたと同じやん、と多くの国民有権者が思うことはわかると思うのだけど、既存の新聞テレビが辻元という議員のやり方を持ち上げてしまうから、勘違いするバカ(議員)が、いまだデカい顔をしていられるのだろうね。


それ以前に、辻元という議員も含めた特定野党・議員の多くは、国会議員の使命、職責を全く理解していないのだろうが・・・


おまけ






渦中のクルーズ船に、このような部隊を投入しますか?

乗客・乗員の感染の有無は別にして、クルーズ船内をくまなく「消毒」という事になりゃ、このような部隊等を投入した方が効率的と思うのですがね・・・訓練を受けていますからね。


でも、良いですか?

自衛隊といえども、他国からすれば「軍隊」な訳で、その軍隊が他国籍船に立ち入るということは、軍隊による、いわゆる「臨検」になるのですよ。これは、自衛隊の「医官・・旧軍的にいえば軍医・・」が、人道上ということで、立ち入ってもね。

というか、この様なことも含め、どうするのか?と国会では議論してほしい、と思うのですがねぇ〜・・


東〇新聞社(〇日新聞社)の対応が後手後手すぎる。ガバナンス、社員の管理監督が、機能してるのか。

社内「蜂の巣を突いた状況」 渦中の女性記者 読者、社の対応批判 識者「一社の混乱で新聞自体を完全に潰すきか」
社内有志の〇〇さん「自分がいつ巻き添えになるか分からず、不安で泣きだす人や食事が手につかない人もいる。まるで地獄だ」


・・・・というパロディを作ってみた。

次のTweetがあまりにも酷いものでね・・・いや、身の程知らず、毎日新聞との喧嘩は?と思ったものでね・・・



政府の対応が後手後手すぎる。一体指揮系統が、機能してるのか。

船内「まるで野戦病院」 新型肺炎 乗客、国の対応批判 専門家「全員検査を」
乗客有志の千田忠さん「自分がいつ感染するか分からず、不安で泣きだす人や食事が手につかない人もいる。まるで野戦病院だ」
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/1227165845257801729



・・・・何のことやら、と思った方は、次のリンク先を参照してください。

【望月衣塑子vs毎日新聞:一番悪いのは東京新聞(中日新聞)】


ちなみに、ガバナンスとか、管理とか嫌いな方は、組織とか企業に勤めない方が良い。フリーランスの方でも、組織とか企業というのが嫌いならば、組織とか企業との取引をやめるべきだ。

収入は得られないだろうが・・・自己満足だけは貫ける。

いや、広義の意味で「金を稼ぐ」「収入を得る」ということは、管理監督とかガバナンスというのがキチンと発揮し機能できないと、得られないのである。それすらも理解できないのが、他者や他組織に対して「ガナバンスが〜」とか「指揮系統が〜」と騒ぐ。

だから、新聞テレビは「無責任」と言いたくなるのである。