FC2ブログ

鳩山由紀夫元首相、熊本南部の豪雨被害で政府批判「この期に及んで人の命より大企業優先なのか」


今、子供部屋おじさん、というのが話題なのだそうだ。

リンク先の記事を読むと、鳩山さんこそ子供部屋おじさんの最たる例、と思えて仕方がない。

現にそうだったではないか?

それこそ幼子の様に自分が思い描いた通りにならないと、駄々をこね、何もかも放り投げて自室に引き篭もってしまったのだから・・・

まあ、有り余る資産があり、大企業の株主でもあるので、自室に籠ってもどうということはないのであろうが、問題は鳩山さんが日本国総理大臣であったこと。

これが、鳩山さんが何か言うたびに、元日本国総理の発言として世界中に広まってしまうから始末に負えないのだ。

しかも当人も、変にその事だけは利用している様な節があり、元総理が言っているのだから注目しないことは許さない、的な雰囲気まで出ている。

ホント、困ったちゃん、である。


スポンサーサイト



「勝手な固定観念に基づいていろいろと要求され、つらかった。人と仲よくするため無理に笑うようになり、自分らしさを見失った」と振り返ります。

今回の抗議デモを通じて、1人でも多くの日本の人にアメリカでの事件は決して「対岸の火事」ではないと気付いてもらうとともに、自分と同じような境遇の人に希望を与えたいと考えています。

【人種差別の撲滅を! 東京 渋谷でも抗議デモ】より



人種偏見とか差別とか関係なく、「勝手な固定観念に基づいていろいろと要求され」云々というのは、よくある話。ましてや子供の間では尚更で、人種とか関係なく子供が持つ固定観念でやってしまう。

それこそNHK等々の既存の新聞テレビ等が「キャンペーン」している「いじめを無くそう」に関係する話。

なのに、無理やり米国等での騒動を結びつけ、人権が〜、挙句「黒人が〜」と、新聞テレビも大々的に関与して大騒ぎ。

というかさ、教育現場(教師の間や学閥的な違いで)?とか、この様な報道を行う報道機関?等々で「いじめや差別」というのが「当たり前」として存在しているのに、何が「いじめを無くそう」とか「人権が〜」なのだか、わたしゃ全く理解できないがね。

まずは「尤もらしいことを上から目線で何時も何時も喚く界隈」からの「いじめや差別」をなくすのが先だろうに・・・

ともかく、この様な言い方が適当なのか知らないけれど、良からぬ「政治臭」がプンプン漂い、反吐が出そうになる。


そして、それ以上に思うのは、ネット上で言われているけれど、日本には「最悪な人権問題」いや「国際的な国家犯罪により、日本人・国民の人権が蔑ろ」にされている「北朝鮮による日本人・国民拉致事件」という事実、現実があるのに、既存の新聞テレビが取り上げている様な活動を行っている方々の多くは、そのことには無関心。

無関心どころか、その様な犯罪が未だに行われていることすら知らないか、無かったことにしたいかの様な行動。


米ミネソタ州のミネアポリス市議会は12日、同市の警察を解体し、コミュニティー指向の治安部門に置き換えるとする決議を全会一致で採択した。反人種差別の大規模な抗議デモで、変革を求める声が高まっていた。…


これ、AFPのTweetだけれど・・・これが本当ならば、警察の労組も黙っていないだろうし・・フランスじゃ、同じ様な理由で警官への締め付けが厳しくなった物で、警官たちがストしているものね・・・ミネアポリスから米国の「優良企業」「大企業」は逃げ出すかもね。

そして、マジで「ギャング映画、マフィア映画みたい」にさ、街の顔役の様なのが街の治安維持・・街を仕切る・・と言うことになり、今以上に「犯罪」とか、その様な物が「街公認」と言うことで、のさばるんじゃないかね?







まあ、基本他国のことだし、しかもその他国の一自治体の話だ。我々にはどうすることもできないがね。

そう言えば、米国は建国してから僅か200年ちょっとだから、欧州や日本が経験した「中世」と言う時代がないんだよな。

おまけ




また「バットマンかよ」と言う気がしないでもないけれど、この様な映画の「ヒーロー?」の出現をマジで米国民は望んでいるのだろうね。

いや、バットマンという映画で描かれている「混沌とした世界」を望んでいるのかね?

なお、前作シリーズの「The Dark Knight」と「The Dark Knight Rises」は傑作と思うよ。正義とは何か?悪とは何か?を描いている、と思うからね。


本当にバッシングをなくしていきたいと思うなら、「とりわけ女性に」などといって男女を差別したり、守るべき女性と守るべきでない女性を差別したりする、あなた方の姿勢をまず改めるべきであろう。差別の主体が「差別をなくせ!」と主張するほど、滑稽なことはない。


・・・・というTweetがあり、その批判の矛先は次の引用Tweetを発した、国会議員センセに対してであった。


木村花さんが亡くなられたことに関して心からお悔やみを申し上げます。とりわけ女性に対するバッシングをなくしていきたい。女性が声を上げたときに、インターネット上で差別や誹謗中傷が起きないように、取り組んでいきます。


センセのTweetを拝見すると、センセに対しての批判Tweetに同意する。

そうではなかろうか?

差別やら人権やらに、男も女もないのだから・・・ところが議員センセは、女性に関することとして「強調」する。

まあ、国会議員というのは、利権の代弁者、代理人でもあるから、議員センセはその利権で禄を喰んでいる方々の「代弁」をしたに過ぎないのであろう。

しかし、新聞テレビからの情報を見ていると、議員センセたちからの「他者に対しての誹謗中傷が多すぎる」と思わずには居られない。

しかも、国会での発言は「免責」ということもあってか、国会外での誹謗中傷発言すらも「免責になる」と勘違いしている議員センセが多い様に思える。

他者に対して厳しいことを求めるのであるのならば、自ら範を示さねばなるまい。

当然、これは既存の新聞テレビも同様であろう。

他者を徹底的に、かつ一方的に、新聞紙面や番組で批判すること、挙句「誹謗中傷をよしとする」様なことは慎むべきであろう、と思うが・・・

なおさ、今回の「武漢ウイルス騒動」で色々な変化が起きているわけでさ、その変化に対応できない「新聞テレビ」ちゃ、「どうしようもないわ」と思うよ。まあこれは、議員センセたちにも言えるのだろうけどさ・・・



何やら・・・・

#福山哲郎議員に抗議します

・・・と言う「ハッシュタグ」が付けられたモノが、日本のTwitterでは「トレンド」に入っているとか。

それも「興味深い」と思うことだけれど、わたしゃ次の引用Tweetに「噴いた」


ケンカになったら、ケツ拭いて下さいよ。



政治家、しかもさ「知事」と言う役職の者がさ、砕けた物の言い方、と言うことがあったとしてもさ、知事公式?と言うTwitterアカウントで堂々とTweetする事じゃなかろうに・・・と思うのだけどね。

聖人君子とか、清廉、と言うことを政治家や為政者等に求めやしないけれど、「程度が知れる」「質が悪い」と言う印象になってしまうと思うのだよね。

当然、「大阪」と言う地域の印象もね。