FC2ブログ

反対のためなら 国民・有権者も泣かす

それがどうした 文句があるか

雨の永田町 国会前

亡国しぐれか デモ囃子

今日も呼んでる今日も呼んでる

ど阿呆特定野党


[セリフ]

そりゃわいはアホやし妬むことしかできん せやかせそれもこれも 日本破壊のためや

今にみてみい!わいはまた政権に返り咲くんや

政権やで わかっているだろ パヨク諸君

なんやそのしんき臭い顔は

金だ!金だ!選挙のための金持って来んか!!


・・・・という、余興でおました。


スポンサーサイト

選択的夫婦別姓の法制化を求める請願が都議会で可決。反対は自民党だけ。国会でも成立させよう!
5:03 - 2019年6月19日
https://twitter.com/mizuhofukushima/status/1141315655506919424


「反対は自民だけだった」
「反対は自民だけだった」
「反対は自民だけだった」
0:05 - 2019年6月19日
https://twitter.com/tsuda/status/1141240645865988096


自民党を手放しで支持するわけじゃないけれど、この様なTweetは「まさしく、印象操作」だと思う。


それ以上に、なんだかなぁ、と思うTweetが・・・


山本太郎さんに対する野党側からの批判に薄々感じるのは排除の論理。重箱の隅をつつき回して、要するに自分たちの論理に意を唱える人とは組みません、という印象を受けます。純血主義は目指す多様な社会とは真逆の感性では?  今一番重要なことは何か。原点に戻って、みんなの期待に応えてほしい。
12:08 - 2019年6月19日
https://twitter.com/stellainyk/status/1141422494126989312


・・・と言うTweet。

しかもだ、いわゆる「ネトウヨ」も山本太郎議員を支持し始めている、と言うこともネットで見た。

余程「頭の良い」参謀が付いているのであろう。

まあ、極端な方向に惹かれるというのは、右も左もないのだけれど・・・。


おまけ

 【この動向が、善意から生まれ、進歩派からいいだされ、若者たちが旗を持ち、比較的にしても少産階級が温床となり、クリーンで潔白で完全主義者の人々が群れの先頭に立ち、しかも情緒的に表現しはじめると、私は怖いことになる危険を、感じずにはいられない。
 なぜなら、これらの性質を強くあらわせばあらわすほど、大衆の好意を獲得するのに容易になるからである。そして、サイレント・マジョリティと結びついた後は、全体主義は、動向から完結への道を邁進するだけである。
 コンセンサスを、ヒットラーもムッソリーニも、昨今の民主主義体制よりはよほど享受していた時期があったことを、忘れてはならないと思う。そして、全体主義下ではなぜか文化が花開かないかは、文化史上の問題だけではないということも】
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から全体主義についてより抜粋引用。


「先生と言われるほどの馬鹿でなし」

・・・ということわざがあるが、今現在は「マスゴミに踊らされるほどの馬鹿でなし」となっているのではなかろうか?

なお、次の様な言葉も考えた。

「記者・ジャーナリストと言われるほどの馬鹿でなし」

またはね、

「市民活動家・平和活動家と言われるほどの馬鹿でなし」

意味はね、記者やジャーナリスト、または市民活動家・平和活動家と呼ばれて気分を良くするほど馬鹿じゃないし、記者・ジャーナリスト、または市民活動家・平和活動家と呼ばれていい気になっている者を嘲ることを指す。

まあ、「先生と言われるほどの馬鹿でなし」の意味と同じだけどね。

それだけね、記者とかジャーナリストと称する中に、かつ市民活動家・平和活動家と称する中に、どうしようもない馬鹿が多い、ということなんだけどね。


山本太郎氏にマスコミが冷淡なのは大衆に寄り添う山本氏の存在が彼ら勝ち組の既得権を脅かすからだろう。だから「ポピュリスト」で一蹴する。これはマスコミと大衆の断絶を物語る。その中でようやく山本現象を真正面から扱う政治記事がでてきた。無視できなくなってきたのだ。
https://twitter.com/SamejimaH/status/1134622756534808576


政治記者の大半は世間の批判と上司の目を怖れツイッターをしていない。だから山本太郎現象に気づかない。「記者は現場へ」と叩き込まれたが、今やネット空間こそ現場だ。金も情報も動く。現場に良い悪いはない。そこへ身を投じず時代の空気は掴めない。記者諸氏は早く参入を!
https://twitter.com/SamejimaH/status/1135156814108975105


この引用 Tweet、大手新聞社の社員記者?社員記者を管理する管理職?のTweetなのだけど、なんか「周回遅れも甚だしい」という感じがする。

そして、大手新聞社特有?の「大衆扇動」という、戦前戦中に味をしめた事を現代でもやろうとしているのがミエミエ。

もっと言えば、戦争を煽ったのは「新聞社」・・という事さ。その時と同じ事をやろとしているのが、今現在の大新聞社。

歴史は繰り返すよね。

いや、既存の大新聞社自身、本当に「反省」ということができない証明だし、証拠だよね。


blog_import_524fd606e5559.jpg




おまけ


観光省は外国人の気持ちを分からない、外国人が何度でも訪れたくなる場所の条件:
1)外国人観光客が少ない
2)外国語看板は英語以外一切禁止
例えば中国人観光客が一番嫌いのは、1)中国人だらけの場所
2)中国語を書いてある場所
https://twitter.com/sun_koubun/status/1135143777226579970


この引用Tweetの方が、政府が掲げる「観光立国」なるものの「大問題点」を指摘していて、既存の大新聞や大テレビ局よりも「有意義」だよ。

ちなみに、おまけ引用Tweetはニューカマーの「在日中国人」の方のTweetで、中共をよく思っていない方さ。


神奈川川崎で発生した事件、被害に遭われた方にお見舞い申しげます。

で、その事件に関し・・・


川崎の路上で小学生が多数刺された。
これもアベ政治が悪いからだと言えるかも。
かつて上杉鷹山が善政をしき、若者が生活出来るよう、老人に経済が困らぬよう、その家族には支援、産業を盛んにする政策で、罪を犯す人がなくなり、牢が空になったという。
政治がよければ犯罪も起きない。投票に行こう
16:59 - 2019年5月27日
https://twitter.com/pooneco1/status/1133160751470862336


・・・と言うTweetを発する方がいる様である。


このTweetを拝見し、安倍政権の良し悪しは別にして、なんでこの様に単純なのか?と思いましたね。

それこそ「そもそも」上杉鷹山公が生きていた時代と現代は、政治の仕組みが違う。もっと言えば、鷹山公の施策は「強権で持って強制的に行えた施策」なのであり、その施策に上杉・米沢藩重臣でもない限り「異論」なんぞ農民・商人は、引用Tweetの様に言えなかった。当時の農民や商人が異論を言うとなれば、命がけだったのである。

確かに、歴史に学ぶ事が多くあるけれど、今現在の政治制度と数百年前の政治制度を同列に扱い、同じ様な視点でいう事自体、おかしな話、なのである。

いや、人の死とか、歴史等々を、自分たちが盲信するカルト宗教の布教ために政治利用してしまう姿勢は、私は「唾棄すべき」と本当に思う。


追記

今、見るともなしにテレビを見ているが、そのテレビ放送の映像の中で、いわゆる「報道機関各社」が、「道交法違反」「公道の占有」を行なっているところが映し出されている。

しかもだ、バス停のために開けられた「バス停レーン」の占有。他者の通行を妨げる「通行妨害」真っ最中。

取材を行わねばならない、と言うことを理解できたとしても、報道機関各社は「本当にルール無用」「法律より報道機関が優先」「やりたい放題」と言う、クズすぎる姿勢がよくわかる。