産経編集委員、名誉棄損で敗訴確定 小西参院議員めぐるFB投稿で

民進党の小西洋之参院議員が、フェイスブックの投稿で名誉を傷つけられたとして、産経新聞政治部の阿比留瑠比編集委員兼論説委員に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が阿比留氏の上告を退ける決定を2017年4月4日付で出した。5日に小西氏が最高裁の「調書(決定)」をツイッターで公開した。昨16年12月に110万円の支払いを命じた2審東京高裁の判決が確定した。

阿比留氏は自身のフェイスブックに15年4月、ある人物が官僚時代に無断欠勤をしていた、などとする内容を投稿。2審判決は、内容から小西氏だと分かるとしたうえで、真実とは認められないと判断した。

   小西氏はツイッターで

「違法行為を仕掛けるという新聞社幹部として許されざる暴挙。各報道機関は自由と民主主義の懸かった重大事件として検証していただきたい」


と主張。同件で刑事告訴もしており、「厳正な司法処分を望みたい」とした。


おお、この様なことがあったんですね〜・・・・知らんかった。

でも、この様なことに萎縮することなく報道の使命?に阿比留氏は邁進してほしいものです。

というかね、この様なことは「諸刃の剣」なんですよ。勝った、勝ったと大喜びしてる議員には到底理解できないでしょうがね。

そうじゃありませんかね?



【民主党、小西議員に追い込まれた一般女性「恐怖で吐き気おさまらず」】


【小西議員がまた一般人のツイート削除を要求、恫喝&言論弾圧を再開しました】


今はね、権力者に執拗に恫喝・恐喝された、と思えば、逆にやれるんですぜ。


そこを、ある意味「人気商売」である議員が、いや民主党改民進党は、当然その様な政党に所属する議員の多くは全く理解していないから始末に負えないのですよ。



スポンサーサイト

今村雅弘復興相のパーティー発言概要


今村雅弘復興相が安倍晋三首相に辞表提出 「東北の皆様方を傷つけてしまった」



この騒動を知って?いや過熱報道を知ってかな?ともかく知って、次のことを思い出した。


仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い。
— サントリー社長 佐治敬三、JNN報道特集 1988年2月28日


まあ、今村議員の発言文脈の前後を知れば、大手ウイスキーメーカー経営者の様な「露骨」なことは言っていないことはわかる。

しかし、多くの方は重々承知している様に、マスゴミちゃ重箱の隅をほじくる様に揚げ足取りを行うのが常だ。しかも、反権力というか「反日」「日本人嫌い」を旨とする特定勢力側の「トンデモ発言」「トンデモ言動」だけは、報じることはない。

これは、いわゆる「差別」とか「人権」に関しても同じ。「反差別」を掲げる側の「トンデモ発言」「トンデモ言動」を一切報じないのが、既存大マスゴミ。

いや既存大マスゴミは逆に、「差別発言」「人権無視言動」を繰り返す「反差別・人権なんたら」を掲げる勢力と一緒になって、差別を行い、人権を蔑ろにしている。


殺害映像を配信、強まるフェイスブックへの圧力


取材で壁蹴りは共同通信社の20代男性記者 幹部と記者で住民に謝罪


これらリンク先の記事は、全く違う「事件」であるのだが、「表裏一体」と思える。

昔?の様に、個人が情報を発信するにしても「高価な機材」「通信や放送のための電波や通信回線を別途購入」ということをする必要はなく、当然、大層な記者会見?をマスゴミ主導で開く必要もなく、携帯電話や小型カメラがあれば個人が様々な情報を発信できる。

現に私もそうである。携帯電話でネットにアップ、ということまではしていないが、小型のカメラを持ち・・しかも高性能で、高画質・・その撮影した映像を編集し公開しようと思えばいつでもできる。

監視社会が〜、個人情報が〜、と社会不安を無闇に煽り、心配しているフリをしている方々が考えているより、現代はすでに「監視社会」であり、既存マスゴミを凌駕するネットワークが構築されているのである。

そして、既存マスゴミが隆盛を極めていた頃からもそうであるが、現代はより一層個人のリテラシーが求められる時代なのである。


イメージ取り込み 1164


すごいな〜・・・

しかし、渦中の人物はいつから「神」になったんだ?

しかも、日本国民が口に出してはいけない「神」に・・・


追記

イメージ取り込み 1165 


「仮に、メールが事実だったとして、当然、総理夫人の寄付が事実だったとして、総理と総理夫人の何が問題なのか。問題の核心はどう考えても新聞テレビの不正確な情報とそれを情報源として野党が無闇に騒ぐことにある。まるで子どものような反論や枝葉末節にこだわるのではなく、真正面から何が本当の問題なのか考えるべきだ」


・・と言う「返す刀」を記しておくか。