FC2ブログ



この動画に関して少し補足すれば、いわゆる「配車サービスを展開するUber」の「空飛ぶタクシーのコンセプト動画」

詳しいことは次のリンク先を参照。



で、この様なコンセプトを出してくるということは、米国等ではこの手の航空機が早い段階で空を飛び回るかもしれない、と見ることができる。

で、ここで疑問なんだが・・・・「オスプレイが〜」と大騒ぎしている方は、この様な事に関しどう思われる?

だって、動画に映っている航空機は、どう見ても超危険な「オスプレイ」と、基本は同じコンセプトとしか言えないもの・・・



「オスプレイが〜」「超危険〜」と大騒ぎしている方は、やはり「何は無くとも超危険だから反対」と・・・やるのか?

それとも、「民間機だから問題ない。安全だ」と、その頑な姿勢を変えるのか?

それ以上に、今まで散々オスプレイは「危険だ、危険だ」と垂れ流してきた既存の新聞テレビ、報道機関は・・・どうするんだろ?


スポンサーサイト

職場でパンプス強制しないで 1万8800人署名 厚労省に提出

 長時間履くと足腰を痛めることもあるパンプスやハイヒールの着用を「女性のマナー」として強制するのはやめてほしいと、オンラインで署名を集めていたグラビア女優でライターの石川優実さん(32)=写真=は三日、約一万八千八百人超の署名と要望書を厚生労働省に提出した。
 要望書では「企業が着用を女性のみに命じることは性差別、もしくはジェンダーハラスメントに当たり、禁止するという法規定をつくってほしい」などと訴えた。
 記者会見した石川さんは「(署名提出は)第一歩。多くの女性が困っているが、個人的な問題だと思わされ、マナーだからと何も言えずにきた」と述べた。
 就職活動中だという私立大四年の女子学生(22)も「一日で何社も回るが、パンプスが適しているのか疑問に思っていた。性差別の問題でもあり、健康も損なわれていることを知ってほしい」と話した。
 署名は、葬儀場でのアルバイトでパンプスを履くように言われ、足を痛めたことのある石川さんが二月に開始。キャンペーンは性暴力を告発する動き「#MeToo」と、「靴・苦痛」を掛け合わせ「#KuToo」とネーミングされている。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019060402000122.html


ヘェ〜・・・そうなんですか?

しかしねぇ〜・・・・次の様な動画・・過去に公開された映画の「予告」ですけどね・・・を見ると、性差別とかジェンダーとか、そんなものとは違う原因がある様に思えますがね。




なお、この映画は平成18年(2006年)公開の映画。今から13年前に公開された映画になりましょうかね?

現在32歳、ということは・・・13年前は、19歳でしょうかね?

人間、興味を覚えないと、関心を抱きませんけれど、19歳と言えば、まあ現在の32歳も同じでしょうけど・・・ファッションとか流行りものには非常に敏感。動画の様な「ファッションで身を包み、バリバリ仕事をしたい」なんて妄想を抱くものですし、その様な風潮を、引用記事を報じた新聞社とかテレビ放送局は盛んに垂れ流し続けているのですけれど・・・まずは、そこら辺を正すのが一番じゃないのでしょうかね?

もっと言えば、女性の「綺麗になりたい」「綺麗にみられたい」という射幸心を煽る業界を正すべきではないのですかね?

それをせずに、いきなり「法律で禁止しろ」ですからね。「全体主義国家も真っ青」ですよね。

それはともかく、なんと言いましょうかね?

新聞が大々的に取り上げること自体「眉唾物」という感じがしますがね。


「ストーンウォールの反乱」により、同性愛者にとって「6月」は特別な月となりました。

現在では、「6月」は、アメリカでは「LGBTプライド月間」とされ、LGBTの人権について啓発を促すさまざまなイベントが開催されるようになりました。

そのイベントの中でも、特に有名なものが、「LGBTプライドパレード」です。

【世界のGoogleトップロゴ観察 〈プライド 50周年を称えて〉】より


そうですか、6月と言えば、米国では「LGBTプライド月間」のことを指すのですか・・・知らなんだ。

で、リンク先のページに行き【表示された国】という項目を見ると・・・ほんの一部の国だけなんですね。

だって、マスゴミ報道やネットの「SNS」なんぞを見ていると、世界中が「いわゆる、LGBT」に関して寛大で、その為に法律等を変えよう、ということに邁進している様に見えたものですから、【表示された国】という項目を見たら、「ありゃ、少ない」と思ってしまいました。

別にね、LGBTが〜、と大声しか出さない方を差別するつもりはないのですよ。

ただね、【表示された国】という項目を見ると、先進国というか、先進国でなに不自由なく生活している方々の、だだの自己満、マスターベーションじゃねぇ〜か、という印象しかないもので・・・

まあそれ以上に、日本での訳のわからん政治家が、選挙目的でこの様なことに「阿る」「媚びる」政治活動をするものだから、呆れ果てているのですけれどね。


よもぎねこさんが、【だから馬鹿フェミ レディファースト】と題するエントリをアップされていました。

ここでそのブログエントリの内容をなんだかんだと記しません。リンク先にてよもぎねこさんのエントリを読んでみてください。

ただ、約2週間前くらいになりますでしょうか?その頃に次の様な動画を見まして、よもぎねこさんのエントリを拝見しその動画を思い出したのです。



人それぞれでありますから、動画に映し出された女性は、ある意味「レディファースト」を自ら実践したのかもしれません。しかし、動画が拡散していくにつれ、米国の、特に「米国ニューヨーク市」のメディアが問題提起を行った様です。・・・ちなみに、動画に映し出されている女性は、列車座席に自分の荷物を置き、他の乗客が「その荷物をどかしてくれ」「そうすればそのスペースに人が座れる」と騒ぎなり、その結末は警官とともに女性が列車を降りていった・・この動画では映されていませんが・・、という動画です。




で、個人が、個人の意見をブログなり動画なり、SNS等々で発信できる様になりましたから、その様な動画等を拝見すると、よもぎねこさんがブログエントリで引用した記事とは・・・随分「違う」様に見え、レディファースト以前の状態が、米国ニューヨーク市なんじゃね?と思ってしまうのですがねぇ〜・・・

いや、今までの様に「欧米出羽〜」「海外出羽〜」が通じなくなったことに気がつけよ。


追記

私は以前エントリした【事実をいうと「差別だ」「ヘイトだ」と抹殺される世の中???】というブログエントリにて・・・・


先にも記しました様に「事実」を述べただけで、それは差別だ、ヘイトだ、人を傷つけた、と言われ、社会的に抹殺される様な世の中になったら、誰も本当のことは言わなくなるでしょうし、目の前で人が困っていても、見て見ぬ振りをすることが多くなりますよ。

・・ということを記しました。


もっと記せば、よもぎねこさんもご自身のブログエントリにて指摘されていますけれど、余りにも押しつけがましい、と言いましょうか、海外の価値観は優れている、日本は劣っている・遅れている等々を日本にてやりすぎたために、「関わるのは止そう」「良かれと思ったことが仇になる」ということになってしまったのではなかろうか?と思うのです。

何事もそうでありますけれど、「ほどほど」「腹八分目」というのが大事で、やり過ぎるとその反動が大きいものです。


問題解決やトラブル対策は、その道のプロ・専門家の話を聞くのが基本ではあります。

科学的な根拠や証拠に基づいた選択をしたほうが、世の中が上手くまわるのは言うまでもありません。

ところが「実際の社会は、こんな現状である」と説明された画像が、海外掲示板で人気を呼んでいました。


大衆が耳を傾けたいのは、お堅い研究機関の科学者ではなく、知識・知性に関係のない有名人のほう。

有名人の言葉が広く受け入れられるため、科学的根拠の乏しい疑似科学が世の中に浸透することも少なくありません。

先進的と言われている国でもこうした構図は否定できず、なかなかに厳しい現実です。

海外掲示板のコメントをご紹介します。


●科学的なコミュニティでは1つのことしか推奨していないのに、科学的知識がゼロの女優が、予防接種は自閉症の原因になるとか言いだすんだ。

↑そう言えばバカな女優が、地球は平面だとか、月面着陸はフェイク動画だったとか、愚かなことを言ってたな。


●専門家に100個ほどのマイクを与えてみろ。するとエリート主義だとか、彼らは現実の世界に生きていないだとか非難される。


●最近の有名人はいろいろ知っている風に演技する。

【「世の中が良くならないのは…これのせいじゃない?」説得力のある画像が人気に】より抜粋


これ、昨日アップしたエントリの「おまけ追記」としてリンクを貼った記事からなんですけど・・・

ある意味「現代の真理?」と思いませんか?

そして考えてみてください。

あの東日本大震災時の「原発事故」それに伴う「ホウシャノウガ〜」という科学者や専門家を押しのけた「有名人」たちの「大騒ぎ」

温暖化なんたらもそうでしょうね。科学者や専門家よりも世界的有名人・著名人が大騒ぎした為に、世の多くの人は環境を良くする為に「全体主義的」行動に走っている。だって、少しでも環境を良くしよう、ということのためならば、人間の営みをも破壊するのが正義、と行っている方が多いのだもの・・・

昨今の、「差別が〜」「ヘイトが〜」「人権が〜」「LGBTが〜」も同じでしょ?