モーニングショー玉川徹氏
「リベラル」の定義というのはシンプルで、日本国憲法を護っている価値を肯定的に捉えるグループ。憲法を変えていこうというのが「保守」。

世界にマジに笑われちゃうおバカ定義、教育上よろしくないと思います(笑)


リンク先に貼ってある動画も観てね。

リンク先の動画にて、どこかの大学のエンライセンセの著書だか、主張だかを引用して、引用Tweetに記されていることを述べた様であるが、「こいつ単なるバカなの?」「工作員として、その使命を果たしているの?」とマジで思ってしまう。

というか、いくら「ワイドショー番組」と言えども、余りにも視聴者を愚弄し過ぎていると思う。



スポンサーサイト

洋の東西を問わず、「寛容」とか「ダイバーシティ」とかヤタラに喚く側の本性が、次のリンク先の記事でわかるかと思う。


【信じられないコメント:私はラスベガス乱射事件の犠牲者に全く同情などしていません】




日本で言えば【古典芸能や民謡とか演歌好きのほとんどは自民支持者であり、その様な方々が事故や災害、事件で犠牲になっても同情できない】と言うことになるのである。


新党をめぐる、と言いますか、新党に鞍替え?移籍?を画策する、と言いますか、そんなことを報道を通してですけど、見てますとね・・・

「民主党改民進党は、民主党改民進党でやれば?」と思うのですがね〜・・・

そうでしょ?今度行われる衆議院選挙では総崩れ、いや大敗退で、まさしく党そのものがなくなるでしょうが、民主党改民進党の現職参議院議員は健在なんでしょ?しかも、聞くところによれば民主党改民進党には「100億円」という資金があるというじゃないですか?

それをなぜ、「赤信号みんなで渡れば怖くない」の様に「新党へみんなで移れば怖くない」という、みっともない形での新党移籍を行うのでしょうかね?

エッ、「トロイの木馬」ですって????

エッ、「現代版国共合作」ですって???


本気でそんなことを思っているのなら、バカとしか言いようがありません。

いや、日本国民・有権者をとことん愚弄していると思いますよ。

だいたい、衆議院立候補予定者を「選別する」と新党は言っているわけですから、民主党改民進党の現職参議院議員だって同じで「選別対象」でしょ?

連合という労組もそう。民主党改民進党の最大の支持・支援団体組織と豪語するのなら、新党に対し「悪態」「泣き言」を言っていないで、民主党改民進党に残る?であろう、残らざるを得ない?であろう、現職参議院議員を支持し支援したらいかがでしょうね?

そうではありませんか?先ほど述べたことと同じで、連合加盟の労働組合員をとことん愚弄していると思いますよ。


こんなことを記していたら・・・

かつて「新進党」という政党があったことを思い出した。



この政党は、それこそ「右から左まで」しかも「公明党」まで参加し誕生した、まさしく烏合の衆政党。

その前年の「平成5年(1993年)」に、自民は下野している。いわゆる「55年体制」以降に起きた、「政権交代」であった。


参考リンク





警察によると、オハイオ州の墓地にある連邦軍兵士像は、コロンブス西部のキャンプ・チェイス南部墓地でアーチ型の記念碑を登って地面に転倒した後、頭を痛めた破壊者によって傷ついたという。 (8月22日)




バージニア州の集会中に悲劇的な出来事に続いて全国の南方のモニュメントが奪取されている。 クリストファー・コロンブスの有名な225年前の像が取って代わられるようになった現在、彫像に対する戦争は奴隷制と内戦を超えて広がっています。 RTアメリカのトリニティチャベス報告



で、歴史を否定し、歴史の書き換え(歴史修正)をしてどうするの?



有田芳生議員「広島の平和式典。アベは辞めろという大きな声がハッキリと聞こえたそうです」ツイートに批判も


というリンク先の記事を見た。

まあ、リンク先で記されている「大問題のTweet」は、その当日にすでに知っていたが・・・やはり、この様な形で改めて知ると、なぜか知らぬが怒りがこみ上げる。

そして思うのだ。この大問題の国会議員はもちろん、その様な国会議員を飼っている政党は「だから嫌われる」と・・・・多分、この気狂いは、今猛威を振るっている台風に託けて、日本悪しを宣伝していることであろう。



で、以前も記したことがあるが、私は子供の頃から「八月」という「月」は嫌い。旧盆もあって、八月は「慰霊」ということを行うはずなのに、新聞もテレビも、そして先述した気狂いたちが、それを平気でぶち壊しているからだ。しかも、おどろおどしく煽り立て、先人たち(ご先祖様たち)を徹底的に貶め蔑ろにするからである。

いや、日本?の新聞テレビや気狂いどもは、墓を暴き、亡骸に鞭打つことを「是」「絶対の正義」としているのであろう。