この動画の「5分30秒」あたりからご覧いただきたいのですが・・・

中島議員の名誉のために?少し補足しておきますが、動画にて塩崎大臣が述べているように、中島議員は「元みんなの党所属」だったんですね。ですから、この方を責めても?仕方がないのかもしれません。

しかし民進党は、政党助成金を民主党から引き継いでいる。したがって、完全に解党し、一から新たに民進党を立ち上げた、と言えるのかどうか???

「党名を変えただけ」としか見えないんですよね。

そんな政党所属議員が「民主党はもうない、我々は民進党だから」と述べても説得力がないんですけどね〜・・・

動画を観るのが面倒、と思われる方は次のリンク先をご覧ください。



スポンサーサイト




9分24秒あたりからの質疑が傑作・・・「俺の気持ちを忖度しろ」「報道放送は、俺の出身であるTBSやテレ朝の報道姿勢を基準にし、横並び報道に徹しろ」とも受け取れることを喚くんだから・・・32分34秒あたりからのシーンも必見かな?


しかし、この質疑者は矛盾を覚えないのかね〜・・・


ちなみに、FC2ブログの「ブログ編集仕様」が変わったのね?

慣れるまで、チト戸惑ったが、YouTubeの動画をブログに貼り付ける際は、非常に簡単になった。動画のURLを貼り付けりゃいいのだから・・・ただし、FC2ブログの「ヘルプ」をキチンと読んでね。



http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12241060133.html


URL先のブログ記事に、予想図と言うのが貼り付けてあり、その中で「21世紀の基幹的市場として・・。」と記されている予想図があるのだが・・・それを拝見すると「朝日新聞東京本社?が、ランドマークになっている」と思えるんだな。

しかし、本当に営業を続けながらの「建て替え」なんぞできるんか?

いや、これが「衛生管理」というモノに、厳しく引っかからない品物を扱うところならできるかもしれないし、民間企業でもやっているところもある・・・・

それ以上に、結局のところ「どうすんの?」「税金の無駄遣いはやめろと言いながら・・・税金を無駄に消費するちゃ、どのような基準な訳?」に尽きるんだけど・・・・



民進・榛葉賀津也参院国対委員長 自民は「ちっちゃい」 籠池氏の「偽証罪」での告発検討で
http://www.sankei.com/politics/news/170329/plt1703290019-n1.html


「ちっちゃい」ねぇ〜・・・・それは、民進党も同じじゃね???


===
平成29年3月24日
報道関係各位
安倍昭恵夫人と籠池夫人との間のメールについて

民進党役員室

本日、公表された安倍昭恵夫人と籠池夫人とのメールには、わが党の辻元清美議員に言及した箇所がありますが、そこで記されている内容は事実に反する虚偽のものです。

本年3月1日のメールに、辻元清美議員が塚本幼稚園に侵入しかけたとされていますが、そのようなことは一切なく、そもそも同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していません。
このことは、周囲にいた多数のメディア関係者を含め、皆が確認しているところです。
また、辻元清美議員が、作業員を下請け業者に送り込んだとされていますが、これも全くの事実無根です。
これは、ネット上で流された根も葉もない噂を信じたためと思われますが、そのような事実は一切存在しません。
メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます。

========


 


 おまけ・・・ちっちゃいことを気にしすぎたのかな????

イメージ取り込み 1163 






詳報(4)民進・福山哲郎氏「省庁に問い合わせれば口利きだ。結果は関係ない!」
http://www.sankei.com/politics/news/170324/plt1703240053-n2.html


このリンク先の記事を読んで、次のことを思い出した。




民主党の陳情一元化の新ルール

自治体からの陳情は、党都道府県連を窓口にして党幹事長室で集約。高嶋良充・筆頭副幹事長ら14人の副幹事長が仕分けて、最終的に小沢一郎幹事長が鳩山首相や政務三役に伝える。知事ら首長による大臣ら政務三役への陳情は、禁止とは明文化されていない。高嶋氏は「意見交換は規制していない」と説明し、今のところ党幹事長室の了解を得て面会するよう運用している。首長が官僚に「陳情」することはふさわしくないとされており、「情報交換」などの名目で官僚と会うことについては基準はない。
(2009-12-13 朝日新聞 朝刊 3総合)




外部からの陳情の一元処理

民主党は団体や自治体などからの要望(陳情)の窓口を党に一元化することを決めました。

これは非常に大きな変化になると思います。

野党時代、新人の私のところにも地方の公共事業の陳情が来ていました。
私は予算配分などに関する陳情は受け付けないと説明しても来ていました(陳情される方にもノルマがあるようです。そのため駄目とわかっていても兎に角来られるようです。)

これを各都道府県連が陳情をとりまとめ、党本部に上げ、党で陳情を判断することになります。
個別の議員が政府に直接、要望を伝えることは原則禁止となります。

今後、政治家の政策力がますます問われる環境になるようにしていきたいと思います。
http://www.fujisue.net/archives/2009/11/post_522.html