「ドラえもん募金は被災地に届かず朝鮮へ」デマがTwitterで拡散 テレ朝が全面否定
サザエさん募金、日本ユニセフ協会、NGOについても…。現在までに6万件以上もリツイートされている。


これが本当ならば「デマ」「悪質」と言えるかもしれません・・・・・・しかしね〜、

それだけ、既存の大メディアが「信用されていない」という証でありましょうし、「日本ユニセフ協会」にも「不透明な運営部分がある」と指摘されているのではありませんかね?

自分たち「既存の大メディアが何故信用されていないのか?」

何故「日本ユニセフ協会を貶める様な話が出てくるのか?」

ということを本当は、「既存の大メディア」は取材し突っ込んで報じるべきでは?・・と思うのですけれど、仲間に「大甘」なのは世の常ですから、無理でしょうけど・・・


話が変わりますけれど、韓国で開催される「冬季オリンピック」は、誰がどう見たって「北朝鮮主導のオリンピック」としか見えない。

日本の既存大マスゴミは、理解不能な「言葉」を羅列し、そのことを「やんわり」と報じている様ですが、「オリンピック」の「放映権」「スポンサー絡み」のことがある様ですから、突っ込んだ報道が全くできていない様です。


スポンサーサイト

昨夜、NHKで・・・


2018年1月30日(火)
韓国から世界デビュー!? スター☆新時代

日本の若者がスターを目指して韓国へ…そんな新しい潮流が生まれている。先駆けは、去年末に紅白歌合戦に出場した「TWICE」。メンバー9人のうち3人が日本、1人が台湾出身の多国籍グループだ。テレビよりSNSでのプロモーションを重視し、女子中高生がネットで拡散して爆発的人気が出た。他にも男性グループ「BTS(防弾少年団)」はYouTubeやTwitterを駆使して、全米チャートで7位にランクイン、世界中にその名がとどろく。いま日本国内のダンススクールには韓国でのデビューを夢見る中高生が殺到、日夜厳しい訓練を積む。韓国の音楽シーンの何が若者をひきつけるのか?アイドルの卵に密着し、その最前線を追う。


というのが放送されたそうだ。

この様にいうとなんであるが、いわゆる「芸能界」というところに「夢や希望?」を追い求める若者が、その機会を得ようと、渡航する、というのは「あり」と思う。

しかしだ、「何故韓国なのだ?」という疑問が大いにある。

引用した番組内容の紹介文に記されている様に、韓国での「世界進出力?」「アピール度?」というのが本当だったとして、そんな「甘いもの」ではなかろうし、韓国の芸能界?というところは、「契約上のトラブル」が頻繁に起きている、とも聞く。

これは、タイムリーに大騒ぎになっている「不可逆的な日韓合意」を見ても明らかではなかろうか?

もっといえば、「不可逆的な日韓合意」騒動ひとつ取ってみても、「韓国は契約を守らない、お国柄」ということがわかる。


その様なところへ行き、芸能界デビューを望む、というのだから・・・正気の沙汰では無い、と私は思う。

いや、NHKは「その様な危険性」に迫る番組内容にすべきでは?と思うのだが・・・・番組紹介文を読む限りであるが、韓国マンセーに終始した放送内容であったことがうかがえる。



チリ産のサケは抗生物質まみれで超耐性菌「スーパーバグ」の温床になる危険性
2018年01月16日 09時00分00秒


未だにこんな記事が出てくる様である。

しかも、ご丁寧に・・・



というリンクや・・・




というリンクを貼って・・・


で、リンク先に行ってみると、「寄付のお願い」というのが出てくる。


「カンキョウガ〜」「オンダンカが〜」「ホウシャノウガ〜」と同じ匂いがする。と思うのは私だけであろうか?

しかし、養殖魚に使用される抗生物質の量なんたらは置いといても、かつ陰謀論等々をいうつもりはないのだが・・・なぜ「チリ産養殖サケ」を目の敵にするかの様な話が頻繁に出てくるのであろうか?

この話の裏に、本当は何が潜んでいるのだろう?



【未来】中国で「無人ラーメン屋」が誕生 / カップ麺じゃないアツアツ生麺! しかも結構おいしそうな件

というリンク先の記事を読んだ。

そして、リンク先に次にような動画が貼り付けてあった。




さて、中国において「無人コンビニ」等々、無人で店舗を経営することが「流行り?」の様であるし、中国の報道?も、日本の既存マスゴミも、この様な傾向を「未来的だ」「進んでいる〜」「スンバラし〜」「日本も遅れるな〜」「日本で電子マネーを〜」と大はしゃぎであるが・・・


中国において、なぜこの様な店舗形態が登場し急速に拡大したのか?、しかもなぜ電子マネーなのか?、ということを本当は掘り下げねばならない。




動画タイトルをネット翻訳して見ると・・・

【ベイク・マクニール、BBCワールドニュースで日本のブラックフェイスを話題に】

・・・と翻訳される。

要は、BBCに「売り込んだ」ということ。そして自分自身で、この様な動画までアップし自分自身を宣伝している、ということよ。


しかも「あのBBCが取り上げた」「由々しきことである」と大騒ぎしてね。




しかし・・・これを世界に広め「悦に入っているアホ」は、先日エントリした「炎上芸」を「芸」と勘違いしている「アホ」と通じるものがある。



追記


浜田雅功さん黒塗り NYタイムズ報道「人種差別」 意図的でないとの見方も

 5日付の米紙ニューヨーク・タイムズはお笑い芸人の浜田雅功さんが昨年の大みそかに放送された日本のテレビ番組で、米国の黒人俳優に扮するため顔全体を黒く塗って登場したことに対し、日本在住の外国人らから「人種差別だ」と批判が出ていると報じた。

 同紙は、日本在住歴の長い黒人の米国人コラムニストが黒塗りを「不快だ」と非難したとする一方で「日本には黒人に対する組織的差別の歴史がない」との声も上がっており、意図的な差別ではなかったとの見方も伝えた。

 番組で浜田さんは俳優エディ・マーフィさんが映画「ビバリーヒルズ・コップ」で演じた役柄のまねをしようとしたという。

 同紙は人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」や音楽グループ「ラッツ&スター」のメンバーらもかつて顔を黒く塗って登場し、怒りを買ったことがあったと指摘した。

 英BBC放送も同様に、黒塗りに対して批判が上がっていると伝えた。(共同)
http://www.sankei.com/entertainments/news/180106/ent1801060014-n1.html


URLは「産経」なのだけど、お分かりの様に実際は共同通信の記事。

これがマスゴミやマスゴミが重宝している先進的?知識人たち十八番の「海外でわ〜」というやつ。

今では、ネット等で「海外の事情」というか、海外メディアと雖もというか、ともかく「既存のマスメディア=正義または先進的価値観」という様なことではないことが分かりつつある。しかし、この「古典的手法」ともいうべき「海外でわ〜」という手法は今でも、日本じゃ効果がある。