FC2ブログ

つくづく検察というのは夜郎自大の度し難い組織だと思う。OBが検察官の定年引き上げについて意見書提出したと言うが、「恐ろしいのは三権分立を理解できない検事総長やOBがいる」「無資格のOBが人事に介入する」。普通の官僚組織でこんなことは絶対にあり得ない。


・・・というTweetを拝見すると、「確かに」と変に納得してしまうのだよね。

で、違う見方で考えると、次の様な引用Tweetの様なことにもなる。


検察OBの人事介入など許したら、
検察ファッショ、特高警察が復活するよ。

検察官は、選挙で選べない公務員である以上は、行政トップの内閣の責任で専任するべき。

内閣が信用できないなら、総選挙に行きましょう。



特高警察の横暴、恐怖について、さんざんいってきた、共産党の人が、特高警察の復活を望んでいるのか?という言語矛盾。

「そもそも、共産主義が論理矛盾」とゴルバチョフがいっていたな・・・・w

【ゴルバチョフは、ソ連のトップでありながら、スターリン批判した偉い人】(僕記者


まあ、そもそも「検察」とか「警察」というのは、行政機関の一つであり、「権力」を行使できる機関、組織な訳で、その様なところが「身勝手な暴走をしない様に」とまず考えなきゃならない、と思うのだけれど・・・

パヨク的な思考の方々は、そこら辺への視点や思考が皆無だから、いやそもそも民主主義すら理解していないのが「パヨク」なのだろうけれど・・・、

だから、権限もない「検察OB」とか「現役裁判官」の政治的発言や介入に「ヤンヤヤンヤ」と喝采を贈るのだろうな。


おまけ・・現役裁判官の政治的発言?政治介入?の例かな?

「まともな法治国家とは言えない」仙台高裁の裁判官が政府批判



スポンサーサイト



マクロンが安倍に「何度も」?可哀想にマクロン氏は安倍は日本国内での立場は「犯罪者同然」の総理だと言う事を知らなかったのだろうね。

----------------------------------------------------

これね・・・


安倍首相に改善要請「何度も」 ゴーン被告処遇めぐり―仏大統領


・・・と言う、時事通信社が流した記事に関してのコメントなんだけどね。

安倍総理が「犯罪者同然」と言う事は別にして、どこかの国の大統領が、日本の総理に改善を要求したからと言って、そう簡単には改善はされないのよ。

その事を、日本人・日本国民も知らない方々が多いのじゃね?と思うのですね。義務教育で教わるはずなんだけど・・・

まあ、引用コメントを記す様な方ってのは、海外出羽守なのだろうけど、その海外出羽守の多くが、民主主義を全く理解していないのだろうけど・・・・

日本の法律に不備がある、法律が歪んでいる、と考えるのならば、議会(国会)にて審議・議論しなくちゃならないの。いやそれが、日本も含めた「自由」や「民主主義」を掲げる多くの国のやり方。とはいえ、日本の野党、これは与党も含まれると思うけれど・・・の国会議員たちは、国会議員の使命、その使命への責務、と言うのを全く理解していない様だけど・・

ましてや日本は、議院内閣制、議会民主制を行っているわけだから、フランス大統領の様に「独裁的手法」は行えないわけよ。

そしてね、加害者と呼ばれる方々の人権も大切な事と思うけれど、それじゃ「被害者は?」と言うこともあるじゃない?

しかも、海外出羽守たちは、そこら辺のことも騒いでいたんじゃないの?

世の中さ、既存の新聞テレビが垂れ流す様な「単純」な思考で居られるのならば、こんなにラクな事はないけれど、現実は既存の新聞テレビが垂れ流す様な「単純」には行かないのさ。


石炭火力から天然ガスへと移行し、排出を抑えつつ調達地を多様化し、再エネを50%にするくらいのことは政権が言わないと。安倍政権下で打ち出すとは到底思えないので、次の政権を待つしかない。ドイツの再エネ50%目標自体、来年じゃなくて2050年なんだから、日本も決断すればいいだけ。


現在の小泉進次郎大臣のスピーチにまつわる報道は、日本全体がエネルギー問題には口を拭っておいて若手をバッシングし足を引っ張るという感じ。
安倍政権批判者まで官邸と同じ方向を向いているみたいに見えますけどねぇ。
現在の電源構成の各国比較グラフは経産省HPより。


誰が何を語ろうが自由。

しかしね、なんと言えば良いのか・・・・引用Tweetを拝見すると、頭が良く、高学歴で、かつマスゴミにチヤホヤされると、この様になちゃうのかね?

というか、色々と「政治?」「政局?」的なことを、その専門家?として言いたいのだろうけど、これじゃ「グレタ嬢となんら変わらん」と思えてしまうよ。


そもそも、頭が良い割には「日本の地理」というか「地形」というか、そんなことを全く知らんのじゃなかろうか?・・・小中学校で何を教わったのやら・・・

大陸の様な「大平原」「大草原」なんざ、日本には無いのだよ。しかもその様な場所があったとしても、大概農地や町になっているし、その農地や町は、先日の台風等の大雨・洪水災害等を見れば分かる様に、大規模に浸水するところだってあるんだ。

違う言い方をすれば、その様な場所だからこそ「農地にした」ということもあるんだよ。浸水害の「緩衝地帯」としてね・・・

その様なところに「再エネ」と言われる「太陽光パネル」とか「風車」なんぞ並べても「焼け石に水」であることは、少し調べれば「馬鹿でも分かる」ことだと思うのだけど・・・

それ以前に、太陽光や風車に代表される「再エネ発電」には「広大な土地が必要」ということは、その発電方法は「エネルギー効率・発電効率が非常に悪い」ということなんだよ。その様なことのイロハの「イ」を全く知らないことに驚きだがね・・・


で、政治の専門家?と称するのならば、次のことを批判すべきじゃね?


【日本と中国 温室効果ガス削減など環境関連26事業で合意】

なぜ中国に協力する必要があるんだ?と・・・


追記

東京大学教養学部に入学後、在学中に現在の妻、三浦瑠麗と結婚。2002年に同大学を卒業し、外務省に入省。 2004年大臣官房総務課に配属後、組織改変等を担当し、退職。 マッキンゼー・アンド・カンパニーに転職し、2007年より同社マネージャー。 同社を退社し、Saferay Japan株式会社を設立し、代表取締役に就任。 現在は,再生可能エネルギー分野への投資を扱うTribay Capitalにてマネージング・ディレクターとして活動する。妻である三浦瑠麗氏も再生可能エネルギー関連で積極的な発言を行なっている。


この引用文を読むと、悪質、悪徳商法?と言ったら言い過ぎかね?

というか、もう笑うしかないやね。この様な立ち位置の方が「サイセイカノウエネルギーが〜」と、学者面して大騒ぎするのだから・・・


先日11月8日は、立冬であった。

この立冬から、「冬」という事になっている・・・

その為に?気象庁もそうなのだろうし、特に新聞テレビでは、紅葉も見ごろになっていないところも含め、立冬から「冬です」と強調する。

しかし面白い物で、本日夜から北日本を中心に大荒れの天候になる事を「季節外れの雪、寒さ」と報じる。

チミらだよ、フジテレビ。

というか、少しは学べや。

チミらは、まだクソ暑い夏であるはずの8月に、立秋が過ぎると「今日から秋です」と宣い、まだ続くクソ暑さを「残暑」というではないか?

それが冬であるはずのこの時期に、季節外れの雪・寒さ、と言ってんだぞ?

昨日令和元年(2019年)11月13日の夕方に放送した番組を見直してみろよ。

これがさ、日本のはるか南に発生した台風とフィリピン近海で発生した台風が、この時期に日本に向かってくる、というのならば「本当に季節外れなのに」だよ。

別にさ、四角四面に、ということは言わんよ。しかし、この様なことからもテレビ放送局とは、あまりにも都合が良すぎる、バカしか放送局には就職できないのか?と思えてしまうのだよ。


そして本来ならば?なぜチミらが大騒ぎするほどの寒気が南下してくるのか?という事を、誰もがわかりやすく報じるべきじゃないの?

それが、公共の放送電波を寡占、独占している大企業の使命ではないのか?

だって、人命や災害に直結する事なのだから・・・


なおさ、平成24年(2012年)の11月の北海道で、次の様なことがあったんだよね。

【室蘭地方暴風雪、大規模停電発生で冷凍都市化、電柱や木ポッキリも】



上山信一
@ShinichiUeyama
いや燃やすという行為は、祈りなんです。神社で自分の願いを書いたお札を燃やすのも祈り。神に自分を近づける行為は痛みを伴う喜びとされている。東洋哲学の天空逍遥の一形態なんです。 https://t.co/KHcJt3FpOk
2019/09/18 23:17:58



これね、「あいちトリエンナーレ」で展示された、昭和帝の肖像写真を燃やした作品に関しての「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」の副座長センセのTweet。

「大学の教授センセでありながら、不見識すぎる」というリツィートが多すぎたためか、削除した様だけどね。

だけど、この様にして「魚拓?」という形で残っている。

デジタル技術ちゃ・・・・恐ろしいね。

ともかくね、非常に権威ある大学の教授センセと言えども、専門外のことは「不見識」なんだよね。しかし「センセ」「センセ」と持ち上げられるものだから、ついつい「余計なこと」まで口にする。

しかも、大学の教授センセという自意識過剰も当人にはあるものだから尚更。消すくらいならば、最初から口にすなや・・・・


国・政府の「専門家委員会」とか「有識者会議」や、地方の同じ様な委員会や会議の「有識者」とか「専門家」と称する方々の中には、引用Tweetを発した「大学教授センセ」の様な門外漢が結構多いんだよね。

「大学の教授センセ」「非常に著名・有名」というだけで、「専門家」「有識者」と目されているだけなんだよね。要は「ど素人」ということだ。

そんなど素人たちが、勝手に物事を決めていく。

これじゃ、議会・・議員・・なんぞいらないじゃん、と思ってしまうね。