産経は今上陛下の譲位に関し、「退位」という言葉を使わず「譲位」と記すと書いていたはず。そのことは一定の評価?に値するのかもしれない。

しかし・・・・

陛下の譲位「計りしれぬ大きな安らぎ」

 皇后さまは20日、83歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、宮内記者会の質問に文書で回答し、6月に天皇陛下の譲位を可能とする特例法が成立したことについて触れ「計りしれぬ大きな安らぎ」を覚えるとつづられた。特例法について皇后さまが公に感想を述べられたのは初めて。

 皇后さまは陛下のご活動を振り返り「長い年月、ひたすら象徴のあるべき姿を求めてここまで歩まれた」とご回想。譲位の道筋がついたことは「御高齢となられた今、しばらくの安息の日々をお持ちになれるということに計りしれぬ大きな安らぎ」を覚えると表現し、今年、84歳になられる陛下を気遣われた。また、特例法成立までに行われた国会などでの議論を踏まえ「多くの方々に深く感謝しております」と記された。

 陛下の譲位時期は平成30年末か、31年3月末が有力視されている。このため皇后さまは今年、地方での陛下のご公務に同行した際は「公的に陛下にお供してこれらの府県を訪れる最後の機会かもしれない」と感じ入りながら臨まれていたという。

 側近の一人は「皇后さまは、陛下のご様子が大丈夫かいつも案じられている。陛下のご健康を考えたとき、譲位の実現は皇后さまにとって大きな安心材料になるのだろう」とおもんぱかった。


・・・と、記すとはね〜・・

皇室典範には・・・・

第二十三條 天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。
      前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。



と記されている。

したがって、【皇后陛下は20日・・】と記すべきと思うが?

というかね、私が子供の時分は「陛下」「殿下」と敬称が使われていたんだが、気がついたら「さま」「様」を敬称に使っている。堅いことを言うつもりはないが、何かと言えば「言葉が乱れている」「日本語の理解が〜」と大騒ぎして報じる報道機関のやることかね?




スポンサーサイト

菅野完氏のTwitterアカウントが凍結 ⇒ Twitter社の公式見解は?
「何が原因か一切開示してくれていません」本人は不満を訴える


【忍び寄る足音か?】カゴイケ夫妻は監獄に閉じ込めたまま。本日(19日)に、菅野完氏のツイッターアカウントがTwitter Japan社に永久凍結され、理由が一切開示されないという。森友・加計を隠す意図であれば、言論統制。理由の開示を。



なんだか理解できないことを、大学の教授という立場の方が述べている様ですが・・・

これは「諸刃の剣」「自業自得」でしょう。

そうではありませんかね?

確かに、公権力による「言論弾圧」「言論統制」が本当にあったのならば、現政府を問いたださねばならないでしょう。しかし、この大学教授、そしてこの大学教授が援護?している人物、当然現政権政府、いや現総理大臣個人を攻めている側は、他者・他人に対しどの様な言葉を浴びせていたのでありましょうか?

そのことは棚に上げ、Twitter社を非難・批判しても仕方がないと思いますし、彼らはTwitterから「ヘイトスピーチをなくせ」「差別Tweetを放置するな」と主張していたわけで、その主張通りにTwitter社は実行したに過ぎないのですから・・・




 --石平氏とのツイッターのやりとりで、知事は「(前略)吐き気を催すほど醜悪だと思う」とツイートした。こういう表現をして大丈夫なのかと県民としても心配になるが、表現についての知事の考えは?

 「表現については議論のあるところでしょうから、もう少し言葉を選んでもよかったのかなと思う。ただ、一方で、確かに『醜悪だ』という言葉、一単語は確かに強すぎる表現かもしれないが、石平氏の東京新聞記者への批判について『吐き気を催すほどのうぬぼれだ』とおっしゃったツイートは、1万リツイートされている。1万リツイートもされているから、みんなこれを支持している、ほらこいつはものすごいんだと、ほかでも追加でツイートされている。彼らは常にそういう手法を使いますから、それはいじめの構造だ。

【望月衣塑子記者めぐる米山隆一新潟知事会見要旨 「排外主義的」批判に反論「それは差別では全くない」】より


新潟県民は不幸やね〜・・・

新潟県民は哀れやね〜・・・


という言葉が、引用文を読んで頭に浮かんだ。


以前も記したが、この知事は「自分が権力者である」という自覚が全くないのであろう。

そして、マスゴミと同様、「いじめの構造」と言いながら、そのいじめの構造を自ら助長していることすら、全く気がつかない。いや「イジメの構造」を維持したくて仕方がない様に見える。

ほんと、この手のタイプ、高学歴のバカは、始末に負えんよ。




新潟県米山知事は下記のツイートで、「望月記者は自国政府と対峙している」と言うが、帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ「自国の政府」の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに、帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!


適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。


参考リンク



上が「石平氏」のツイート。下が「現新潟県知事米山氏」のツイート。

端的にかつ簡単に言ってしまえば、現新潟県知事は「勉強不足」いや「無知」かな?であろう。そして、民主党改民進党や既存のマスゴミと同様に、「反安倍・反権力・反政府こそ正義」ということを掲げる事で、支持や購読・視聴率を上げたい、という安易でおバカな考えだけなのであろう。まあだから、本当に危機的な事がおきた場合に、アワアワとするだけになってしまう。

要は、為政者として、権力者として、政治家・議員・行政の長として覚悟がない、という事である。

しかも始末に負えないことに、この手の「政治家・行政の長」自身に、その自覚が全くないのである。無自覚・無意識に「俺たちこそ絶対の正義である」とやってしまう。この様な連中こそ、本当は「恐ろしい」「危険」なのである。




イメージ取り込み 1787 


この画像は、次の動画から切り取ったんですが・・・




民主党改民進党の党代表選が、国民有権者から全く注目もされず「たけなわ」でありますが、国民有権者からその党代表選が全く注目も関心も集めないわけがわかるような動画でありますね〜・・・既存マスゴミが、必死になって党代表選を盛り上げようと努力しているのにね。

既存マスゴミの本音としては、民主党改民進党の党代表選なんて「報道する価値なし」と思っているんじゃないでしょうかね?


それはさておき、民主党改民進党の、当然党に所属する議員たちの「調査能力」と言いましょうか、党として議員として、政治家としての情報収集能力は、一体どうなっているのだろ?このような「お粗末」なことばかり見せつけられると、党としても党所属の議員・政治家の能力は大丈夫なのだろうか?と国民有権者が不安を持つのは当然と思いますよ。

いや、民主党改民進党こそ「既存マスゴミ報道のフェイクニュースの一番の被害者?」なのですかね〜・・・これは皮肉ですよ。

既存マスゴミが垂れ流すフェイクニュースを最大限利用し、有る事無い事で大騒ぎしているのが「民主党改民進党」なのですから・・・