FC2ブログ

新千歳、大雪で105便欠航 Uターン直撃、足止め多数:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM157VDMM15IIPE01C.html …積雪27センチ?正直に言って、この程度の雪で欠航便かとの感も無きにしも非ず。今は異常自然現象の連続、既存データで安全対策を立てるのは間違いでしょうね、その最たるものが原発安全対策ですが。
https://twitter.com/akio_yam/status/1081645153574703110


この引用Tweetを発した方、引退された元大学教授らしいです。しかも米国の有名大学の・・

その大学教授センセが「データがどうたら」といいますが、北海道といいますか、札幌、千歳周辺の気象データをご覧になって「この程度の雪で・・」とおっしゃっているのでしょうかね?

気象庁のアメダス観測によれば、昨日の午後6時発表ですけれど・・・千歳空港周辺ではその時間帯からあっという間に10センチオーバーの積雪を観測し始めているんですよね。しかもその様な降雪が、午後の6時頃から午後の11時頃まで続いていたのがアメダスの観測からわかる。

この様になるとね、除雪しても除雪しきれない、除雪した途端にまた雪に覆われる、という事態になるんですわ。風が強ければ滑走路上に吹き溜まりが次から次へと出来てもおかしくない。

この様な基本?的なこともわからんで、いやど素人でも理解できる観測データすら読めんで、尤もらしいことを言いなさんな。


スポンサーサイト

気象庁のサイトにはさ、「日々の天気図」と言うページがあって「過去の天気図」と言うのが閲覧できるんだよね。


【日々の天気図】


そのページで昨年平成29年(2017年)12月を見てみるとさ、12月初旬から「寒さ」と言うか「冬型の気圧配置」と言うか、そんなものが強まっているんだよね。

【日々の天気図 2017年12月】


そして昨年も「クリスマス」「年末」に「強い寒気」のためにさ、大雪が降ってんだよね。

と言うことを、誰もが簡単に調べることができるのに・・・これは気象庁が悪いのか?政府が悪いのか?やはり既存の新聞テレビがアホすぎるのか・・・知らないけれど、この年末の寒波に関し既存の新聞テレビは「数年に一度」とか「数年にあるかないか」と大騒ぎしてさ、この期の年末寒波が「史上初めてのこと」の様な報道をしちゃう。

そりゃさ、今年の2月の「記録的豪雪」&「豪雪による大規模立ち往生」と言うこともあって、災害になるかもしれない気象が予測される場合の周知の方法が変わったにせよ、既存の新聞テレビの報じ方は「無責任」としか思えないんだよね。


おまけ・・次の動画は昨年12月に車載のカメラで撮影できたもので、昨年12月にエントリしたブログにも添付した。






UKIP党首(当時)としてブレグジットを主導したナイジェル・ファラージの動画「ブレグジット: なぜイギリスはEUを離脱したのか」(今年3月公開)を訳してみた。日本メディアではネタ要員のように扱われることが多いと思うので、ここではたっぷりファラージ節をお楽しみください。


というTweetがあり、そのTweetはスレッドになってる。

だもんで、「訳した」というものをここでは引用しない。リンク先にてご覧いただきたい。

で、昔からイギリス(正確にはイングランドか?)とフランスは仲が悪い。フランスとドイツも仲が悪い。

まあ、それらの国の「国の成り立ち?」ということを知っていれば「当然」の話なのであるが・・・そして、イングランドはチト分からんが、フランスもドイツも「古代ローマの継承者」と自負しているところがある。


https://twitter.com/cuM5Gyy9uUrh9Ft/status/1057619300691861504 … を真に受けるほど私は馬鹿じゃないですよ。

少なくとも学者が書いており、参考文献もある。とらねこさんの願望とはレベルが違う。

学があると言いたいなら、本名と著作明記ね。
6:21 - 2018年10月31日
https://twitter.com/kiyotaka1974_2/status/1057623672372912131

これ、以前も引用したTweet主のTweet。

で、人間だもの、ズバリと痛いところを指摘されりゃ・・・大概「ムキになる」もの。だから「仕方がない」・・・

しかしね〜・・地金が出た、と言う感想をこの引用Tweetを拝見し思う。

もう少し「賢い」とわたしゃ思っていたんだがね・・・ガッカリ(;一ω一||)ちぇっ

そして、まさしくよもぎねこさんがエントリされた様に【国家権力大好き!! 自称リベラリスト】と言うことなのであろう。

もう少し余計なことを記せば、よもぎねこさんもご自身のブログエントリにて記しているが、国家とか政府、為政者等を【全知全能であらねばならならい】と言うことが根底にあるのであろう。

ただ、彼ら自身その事には気がついていない様で、まさしく「無意識」の中に、国家とか政府、為政者は全知全能であらねばならないし、俺たちの我儘だけを叶えてくれる存在でなければならない、と言うことがあるのだろうと思う。


誰もがご存知の様に、太陽は地球よりも巨大な恒星です。そして地球から太陽までの距離は、おおよそ1億5000万キロ。

その様なことを考えれば、確かに太陽が放つ熱は地球にいても「熱い」「温かい」と感じ、地球を程よく温めてくれるのでしょう。

しかしね〜・・・宇宙空間は「真空状態」なんですよね。真空状態の空間では熱が伝わらない、伝わりにくい、と科学や理科では教えているはず。

まあ、基礎理科とか基礎物理等々を学び、その記憶がある方ならば、その何故が分かるはずだし答えられるでしょう。

何故、この様なことを記しているかといえば、学校で教わっていることを忘れ?理解出来ず?いや無かったことにして、ホウシャノウガ〜、と未だに騒いでいる方が多いからです。


その様な方々に対し、小学高学年・中学の「理科」の教科書を今一度読み返すことをお勧めしますよ、と言いたいですね。いや、小学高学年・中学の「理科」の教科書に記されていることを理解できるかな?

特に、新聞記者とかテレビ報道記者と称している高学歴の方々は、小学高学年・中学の「理科」の教科書に記されていることを理解出来ますかね?


おまけ


新聞社と新聞記者は、この世で一番

無責任な稼業と言われ

江戸の瓦版、読売時代より調子よく

庶民の人心煽ってラクするスタイル

記者が取材に出ても

取材対象の話そっちのけで、自身の自説を披瀝しているだけ

それでも編集長や社説を書く立場、社長にもなった

新聞社社員で大事なことは

タイミングにC調に無責任

とかく新聞テレビは無責任

こつこつやる奴はごくろうさん・・・(°▽°)