朝日新聞の特別編集委員がTwitterに不適切な投稿をしたとして、朝日新聞社は8月5日、「報道姿勢に疑念を抱かせる行為だったと重く受け止める」などとして謝罪した。特別編集委員について、社名を名乗ってTwitterを利用できる「公認記者」から外す措置をとるという。

 問題になったのは、冨永格特別編集委員が自身のアカウントで投稿したツイート。ナチスのハーケンクロイツを掲げてデモをする人の写真を投稿し、英語とフランス語で「東京であった日本の国家主義者のデモ。彼らは安倍首相と保守的な政権を支持している」とツイートした。

 朝日新聞によると、冨永氏は投稿について、事実関係の裏付けをせず、写真も撮影者の許可をとらずに転載してたという。

 富永氏がツイートを投稿する数時間前、掲示板サイト「2ちゃんねる」に「安保賛成デモにナチスの旗持っていく愛国志士」というタイトルのスレッドが立ち、問題になった写真のURLが投稿されていた。ただ、この写真は安保法案とは関係のないデモを写したものだった。

 富永氏は批判を受けて投稿を削除。同社が厳しく注意し、改めて謝罪するツイートを投稿した。自民党は同社に抗議し、謝罪を求めている。

同社は「記者Twitterは記者個人の責任で発信していますが、このような事態を招いたことについて、みなさまにおわびいたします」としている。富永氏はコラム「日曜に想う」の執筆者からも外すという。


ということが、つい最近あったんだが・・・この様なことを「すっかり忘れる?」「なかったことにできる?」のも、朝日新聞的記者?とかジャーナリスト?と称している方々の、ある意味「恵まれた才能?」なのか、それとも病的なまでの「健忘気味?」なのかね。




経験則だけど、有名無名のネトウヨが盛んに反応してくるのは彼らにとって痛いところをツイートされた時かな。



ご当人は、何故「朝日新聞という情報媒体」が、世間様から全く信用されなくなったのか?ということを全く理解できていない様である。

悪いことは言わない、朝日の記者と称しようが、称しまいが、あなたはTweetしないことだ。あなたの様な記者?がいるから朝日はもとより、日本のメディア全体の信用が失墜したのだ。



スポンサーサイト

岡田准一もうっとり! 美しき日本刀の世界


最初に、岡田准一氏とは、アイドルなのだそうだ。映画「永遠の0」で主演も務めている。リンク先はその様な方の「宣伝」でもあるのだが・・・それは置いておいて・・・


で、はっきり言ってしまえば「日本刀」は「武器」である。「戦争の道具」「人を殺す道具」である。だからであろうか?人を魅了する。国民的アイドルも魅了されている。「戦争の道具」「人を殺す道具」である日本刀に魅了されている国民的アイドルを批判する「マスゴミ関係者」は、まずおるまい。

何故この様なことを記しているのかといえば・・・・

朝日新聞(アエラ)記者と零戦

・・・というリンク先を見たからである。

組織に属する人間が、その組織に反することを主張するのが「良い」「悪い」ということを言うつもりはない。問題は、尤もらしいこと、と言うか、やたらめったら平和だなんだと言う方達は、ものすごく「幼稚」であり、いわゆる「高学歴」のはずなのに、「劣化」していると思うのである。

もっといえば、「思慮浅き」なのである。

そして思うのだ、朝日新聞(アエラ)記者はご自身が属する組織の「社旗」と「旭日旗」が非常に酷似しているのに、なんの疑問も抱かないのであろうか?何故社の上層部に「社旗のデザイン変更」及び「社名変更」を上申しないのであろうか?と・・・そして、日本刀(武器・戦争の道具・人殺しの道具)に魅了されている国民的アイドルに対しても、「今を生きる私たちがすべきは、日本刀に平和を奪われた人たちについて知ることじゃないの。」と正面切って堂々と言うべきじゃないの?


短足おじさん二世さんのエントリを拝見し・・・


ちなみに、短足おじさん二世さん、我が拙ブログの紹介ありがとうございます。



ある事件を思い出した。


福岡県でしたか?飲酒した運転手が、追突事故を起こし、追突された車が橋の欄干を突き破って川に転落し、乗っていた幼い子供が死亡した、と言う事故があったのは・・いや事件ですね・・・この事故(事件)がキッカケで「飲酒運転は犯罪である」と世の中はなったはずです。

その事故があった時に、ある弁護士が「たかが飲酒運転で、解雇は厳しすぎる。道交法違反でしかないのだから」と自身のホームページか、自治体労組のホームページで記していたはずです。このことを知った私は、本当に驚きました。

ちなみに、事故を起こした運転手は「公務員」であったはず。

私は元自衛官です。特別職とつきますが、公務員であったわけです。当時の自衛隊は「飲酒運転は犯罪だからな、もしも飲酒運転をしたら解雇だ」と自衛官たちに言って躾けていたのです。事実、飲酒運転をおこなった者は、解雇という形じゃないですけど、「退職願を出せ」と迫っていましたし、自主退職という形で、辞めて行った者を何人も見ました。そんなことが経験としてあったモノですから、弁護士が「たかが飲酒運転で、解雇は厳しすぎる。道交法違反でしかないのだから」と述べ、事故を起こした公務員というか、公務員全般というか、を庇う姿勢に驚いたのです。

そして、他の公務員はそんなに内規がゆるいのか?と思ったモノでした。


民間は、飲酒運転は問答無用で「解雇」としているところが、この事件が起きる前から多かったはず。


すでに高級官僚という立場ではないので、個人的なことをとやかく言うのはあまり好ましくはないが、これは「あまりにも」「眼に余る」ことが多い様なので・・・仕方があるまい。

イメージ取り込み 1169 


イメージ取り込み 1170 




調査熱心な方であった様だが・・・参考リンク先を見ると、今じゃ「中高生」だって「高級官僚時分に何をやったのか?」くらいわかる。

「未成年者を食い物にした」「未成年者を性の対象にしてきた」「女性を蔑ろにした」と大騒ぎする側が、こんな人物の主張を「正義だ」とよく言えるものだ。



「恣意的運用」国際視点から警告 国連報告者、首相に書簡 「共謀罪」採決強行

 プライバシーの権利に関する国連特別報告者ケナタッチ氏が、「共謀罪」法案に対し、プライバシーや表現の自由を制約する恐れがあると強い懸念を示す書簡を安倍晋三首相あてに送付した。法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的で恣意(しい)的に適用されかねないなどと警告しており、国際的な視点から問題点を明示された形だ。
 書簡は十八日付で、法案で対象となる犯罪が幅広くテロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいると指摘。どんな行為が処罰対象となるか不明確で、刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとした。
 さらに書簡は、プライバシー保護の適切な仕組みが欠けているとして、懸念事項を列挙。「国家安全保障のために行われる監視活動を事前に許可するための独立機関の設置が想定されていない」と問題視した。
 政府は、犯罪の計画だけで強制捜査はできないが、令状がいらない任意捜査は必要性などがあれば認められる、としている。これに対し、書簡は「法案では令状主義の強化が予定されていない」と批判する。
 その半面、「警察がGPS(衛星利用測位システム)や電子機器を使った捜査で裁判所に令状請求する際、司法の監督の質が憂慮される」とも記述。政府側が歯止めとして強調する裁判所のチェック機能にも疑問を呈した。
 ケナタッチ氏は、情報技術(IT)に関する法律の専門家で、マルタ共和国出身。国連の人権理事会が二〇一五年七月、プライバシー権に関する特別報告者に任命した。 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017052090065838.html


それじゃ国連様、如何様にすればよろしいのでしょうか???

いわゆる「共謀罪・・テロ等準備罪」という法律は、国連様が「国際条約」としてお示しになったための法律ではないのですか?

それを国連様自ら「否定」するかの様な事を行うとは、国連様を神格化・絶対化してきた者としては心外ですし混乱しております。

という揶揄を言いたくなる様な、便所の落書きだ事・・・・